一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 最終話 (レビュー/感想)

Category: オオカミさんと七人の仲間たち  09/17 /2010 (Fri)

第12話 (最終回) 『おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女』


ストーリーは…。
ある日、火村マチ子さんは新聞配達のバイトの途中に、エリザベスとフランソワの散歩をしようとしている亮士くんを見つけました。
色々勘違いして運命を感じてしまったマチ子さんは翌日から亮士くんに猛烈アタックを開始しました。
しかしなかなか振り向いてくれない亮士くんにごうをにやしたマチ子さんは、ついに御伽銀行にデートの依頼をお願いしにやってくるのでした。
亮士くんと、なにやら不機嫌な様子のおおかみさんの運命はいかに!?

それでは、取り合えず…。

■火村 マチ子 (ひむら まちこ)…“玉の輿”を夢みる直球少女?(ぇ

『マチ子』という名前に――
『まいっちんぐマチコ先生』を思い出した(カエレ
はい、亮士・涼子・林檎の同級生でクラスメイトの火村 マチ子。家は極端な貧乏らしく、バイトをして生計を立てる苦労人な身上。
早朝、新聞の配達を終えた頃合、『おかし荘』から出てエリザベスとフランソワの散歩をする亮士を発見。『おかし荘』を亮士の家と勘違い。
その事から亮士を同級生とクラスメイトと知っていた為、貧乏な身上故に“玉の輿”を狙おうと、次の日以降に妙なアプローチを開始する。
また稼いだアルバイト代を父親に持ち逃げされ、“借金取り”のチンピラ達に絡まれたりと不幸要素が強く、『御伽銀行』のお世話になる。

■森野 亮士と火村 マチ子の出会い…というか完全に意図的且つ馬鹿っぽい(マテ

マチ子「見た? (中略) エッチ♥」
良く考えると最初(第1話)と最後(第12話)だけだったなぁ…“パンチラ”があったのって(爆 という事でマチ子の亮士へのアプローチ。
学園へ登校する亮士に、マチ子は口にパンを咥えながら特攻。しかしそれを華麗に回避する亮士と、勢い余って地面に突っ伏すマチ子。
痛いと言いながら、腰を高く挙げてペロンと捲れるマチ子のスカートの裾。露出されるパンツ…バックプリント的に『マチ子』と名前が印字(爆
マチ子は亮士に先の台詞と尋ね、すぐに恥ずかしそうに走り去って行く。どうやら、こうして相手に印象付ける意図があった様子だが…(遠い目
マチ子「森野 亮士!結婚を前提にウチと付き合え!」
教室に着いた亮士は涼子達にマチ子の件を話す。と、そこにマチ子が声を掛けて来るのだったが、段取り踏むのが面倒臭いと先の台詞(笑
まぁ、厳密には少し亮士と会話を交すマチ子…『運命的な出会い』を演じるマチ子に「同じクラス」という返答の亮士の態度を鑑みた為。
またそこに浦島&乙姫が教室を訪れ、乙姫が「亮士には涼子が~」的に伝えた為、マチ子は涼子に面と向って相対するが涼子は本心を隠す。
その為、マチ子はますます亮士へのアプローチを開始し、遂には亮士が所属する『御伽銀行』に“亮士とのデート”を依頼するのであった。

■森野 亮士と火村 マチ子のデート…一昔前の定番コース。

え~っと、マチ子の『御伽銀行』への依頼によって、休日の日に公園デートをする事になった亮士とマチ子。以前のダブルデート回の公園。
付近のベンチに座る亮士とマチ子。そして、そんな二人を尾行する涼子と林檎。涼子達はマチ子の素性に問題点が無いか調べる為(建前で)。
早速のアピールと、マチ子は「熱い」と上着の胸元を肌蹴させ、亮士を誘惑する為にブラを露出…やっぱり名前入り(苦笑 亮士は狼狽。
影から様子を見守る涼子は驚愕し、そんな様子を目にする林檎は含み笑い。で、今度はボートに乗ることにしようというマチ子に促される亮士。
林檎はオペラグラスで二人の様子を窺い、涼子に使うかと尋ねるも拒否。だが林檎の「抱きついた」発言でオペラグラスを奪い覗く涼子(苦笑
しかし目の先には、ボート上で亮士と両手を繋ぐマチ子がワザとボートを揺らす姿(笑 まぁ、良くやる行為かもしれない…デートでは×(爆
一先ず落ち着き、ボートを漕ぐ亮士がちょっとした身の上話をマチ子に話し、今度は亮士がマチ子に同じ様な事を尋ねるがマチ子は俯き…。
補足…補足という程でもないが、マチ子の貧乏度は高く、家の灯りには蝋燭の火を使用。昼食のお弁当の材料費の為に昨夜はご飯抜き(汗

■森野 亮士と火村 マチ子…突然のデート終了、マチ子の窮地と安寧(後者違

え~、ボート上で亮士が尋ねたマチ子の身の上話。しかしマチ子は話題を摩り替えるように公園を後にしよう(場所を変える)と提案する。
普通の住宅街の路地を歩く亮士とマチ子。マチ子は、ボロいアパートの自宅ながら、亮士と“既成事実”を作ろうと奮起するのだったが―。
突如、マチ子は亮士とのデートを切り上げると亮士を先に返す。その場に残ったマチ子の前に、チンピラ二人が現れて厭らしい笑み。
チンピラ二人は、今月の借金返済分のお金をマチ子の父親が持ち逃げをしたと言い、衝撃を受けるマチ子に身体で払えと手を伸ばす。
しかし突如として飛来した煙幕弾が炸裂し、チンピラ達の視界を奪う。その隙にマチ子の手を引いて逃げる亮士。先の煙幕弾は亮士の攻撃。
最寄の児童公園のベンチに座り、“お礼”と称して「初めてを~」とか言い出しちゃうマチ子。これに亮士以上に驚愕する涼子と林檎(尾行中)。
ま、兎も角、マチ子はそこで亮士に“玉の輿”狙いやチンピラに狙われた理由を話し、それを聞いた亮士は“裏モード”で『御伽銀行』に連絡。
マチ子「格好良い…♥」
と、そこでチンピラ達が増援状態で亮士達を発見。これに涼子も颯爽とその場に介入し、亮士共々息の合ったコンビネーションで勧善懲悪(マテ
亮士の意外な勇姿にマチ子は素で一目惚れしたらしく先の台詞。チンピラ達は警察を呼び逮捕。林檎が事情聴取を演技で華麗にこなす(爆

■『おかし荘』に引越し&借金帳消しのマチ子…その他適当に『めでたし』×2(ぉ

マチ子とチンピラの騒動終了後、マチ子は亮士に連れられて『おかし荘』へ。何とリストが『おかし荘』に引越し手続きを済ませた様子で…。
『おかし荘』では新たな寮の住人となったマチ子の歓迎会。マチ子は、『御伽銀行』…リストに新しく住む場所の提供と借金の帳消しを感謝。
またマチ子は、涼子や林檎と会話をする亮士を目にし、話があると寮の外へと連れ出す。気になる涼子は二人を追い掛け、林檎はニヤニヤ(マテ
寮の縁側に座る亮士とマチ子。マチ子は、亮士に一連の感謝の言葉と共に告白――し掛けた所で、察した亮士が涼子の話で制する。
詰まり、亮士はマチ子から告白される前に、自分の涼子に対する考え方を話し、マチ子の告白をやんわりと断る。マチ子も察して肩を落す。
亮士に雪女から声が掛かった事で亮士はその場を離れ、それと同時にマチ子は様子を物陰から盗み聞いていた涼子に声を掛ける。
涼子「…き、嫌いじゃない」
涼子と二人きりで対面するマチ子は、持ち前の直球で亮士をどう思っているのかと尋ねると、涼子は長い沈黙の後に漸く先の台詞を搾り出す。
その言葉で納得をしたマチ子だがまだ亮士を譲る気はないと念押し。と、そこに花火セットを手にした亮士が二人に声を掛けて来る。
歓迎会の〆として『御伽銀行』の面々etcで花火遊び。亮士は隣で花火をする涼子に「大好きッス」と、何時もの調子で反応する涼子であった。

■その他の面々。

マジョーリカ回が無かったのは納得がいかねぇ!


■アイキャッチ。




う~ん。
今一つ盛り上がりに何かが足りない印象?
…だった。アニメ作品としては終始『普通』な印象で物語が進行したように思えたかな。折角、面白い世界観の諸々設定があるのになぁ、と。

そして――。
結果的に黒子ナレは在って正解だった?
最初こそ話題になって煙たがる視聴者続出だった新井さんのナレですが、最終的には在って良かった?(疑問符が残るが)かもしれない。
ただ、やっぱり脚本にそうあるのか単に構成が悪いのか分かりませんが、本編キャラが喋っている途中で被せるのだけは頂けなかった(苦笑

 最終話…早いね、何か妙に。そう感じるのは私だけでしょうか。え~、今回…いや最終回のお話のゲストヒロインは、亮士に恋心を勝手に抱く少女・火村 マチ子という同級生で同じクラスの女子生徒。モデルは『マッチ売りの少女』でしょうね。流石に時代背景からマッチは売ってませんが。まぁ、極端なお話、最終話に涼子の“恋敵”を出現させて涼子と亮士の“絆”を試したり、亮士がやっぱり涼子が一番さ~みたいな雰囲気に持って行きたいだけという、最終回にしてはギリギリな線の物語内容(コラコラ

 さて、アバンで早朝に新聞配りをする貧乏少女・火村 マチ子が、エリザベスとフランソワを散歩に連れて行く同級生で同じクラスの亮士を目にし、出て来た家(=寮なのだが亮士の家だと勘違い)が大きい・犬2匹を高そうだと勝手に“お金持ち”のお坊ちゃまと勘違い。どうやら“玉の輿”を狙うそうな(苦笑
 次の日、登校する亮士にマチ子が口にパンを咥えて突撃をして来るが、それを亮士はアッサリと回避。地面へ突っ伏したマチ子は、ワザとお尻を突き出してスカートが捲れてパンツ丸見え状態(しかもパンツに『マチ子』と印字)にし、亮士に「見た?エッチ♥」と口にして去って行く。…う~ん、何かの少女漫画とかソッチ系を読み過ぎである。勿論、マチ子は印象付けをする為の行為であったorz(マテ
 教室でもマチ子の亮士へのアタックは続き、何と単刀直入に「付き合って欲しい」と言う。この様子を見ていた涼子もちょっとムッっとした表情。涼子の反応に林檎が腹黒くニヤリ(笑 ちなみに、亮士に涼子が居ると教室に遊びに来た乙姫が口にした為、マチ子は涼子に「付き合っても良い?」云々と面と向って尋ね、涼子ははぐらかして終了。
 『御伽銀行』では、亮士~マチ子の話題で盛り上がって…居るほどではないが話題に上がる。と、『御伽銀行』を訪れるマチ子の姿を、地下本店の映像で目にする亮士はビビる(笑 マチ子の依頼は、『亮士とのデート』であった為、リストがそれを了承し、応対したアリスがその旨を伝える。これにて亮士とマチ子のデートは成立してしまう事に。涼子はこれにも沈黙を貫く。
 自宅に帰ったマチ子。ん~、かなり家は貧乏らしく、夜中に電気を付けずに蝋燭の明かりを利用…う~む、こういう描写は切なくなるわ...orz そもそも『御伽学園』の学費も自分のバイトで支払っていたりするのだろうか。父親がまだ帰宅をしておらず、バイト代を入れた封筒に『今月分』と記載。一方、寮に帰宅をした涼子と林檎。林檎は、亮士の件で悩む姿を目にする涼子に萌えつつも、さり気なく亮士に接点が無かったマチ子が接触をして来た理由を探る必要があると、『仲間』(友人)として調べる必要があるとフォロー。涼子もこれに思案の後に同意する。

 亮士とマチ子のデート当日。以前のダブルデートの回で訪れた公園。“お金持ち”と勘違いをしている亮士に色々と尋ねるマチ子…流石に“年収”とか聞かれてもなぁ....高校生に(まぁ、高校生でも何かしらの特技を生かして稼いでいる人は居たりしますけどね)。そして、そんな二人をマチ子の調査と尾行する涼子と林檎の姿。完全に林檎は、亮士とマチ子の様子を目にして嫉妬心を垣間見せる姿を見てニヤニヤ。またマチ子は「熱い」と称して上着のボタンを開けて、ブラを露出――って、ブラにも名前を書く...なん…だと…?で、昼食タイムとなるのですが、手作り弁当を作ってきたらしく、昨日の夕飯を抜いて買った食材で作ったそうな...いや、どれだけ貧乏なのorz な~んかこういうキャラは単に切なくなるわ...(吐血
 相変わらず林檎はハンドル付きオペラグラスでタシーロ(笑 昼食の次は定番のボート。これに先のオペラグラスでタシーロの林檎は、涼子も覗くかと尋ねるもそれを涼子は拒絶。しかし林檎が、「二人が抱き合ってる」という言葉を発した途端、林檎のオペラグラスを取り上げて覗く涼子。そこには、マチ子がワザとボートを揺らしており、マチ子と両手を握り合って諭そうとする亮士の姿。ボートの上で亮士の身上を聞くも、今度は亮士がマチ子の事を尋ねるのだったが、マチ子はすぐにその話題を切り上げ、場所を変えようと言い出すのであった。
 マチ子、ピーンチ?マチ子が場所を変えようという事で公園を後にし、亮士とマチ子は住宅街を歩く。二人を尾行する涼子と林檎だが、林檎はマチ子が愈々キメようとしていると察する。その通りとマチ子は、ボロアパートという自宅に亮士を招き、“既成事実”を作っちまえと奮起するのだが、突然、マチ子が亮士をデート終了だと帰宅する様に促す。訳も分からずその場を去る亮士。すると残ったマチ子の下に、チンピラらしき男性キャラ二人が現れる。この二人にマチ子は不快な表情で見遣るが…。まぁ、分かり易く“借金取り”で間違いなさそうだけど(苦笑

 え~、物の見事に二人のチンピラは“借金取り”。マチ子は、「今月分の返済は父親に渡している」というものの、何と父親がそのお金を持って逃げたのだという。その為、マチ子はチンピラからその身を犠牲にして払えと手を伸ばすが…。そこで亮士が華麗にマチ子を救出に登場。“スリングショット”で煙幕弾を打ち出し、周囲に立ち込める白煙でチンピラ達の視界を遮り、亮士はマチ子の手を引いてその場を逃走する。
 一先ず逃げ切った最寄の児童公園のベンチに腰を下す亮士とマチ子。マチ子は、救ってくれた亮士に“お礼”と称して「初めてを~」とこれまた突拍子も無い事を口にし始めつつも、自分の家の家計が苦しい事や先のチンピラの件の事情を話し始める。これに何故か“裏(漢)モード”になる亮士は、マチ子に男らしい口調で助けて欲しいのかと尋ね、どうやら『御伽銀行』に連絡を入れて緊急の要件だと念を押す。ん~、亮士が『御伽銀行』に“裏モード”で会話するのは初めて聞いたな、そういえば(笑 と、その時、煙幕弾から逃れて漸く追いついたチンピラ達が亮士とマチ子の下へ到着。増援を呼んだようで…。
 “裏モード”の亮士と涼子のコンビネーション無双。ってな感じで、チンピラ達を1人で相手にする亮士。“スリングショット”の玉は煙幕弾からパチンコ弾に変更。またチンピラ達がマチ子を捕らえに走った為、今まで亮士達を尾行して傍に居た涼子が素早く介入して応対。そこから涼子&亮士の息の合ったコンビネーション攻撃で一気に撃退。亮士の活躍を目にしたマチ子は、最早、“玉の輿”という私欲の為ではなく、本気で一目惚れをしてしまった様子(苦笑 あ、チンピラ達は警察の御用で終了。林檎の腹黒いロリ演技…被害者演技によって警察を納得させたとか(ぁ
 マチ子、亮士の住む寮『おかし荘』の住人へ。と、寮母で亮士の叔母である雪女再登場~(笑 『おかし荘』で寮の住人達と『御伽銀行』の面々で、マチ子の歓迎会を開く事に。マチ子は、『御伽銀行』が家の借金をチャラにし、更に住む所(前のアパートは家賃を払えず退去?)を与えてくれた事を、実行した『御伽銀行』の“頭取”であるリストに感謝の言葉を掛ける。しかしリストはあっけらかんと『助け合い』であり、“借り”は返して貰うだけだと返答。う~ん、借金をチャラって…マチ子に絡んだチンピラ達が捕まったお陰で帳消しになったのか、借金そのものを一括返済したからなのだろうか――っていうか、どう考えても闇金業者だからなぁ(ぇ

 さて、歓迎会の最中、涼子や林檎と会話する亮士を目にするマチ子は、亮士を歓迎会の外…『おかし荘』の外へと連れ出す。その後を追うようにして涼子も外へ。縁側に腰を掛ける亮士とマチ子。そこでマチ子は、純粋な気持ちで亮士に“好意”を伝えようとするも、亮士はその言葉を遮るように涼子の“本当の顔”とそれを守りたい意志、更に自分が格好よく見えるのであればそれは涼子のお陰だと口にする。この一連の亮士の言葉に、マチ子は「告白もしていないのに振られた」と肩を落として亮士は謝罪をする。と、そこで歓迎会の場から中庭に身を乗り出す雪女に、「お酌しろ」と呼び掛けられた亮士はその場を後に。
 亮士が去った後、今までの会話を隠れて盗み聞いていた涼子に声を掛けるマチ子。どうやら気付いていた様子で(笑 マチ子は涼子に亮士の事をどう思っているのかと直球で尋ねると、暫しの静寂の後、涼子は「き、嫌いじゃない」とボソリ。それに仕様が無しと納得するマチ子。そこへ再び帰って来た亮士が声を掛けに来て、(全員で)花火をしようと手には花火セット。
 え~、〆。『おかし荘』の中庭で花火に興じる『御伽銀行』の面々。黒子ナレがマチ子を『フラレマチ子』と称していて少し噴く(苦笑 まぁ、〆は大した事が無いというより、今までに散々亮士が口にして来た事と結局は素直になれず仕舞いで“ツンデレ”かって言われると微妙な涼子の遣り取りがあるだけでしたよっと(マテ もう、黒子ナレが全てを語っていたけど、詰まりは『何時の日か涼子が狼の毛皮を脱ぐ日が~』ってお話ででめたしでめたし、と(何 何というか、最後位はキスの1つ程度しやがれYo!と思った今日この頃。“デレ”そうで最終的にも“デレ”なかった涼子....これは頂けなかったかも、ね。あ、マチ子が亮士を“お金持ち”と思っていた勘違いが解けた描写が無かった件(苦笑



 総括…と言う程の事は書きません――書けませんが、前述もしたように『う~ん。何かが物足りない』という印象に終始したと思います。面白くなかった訳ではありませんが、黒子ナレを覗けばもう『普通』のアニメ作品という印象が強かったかなぁ、と。当アニメ作品は、基本的に1話完結型的な内容であり、ゲストキャラも多く登場してそこに集中した物語構成かと思いきや、そのゲストキャラよりもメインキャラ同士の親和性を描写したり内情(心情)を描写する事に傾き過ぎていた気がしますね。だからゲストキャラの存在感が非常に希薄な印象を受けざるを得ないという。勿論、一度登場したゲストキャラが、他のお話にも少し絡んで来た演出は良かったとは思いますけどね。何か毎回そうした結果的にメインキャラのみにスポットが当たるお話ばかりで、ラブコメという割には進展しそうで進展しない亮士と涼子の関係には、もう単に「またかよ…」と同じ様な展開でやきもきしただけだったかなぁ。
 あとボス的な役割だった羊飼 士狼…原作小説ではどうなっているか分かりませんし、もう原作通りなのでしょうけど、あれだけ思わせぶりだった士狼との“決着”も着かず仕舞いて…ねぇ(汗 しかも取り敢えずの“決着”後に、第2期があると思わせぶりな挑発的な言動をした士狼....どう考えてもあれで視聴者が納得するとは思えませんよね。何か無駄にオリジナリティを出したのか、他作品から登場キャラを登場させたり、中の人のネタをやらせてみたりと、そういった面で話題性だかを考慮した演出に固執せず、悪までも『オオカミさんと~』の世界観を生かした設定に於けるオリジナリティのあるお話を作っても良かったのでは、と思ってしまわずにはいられなかったかな、うん。
 あ、黒子ナレは最終的には在って良かった…かな?まさに新井さん、お疲れ様…みたいな。本当に後半だけど、キャラの台詞に被るナレも少なくなってましたしね。たまに台本にある台詞なのか、非常に怪しいアドリブっぽい台詞回しは最高でした(笑 特に豚田三兄弟の紹介ナレは素直に笑わせて貰いました。ただ、新井さんのナレは作品を選ばないととんでもない事になりそうだなぁ、としみじみに思ったのは内緒(ぉ

 最後に、月並みではありますが、アニメ制作に携わられたスタッフ方々、キャラクターの中の方々(声優さん)、本当にお疲れ様でした。士狼の“捨て台詞”から恐らくは第2期の制作が決定しているんだろうな~とかって、勝手に思いつつもそれなりに期待をさせて辛抱強く待たせて頂きます(ぇ また当方の長ったらしく要領を得ない好き勝手なレビュー記事に最後までお付き合いして頂いた方々、下記アンケート投票にご協力頂いた方々にも感謝を致します。本当にありがとう御座いましたm(__)m

:ま~た後々に何かしら追記をする予定です。



宜しければ、下記のアンケートへの適当なご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。

数多くのアンケート投票へのご協力、誠にありがとう御座いました。大変に参考になりました。以降も暫く投票は続けたいと思います。


■投票コメにレスなんぞしてみる?
>まあ、・・・こんなものか。期待はしてませんでしたけど。今回は黒子ナレに助けられたかな。
ですね(苦笑 終わってみれば黒子ナレが全て(物語云々を)喰っていた印象です(マテ

>レールガンのように2クールであればなお良かっただろう。
2クールの余裕があるなら、まだ評価が出来る展開に持って行けた可能性はあったとは思います。
士狼との決着も付かず仕舞いでしたしねぇ。一度ならず二度までも未決着は流石に…(苦笑


■『オオカミさんと七人の仲間たち』の当ブログレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
オオカミさんと七人の仲間たち 第11話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第10話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第9話 (レビュー/感想) シリアスは端に置いた水着回…でもない(マテ
オオカミさんと七人の仲間たち 第8話 (レビュー/感想) 同ラノベレーベルの他作品から女性キャラ多数登場ぅ~…静止画演出だけど(笑
オオカミさんと七人の仲間たち 第7話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第6話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第5話 (レビュー/感想) こいつはヘヴィーだぜ....。
オオカミさんと七人の仲間たち 第4話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第3話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第2話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第1話 (レビュー/感想) ナ、ナレーションェ...(マテ


当ブログ以外の『オオカミさんと七人の仲間たち』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
オオカミさんと七人の仲間たち


アニメ 『オオカミさんと七人の仲間たち』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ『オオカミさんと七人の仲間たち』公式サイト




アニメブログ 人気BlogRankingお疲れ様でした。 宜しければポチッとお願いします~。
■当『オオカミさんと七人の仲間たち』の記事一覧(最大15件表示)。
オオカミさんと七人の仲間たち 第11話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第10話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第9話 (レビュー/感想) シリアスは端に置いた水着回…でもない(マテ
オオカミさんと七人の仲間たち 第8話 (レビュー/感想) 同ラノベレーベルの他作品から女性キャラ多数登場ぅ~…静止画演出だけど(笑
オオカミさんと七人の仲間たち 第7話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第6話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第5話 (レビュー/感想) こいつはヘヴィーだぜ....。
オオカミさんと七人の仲間たち 第4話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第3話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第2話 (レビュー/感想)
オオカミさんと七人の仲間たち 第1話 (レビュー/感想) ナ、ナレーションェ...(マテ
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: オオカミさんと七人の仲間たち Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (21) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話「お...
「見た?」初っ端からドン引きだわぁ~('A`)この頭のオカシイ貧乏少女は、火村マチ子。ブルジョア亮士を利用し玉の輿に乗るため果敢にアタックする、肉食系女子である。あんまり関係...

2010.09.17 (Fri) | インドアさんいらっしゃ~い♪

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
新井里美さんのツボを得たナレーションが聞けるのも今回が最後ですね(^^; 亮士をセレブの子と思い込んだ火村真知子が、玉の輿狙いでアタ...

2010.09.17 (Fri) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 12
第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」あら、もう終わり?と言ってしまうほど、なんかあっけない最終回でした。亮士が多少は頼もしくなり、オオカミさんが多少は...

2010.09.17 (Fri) | GIGASSA!!

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち #12 2chの反応
結構面白かった。 オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray](2010/09/22)伊藤静伊藤かな恵商品詳細を見るオオカミさんと七人の仲間たち #12 お...

2010.09.18 (Sat) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」 (終)
最大のピンチを乗り越えた大神さん達、「オオカミさんと七人の仲間達」の最終回。 黒子ナレーションともお別れです。まぁ、秋から黒子が戻っ...

2010.09.18 (Sat) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」(終)
ナレーションの存在感がパネェアニメも今日で終わりか。 亮士と同じクラスの火村マチ子は亮士の家(おかし荘)を見て思った。 玉の輿!!(勘違い) 運命を感じたその朝、マチ子は亮士にアタ~ック!遅刻遅刻~! マチ子はクラスメイトの前で亮士に結婚を前提に付き合おう...

2010.09.18 (Sat) | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終回) 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」 感想
ある日、火村マチ子さんは新聞配達のバイトの途中に、エリザベスとフランソワの 散歩をしようとしている亮士くんを見つけました。 色々勘...

2010.09.18 (Sat) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」(終)
アニメ最終話はなかなかいい話でした~ 最初はどうなることかと思ったけど。 亮士くんをお金持ちと勘違いしちゃった真知子さん。 猛アタック開始! 真知子さんあぷろーちが大胆すぎます てゆーか、この時点で終わってるだろwww 積極的な真知子さ...

2010.09.18 (Sat) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

オオカミさんと7人の仲間たち 第12話 おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女
第12話 おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201009/art...

2010.09.18 (Sat) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
大門っす 今回は火村 真知子(ひむら まちこ)の話ですね 彼女は父親が作った借金で貧乏してるようです 借金を返す為に新聞配達をしてる...

2010.09.18 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」(最終回)
オオカミさんと七人の仲間たち 第2巻 [Blu-ray](2010/10/22)伊藤静伊藤かな恵商品詳細を見る 最終回は1エピソードを取ってソフト・ランディング。父...

2010.09.18 (Sat) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 12話『おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女』
新聞配達をする火村真知子。厳しい生活を余儀なくされている彼女は亮士のクラスメイトだった。 高そうな家から高そうな犬を散歩させに出る亮士を見かけ、真知子は玉の輿の可能性を見出す。

2010.09.18 (Sat) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 最終回 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
「結婚を前提にウチと付き合え!」 最終回だというのに、バイトで貧乏な家庭を支える少女・火村マチ子が登場。 この設定だけ書き出すと...

2010.09.19 (Sun) | 黄昏温泉旅館

この記事へのTrackback

「オオカミさんと七人の仲間たち」12話 おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女
火村マチ子が森野亮士にモーションをかけるも見事に散る話。 話自体はいつも通りの話ともいえるし森野と大神の関係についてある程度のとこま...

2010.09.20 (Mon) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち~最終回 感想「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
オオカミさんと七人の仲間たちですが、新キャラマチ子が森野亮士に一目惚れします。パンをくわえながら遅刻しそうになりますが、森野にぶつかりパンツを見せつけて印象付けます。意外なライバル出現に大神涼子も穏やかではありません。(以下に続きます)

2010.09.20 (Mon) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

(アニメ感想) オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
オオカミさんと七人の仲間たち 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る ある日、火村マチ子さんは新聞配達のバイトの途中に、エリザベスとフランソワの散歩をしようとしている亮士くんを見つけました。 色々勘違いして運命を感じてしまったマチ子さんは翌日から亮士くんに猛烈ア

2010.09.22 (Wed) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話 「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」
 最終回です。亮士が少し格好良かったです。

2010.09.22 (Wed) | つれづれ

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終回)
(高校生痴女とは…趣がある) オオカミさんと七人の仲間たち 第12話の所感です。

2010.09.23 (Thu) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終回)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女
借金に苦しむ少女・火村マチ子が森野亮士を金持ちと勘違いしてものにしようと孤軍奮闘するお話。マチ子は亮士たちのクラスメイトでした。かなり強引なアタックをしたものの、結局は失敗。まぁそもそも亮士は金持ちではないのだが。幼い頃は普通の家庭だったものの、両親の...

2010.09.25 (Sat) | 無限回廊幻想記譚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。