一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

セキレイ ~Pure Engagement~ 第12話 (レビュー/感想)

Category: セキレイ~Pure Engagement~  09/20 /2010 (Mon)

第十二羽 『乱戯ノ塔』


ストーリーは…。
M・B・I社長、御中の待つ帝都タワーになんとか無事に辿り着いた皆人たち。安心したのも束の間、どこからともなく聞こえてきた御中の声は「ここから制限時間60分とする」と無情にも彼らに告げた。エレベーターが作動しない中、皆人たちは階段で頂上を目指すことに。
一方、皆人たちの支援をしようとサーバールームに乗り込んだ松たち。幾多の罠が待ち受ける帝都タワーの中、果たして皆人は頂上に辿り着くことができるのか──!?


主人公は御中でいいよ(投槍(マテ
という印象で、物語中にイラッ☆とする視聴者も出て来る位に、御中の無駄に多い出番と突発的“俺ルール”っぷりが酷かった(苦笑

ほいでは何時も通り…。

■御中 広人…“GM”故の干渉権利だが…。

勝手な意思で諸々条件を捻じ曲げられてもなぁ。
え~、先週に引き続き今週も更に酷くなっていた御中の下衆っぷり。何かPSPっぽい端末で帝都タワー内で交戦する“セキレイ”達を観戦。
また皆人の“セキレイ”にのみ負荷が掛かる仕掛けを用意し、更に松のメインサーバー乗っ取りを“裏技”と非難し帝都タワー爆破(苦笑
帝都タワー爆破行為により、『ビル爆破大脱出』とか言い出しちゃうしね…。最上階目指す条件はどうなったのかとorz 滅茶苦茶だぁ(苦笑
いやさ、確かに“自力”で帝都タワーに登ることが条件だろうけど、『鶺鴒計画』内のイザコザである以上、“セキレイ”も立派な戦力の内でしょう。
完全に自らが楽しむ為だけの今回の“俺ルール”は酷いですね(苦笑 あ、勿論、『鶺鴒計画』というものを立ち上げた時点で“俺ルール”だけど。

■続・焔 vs 秋津&多姫…決着は付かず仕舞い。焔は帝都タワーへ。

秋津と多姫の複合技『氷霧』で氷漬け状態となった焔は、暴走状態時お家芸であった制御版メルトダウン状態で見事に再起動する(マテ
焔は秋津と多姫の周囲を炎で取り囲ませるが、秋津は最寄の木の幹を炎の影響を受けないように凍らせ、その上を伝って多姫と脱出&逃走。
またその後、焔の携帯に皆人の母・高美から連絡が入り、メインサーバーに向った松達の身が危ないという情報を受けて帝都タワー地下へ。
帝都タワーの地下では、通路に張り巡らされた罠を潜り抜け、終盤ではメインサーバー室で罠を解除した松に救われるが間に合わず。

■風花 vs 紅翼…割と意外っぽい戦闘の運びに?

風花は“風”が無い場所では無力…か。
“風”というより風通しが良くない…大気(空気)が滞留した場所、かな?え~、皆人・結・月海を先に進ませる為、居残り紅翼と相対する風花。
また紅翼の罠により、余裕のあった通路を鉄の壁に阻まれるという限定空間内での戦闘に持ち込まれ、風花は紅翼の一方的な攻勢で苦戦。
しかし紅翼が止めと『粉☆砕』を仕掛けたその時、罠が解除されて通路の天井部が開き始め、風通しが良くなった瞬間、風花が猛攻に出る。

■月海 vs 灰翅…相変わらずの灰翅の陽動作戦。

思慮に欠けた(学習しない)月海の深追い行動。
もう毎回これで噴く。灰翅の行動もこればっかりの時間稼ぎなので悲しい。はい、月海も風花と同じく皆人達を上に行かせる為に灰翅と対峙。
月海は、自身の“水”の能力で近・中距離の攻撃を織り交ぜつつ交戦を行うものの、またも距離を取る灰翅を深追いして罠に嵌る(苦笑
とある部屋に入った月海は、部屋の扉が閉まった後に左右の壁が迫って来るという典型的な罠に引っ掛かり、自力のそれを暫く凌ぐ(怪力?
が、前述した通りの松による罠の解除によって、迫り来る壁の罠が停止した為に閉まった部屋の扉を水圧によって強引に抉じ開ける月海。
で。部屋の扉で小休止していた灰翅と交戦に縺れ込むが――交戦の果てで紅翼と戦う風花と合流し、また紅翼と灰翅も合流した事で…。
意外な事に乱戦とはならず、罠の停止=撤退命令だと紅翼の『激☆震』による爆煙で二人は逃走。灰翅は「皆、お仕舞い」という言葉を残す。

■陸奥 vs 鴉羽…ある意味でドリームマッチ?(何

共通点は『刀』主体で共にシングルナンバー。
違うのは性別だけってね。しかし御子上は相手を知らないとはいえ無茶な勝利欲(笑 松達を追っていた筈の陸奥と御子上だが鴉羽と遭遇(汗
当然、陸奥と鴉羽は互いに抜刀をして交戦開始。御子上は手駒のうちで最強の陸奥が戦っている故か、鴉羽を倒すようにと必死に指示。
しかし陸奥はそういう言葉を聞きながら無茶だと刃を交わす。長い交戦が続く中、陸奥の劣勢に漸く相手の強さを理解する御子上は驚愕。
物語終盤。松の罠の停止とアナウンスを聞いた鴉羽が『頃合』だと一方的に切り上げて交戦終了。陸奥は御子上を連れて帝都タワーを脱出。

■松&草野(くーちゃん)…御中に“裏技”扱いされる程の大貢献。

植物園内から侵入可能なルートから、目的地である帝都タワーのメインサーバールームを目指す松とくーちゃん。
自分を中心として半径2メートル以内のセキュリティチェックを回避出来る“電磁シールド”を纏いながら、くーちゃんの手を引いて移動する松。
途中、陸奥&御子上と遭遇しそうになり、通路上部の配管の影に二人で隠れ、自分達の下を陸奥達が通り過ぎるのを待っていたのだが――。
隠れている場所付近で陸奥が立ち止まり、気付かれたかと思いきや何と通路先から鴉羽が現れ、前述した陸奥 vs 鴉羽の戦闘開始。
その為、下には降りられないと判断した松は、配管を伝って通風孔からメインサーバー室へ向おうとくーちゃんに伝える。
メインサーバー室に辿り着いた松達は、早速、松がシステムを操作して戦闘中で劣勢に追い遣られていた月海・風花・焔の罠を解除。
松の結達へのサポート介入に気付いた御中は、松の行為を“裏技”と称してメインサーバー室に仕掛けられたガードシステムを作動させる。
松とくーちゃんに迫るガードシステムは、松が予め用意したガチャガチャのカプセルに入ったくーちゃん専用の植物の芽の急成長操作で対処。
くーちゃんのガードシステム応対の最中、松はシステム掌握を急ぐが、御中が帝都タワーのシステムロック兼爆破スイッチを押し――。




取り合えず――。
『鶺鴒計画』=御中が好き放題に出来る計画。
で、OK?ってな感じで、先週と今週の話の御中の勝手な行為が酷過ぎて噴く(苦笑 もっと自然な成り行きに仕向ける事は出来ないのかorz

 半径2メートル以内であればセキュリティチェック(監視網)には引っ掛からない“電磁シールド”…思い切り監視カメラの映像に映っている演出は、ちゃんと松の“電磁シールド”が働いているのかいないのか(笑 でも、『MBI』のオーバーテクノロジーを用いた技術なら無効に出来そうな感じもするし、松の“電磁シールド”の発言後に御中が皆人達に対する呼び声があったのでバレているとも捉えられるが、単に正面から入った皆人達を目視した為とも考えられますよね。『MBI』から逃走した経緯で使用した技術(能力?)ならば、ここでの“電磁シールド”の有用性は高いか。“電磁シールド”は松自身の固有能力の一つだったら良いな。あ、松とくーちゃんは『MBI』のメインサーバーへえっちらほっちら(ぉ
 ゲームは1日1時間!…古いな~(マテ え~、帝都タワーに侵入し終えた皆人・結・月海・風花ですが~、何とこの場でも御中の“ごーいんぐまいうぇい”の勝手なルールが決定。『最上階まで60分以内に辿り着くこと』…なん…だと…?自分が「暇じゃない」・先の「ゲームは1日1時間」だからと決定したルールだが、“GM”にしたって遣り過ぎだぞ!!と思ったのは私だけではない筈(笑 勿論、乗り込んだ相手に冷静さのある行動を執らせるよりも、制限時間を設けて焦らせ・必死にさせた方が『面白い』からでしょうけどね…性格が悪過ぎるorz 寧ろ、こういう展開に持っていったアニメ制作陣が(コラコラ 皆人達は、制限時間が設けられた事により、またエレベーターが使えない事から、最上階へは走って向おうと急ぐ事に。

 焔復活ッ!焔復活ッッ!!焔復活ッッッ!!!(AA略(何 秋津と多姫のコンビネーション攻撃(複合技)の『氷霧』によって一撃死していた(と思われていた)焔が、プロトタイプ故に暴走しがちだった“炎”の制御により、全身から“炎”を発する事によって全身に纏わり付いていた氷を溶かして立ち上がる。焔は、すぐに秋津と多姫の周囲を“炎”で囲む。しかしこれに秋津が、最寄の木の枝を“炎”影響が出ないように(燃えないように)氷で固定し、その木の枝を伝うように多姫と共に炎の中から一次撤退をする。どうやら、暴走の時に起こっていたメルトダウン現象を、今現在は皆人を主とした事で完全に制御可能になった様子。なので今の焔は掌からの“炎”だけではなく、全身から“炎”を発する事が可能になったらしい。秋津と多姫が逃走した後、焔の携帯に高美から連絡が入り、「松とくーちゃんの居るメインサーバーは不味い」と助言を受け、焔は松とくーちゃんの援護に向う。高美は御中の行為を何とか制するというが…。っていうかさ、焔、全身氷付け⇒焔、全身発火していたけど、携帯は普通に無事なのね(爆 いや、洋服等は耐火・耐熱性というのは良いんだけど、携帯が耐火・耐熱性と耐氷・耐冷性を兼ね備えた素材の端末とか…(汗笑 『MBI』特製携帯ってレヴェ(ry ま、洋服に専用の保護ポケットが別途ある、と考えるべきか。
 高美に要注意とされた松とくーちゃんは、松達を追た陸奥と御子上に急接近を許す。また、メインサーバー内は携帯の通話圏外となっており、松はそれでも皆人達を信じて先に行くしかないと歩を進めるが先の陸奥と御子上の急接近。松達は、通路上部のぶっとい配管の上に隠れ、陸奥達が過ぎるのを待つが、隠れている場所のすぐ近くで立ち止まる陸奥に「気付かれたか!?」と戦々恐々とする。
 風花 vs 紅翼。一方、皆人達は螺旋状の階段を駆け上がりつつ、帝都タワー最上階(108階)を目指す。が。ある一定の階層まで辿り着いた皆人達は、今まで螺旋状であった階段が途切れ、またその階層の通路遠方に上への階段を発見して唖然。そこまで疾走する皆人達であったが、一番後方に居た風花が天井から降りてくる分厚い鉄の壁に気付き、自身能力である“風”を利用した追い風で皆人・結・月海を鉄の壁の向こうに吹き飛ばす。皆人達と分断される事になった風花であったが、風花側で待ち受けていたのは以前にも交戦していた経験のある紅翼であった。風花は、紅翼と交戦状態になりつつも、鉄の壁の向こうに居る皆人に先に行くように指示。皆人は鈿女との“約束”を守る為に先へ急ぐ。また紅翼は、風花の“風”の力を防ぐ為に通路を封鎖。あ~、風花は“風”が無いと戦闘力が極端に落ちるのか。完全にこいつぁ~、『一人一殺主義』って奴ッスね、以降は(ヤメレ

 月海 vs 灰翅。風花と別れて先を急ぐ皆人だが、突如、複数の矢によるトラップを月海が『水矢』によって制する。と、またそこに現れる灰翅が通さない宣言とこれまた交戦経験のある月海が応戦開始。先にも書いた通り、『一人一殺』と皆人と結を先に向わせる月海で~あったとさ。しっかし、焔も大概だけど、相変わらず月海も何も無い場所…大気中の水分を集めるにしたって大量の水を良く作り出すよなぁ(笑
 陸奥 vs 鴉羽。陸奥と御子上をやり過ごす為にぶっとい配管の上に身を隠す松とくーちゃん。自分達の気付いて動きを止めたと思っていた松だが、陸奥は何と通路の奥から歩いて来た鴉羽とご対面。主である御子上を脇に居るようにと指示し、こちらも対決開始。鴉羽がどういう存在か知らない事もあるけど、御子上の空気の読めなさに笑った。容易に倒せる相手…いや倒せないかもしない相手なのに(苦笑 この様子に松は、奇しくも帝都タワーにNo.01である美哉を除いた『初代懲罰部隊』の面々が一堂に介していると少々思案しながら、下(通路側)は危ないという事でこのままぶっとい配管を伝い、通風孔を利用しながら進もうとくーちゃんに指示。
 焔の走り方が女の子っぽくなっている件。 え~、松達を追う焔は、帝都タワー内の通路の無駄に仕掛けられたトラップを回避しつつ、考案したと思われる御中に愚痴。またメインサーバーにはある“罠”が仕掛けられているらしく、松達がメインサーバーへと辿り着くまでに合流したいという。松達は、通風孔を四つんばいで進んでおり、松は付いて来るくーちゃんを気遣う。くーちゃん可愛いよくーちゃん(カエレ
 あ。真田側。意図したものかは不明瞭だが、真田と皆人を倒す為に集まった“葦牙”と“セキレイ”の乱戦は、真田の大暴れで一方的に進んだ――かに思われるも、遠方の植物園の火災による煙に気付いたその他の“葦牙”によって全員が植物園に皆人達が居ると移動を開始。真田も人の波に飲み込まれるように移動(笑 真田の“セキレイ”達は冷静に静観?(ぉ 植物園側に着いたその他“葦牙”達だが、既に火の海となった植物園には入れない・帝都タワーも完全閉鎖だと知ると、“葦牙”達は『ここに居る連中(“葦牙”&“セキレイ”)を1人でも倒せば強制機能停止免除の条件を満たせるのでは…?』と思案し始める。うん、正直、「今気付くアンタらは馬鹿ですか」と突っ込みたくなった。何だ、この展開(遠い目 いや、これも御中の“策”のうち…か?

 続・月海 vs 灰翅…え~と、灰翅の機動力に翻弄される形で、相も変わらず学習せずに深追いをしてしまった月海は、とある部屋に誘い込まれてしまう。その部屋の扉はすぐに閉まってしまい脱出は不可能となり、更に部屋の左右の壁が月海を目掛けて迫り来る。所謂、サンドイッチ状態にするベタな罠。この様子を目にする御中は、PSPっぽい端末でその様子を目にしてケタケタ笑い(コラコラ 高美が御中の居る部屋を突き止めるもドアは閉まっており、邪魔するのは嫌いだと余裕の表情。
 “葦牙”と“セキレイ”は『繋がっている』のだそうで、“葦牙”の意志の強さが“セキレイ”の力を増幅するという。皆人と結が階段を昇る最中、階段上方から鉄球が落ちてくる。慌てる皆人であったが、結の拳による一撃でアッサリと粉砕。で、皆人に先の説明。一方、松達の下へ向う焔に襲い掛かる罠の数々。焔の通る通路を鉄柵が防ごうとした瞬間、その鉄柵が中途半端な所で止まり――この“異変”?は帝都タワー全体の罠を停止し始め――。
 続・風花 vs 紅翼…“風”の力が使えずに防戦一方で追い込まれる風花。紅翼が止めと『粉☆砕』を使用するも、その時、通路の天井部が開き始める。それに驚愕する紅翼だったが、当然、一気に流れ込んでくる空気によって、風花は“風”の力を取り戻して一気に形勢逆転(笑
 続々・月海 vs 灰翅…っていうか、迫り来る左右の壁を自力で押し返していた月海だが、先の“異変”によって壁の動きが停止する。これにより、月海は閉じていた部屋の扉を水圧によって抉じ開け、それと同時に扉の前でボーっとしていた灰翅は吹き飛ぶ(笑 月海の攻勢開始。
 え~、各戦闘で窮地に立っていた風花・月海・焔を救った“異変”は、メインサーバーに辿り着いて操作を始めた松のシステム掌握のお陰であった。これにより、移動中の皆人達の姿をモニタリングして移動し易くし、また先の通り窮地に追いやる仲間達への罠を全解除した様子。しかし高美のいうメインサーバーに設置された“罠”の存在が気掛かりですが…。
 続・陸奥 vs 鴉羽…帝都タワー内の放送を行った松の声を聞いていた鴉羽は、頃合だからと刀を納めてその場から立ち去る。これに追撃をしないのかと尋ねる御子上に、陸奥は帝都タワーからの退散すると伝えて去って行く。まぁ、間違いなく鴉羽は結を追うのでしょうがー…ん~。

 メインサーバーには“ガードシステム”が搭載されており、これが“罠”という事のよう。御中は、松にシステムをハッキングされた為に、「裏技を使ったらゲームの作品性が損なわれる」と“ガードシステム”のスイッチをポチッとな。メインサーバー室の天井部から、何か円形状の物質に棘の付いたものがわらわらと出現。驚く松とくーちゃんだったが、松は懐からくーちゃん専用の植物の芽が入ったガチャガチャの球状のプラスチックケースを複数地面にばら撒き、くーちゃんの“植物”の力によって“ガードシステム”の対処を任せる。その間にシステムの完全掌握を狙う松であったが、それを見た御中が何と強制的に帝都タワーのシステムをロックしてしまう。何というイタチゴッコ(苦笑
 風花&月海 vs 紅翼&灰翅…? え~、またも逃げる灰翅を深追いする月海は、辿り着いた先で紅翼と戦う風花と遭遇。そのままタッグマッチへと縺れ込むのかと思いきやー…灰翅の「皆もうお仕舞い」という言葉と共に、紅翼が『激☆震』を放って目暗ましと逃走。風花と月海は灰翅の言葉を思案する。どうやら、紅翼と灰翅は罠の停止=撤退を命令されていた様子。そんなこんなで、先程の御中がシステムロックに用いたスイッチは、何と帝都タワーを爆破する為にビルのあらゆる場所へ設置されていた爆弾の起爆を兼ねていたようで、高美がその御中の暴挙を咎め捲くるが、御中が寄越したSP達に高美は強制退避をさせられてしまう。
 『ビル爆破大脱出』…いや、態々そんな看板作られても(笑 え~、御中が何をしたいのか良く分からなくなって来た展開(爆 何かもう最上階に辿り着くより脱出にメインを置いた流れを勝手に作る御中の鬼畜っぷりに噴く。 今までの苦労って何?と。これで皆人が最上階へ行っても有効と見做されるのだろうか。次回予告映像から、どうやら帝都タワーは倒壊しちゃう?みたいですけどね…う~ん。あ、皆人達は頑張って上を目指し続けて居ますよっと。
 御中は、松のシステム掌握を“裏技”扱いにしたけど、これも“セキレイ”を利用した(助力を得た)立派な戦略なのになぁ…。やはり“自力”というのが引っ掛かったからだろうか。それにしても、その他“セキレイ”の妨害行為はあるのだから、味方の“セキレイ”の協力があっても良いと思うしね…。如何せん、“GM”だからと横暴が過ぎるよね。

:リアル多忙の為、後程に追記を致しマッスル。

■『セキレイ~Pure Engagement~』レビュー/感想の記事ですが、宜しければ下記リンクからどうぞ。
セキレイ ~Pure Engagement~ 第11話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第10話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第9話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第8話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第7話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第6話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第5話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第4話 (レビュー/感想) 鎧のような湯気は致し方ないのか(何
セキレイ ~Pure Engagement~ 第3話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第2話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第1話 本放送版と先行放送版の差異――というより乳首描写の該当キャラの変更があった様子。
セキレイ ~Pure Engagement~ 先行放送版 第1話 簡易感想。


■アニメ第1期『セキレイ』の当ブログレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
セキレイ(カテゴリ表示)


■TVアニメ『セキレイ ~Pure Engagement~』公式HPは下記リンクからどうぞ。
セキレイ~Pure Engagement~


■その他、『セキレイ』に関する感想や情報をお探しの方は下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
セキレイ


次回は、最終羽 『真実ノ絆』です。


アニメブログ 人気BlogRanking御中の“狂気”とはこういうもんだ!ってレヴェ(ry 宜しければポチッとお願いします~。
■当『セキレイ~Pure Engagement~』の記事一覧(最大15件表示)。
セキレイ ~Pure Engagement~ 第13話 最終話 (レビュー/感想) 第3期制作決定済…だと…?
セキレイ ~Pure Engagement~ 第11話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第10話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第9話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第8話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第7話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第6話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第5話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第4話 (レビュー/感想) 鎧のような湯気は致し方ないのか(何
セキレイ ~Pure Engagement~ 第3話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第2話 (レビュー/感想)
セキレイ ~Pure Engagement~ 第1話 本放送版と先行放送版の差異――というより乳首描写の該当キャラの変更があった様子。
セキレイ ~Pure Engagement~ 先行放送版 第1話 簡易感想。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: セキレイ ~Pure Engagement~ Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (15) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

セキレイ ~Pure Engagement~ 第12話 「乱戯ノ塔」
中ボスが現れた!(笑) いやもう、作品開始ごろから出てるし、そろそろ退場でもいいんじゃない(ぉ) 原作でもまだ健在なんでしょうが、懲...

2010.09.20 (Mon) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

■セキレイ~Pure Engagement~【第十二羽】乱戯ノ塔
セキレイ~Pure Engagement~#12の視聴感想です。 対決。 トラップ。 信頼。 ゲーム。 爆破。 強い想いで私たちは幾らでも強くなれるんです! ※1期感想は、下記リンクからご覧ください。 ⇒此方彼方其方【セキレイ】カテゴリ ↑さぁポチッとな

2010.09.20 (Mon) | 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-

この記事へのTrackback

セキレイ~PureEngagement~ 第十二羽「乱戯ノ...
セキレイ~PureEngagement~の第12話を見ました。第十二羽 乱戯ノ塔M・B・I社長・御中の待つ帝都タワーになんとか無事に辿り着いた皆人達だったが、安心したのも束の間、どこからともな...

2010.09.20 (Mon) | MAGI☆の日記

この記事へのTrackback

セキレイ(第二期)12話
ここは任せてお前たちは先に行け!というわけで、「セキレイ(第二期)」12話ゲームは一日一時間の巻。やっぱり終盤の展開は完全に三期前提ってことだったのね。クライマックスじゃな...

2010.09.20 (Mon) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

セキレイ~Pure Engagement~ 第12羽 「乱戯ノ塔」
結を助け機能停止した鈿女に託された千穂の治療法を得るために御中の言うがままに M・B・Iタワー屋上を目指すこととなった「セキレイ~Pur...

2010.09.20 (Mon) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

(アニメ感想) セキレイ~Pure Engagement~ 第12話 「乱戯ノ塔」
セキレイ~Pure Engagement~ 弐 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る M・B・I社長、御中の待つ帝都タワーになんとか無事に辿り着いた皆人たち。安心したのも束の間、どこからともなく聞こえてきた御中の声は「ここから制限時間60分とする」と無情にも彼らに告げた...

2010.09.21 (Tue) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

セキレイ~Pure Engagement~ 第12話 『乱戯ノ塔』 感想
ゲームというわりには、ルール無用なのはいかがなものか。セキレイ~Pure Engagement~ 第12話 『乱戯ノ塔』 の感想です。

2010.09.21 (Tue) | メルクマール

この記事へのTrackback

セキレイ~Pure Engagement~ 第12話
セキレイ~Pure Engagement~ 第12話 『乱戯ノ塔』 ≪あらすじ≫ 千穂の治療の為、MBI最上階を目指す皆人たち。 御中が用意した無数のトラップと...

2010.09.21 (Tue) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

セキレイ ~Pure Engagement~ 第12話「乱戯ノ塔」
2期は13話まであったー! 何だこのアクションRPG展開は 焔復活! さすがシングルナンバー、敵さんあっという間に退散。 …火炎攻撃やりっぱで植物園が 皆人たち劣勢→反撃→またピンチというパターン。 御中はもうご乱心というしか(^_^;) これだけ↓はGJだっ...

2010.09.21 (Tue) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

セキレイ ~Pure Engagement~ 第12話「乱戯ノ塔」【感想】
-あらすじ- 御中がいる帝都タワーに突入する皆人達。 それを「タワー内は制限時間は60分」とあざ笑うかのように告げる御中。 皆人達は階...

2010.09.21 (Tue) | 失われた何か

この記事へのTrackback

セキレイ~Pure Engagement~ 第12話 「乱戯ノ塔」
御中のゲームの制限時間は60分、60分以内に最上階にいかなければならない 一方焔はあっさり凍結を解除。羽化してなかった時と違って炎を...

2010.09.21 (Tue) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

セキレイ #12「乱戯ノ塔」
総評!ベタやなあwストーリー展開は非常にわかりやすい最終戦w俺に任せて先に行け・・・やら、ラストダンジョン爆破・・・やら。まあ、作品性からしてそのくらいでいいんでしょうけ...

2010.09.22 (Wed) | 生涯現役げーまーを目指す人。

この記事へのTrackback

「セキレイ~Pure Engagement~」 第12羽『乱戯ノ塔』
 第12羽「乱戯ノ塔」 M・B・I社長、御中の待つ帝都タワーになんとか無事に辿り着いた皆人たち。安心したのも 束の間、どこからともなく聞...

2010.09.22 (Wed) | おきらく委員会 埼玉支部

この記事へのTrackback

セキレイ12話の感想
 セキレイ12話を観ました。皆人達は、千穂を救うために帝都タワーにたどり着きましたが、60分以内に帝都タワーの頂上にたどり着くこと...

2010.09.23 (Thu) | 本とTVとDVDの感想日記

この記事へのTrackback

セキレイ~Pure Engagement~ 第十二羽
今回は、1時間以内に帝都タワーの最上階を目指すお話でした。 御中はゲーム感覚で好き放題、最終的に帝都タワー爆破だなんて無茶苦茶ですねぇ。 それでも、中ボスが次々と現れる定番の展開はなかなか熱く、音楽の良さもあって見応え十分でした。 ホールに閉じ込めら...

2010.09.26 (Sun) | パズライズ日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。