一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 最終話 (レビュー/感想) 予想通りの『俺達の冒険h(ry』エンド。第2期への伏線も…?

Category: 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD  09/21 /2010 (Tue)

第12話 (最終回) 『All DEAD'S attack』


うん。
予定調和的最終回。
厳密には『締め括り方』。私はこの展開自体の記憶はあったので「あ~」という感じだけど、原作未読者の視聴者はどう捉えたのか…。

それでは、早々に結末から…(マテ

■『俺達の冒険はこれからだ!』ED…予想された〆方ではあるが。

これは第2期に期待という意味?
一番最初にコレを持ってこざるを得なかった最終話の結末(笑 見よ!この全てを悟ったかのような孝達の清々しく晴やかな表情を(ぉ
自分達の未来に一抹の不安もないような表情なんだぜ…(爆 しっかし取り合えずアニメ作品は良いとして原作漫画はどうなるのか…(遠い目
あ。高城邸をハンビーで脱出する孝達だが、途中でハンビーのエンジントラブルで乗り捨て、最寄のショッピングモールに辿り着き…完(笑

■パンチラ等のまとめ~。

※クリックをすると別窓拡大。
最終回だけに控えめ?
え~、最終回だけに空気を読んでのパンチラといったお色気描写は割と少なく、相反して後述する『奴ら』は大量でしたね(苦笑

■最終回の『奴ら』まとめ~…過去最高の出番、かも?

※クリックをすると別窓拡大。
孝達には全く脅威になりもしないけどねー(棒
最終回という事でこれ見よがしに『奴ら』の湧きが良かった(笑 でも、結局は余り孝達への脅威となる厳密なシーンが少ない残念脅威状態(爆
しかしゾンビをここまでリアルに描く事に丁寧な演出は個人的には良かったかな、うん。ただ問題はバリエーションが一辺倒な点かorz

■核ミサイル攻撃を海上自衛隊が迎撃するも1基打ち漏らし…。

電磁パルスで床主市全域の電子機器全滅。
日本の海上自衛隊のイージス護衛艦と米軍のイージス駆逐艦で連携を執り、飛来する核ミサイルを迎撃ミサイルで破壊する作戦を行う。
海上自衛隊の迎撃ミサイルは、4基の核ミサイルのうち3基を迎撃するも、何と米軍の担当だった核ミサイルへ迎撃ミサイルが発射されず。
米軍のイージス駆逐艦に通信を試みる海上自衛隊であったが応答は無く…。何とイージス駆逐艦は既に『奴ら』に汚染されて全滅していた。
国際宇宙ステーションでは、前回のCパートに登場した男女がこの状況を察し、撃ち漏らした核ミサイルは日本の上空で爆発した事を目撃。
しかも爆発した上空がピンポイントで孝達の居る床主市近辺て。この高高度での核爆発により、床主市全域が電磁パルスの影響を受ける。
これを床主空港のロビーで目撃する静香の友人のリカ。当然、高城邸に居た孝達も目撃。静香と連絡を取っていた携帯がショートして破損。
この核爆発の眩い光を目撃した沙耶は、麗の所持するIC利用のドットサイトを覗かせ、ドットが無くなっている事で電磁パルスの影響だと説明。
電磁パルスは、人体には影響はないものの、それを受けたアンテナ等の通信網を利用した電子機器の半導体やICを破損させてしまう。

■南 リカ…彼女の存在とは一体なんだったのか(コラコラ

単なる孝達への武器提供者か。
みたいな(笑 え~、ヨン様似の『奴ら』を射殺したりその後もチョロっとしか出番がなく、最終話で久々登場の静香の友人・南 リカ
リカの携帯の電話番号を漸く思い出した静香がリカに電話を掛け、電話越しながら久々の再会を喜ぶ二人だったがそれも束の間と――。
突然、手持ちの携帯がショート。空港のモニタ類も全滅した後、前述をした核ミサイルによる高高度核爆発を目撃し、諸々察して驚愕の表情。

■高城 壮一郎…漸く沙耶との会話があった。

壮一郎「最早、後顧の憂いなしッ!!」
格好良過ぎ(鼻血(ぉ はい、今回は常に厳しく険しい表情が続いた沙耶の父親である壮一郎。状況に冷静な態度を見せた沙耶を褒める。
最終話で漸く沙耶と壮一郎との会話がありましたけど、沙耶は何処か壮一郎に“恐れ”とは違うけど一歩引いた所からの会話でしたね(苦笑
しかし、電磁パルスの影響で電子制御の車が壊れる件で、その改善策を求めた事に的確な答えを提示した沙耶を褒める場面は良かった。
中盤以降は、敷地に『奴ら』の侵入を許すが、高城邸に避難して生き残った一般市民と共に安全な隣家へと退避する為に正門突破を敢行。
その過程に於いて妻の百合子との同意で娘の沙耶を孝グループに預ける意志を固め、また百合子と共に正門付近の『奴ら』を倒し続ける。
そして、孝達の乗ったハンビーが高城邸を出てバリケードの外へ脱出した事を知ると、百合子に背中を預けて先の台詞と死の覚悟を決める。
ん~、壮一郎と百合子の生死は不明。でも、先の台詞が遺言的意味が…なぁ。多分、無事な…筈。原作漫画では隣家に避難しましたし(笑

■高城 百合子…ニューヨークの金融街“ウォール街”で既に護身術マスター(ぇ

百合子「さぁ…お行きなさい!!」
どう聞いても『スカイハイ』の名言からパロってます。本当にあr(ry 沙耶の母親・百合子。何と銃火器の取り扱いはお手のもの。
何でも独身時代(?)にニューヨークの“ウォール街”でエグゼクティブの護身コースの経験があり、銃火器の扱いは壮一郎より上らしい(笑
そんなこんなで、敷地に『奴ら』が侵入する直前には、着ていたドレスの裾を動き易い様に破り、構成員から渡された銃火器を手際良く装備。
また沙耶に護身用として自動拳銃(ルガー)を与える。そして、壮一郎と自分の意思で沙耶を孝達に保護して貰う意志を固めるが沙耶は反発。
その為、百合子は沙耶を引っ叩きながら、親として娘が生き残る為に罪悪感を内包した“我侭”だと諭すと、沙耶…孝達に先の台詞と促す。
以降、壮一郎の項目で書いた通り、孝達がハンビーに乗って邸宅から遠方へ脱するまで、正門側の『奴ら』を壮一郎と共に駆逐作業を行う。

■希里 ありす…マスコットキャラを貫き通す!

タイヤを起こして転がす腕力に脱帽(ぉ
小学2年生でしかも女児なんだぜ…。え~、どこぞの天然ボケな女性養護教諭よりも、断然戦力になった印象が強かい希里 ありす。
もうね、目の前で父親を“刺殺”されたとは思えないタフな胆力で、影ながらコータの銃火器のマガジンを配給したり静香のお守りしたり(爆
いやしかし、本編中に静香を襲った『奴ら』に対し、機転を利かせてタイヤを投げ付けて転倒させるとか…その隠された腕力に脱帽だぜ(ぉ
ま、兎も角、孝グループの癒し系マスコットキャラでありながら、ささやかだが静香よりも確実な戦力である事は言うまでも無い…筈?

■平野 コータ…久々の戦闘でウキウキ?

最終回ではあったものの、ちょっとコータ分が足りない印象(マテ しかしながら、冴子に次ぐ戦力として『奴ら』を倒していた事は間違いない。

■ED終了直前のCパートに婦警がチラッと登場。

第2期制作の伏線か(ぇー
Cパートで孝達が辿り着いたショッピングモールで遭遇する中岡 あさみの先輩婦警登場。:記憶違いしてたみたいでご指摘ありがとう~(笑




あ~…予想通りの――
投げっ放しジャーマン決着。
まぁ、原作漫画も終わっていないし、アニメ作品の物語の展開上は全てに決着を付けて『めでたし』で終わらせられる訳がないのは自明の理。
一応、第2期がありそうな含みの在る〆方ではありました?(マテ 今回のED終了直後に前項目通りに婦警さんの姿もありましたしね。

そして――。

続きはOADでね♥
という感じで良いのだろうか?(マテ あ、来年の2月10日(木)に発売予定の原作漫画の第7巻の限定版にOADが付くそうなので要チェケラッ!(ぁ

 ア(A)ルファ・ブ(B)ラボー・チャ(C)ーリー・デ(D)ルタ…これら全て軍隊に於けるアルファベットの読み方。 主に無線での遣り取りではこう呼称され、以降もちゃんとアルファベットの頭文字を取った単語を振り分けてあったりする。って事で、前回の終盤に発射された核ミサイルを察知して迎撃する為に動いた日本の海上自衛隊と米軍のイージス駆逐艦との無線での遣り取りで、先の標的である核ミサイル4基其々の呼称がそうでしたよっと。何か、こういうシーンの作画が無駄に気合いは行ってて笑った(遠い目 え~、海上自衛隊・イージス護衛艦 『こんごう』が、迎撃ミサイルで3基の核ミサイルを見事に破壊。しかし、共に迎撃作戦を執る筈であり、先ほどまで通信を行っていた相手の米軍のイージス駆逐艦 『カーティス・ウィルバー』からの迎撃ミサイルが発射されておらず、担当であった1基の核ミサイルは依然として残ったままになってしまっていた。応答を試みるも反応は無く――って、思い切ッ糞、乗員が『奴ら』に襲われて全滅してましたよっと(遠い目 え~、乗員に登場前に噛まれていた者が居たのか…(遠い目
 国際宇宙ステーション(ISS)では~…前回のCパートに登場した男女が、核ミサイルを1発打ち残した事を驚愕。女性はアメリカに向ったのかと尋ねるも男性は否定。核ミサイルの到達先を目で追う女性が目を見開いた瞬間、地球側で大規模な爆発が起こった描写ですがー…さて。
 一方、床主空港では、静香の友人・南 リカがーって、久々だなぁ~…ヨン様似の『奴ら』を射殺してちょこっと登場しただけであと放置プレイだった人だ~(爆 ま、そんなこんなで、空港でピカッ!と光ったのは何だと尋ねる一般市民に、リカは携帯を地面へと放り投げて「今日から夜は、『闇』そのものになるのよ」と返答。葉巻吸ってますな~…偉そう(ぉ え~、リカの言葉…というより投げ捨てた携帯により、電子機器や端末等を一発で駄目にする“電磁パルス”でしょうねぇ...空中で核爆発が起きた弊害、か。

 核ミサイルの着弾地点は日本かYo!!しかも床主市近辺の上空て…どういう精度だYo!!(笑 孝・麗・冴子が高城邸を出る直前、静香がリカの携帯の電話番号を思い出したからと電話を掛ける。リカに通じた為に電話越しながら再会を喜ぶ静香であったが、リカが静香の居る場所を尋ねた瞬間、空港内のTVの映像が途切れたと思った瞬間、通話をしていたリカの携帯がショートして白煙を上げて破損する。そして、少し遅れて窓枠に座っていたリカの背後から眩い光が差し込んだ為、リカが空港の外…上空の光源を目の当りにして諸々を察して驚愕する。一方、通話が途切れて慌てる静香…孝達にもこの光が目に飛び込んでおり、すぐに沙耶はこの光りを訝しむと、麗の所持していたライフルのIC(集積回路)を利用したドットサイトを覗くようにと指示。麗はドットサイトを覗いた後にドットは「見えない」と答え納得をする――って、この場では答えを先送り(笑 え~、リカの携帯のショートや麗のライフルのIC利用のドットサイトの異変に止まらず、高城邸に避難をしている住民が心臓に嵌めていたペースメーカーが停止したり、高城邸内で何らかの作業を行っていたPCが全部破壊されるといった被害を出す。
 また高城邸から追い出された紫藤の運転するバスがエンストを起こし(電磁パルスの影響で電子制御されていたバス故にエンジンが停止した)、自力走行ではなく坂道を惰性的に走行するものの、阿呆な紫藤がエンストに腹を立てて前を見ておらず、同乗していた女子生徒が前方注意を促して気付いた時には既に遅く――バリケード前で作業をしていた高城家の構成員の乗ったフォークリフト車に衝突。この出来事で、折角築いていたバリケードが破壊され、ゆっくりと雪崩込んでくる『奴ら』(汗 紫藤は運良く生きており、眩暈を覚えながら現状を把握し…以降、生存不明ッ!(ぁ
 やはり電子機器の破壊はEMP攻撃によるものでしたよっと。 『EMP』=電磁パルスね。この場合、高高度の核爆発で電磁パルスが発生した、という事実。そういえば、海外ドラマながら『24』でも企業が証拠隠滅の為に調整中のEMP爆弾を強引に起動するシーンがあったなぁ…。その時は何ブロックかの電子機器類がオシャカになったっけ(演出上)。ま、兎に角、沙耶がその事を孝達に説明。あ~、電磁パルスとは何ぞやという説明は割愛。普通の人は知識として『高高度(高層大気圏)で核爆発が起きたら、同時に弊害として電子機器類を駄目にする電磁パルスが発生するもの』と思って貰うのが一番手っ取り早い(コラコラ まぁ、ちょっとだけ説明…高高度で核爆発が起こるとその場で発生したガンマ線が空気分子に触れて電子を発生させ(コンプトン効果)、それが地球の磁場に沿って降り注ぐ為に広範囲に及ぶ電磁パルスを発生させる、と。その電磁パルスを受け皿としたアンテナ類…通信網を利用した電子機器や端末は全て影響を受けて半導体やICが破壊されてしまう、と。

 沙耶と父親・壮一郎の会話キター!(笑 でも最初は視線を合わせない沙耶。孝達にEMP攻撃を説明し終えた最中、沙耶の両親である壮一郎と百合子がその場を訪れ、車を直す方法を尋ねる。沙耶は、焼き焦げた部分を取り替えれば動く車はある可能性を返答。壮一郎は、沙耶の返答の内容を聞いていた部下に車のその部分を調べさせるように指示し、また沙耶がこの非常時に物事を冷静に見ていると褒める。その言葉に一瞬驚き、何かを口にしようとした瞬間、紫藤が突き破ったバリケードからやってきた『奴ら』が来たと慌てる構成員からの報告を受ける。
 コータ「ポケットの中にはガン一つ…(やっぱりボクが一番うまいんだ)」 高城邸の門まで『奴ら』が接近しており、壮一郎は急いで門を閉じるようにと指示。すぐにレール式の鉄製門扉が閉じられるも、1人だけ『奴ら』の侵入を許すのだったがー…それをコータが一発で脳天を打ち抜きつつ先の台詞(苦笑 また壮一郎と百合子に“獲物”と称して日本刀(以下、ポン刀)を持ってくる構成員。何と百合子が、自身のドレスを動き易いようにスカート裾を切り裂き、また銃を慣れた手つきで装備。これにコータが「ママ」発言(苦笑 百合子は、自動拳銃(ルガー)を沙耶に自衛用に手渡すが、目を輝かせて飛びついたのはコータ(爆 銃の携帯を扱い方が分からないからと拒絶する沙耶は、また何故に手馴れているのかと尋ねると、百合子は独身時代(?)にアメリカのニューヨークで金融街として有名なウォール街でエグゼクティブの護身コースに通っていた、と返答。銃の腕前は壮一郎より上、らしい(遠い目 また銃の撃ち方はコータが教えて欲しいと百合子。コータは「ママ」から「マム」(女性上官の呼称名)と訂正(苦笑
 どれだけ『奴ら』が押し寄せているのかと。 大人が左右から力一杯押し込んでいるレール式の鉄製門扉を、『奴ら』は数による圧力のみで門扉を前に転倒させるって(滝汗 え~、高城邸の最終防衛ラインであった門扉が、溢れ返る『奴ら』によって前述したように転倒する。驚愕する孝達。『奴ら』は、電気系統が電磁パルスで停止した為に高城邸の中庭の至る所に置かれたオイルランプだか灯油ランプだかを蹴散らして孝達の下へと迫り来る。その為、『奴ら』の進行と共に高城邸の庭ではアチラコチラで火の手が上がり始める。孝は麗達に撤退とすぐに指示を出す。
 前回、沙耶と口論をしていた女性、やりおる…喰われたけど(汗笑 え~、高城邸の庭で保護されていた一般市民達にも、『奴ら』の魔の手が迫り次々と『奴ら』の餌食となり『奴ら』化する者達が発生。その中で前回に沙耶と口論をした女性が居り、『奴ら』に窮地に立たされるものの、何故か都合良く付近に落ちていた中華包丁を振るい、襲ってきた『奴ら』の首を攻撃して撃退。しかし女性は『奴ら』といえど自ら手に掛けた事による“狂気”に飲み込まれてか、自分が倒した『奴ら』をブツブツと言い訳しつつ切り続けてしまい、その隙を突かれる形で背後から『奴ら』として再起動をした者の手によって餌食に(苦笑

 『奴ら』との交戦開始。って、相変わらずの孝グループ+αのチート戦闘(笑 まぁ、壮一郎や百合子といった経験に裏打ちされた人達はまだ分かるけどね、少し位のありえない戦闘方法でも。前回に冴子が得た“リーサルウェポン”な『小銃兼正・村田刀』を手にし、在り得ないアクロバティックな技はやっぱりなぁ…。視覚的には楽しめるがー…『人間』というキャラ設定のリアリティは損なわれる。ま、視聴者へ魅せる演出にする以上、こういう過度なものも必要、という判断なのだろうけどね。ま、そんな感じで『奴ら』との戦闘を行う孝達だったが、長期戦だと劣勢になるだけだと察して高城邸の中へと引上げる。
 高城邸内の中庭を一望可能なだだっ広いテラスには、壮一郎と百合子に少数の構成員と更に逃げ遂せた一般市民複数名が避難しており、孝達は壮一郎達と合流する。壮一郎は、部下から『隣家がまだ『奴ら』に襲われておらず無事で門扉の補強も可能』という旨を聞き、そこに退避する意志を示した上で一般市民の男性にもそこに辿り着くまでの助力を求める(というより、女性と子供を守って生き残りたければ共に戦え)。また壮一郎は、孝に「自分の道を行け」(両親を探したいという当初の目的を貫け)と指示し、コータに沙耶を守って欲しいと頼む。これに沙耶は反論をするも、百合子に制されて逆にビンタを喰らう…最後まで扱いが散々だな(苦笑 百合子は、沙耶の両親としての愛情故の行為で罪悪感を抱いてはいるものの、壮一郎の言う孝やコータに沙耶を預けて保護してもらう事が、今の現状を鑑みて出来る親としての“我侭”だと沙耶を制するのであった。
 百合子「さぁ…お行きなさい!!」 あ~…何、この『スカイハイ』の名言パロ(爆 そして、この台詞を言う為だけの過剰な演出に糞噴いた(爆 さて、百合子の一言で両親と暫しの別れを覚悟した沙耶は、壮一郎と百合子に愛を伝えて孝達と共に松戸という以前の話でチラッと登場した構成員の男性の下へ…ハンビーを置いてある格納庫へと向う。松戸の話では、孝達が乗ってきたハンビーにはEMP対策が施されており運転が可能だと判明。しかし微々たる調整にまだ時間が掛かるという事で、孝達はそれまで格納庫前で迫り来る『奴ら』を足止めする為に交戦を始めるのであった。

 小学2年生女児より戦力にならない大人の女性養護教諭(爆 と、話を少し戻して壮一郎と百合子側では、隣家へと向かう為に正面突破を敢行する為ながら足踏み状態で交戦。そこでふと百合子が現状が芳しくない事を仄めかすと、壮一郎は百合子の言葉に『サッサと突破するべきだ』という意図を汲み取り、「良い女だ」と呟いて更にも増して太刀を振るい始め、百合子と自動小銃のツープラトン攻撃で突き進む…っぽい(ぉ 一方、相変わらずの面々は『奴ら』をフルボッコにするが、非戦闘員の静香が『奴ら』から背後を襲われ掛けるが、それを見たありすが付近に置いてあったタイヤを転がして『奴ら』に当てた事で窮地を救う。またその転倒した『奴ら』には、沙耶が母親から手渡されたルガーで脳天を撃ち抜き止めを刺す。役に立たない静香は自分の事を「こういうキャラだももの」…をいをい(滝汗 そうした静香を沙耶はハンビーの中へと退避&運転準備させる事に。え~と、車のタイヤって小学2年生女児が寝かせてあった物をすぐに起こして素早く転がせるほど軽くは無いのだが(ぁ まぁ、タイヤにも千差万別あるが…さて。
 ハンビーの修理が取り合えず完了し、静香がエンジンを掛けて全員乗り込むように指示。またハンビーを修理した松戸を乗るようにと促す孝だったが、松戸は「惚れた女がこの場に居る」ことを理由に残るという。松戸は工具箱からモンキーレンチを取り出して『奴ら』と応戦開始。孝達はハンビーで高城邸の中庭へと駆け抜け、正門を抜けるのだったがその際に中庭で『奴ら』と戦う壮一郎とすれ違う…演出(笑
 高城邸を後にした孝達の乗るハンビーは、紫藤の運転するバスが破壊したバリケードの狭い隙間を狙って外へと向う。それに無茶だという麗であったが、何故かの弾みで片輪走行をするハンビーを利用し、冴子が天外部から地面擦れ擦れまで身を乗り出して体重を掛ける事によって片輪走行の状態を維持。破壊されたバリケードの隙間まで到達しようとした直前、孝が身を乗り出す冴子の手を引いて車内へと引き戻し、無事にバリケードの外へと通行。しかしハンビーのドアが破損した様子(笑
 壮一郎「最早、後顧の憂いなしッ!!」 あうち…目的を果たしたから(沙耶と若い世代…孝達を逃がせた)とそりゃないよ、壮一郎。高台に位置する場所から、無事に孝達の乗るハンビーがバリケードの外へと抜けた事を目にした壮一郎と百合子。これに壮一郎は、先の台詞を口にして周囲に群がる『奴ら』と共に死ぬ覚悟を決める。いや、生きろ~(滝汗 『後顧の憂いなし』(目的を果たしたので心残りはない)は遺言的な諺(『後顧の憂い』)ですからね、ある意味(遠い目

 バリケードを抜けた孝達。しかしハンビーのエンジンに不調なお知らせ(エンジンの異音)。麗は、両親と今生の別れ状態となった沙耶に同情心を垣間見せるも、それを沙耶は拒絶した物言いをするも、その時、コータが沙耶に「確り見張って下さい」と厳しい言葉を投げ掛ける。これに麗はコータに反発するも、それを沙耶は『平野』から『コータ』と呼び方を変えて判断は正しいと制する。またこの瞬間、ハンビーのエンジン音から『パン!×∞』という異音が聞え始める。取り合えず、目的地を『行ける所まで』とあやふやな孝であったが、またそれと共に自身と麗の両親を探す手伝いを頼むと、全員に伝えるので~あった、と。当初は、自分(孝)と麗・冴子で向う筈でしたからね。
 ハンビー死亡!って事で、何故にハンビーのエンジンが不調を訴えて停止した場所が、『奴ら』のわんさか居る道路上なのか不明瞭ながら、止まったものは仕方がないと主戦力である孝達がハンビーの外へ出て『奴ら』と応戦しつつ、仲間達の逃げ道を確保する。孝の〆の言葉は「ホントに…面倒臭いよっ!!」。何かさ、ここの一連の演出と主戦力の孝・冴子・コータが、もう『奴ら』を倒す事を使命とした熟練の兵士達という表情をしてて笑った(苦笑 
 Cパート。『TAIEI』…だと…? どう見ても、『Daiei』(ダイエー)をパロってます、本当にあr(ry え~、EDの終盤の映像に原作漫画では孝達と顔見知り予定となる中岡 あさみの先輩婦警がチョロっと登場。そして、ハンビーを乗り捨てて『奴ら』を煙に巻いた孝達が辿り着いた場所が『TAIEI』というショッピングモールで…。『俺達の冒険はこれからだ!』的な孝の独白で〆~…うん、味気ない(ぉ そういえば、紫藤はどうなった…?(笑



 総括…終わってしまいましたよ、原作漫画をある程度は読んだけど物語とキャラに関する記憶が曖昧だったりした(マテ 『学園黙示録 HIGHTSCHOOL OF THE DEAD』。第1話放送後の盛り上がりから、物語が展開するに連れて少し右肩上がりの面白さを匂わせたものの、そこからゆっくりとながら右肩下がりの物語展開で視聴者をちょっと飽きさせた感もあったかもしれません。しかし物語展開と今回の『俺達の冒険は(ry』エンドは兎も角として、無駄に気合の入った“お色気描写”はほぼ右肩上がりの満足度だった(男性視聴者的に)…かと思われます(笑 またゾンビこと『奴ら』に関しては、“お色気描写”に負けじと丁寧且つ恐ろしいホラー演出でこちらも個人的には満足な出来栄えでした。
 しかし、今までにも本文中に書いていたり、また原作漫画の時点でそうではあるものの、『奴ら』のバリエーションが一辺倒で孝達の『常に隣り合わせの“脅威”』という描写が希薄な印象だったのは残念。だもんで、『奴ら』化した要因となった“モノ”に感染した鳥・犬・猫といった、人間の身の回りに有り触れた動物の『奴ら』化の“脅威”が欲しかったですね。完全に『バイオハザード』っぽくなりますけど、アニメオリジナルを多少交えるならば、そういった要素も加味させても良かった――ら、あの可愛くないジークが無事でいる理由が危うくなる…かorz そもそも『奴ら』が人肉にしか興味がないってのがなぁ....(遠い目 これもゾンビ映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』の設定(チップスという犬が登場し、ゾンビは犬に反応を示さない)をパクったものなんですけど(コラコラ

 一般的な作画(キャラデザ)・演出は非常に良好でした。“お色気描写”や『奴ら』の描写にその恩恵を受けていていたので満足(笑 背景描写は丁寧で綺麗でした。また一部の“お色気”の過剰な描写には大量に噴かせて貰いました。アニメ制作者陣のをっぱいに対する拘りが半端なくある事だけは理解(爆 ま、原作漫画からしてをっぱい漫画っぽいので、原作者もきっと満足が出来たに違いない?(何様。
 そういえば、私は基本的にAT-X放送のみの視聴でしたが、地上波では規制が割りとキツい面が多かったみたいで。『ありすのパンツ穿かせ』は分かるけど、別に冴子の『濡れるッ!!』は背景塗り潰さなくても良かったと思うんだ(笑 『濡れるッ!!』なぁ....ある意味で全てのお話の中で一番笑えたシーンかも知れませんね(遠い目 冴子はそうした笑いのネタが一番多かった…“をっぱいマトリックス”とかさ(爆

 最後に、月並みではありますが、アニメ制作に携わられたスタッフの方々、キャラクターの中の方々(声優さん)、本当にお疲れ様でした。今度は、来年の2月に発売予定のOADに期待を寄せつつ、第2期のショッピングモール編を期待させて欲しいですね(笑 また当方の長ったらしく要領を得ない好き勝手なレビュー記事に最後までお付き合いして頂いた閲覧者の方々、下記アンケート投票にご協力頂いた方々にも感謝を致します。本当にありがとう御座いましたm(__)m

:ま~た後々に適当に追記する予定Death。



宜しければ、下記のアンケートへの適当なご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。

数多くのアンケート投票へのご協力、誠にありがとう御座いました。大変に参考になりました。以降も暫く投票は続けたいと思います。


■投票コメのレスなんぞをしてみる?
>少し期待しすぎていたかも。あと紫藤一行はどうした(笑)二期があるなら毒抜きされて登場とかか。
まぁ、『俺達の冒険~』エンドは分かりきっていましたけどね(苦笑
紫藤グループはー…原作漫画でも行方不明って感じだったかと。バスの大破で生徒が数名逝ったかも(笑
毒抜きかぁ…それ何て『綺麗な〇ルーシュ』?悟り過ぎてキャラが壊れてたらどうしよう(ぉ


■『学園黙示録 HOTD』の当ブログのレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第11話 (レビュー/感想) 紫藤終了のお知らせ。核攻撃は開始のお知らせ?
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話 (レビュー/感想) “危険因子”の紫藤が再登場!エロイベントを引き連れて(笑
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第9話 (レビュー/感想) 孝が冴子をやりたい放題にするお話(マテ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第8話 (レビュー/感想) 何か乳が自己主張し過ぎていた件。
学園黙示録 第7話 HIGHSCHOOL OF THE DEAD お色気過多で『奴ら』も過多の交互演出で緊迫感は皆無(爆
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第6話 (レビュー/感想) お色気描写最多。『奴ら』も比例してグロめ最多(爆
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第5話 (レビュー/感想) ヨン様似の『奴ら』…だと…?
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第3話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第2話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第1話 (レビュー/感想)


■当ブログ以外の『学園黙示録 HOTD』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD


■アニメ 『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 公式サイト


アニメブログ 人気BlogRanking俺達(視聴者)の冒険はこれからだ!!宜しければポチッとお願いします~。
■当『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の記事一覧(最大15件表示)。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第11話 (レビュー/感想) 紫藤終了のお知らせ。核攻撃は開始のお知らせ?
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話 (レビュー/感想) “危険因子”の紫藤が再登場!エロイベントを引き連れて(笑
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第9話 (レビュー/感想) 孝が冴子をやりたい放題にするお話(マテ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第8話 (レビュー/感想) 何か乳が自己主張し過ぎていた件。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第7話 お色気過多で『奴ら』も過多の交互演出で緊迫感は皆無(爆
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第6話 (レビュー/感想) お色気描写最多。『奴ら』も比例してグロめ最多(爆
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第5話 (レビュー/感想) ヨン様似の『奴ら』…だと…?
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第3話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第2話 (レビュー/感想)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD Genre: アニメ・コミック

Comments (1) | Trackbacks (24) | TOP

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 11:47:58 2012/09/16 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「All DEAD'S attack」 感想
新たな旅立ち―

2010.09.21 (Tue) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD ACT12ALLDEAD'Sattack
紫藤ェ~('A`)EMP爆撃により、電子機器が全滅。電子機器によって、一応のライフラインが確保されていた高城邸も例に漏れず、混乱に陥る。そこへ、さらに紫藤のバカチンが奴らの進入を...

2010.09.21 (Tue) | インドアさんいらっしゃ~い♪

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「All DEAD'S attack」
原作が中途で投げっ放しなので、アニメも当然のように続く? で終わりです(笑) 今までの作者の執筆状況を考えると続行は絶望的かなw プ...

2010.09.21 (Tue) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「All DEAD'S attack」(最終回)
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray](2010/09/22)諏訪部順一井上麻里奈商品詳細を見る 高高度核爆発により電...

2010.09.21 (Tue) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT12
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT12『ALL DEAD'S attack.』

2010.09.21 (Tue) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

(アニメ感想) 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「ALL DEAD'S attack」
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]クチコミを見る ゾンビの感染者が爆発的に増えていく中、ついに核ミサイルが発射!このまま世界は滅びてしまうのか!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「

2010.09.21 (Tue) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD12話(最終回)
E いいM 胸とP パンツだった。というわけで、「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」12話(最終回)車でハングオンの巻。もはや世界に平和が訪れるみたいな展開は望むべくもないので、「第...

2010.09.21 (Tue) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

学園黙示録 12
第12話 「All DEAD'S attack」展開が遅い遅いと言ってましたが、結局なんの進展もないまま終わってしまいました。 最後のオチなによあれ(笑) 世界の終わりを描きたかったのか、 友情の大切さ...

2010.09.21 (Tue) | GIGASSA!!

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「All DEAD'S attack.」 (終)
各国がミサイルを撃ち込み合って世界終末への加速か? 「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の最終話。サブタイトルもピリオド付。 富士見書房特...

2010.09.21 (Tue) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD #12
俺たちの地獄はこれからだッ!! 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray](2010/09/22)諏訪部順一井上麻里奈商品詳細を見る学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD...

2010.09.21 (Tue) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 最終話(12話)「All DEAD'S attack.」(感想)
最終回。あらすじは無しで。 それにしてももっと「おっぱいぷるんぷるん」が見たかった。 -感想- 大方予想されていた通り、展開の途中...

2010.09.22 (Wed) | 失われた何か

この記事へのTrackback

学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD 第12話(最終話...
学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD 第12話(最終話)「AllDEAD'Sattack.」今日から夜は本当の闇そのものになるのよいよいよこちらも最終回まずは1回だけ視聴してみようと思っていた筈だったの...

2010.09.22 (Wed) | SOLILOQUY

この記事へのTrackback

学園黙示録 H.O.T.D 第12話(終)
学園黙示録H.O.T.D、第12話です。 以下ネタバレ注意

2010.09.22 (Wed) | power of dreams

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話(最終話) 「All DEAD'S attack」
奴らと他の脅威との戦いは、まだまだ続く。

2010.09.22 (Wed) | 光速アニメ感想記

この記事へのTrackback

学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 第12話(最終回)
(え、これで終わり?) 学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 第12話の所感です。

2010.09.22 (Wed) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話(最終回) 「All DEAD'S attack」 感想
昨夜、『バイオハザード2』がTVでやっていたのが、すごくタイムリーな(笑) 終わり方としては、これしかなかったでしょうね。 原作が...

2010.09.23 (Thu) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD #12 「All DEAD'S attack.」
終わりの始まりの終わり?

2010.09.23 (Thu) | “like mother, like son”

この記事へのTrackback

学園黙示録 highschool of the dead 第12話 最終回 感想
 学園黙示録  highschool of the dead  第12話 『All DEAD'S attack.』 最終回 感想  次のページへ

2010.09.23 (Thu) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「All DEAD'S attack」
 2期ってあるのでしょうか。キリはいいところかも知れませんが、まだまだこれからというところで終わってしまったので続きが気になりますよ...

2010.09.23 (Thu) | つれづれ

この記事へのTrackback

後日談じゃないのに“後日談”(けいおん!!とか学園黙示録とか)
【仮面ライダーOOO(オーズ)第3話】アンクと、彼の宿主である刑事さんの妹さんとの出会いから始まった今回でしたが、妹さんとの絡みは期待したほどなかったのでちょっと残念でしたね。(ただ、アンクを引き剥がしたことから、妹さんが何か特別な存在であることのフラグは...

2010.09.24 (Fri) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

この記事へのTrackback

学園黙示録 第12話 「ALL DEAD'S attack」
大門ダヨ 前回・・・ ミサイルが発射され・・・ 世界は核の炎に包まれた・・・ というわけではないらしい

2010.09.24 (Fri) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

【学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 最終話-ALL DEAD'S attack.】
WORLDS of the END。

2010.09.25 (Sat) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」 第12話 最終回『All DEAD'S attack.』
 第12話 最終回「All DEAD'S attack.」  これで、”奴ら”ともお別れですw  原作を知っているものとして、ほぼ原作どおりに進行している事を...

2010.09.25 (Sat) | おきらく委員会 埼玉支部

この記事へのTrackback

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
けいおんしか感想は書いてないですが他のも一応見てますよw HOTDは1話だけ見て今日一気に見ましたw 一言濡れました(ぇ

2010.09.27 (Mon) | ニート的暮らしのススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。