一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

ストライクウィッチーズ2 第12話 最終話 (レビュー/感想) 第501統合戦闘航空団 『ストライクウィッチーズ』よ、永遠に!!

Category: ストライクウィッチーズ2  09/23 /2010 (Thu)

第12話 (最終回) 『天空より永遠に』


前々回からの美緒の死亡フラグはまたもや華麗に回避された訳だが――

芳佳が全部持って行っちゃった最終回。
いや~、美緒がまたも華麗に死亡フラグを回避しましたが、それよりも特筆すべき展開だったのが何と芳佳の…続きからどうぞ。

そいでは、取り合えずネタ的なものから~。

■最終回のパn…ズボンのまとめ~。

※クリックをすると別窓拡大。
最終回ではありましたが、ちょっと手を抜いた粗いキャプになってますがご了承をば。ん~、今回で見納めかorz ルッキーニ…(謎

■坂本 美緒…戦艦大和内の“魔導ダイナモ”を再起動完了。“ネウロイ”の巣を撃破。

“魔導ダイナモ”へと向った美緒にミーナが追い着き銃を向けて制止を呼び掛ける。美緒は「出来る事をして11人の仲間にいたい」と言う。
当然、この作戦前日で美緒の辛い立場と気持ちを知っていたミーナは、銃口を下して必ず戻って来る事を“命令”とし、結局は美緒を送り出す。
美緒が単身で戦艦大和へと向う姿に、芳佳は救いに向おうとするもリネットに制される。美緒は、雑魚“ネウロイ”の猛攻を回避して進む。
美緒は無事に“魔導ダイナモ”へと辿り着き、自分に残された“魔力”を注ぎ込み再起動に成功。戦艦大和の主砲を“ネウロイ”の巣へ砲火。
零距離の戦艦大和の主砲を受けた“ネウロイ”の巣は、戦艦大和諸共巻き込み大爆発を起こす。芳佳達や戦艦大和の艦長一同も嬉々。
“ネウロイ”の巣が破壊された事により、ヴェネチア上空の逆竜巻状の黒雲は一瞬にして四方へと飛散し、青空が取り戻されるのだった。
補足…“魔導ダイナモ”に“魔力”を注ぎ込む際、美緒の『紫電・改』が“ネウロイ”化開始。その為に同じ状態となる戦艦大和を操作可能。

■宮藤 芳佳…突如出現した超巨大な“ネウロイ”の“核”に捕らわれた美緒の救出へ。

“ネウロイ”の巣の破壊成功に喜ぶ面々であったが、突如、戦艦大和…ではなく、“ネウロイ”化をした戦艦大和が出現をする。
また“ネウロイ”戦艦大和の背後には、超巨大な“ネウロイ”の“核”が在り、すぐに雑魚“ネウロイ”を生成すると艦隊を攻撃し始める。
驚愕する一同。芳佳の目には、何と“核”の上部に気絶して身体を半分捕らわれる美緒を発見すると、すぐに“ストライカーユニット”を装着。
当然、ミーナ達に制される芳佳は、“ネウロイ”戦艦大和の甲板に刺さったままの『裂風丸』を利用し、“真・裂風斬”で攻撃すると伝えて発進。
また“ネウロイ”の“核”から美緒を救い出そうとした艦隊の放つ砲弾を、“核”は美緒の力を取り込んだシールド展開により防御をしていた。
空母天城の滑走路を走る芳佳だが、“魔力”の消費は激しく不安定な飛行となるも、リネットが「飛行媒体と一つになる事」と助言をする。
滑走路の先が無くなる間際、リネットの助言に脳裏で箒修行のシーンを回想させた芳佳は、滑走路から墜落しつつも無事に飛行を成功させる。

■飛び立つ芳佳を応援し隊…芳佳の懸命な触発されたゲルトルート達が援護に発つ!

いや、“魔力”の著しい消耗で飛行不可じゃなかったのか。
――と突っ込むのは野暮な展開へ(笑 え~、項目タイトル通り、芳佳の必死な行動に感化されたゲルトルート達が芳佳の救援行動を執る。
ミーナのみ呆然と芳佳を見送っていたけど、ミーナが気付くとゲルトルート達がフル装備済みだったっていう…何時の間に、だよなぁ(遠い目

■芳佳の全“魔力”を賭した“裂風斬”により、“核”を打ち砕き美緒救出完了。

美緒を救うべく“核”へと向う芳佳。一方、“核”に捕らわれた美緒は漸く意識を取り戻し、自身の状況に困惑。更に芳佳の決死の救出劇を目撃。
芳佳「“ウィッチ”に不可能はありません!」
「坂本さんがそう言ったんじゃないですか!」

芳佳は雑魚“ネウロイ”の攻撃を回避したり反撃したりするも次第に防戦一方に。美緒は芳佳に救出不可能だと言うも芳佳は先の台詞で返答。
そのまま諦めずに美緒へと向う芳佳にミーナ達が応援へと合流を果たし、芳佳を『裂風丸』までの道を作ると雑魚“ネウロイ”を一掃し始める。
“ネウロイ”戦艦大和の甲板へと向かう為にミーナ達の援護を貰い、空中で機関銃を投げ捨て漸く辿り着いた芳佳は『裂風丸』を抜きに掛かる。
しかし“ネウロイ”戦艦大和と同化している『裂風丸』は抜けず、芳佳は“魔力”を更に振り絞ると『裂風丸』の“ネウロイ”化が解除され始め…。
ズッ…と甲板から引き抜かれる『裂風丸』。芳佳は自身の“魔力”で発光する『裂風丸』を手に、“ネウロイ”の“核”へとふら付きながら向う。
芳佳「裂ッ…風ぅ~斬ッ!!!」
美緒は、『裂風丸』が芳佳の“魔力”を吸い尽くされると芳佳に促すも、芳佳はそれでも構わないという返答で徐々に“核”へと接近する。
“核”は芳佳の攻撃を防ぐ為にシールドを展開するが、芳佳は自身のシールドを当てるように破壊し、がら空きとなった“核”へ先の台詞と一刀。
何故か“真・裂風斬”と叫ばず、“裂風斬”だった芳佳の一刀であったが、その攻撃によって見事に“ネウロイ”の“核”は粉砕されるのだった。

■芳佳と美緒の帰還…ミッションコンプリート。

奇しくも芳佳の引退=第501統合戦闘航空団の解散。
芳佳の“裂風斬”により“ネウロイ”の“核”が大爆発し、衝撃で芳佳は気絶をして宙を舞い、美緒も“核”から解放されて芳佳と共に落下。
また芳佳が手にしていた『裂風丸』と装備していた『震電』は、芳佳の“魔力”の完全枯渇によってその手を離れて海の藻屑へ(漂着(何 )。
美緒は芳佳を起こした後、“魔力”の枯渇の件を尋ねるも、それに大切なものを守った為に後悔はないと笑顔で返答する芳佳。
急速に落下している芳佳と美緒の下に、リネット達が駆け付けて二人の無事に喜びの抱擁。芳佳の脇をガチッとゲルトルートが固めてて噴く。
両脇を支えられる美緒は、ミーナを前にして命令通りに帰って来たと伝えると、怒った表情をしていたミーナは顔を泣き顔へ変えて美緒を抱擁。
この任務は1945年7月の出来事で、芳佳は“魔力”を失って二度と空を飛べなくなったそうな。また同時に第501統合戦闘航空団は解散へ。

■ちょっとしたエピローグ…ゲストキャラ編。

え~、エーリカとNo.1争いが忙しなかったマルセイユ。第501統合戦闘航空団の記事を読む…が、心中ではエーリカとの勝負事ばかり(爆
一方、そんなマルセイユに声を掛けるアフリカ部隊の隊員の女性“ウィッチ”の姿が。軍帽を被った少し褐色気味の巨乳ちゃんか…(マテ
第501統合戦闘航空団の担当だったヴェネチア&ロマーニャの担当を第504航空団に移管すると第1話に登場の竹井大尉が部下達へ通達。
竹井大尉の部下達は、中の人が広橋さん・水橋さんらとちょい役には勿体ない(笑 更に手紙が来たと第1話登場の天城と新キャラ1名。
で。どこぞの研究所で大爆発を起こして「失敗…」とエーリカ似の一面を除かせたエーリカの妹・ウルスラ。最後に扶桑皇国に帰国した芳佳ッ!

■ちょっとしたエピローグ…宮藤 芳佳のその後編+α。


扶桑皇国の女子高生(みっちゃん)はスカートを穿くようだけど…
何故に『ワカメちゃん』状態!?
扶桑皇国へ帰国した芳佳は、実家の診療所を継ぎ、地道な医療技術の研鑽に務めている様子。そこへスカート丈を間違ったみっちゃんが(ぉ
みっちゃんは足を怪我して治療中の小鳥の具合を尋ねに訪れ、芳佳は大丈夫と小鳥の足に巻かれた包帯を解き、診療所の前で小鳥を放す。
小鳥は元気良く芳佳の手の中から大空へと飛び立ち、二人は青い空を仰ぐのだった。一方、『裂風丸』と『震電』はどこぞ浜辺に漂着し…。


■アイキャッチ。




何というミスリード的展開。
芳佳の“魔力”が完全枯渇=“ウィッチ”引退。
前回はもっさんの死亡フラグだったにも関わらず、最終回の展開を芳佳が持って行って噴いた。でも宮藤一家は“魔力”絶倫では…(ヤメレ
単純に“魔力”を大量に『裂風丸』に持って行かれただけで、暫くすれば元に戻る気がしなくも無い(ぁ “魔力”枯渇=治癒能力も無くなって...orz

またそれ故に――。
第3期は第501統合戦闘航空団以外に焦点が当たりそう?
まぁ、第3期の制作があるとするならば…ね。その前にOADという線もありそうだなぁ。DVD&BDにはアフターストーリーを特別収録で(マテ

 かんちょー「何て様だッ!!」 「本当になー」という言葉しか浮かんでこないから困る(笑 え~、前回、第1期と同じ様に王手を賭けた大一番で物の見事に肝心のシステムがエラーを起こし、何とまぁ間抜けな格好で“ネウロイ”の巣に船首を突っ込んだ状態のままで“ネウロイ”化が解けてただの鉄塊となってしまった戦艦大和。しかしなら、“背水の陣”状態の美緒が状況を好転させる為に戦艦大和内の“魔導ダイナモ”を再起動させると、ミーナや芳佳達の制止を振り切って向う。しかし一番近くに居て“ストライカーユニット”を装備していたミーナが美緒に追い着き、銃を向けてまで制止を呼び掛けるも、美緒は「今回の戦闘で戦力にならなかった自分だけが“魔法力”を残している」(要約)と自嘲し、こうする事でまだ第501統合戦闘航空団の仲間で居られると語った為、結局は美緒の気持ちを汲み無事に帰還する事を条件として送り出してしまうのであった。戦艦大和へと向う美緒は、芳佳に謝罪の意を伝えつつも、自らを『戦場のみでしか生きられない“武士”(もののふ)』だと称し、雑魚“ネウロイ”からの攻撃を避けつつ、『紫電・改』に戦艦大和への片道切符を嘆願し――。
 ん~、先の戦闘で美緒以外全員が雑魚“ネウロイ”との戦闘で“魔力”を枯渇させてしまっていたらしい。 正直、えーって感じでそんなに“魔力”が消耗するほどの戦闘でもなさそうでしたけどねぇ....。美緒とミーナの様子を目にしたり会話を聞いていたのなら、芳佳達も空母天城の甲板で悲痛な叫びを上挙げる暇があったら、誰か1人位は二人の下へ行こう(&協力)と思わないものかと小一時間(笑 どうやら、美緒の“魔力”は行きの分は何とかなりそうだが、帰りの分…戦艦大和から帰還する分の“魔力”が足りない、という意味でもありそう。それに気付いた時には、芳佳が格納した“ストライカーユニット”へ向うも、甲板の格納装置が戦艦内へボッシュートされて行き終了。
 
 “魔導ダイナモ”の再起動を確認ッ!(空母天城側の制御・観測担当員曰く) って事で、美緒は無事に戦艦大和内の“魔導ダイナモ”に到着し、“魔力”を注ぎ込みながら完全な再起動を試みる。出力がグイグイ上がり始める“魔導ダイナモ”だが、何と戦艦大和の艦長は「再起動をしてもこちらから戦艦大和を遠隔操作する事は出来ない」「少佐(美緒)にまかせよう」、と言う(ガクガク いやいや、そうと分かっていたなら戦艦大和に向う美緒に一言助言しておこうよ!(爆
 美緒、死亡!(嘘 美緒の半“ネウロイ”化(『紫電・改』が取り込まれ)により、戦艦大和の“ネウロイ”化も完了し、美緒が“ネウロイ”戦艦大和の主砲を“ネウロイ”の巣へとファイア!!美緒「これが“武士”の生き様だ!撃てぇぇ!!!」 と、“魔導ダイナモ”の再起動から出力臨界点に達したと同時に、先の台詞と美緒が“ネウロイ”戦艦大和の主砲を一斉に“ネウロイ”の巣へと発射する。所謂、零距離からの発射という事もあり、すぐに着弾して“ネウロイ”戦艦大和を巻き込む大爆発が起こる。え~、この攻撃により見事に“ネウロイ”の巣は崩壊し、ヴェネチア上空を被っていた薄暗い逆渦巻き型の黒雲は爆風で四方へと霧散。この余りの大爆発の様子に、艦長は美緒の生存を危ぶみ苦渋の表情を浮かべるも、次の瞬間、部下から戦艦大和の反応があった旨を受けると一変して嬉々とする。当然、あの大爆発で戦艦大和が無事なのは“ネウロイ”化の恩恵である『再生能力』故。甲板に居た“ウィッチ隊”の面々も戦艦大和の姿を目の当りにして各々が安堵の表情。が、しかし――。
 “ウィッチ隊”全員視力良すぎ(爆 いやね、リネットの固有能力『超視力』(勝手に呼称。視力を飛躍的に向上させる)なんてあってないようなもんじゃぁ…(汗 ってな感じで、“ネウロイ”の巣を破壊して帰還する戦艦大和かと思われたが、何と戦艦大和は“ネウロイ”化が解けておらず、しかもその背後にストパン史上類を見ない超巨大な“ネウロイ”の“核”が出現する。驚愕する面々。その“核”を守る為に生まれた“ネウロイ”の攻撃は一撃で戦艦を大破させる程の超威力。更には何と超巨大な“核”の上部に捕らわれる…半分程度取り込まれて気絶する美緒の姿を芳佳を初めとして次々と“ウィッチ隊”の面々が目撃する。

 芳佳、行っきまーす! すぐに美緒を救出しようとする艦隊から、次々と“核”へ砲弾が打ち込まれるも、それを扶桑皇国のシールド…芳佳や美緒仕様のシールドが展開をして防御する。ミーナは、“核”に取り込まれた美緒の力を利用しているのだと分析。艦長は打つ手無しと腹を括る。“魔力”の枯渇で救出に向えないという無力を語るミーナ達。焦る芳佳は、ふと脳裏で美緒が会得に打ち込んでいた“真・裂風斬”の事を思い出し、すぐに空母天城内に既に格納された『震電』の前へ急ぎ装着。当然、制止を呼び掛けるミーナ達に、芳佳は『裂風丸』による“真・裂風斬”で美緒を救出すると返答。肝心の『裂風丸』は“ネウロイ”戦艦大和の甲板に刺さったまま…だから、皆の視力が良過ぎだって(笑 ま、兎も角、芳佳は美緒を助けたい一心で“魔力”を振り絞り、『震電』を初装備した時と同じ様に巨大な魔法陣を形成して発進と滑走路を疾走し始める。しかし“魔力”の枯渇により制御が不安定でふら付く芳佳。そこでリネットが箒訓練で得た『“ストライカーユニット”(飛行媒体)と一つになる事』と助言をした事により、芳佳はそのコツを冷静に思い出した途端、ミーナ達の目の前で滑走路がなくなる先端から海面へと落ちてしまうものの、すぐに急浮上をして無事に美緒へ向けて飛行を始める。また、芳佳の懸命な行為によって“ウィッチ隊”面々も“ストライカーユニット”を装着し、芳佳の応援へと向う決意を固めるので~あった。…ミーナが気付かない内に全員が“ストライカーユニット”を装着完了済みの演出って(苦笑
 シールド張れるやん…一応(笑 え~、美緒を救う為に“核”へと向った芳佳は、大量に飛来する雑魚“ネウロイ”からの光線攻撃を必死に回避しつつ、少しずつ雑魚“ネウロイ”と応戦を行うも、余りにも多過ぎる雑魚“ネウロイ”に多勢に無勢状態だと悟る。また回避不可能な光線があり、シールドを展開して凌ぐ芳佳…まぁ、ほぼ一瞬のシールド展開だけど張れるやん(遠い目 って、危なッ!…美緒が(ぁ 光線を出来るだけ回避して先に進もうとする芳佳だが、かわし切れない光線はシールド展開をするのだが、十分なシールドではない為か光線の衝突の衝撃でノックバックする芳佳。その際、手に持っていた機関銃のトリガーを引いてしまい数発乱射。その弾丸が、丁度、美緒の捕らわれている真横付近に着弾(シールド展開で防御されたが)。漸く気が付いていた美緒は、自分の状況と“ネウロイ”の“核”が自分の“魔力”を利用してシールドを展開していると知り驚愕する。
 芳佳「“ウィッチ”に不可能はありません!坂本さんがそう言ったんじゃないですか!」 自分の置かれる立場に驚愕する美緒は、更に自分を助けに向う芳佳の姿を目にし、シールドがある以上は救出は不可能だと芳佳に告げる。しかし芳佳は先の台詞と返答し、これに思わず一本取られたとハッとする美緒。また防戦一方に追い込まれる芳佳に雑魚“ネウロイ”から救う掃射があり、自分の背後を見遣るとそこには芳佳に追い着いたミーナ達の姿があった。…全員、飛べてますやんorz(爆 まぁ、小休憩したから“魔力”が少しだけ回復した…という事にしておこう(ぉ

 一部の“ウィッチ隊”のキャラは固有技を使えるほど元気だった件(ぁ う~ん、どうする事も出来ないと渋っていた連中の割には動くなぁ(笑 さて、美緒を救出する為に戦艦大和の甲板に刺さる『裂風丸』へと向う芳佳の道を作ると、ミーナ達が芳佳に群がる雑魚“ネウロイ”を一掃し始める。元気だなぁ(遠い目 まぁ、そんなこんなで、エイラの占いにも芳佳が“ツイている”と出たらしく(笑、その通りと芳佳は戦艦大和の甲板付近へと到着すると、手持ちの機関銃を空中へ放り投げて甲板へ突き刺さった『裂風丸』の下へと降り立ち、その柄を両手で掴み抜きに掛かる。あ、そうだった。『裂風丸』も“ネウロイ”戦艦大和の影響を受けて刀身(全体)が“ネウロイ”化。
 芳佳の踏ん張った(“魔力”を振り絞った)て形成される魔法陣のデカさは異常(笑 凄いなぁ、芳佳。だけどあんな事になるとはorz え~、『裂風丸』を抜こうとする芳佳だが、既に“ネウロイ”戦艦大和と同化しているのか抜けない。これに芳佳は、ただでさえ消耗した“魔力”を振り絞って『震電』へと送り込みつつ、また『裂風丸』を引き抜きに掛かると、芳佳を中心として巨大な魔法陣が形成され、『裂風丸』の“ネウロイ”化が鍔の側から解除され始める。多分、“ネウロイ”側のものより芳佳の“魔力”が勝ったからだと推察されるが…『裂風丸』も治癒魔法で治tt(無いわ。
 『裂風丸』!オラに元気を分けてくれ!! …あれ?芳佳「裂ッ…風ぅ~斬ッ!!!」 ってなもんで、芳佳は、自身の“魔力”により『裂風丸』の“ネウロイ”化浄化された事で、『裂風丸』を引く抜くことに成功する。そして、それを手にしながら美緒の居る“核”へと突貫するも、美緒は芳佳の“魔力”を全て奪い去ってしまう事を忠告。しかし芳佳は、美緒や皆を助ける事になるならばそれでも構わないと進み続け、途中、“魔力”を『裂風丸』に吸い取られならも更に“魔力”を搾り出し、シールドを展開して迫るも、これを振りかざした『裂風丸』と自身のシールド展開で打ち破る。“ネウロイ”の“核”の頂上へと辿り着いた芳佳は、気合いの一刀と先の台詞で“魔力”を纏い発光する『裂風丸』を振り下ろす。…う~ん、芳佳の一撃が“真・裂風斬”なら、普通に「真・裂風斬」と呼称しても良かったような。まぁ、“真・裂風斬”=本来の“裂風斬”の威力(姿・形)、という意味なのかもしれないけど(笑 でも以前は秘奥義だって…(ぁ しかし美緒の朝稽古の意味がなかtt(ry
 リネット「芳佳ちゃぁぁぁーん!」 エーリカ&ゲルトルート「「宮藤ーッ!!」」 ペリーヌ「少佐ぁ~!!」 …噴いた。『裂風丸』と『震電』は共に海の藻屑へ。え~、芳佳の見事な一刀で“核”は大爆発を起こすように浄化されて四方へ飛散。余りの爆発であった為、芳佳と美緒の安否を心配する“ウィッチ隊”面々であったが、リネットが二人の姿を発見した事で一同は芳佳達の下へ向う。一方、“魔力”を先の一撃で完全に枯渇させて気絶した芳佳は、その手から『裂風丸』と足からは『震電』がスッポリと抜けてしまう。“魔力”をある程度は維持していないと、“ストライカーユニット”装着も維持が出来ないっぽい。そんな芳佳に“核”の拘束の解けた美緒が芳佳を起こし、再び“魔力”の完全な枯渇の善し悪しを尋ねるが、それでも芳佳の返答は先のものと代わらず満足そうな笑顔を浮かべるだけであった。ま、後は各々喜びのハグだのと。母国・ロマーニャ解放により、ルッキーニの喜びもひとしお。しかしゲルトルートが確りと芳佳の片方の手を抱き止めていて笑った。流石は“お姉ちゃん”キャラ(笑

 エピローグ。芳佳の独白より…芳佳はこの戦いに於いて“魔力”を完全に使い果たしてしまい、もう“ウィッチ”として空を飛べなくなってしまったが、それでも大切なものを守れたからとその事に後悔はしていないという。 …まぁ、先程の戦闘で芳佳が何度も口にしていた事ですね、「後悔はしていない」という点に於いては。1945年7月ヴェネチア&ロマーニャ上空の“ネウロイ”の巣は完全消滅。『1945年』かぁ…『現代』や『近代』とされる境目…世界的に見ても変革の始まった年だよね(笑 またこの時を境にして、第501統合戦闘航空団『ストライクウィッチーズ』は解散。最後に全員の名前と階級の個別描写演出。
 エンドロール…その①。アフリカ部隊のマルセイユが、芳佳達『ストライクウィッチーズ』の活躍を報じた新聞を目にしてニヤリ。でも思う所はエーリカとの勝負(爆 あ、アフリカ部隊の新キャラもさり気なく登場。え~、また第1話の序盤に登場した第504航空団の女性隊長さん(竹井大尉)が、部下達にヴェネチア&ロマーニャの防衛を正式移管されたと通達。部下達は故郷だから当然だと奮起。何か部下達の中の人が、水橋さん・広橋さん…誰か分からん人だったなぁ(コラコラ 更に、芳佳に手紙を届けた眼鏡ドジッ娘の天城も…転倒しかけて仲間の短髪ッ娘に魔法で助けてもらってましたね(笑 エーリカの妹・ウルスラ…研究中に大爆発(滝汗 こちらも地味にドジッ娘みたいです(苦笑
 エンドロール…その②。戦艦で扶桑皇国へと帰国をした芳佳が、祖母と親友のみっちゃんや男性軍人に見守られながら母親と抱き合う。っていうか、みっちゃんがスカートを穿いているけど俗に言う『ワカメちゃん』状態な件。 スカートの選び方が間違ってるYo!!(笑 スカート丈短すぎるだろう…(笑 帰国後の芳佳は、中学卒業時の予定通り、“魔力”を失って治癒魔法も出来なくなったが、地道に医療技術の研鑽を行い自宅の診療所を継いだ様子。みっちゃんが傷付いた小鳥も、通常の治療行為によって完治させ、みっちゃんと共に小鳥を空へと返す姿を芳佳は見上げるので~あった。ん~、芳佳の父親・宮藤博士とは一体なんだったのか…謎は深まるばかり(ぁ 最後のカットは、どこぞの島の浜辺に打ち上げられた『裂風丸』と『震電』でありましたよっと。

:大した更新は出来ませんが、後々に追記する予定です。



宜しければ、下記のアンケートへの適当にご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。

数多くのアンケート投票へのご協力、誠にありがとう御座いました。大変に参考になりました。以降も暫く投票は続けたいと思います。


■『ストライクウィッチーズ2』の当ブログレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
ストライクウィッチーズ2 第11話 (レビュー/感想) もっさんの死亡フラグがより濃く?そして宇宙戦艦ヤマト登場!(嘘
ストライクウィッチーズ2 第10話 (レビュー/感想) エーリカ主役回!新キャラも登場!ズボンも乱舞ッ!
ストライクウィッチーズ2 第9話 (レビュー/感想) ペリーヌの『インディアナ・ジョーンズ』ばりの大冒険?
ストライクウィッチーズ2 第8話 (レビュー/感想) 芳佳のパワーアップ!同時にリネットとの“絆”もパワーアップ?(笑
ストライクウィッチーズ2 第7話 (レビュー/感想) ストパン史上最高のカオス回…かも?
ストライクウィッチーズ2 第6話 (レビュー/感想) エイラとサーニャの“絆”は永遠に?(何
ストライクウィッチーズ2 第5話 (レビュー/感想) うん、『ローマの休日』は名作だよね。
ストライクウィッチーズ2 第4話 (レビュー/感想) 揺れるをっぱい・ドラム缶風呂・パn…ズボン。
ストライクウィッチーズ2 第3話 (レビュー/感想) 芳佳達に規制後光はあれど幼女のパ(ry +放送局別規制比較。
ストライクウィッチーズ2 第2話 (レビュー/感想) もっさんの“白スク”着用の威力は異常(何
ストライクウィッチーズ2 第1話 (レビュー/感想) パンツじゃないから恥ずかしくないもん!再び…(笑


■当ブログ以外の『ストライクウィッチーズ2』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
ストライクウィッチーズ2


■アニメ 『ストライクウィッチーズ2』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
ストライクウィッチーズ2


アニメブログ 人気BlogRanking綺麗な最終回だったが…芳佳ぁぁぁぁぁ!!! 宜しければポチッとお願いします~。
■当『ストライクウィッチーズ2』の記事一覧(最大15件表示)。
ストライクウィッチーズ2 第11話 (レビュー/感想) もっさんの死亡フラグがより濃く?そして宇宙戦艦ヤマト登場!(嘘
ストライクウィッチーズ2 第10話 (レビュー/感想) エーリカ主役回!新キャラも登場!ズボンも乱舞ッ!
ストライクウィッチーズ2 第9話 (レビュー/感想) ペリーヌの『インディアナ・ジョーンズ』ばりの大冒険?
ストライクウィッチーズ2 第8話 (レビュー/感想) 芳佳のパワーアップ!同時にリネットとの“絆”もパワーアップ?(笑
ストライクウィッチーズ2 第7話 (レビュー/感想) ストパン史上最高のカオス回…かも?
ストライクウィッチーズ2 第6話 (レビュー/感想) エイラとサーニャの“絆”は永遠に?(何
ストライクウィッチーズ2 第5話 (レビュー/感想) うん、『ローマの休日』は名作だよね。
ストライクウィッチーズ2 第4話 (レビュー/感想) 揺れるをっぱい・ドラム缶風呂・パn…ズボン。
ストライクウィッチーズ2 第3話 (レビュー/感想) 芳佳達に規制後光はあれど幼女のパ(ry +放送局別規制比較。
ストライクウィッチーズ2 第2話 (レビュー/感想) もっさんの“白スク”着用の威力は異常(何
ストライクウィッチーズ2 第1話 (レビュー/感想) パンツじゃないから恥ずかしくないもん!再び…(笑
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: ストライクウィッチーズ2 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (29) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空より永遠に」
ウィッチに不可能はありません! 魔道ダイナモの再起動に一人飛び立った坂本さん。 戦闘で魔法力を使い果たした芳佳たちは見てるしかない…...

2010.09.23 (Thu) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空より永遠に」 感想
不可能を可能に―

2010.09.23 (Thu) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

〈3期フラグ?〉ストライクウィッチーズ2 12話 最終話「天空より永久に」〈感想〉
11人全員が揃って・・・それがストライクウィッチーズなのです!!! -あらすじ- 戦艦大和の魔導システムが作動せず主砲が打てない状況...

2010.09.23 (Thu) | 失われた何か

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 12話(最終回)
もっさんマジヒロイン。というわけで、「ストライクウィッチーズ2」12話(最終回)眼帯姫救出作戦の巻。ご都合主義にも許せるのと許せないのがあって、それを分けるのは説得力の有無だ...

2010.09.23 (Thu) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2~第12話(最終回) 感想「天空より永遠に」
ストライクウィッチーズ2ですが、坂本少佐は宮藤佳芳たちの制止も振り切って単騎ネウロイ化した大和に向かいます。もののふである自分は戦うことしかないと一命をも賭けますが、大和は再起動して主砲発射されネウロイは粉砕されます。しかし、巨大なコアは残っており、坂

2010.09.23 (Thu) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話
 ストライクウィッチーズ2 第12話、見た後に凄い爽快感が残りました、シナリオ、演出とか動画、カット割りがすばらしいなぁ、空中戦の爽快感がハンパないな。

2010.09.23 (Thu) | ブログリブログ

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空より永遠に」 (終)
決戦兵器であるネウロイ化した大和がなんと敵陣まっただ中で不発。 そして尽きた坂本少佐の魔法力。「ストライクウィッチーズ2」の最終話。...

2010.09.23 (Thu) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空(そら)より永遠(とわ)に」
ストライクウィッチーズ2 第12話(最終話)感想です。 真・烈風斬の代償は―――

2010.09.24 (Fri) | 紅蓮の煌き

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 (最終回)「天空より永遠に」 感想
今回が最終回という事で、芳佳がちゃんと主人公していました! 捕らわれのお姫様と化した坂本さんを救いに行く芳佳と援護する仲間達という...

2010.09.24 (Fri) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 #12 天空より永遠に
扶桑カミカゼアタック ストライクウィッチーズ Blu-ray Box(2010/06/25)福圓美里千葉紗子商品詳細を見るストライクウィッチーズ2 #12 天空より永遠に...

2010.09.24 (Fri) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

(アニメ感想) ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空より永遠に」
ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第2巻 【初回生産限定】クチコミを見る この作品は我々の予想を超えるものが展開されることはない。あくまでも、想像している範疇を脱しない範囲で物語が展開されていくのです。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを...

2010.09.24 (Fri) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

(高村和宏監督ありがとう)ストライクウィッチーズ2 全体の感想(私にできること、それは股間)
「ストライクウィッチーズ2」、ついに終了しました。 終わってしまうと中々に寂しいものがあります。 それは宮藤芳佳の物語が終わってしまう...

2010.09.24 (Fri) | 失われた何か

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話(最終話)
ストライクウィッチーズ2 第12話(最終話) 『天空(そら)より永遠に』 ≪あらすじ≫ 大和は魔導ダイナモが作動せずに土壇場でその役目を...

2010.09.24 (Fri) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 最終回12話「天空より永遠に」
いろんな意味で見ごたえはあったと思う最終話。 ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第1巻 【初回生産限定】(2010/09/24)福圓美里商品詳細を見る

2010.09.24 (Fri) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 天空より永遠に
なんかもっさんが主人公でミーナ隊長がヒロインみたいな展開だった。 501の人間に命令という言葉がどれほどの意味を持つやら。 戦場でしか...

2010.09.24 (Fri) | 書き手の部屋

この記事へのTrackback

[アニメ]ストライクウイッチーズ2:第12話(最終回)「天空(そら)より永遠に」
坂本少佐とミーナ好きにはたまらない。胸熱すぎる程に感動。

2010.09.24 (Fri) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 天空より永遠に
(ストライクウィッチーズ シリーズ第24話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201009/article_34.html ...

2010.09.24 (Fri) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話「天空より永遠に」(最終回)
ストパン2期もいよいよ最終回! 真・烈風斬が決め手になるのは読めてたけど、 美緒に撃たせるか 芳佳に撃たせるか の選択でスタッフさんが選んだのは後者。 やっぱり最後はヒロインの出番ですね! 大和の魔道ダイナモを復活させるため、特攻をかける美緒。 美緒

2010.09.24 (Fri) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2#12「天空より永遠に」
総評!すごく綺麗にまとまった!!なんかこう、意表を付く展開ではなかったですが、今期撒いてた伏線も一通り回収し、最終戦もいい感じに盛り上げ、最終回としてはやることもやったし...

2010.09.24 (Fri) | 生涯現役げーまーを目指す人。

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話(最終回)
(ちゃっかり隣をキープ) ストライクウィッチーズ2 第12話の所感です。

2010.09.24 (Fri) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2:12話感想&総括
ストライクウィッチーズ2の感想です。 501隊の結束力。

2010.09.24 (Fri) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話「天空より永遠に」(最終回)
繧ケ繝医Λ繧、繧ッ繧ヲ繧」繝?メ繝シ繧コ2 繧ィ繝ウ繝?ぅ繝ウ繧ー繝サ繝??繝槭?繧ウ繝ャ繧ッ繧キ繝ァ繝ウ(2010/10/20)TV繧オ繝ウ繝医Λ蝠?刀隧ウ邏ー繧定ヲ九k 蝮よ悽 鄒守キ偵′繝阪え繝ュ繧、蛹悶@縺滓姶濶ヲ螟ァ蜥後↓遯∝?縺励...

2010.09.24 (Fri) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

みんなを守れるなら! 「ストライクウィッチーズ2」 第12話の感想。
(大きい画像はコチラ) 「願いが叶うなら!」 さてさていよいよ最終話です。 第12話、「天空(そら)より永遠に」! 「ストラ...

2010.09.25 (Sat) | あるアッタカサの日常

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 第12話 「天空より永遠に」
大門ダヨ 前回敵の目前で停止してしまった大和・・・ 停止した装置に魔力を送り、再起動させるため・・・ 大和に向かう坂本さん もう坂...

2010.09.25 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

【ストライクウィッチーズ2 最終話-天空(そら)より永遠(とわ)に】
叶えたい夢、遠いけど一緒ならできるよ、無敵の勇気で!

2010.09.25 (Sat) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 最終回「天空より永遠に」
ストライクウィッチーズ2 EDコレクションパンツじゃないもん!もついにラストです(泣) 燃える熱い戦いの先に待っていたのは…orz

2010.09.25 (Sat) | 明善的な見方

この記事へのTrackback

ストライク・ウィッチーズ2 第12話 最終回 感想
 ストライク・ウィッチーズ2  第12話 『天空より永遠に』 最終回 感想  そして戦いは終わり・・・    次のページへ

2010.09.26 (Sun) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

いつまでも11人(ストライクウィッチーズ2とかHEROMANとか)
【あそびにいくヨ! 第11話】ラス前。騎央さんが臨時艦長に就任し、キャーティアシップに向かおうとするお話。アオイと真奈美の口論については、この作品としては珍しく修羅場なシーンだったのでそれなりに見ごたえありました。ただまあ、騎央をめぐる恋愛模様はあと1話...

2010.09.26 (Sun) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

この記事へのTrackback

ストライクウィッチーズ2 最終回 「天空より永遠に」
魔導ダイナモが停止して、制御不能となった大和を起動させるため、戦闘が出来ず魔法力が 僅かでも残されている美緒が、直接乗り込んで魔...

2010.09.26 (Sun) | 黄昏温泉旅館

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。