一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

百花繚乱 サムライガールズ 第9話 (レビュー/感想)

Category: 百花繚乱 サムライガールズ  12/01 /2010 (Wed)

第9話 『将の帰還』


それでは、キャラ紹介を交えただけの簡易感想をばをば。

■今回の『墨滴規制』シーンのまとめ~…今回は+α。

※クリックをすると別窓拡大。
ニアがもう喰われてた件(マテコラ
え~(汗笑 パリから大日本へ戻る船の中で、漸く陽の目を浴びる事になるニアと慶彦の男女の営み――未満が(ぉ 事後って感じぃ~(ぇー
ま、その他は前回から引き続いて義仙がお色気担当要員。“マスターサムライ”化時にも確り墨滴規制。あ、墨滴シーンを1枚省略してます。

■『今回のぐつぐつさん』。

何故にここまで扱いが酷いのか。
う~ん…こういうキャラでありそれが“個性”というのなら致し方ない――って言えない酷い扱い…冷遇も冷遇。存在価値に首を捻るほど(マテ
まぁね、こういう扱いでも必死ぶっこいて自己主張をしつつも、やっぱり残念な役回りの兼続を愛でたい人も多いのだろうけどね、うん。
又兵衛「半蔵さんは、“M”ではなかったのですか?」
半蔵「いいえ、私は“ドM”です♪」

以上、今回も兼続を一方的に蔑ろにしまくった半蔵とβさんの温かいお言葉でした(笑 余りにもSっぷりで兼続を虐げた為にβが先の台詞(笑

■柳生 義仙…既に“マスターサムライ”覚醒済みと判明。そして眼帯の下には…。

義 仙 ち ゃ ん ラ ブ リ ー 眼 帯 の 秘 密 ( マ テ
え~、今回でアッサリと自分の計略を省略する“巻き”の行動で、千達の前で“マスターサムライ”化してみせる義仙。刻印は『魔』(まんまかい。
しかも、相対した“マスターサムライ”化済みの千に勝ってしまう程の戦闘力を有する。っていうか、単に属性的相関で負けた臭い(爆
その証拠に『氷』を操る義仙に次に相対したニアが“モードチェンジ”…属性を『火』へと変えた攻撃に押され始めた末に逃走してますし。
で。義仙の眼帯の下に在った“魔眼”。さり気なく覚醒・十兵衛と同じ、目に薄っすらと隈取がありましたね。覚醒・十兵衛も本来は天草側?(ぉ
義仙の“魔眼”は、対象者1名(宗朗のみ操っていた為)を思いのままに操る能力。今回は宗朗がその犠牲となり、十兵衛の“契約解除”を企む。
あ、義仙の“将”はどうやら、『大日本を覆う影』=天草四郎時貞らしい。っていうか、そのまんま『魔界転生』の設定じゃ(爆
『魔界転生』も確か柳生十兵衛を転生させる為に敵さんが暗躍するお話だった筈?もう記憶曖昧だけど(笑 『サムスピ』もあったな~。
補足…義仙は宗朗に『“将”ではない』と暗示の後、“契約”済みの十兵衛と再度キスをさせ、“契約解除”状態にして天草との“再契約”を思案。

■徳川 慶彦…い、一週間後なんて言ってないんだからネッ!(マテ

慶彦「ニア!来るぞ、“モードチェンジ”だ!」
何、このポケモン系統臭(爆
っていうか…さ。
凄く…小物っぽいです。
と思ったのは私だけでしょうか。あのニアを参戦命令させた時の顔芸を見た瞬間、「あぁ、こいつは駄目だ」と思ってしまったんだZE(苦笑
序盤にパリから飛行機で自国である大日本へと戻る自家用機の中で、裸体に布一枚のニアを戯れに押し倒して乳を揉み捲くった慶彦。
千が仕入れた情報である、『慶彦は1週間後に帰国予定』を大幅に繰り上げ、偶然にも義仙に防戦一方の千達を救いにニアを連れて参上。
大日本を『自分の国』だと本編中に何度も繰り返す慶彦(笑 その自国の領土を荒らす義仙にニアをぶつけ、結果的に退散させる事に成功。

 ここだけを見ると、「あれ?慶彦って別に悪いキャラじゃないんじゃない?」という印象ながら、その実、本当に学園の女学生失踪事件に秘密裏に関与…いや首謀者だったりする事も判明。しかしながら、その理由は後述する『イザナミ計画』にあり、全ては『大日本を覆う影』=天草四郎時貞の“怨霊”から自国(慶彦の場合は自分の物(国)だという意味が強い)を守る為のものであった様子…だが…。

■シャルル・ド・ダルタニアン…愛称:ニア。武器は二対の大剣『クレイモア』。

人工の“マスターサムライ”なんですと。
…多分(マテ え~、慶彦とくんずほぐれつとヨロシクやってた(未遂です)シャルル・ド・ダルタニアンことニア。小清水さん、喘ぎ声お疲れです(マテ
今回は慶彦に連れられ・命令される形で義仙と相対する。正直、かなり馬力のある“マスターサムライ”化(?)をして義仙を追い詰める。
義仙は千を実質的に倒した『氷』の技を使用してくるが、慶彦の“モードチェンジ”の指示により、ニアは自身を『火』の力へ変化させて応対。
結果的に、『火』の必殺技『業火』で義仙を倒すまでは行かないものの、逃走させてしまうまで追い込み、千達に実力の差を見せ付ける。
また、慶彦に追従しているだけあり、千達が知らない…一般的には知られていない現在の大日本の置かれる内情や情勢詳しい様子。
あ、それとニアは幸村や千のように、“マスターサムライ”化する為の“キーワード”を用いずに覚醒が可能っぽいですね。…あるのかな?(汗
また問題のニアが使用した“モードチェンジ”という力…これは恐らく人工の“マスターサムライ”であるニアだからこそ可能みたいで。


■真の敵・『大日本を覆う影』=天草四郎時貞の“怨霊”と慶彦の『イザナミ計画』。

『イザナミ計画』…何処かで聞いたような(ぁ
義仙が逃走をした後、千は慶彦から現在の大日本の置かれる裏事情を聞く事に。その事柄には天草四郎という人物が関与しているという。
また、日本に現存する“マスターサムライ”は7名のみという情報は現状では古く、何と3年前に天草四郎を討った際に全員が死亡済み。
故に現在、大日本に存在する“マスターサムライ”は皆無。更には、相打ちで倒したと思われていた天草四郎が“怨霊”となって復活。
その“怨霊”こそが『大日本を覆う影』の正体なのだそうな。その為、外交問題よりも自国の対処をするべく、慶彦は『イザナミ計画』を立案する。

 『イザナミ計画』=『人工的に“マスターサムライ”を創り出して量産する計画』。この計画の為に慶彦は、“マスターサムライ”を輩出してきた家柄の女子生徒を秘密裏に誘拐させて“神隠し”事件とし、また誘拐した女子学生を『大日本に仇名す天草四郎を倒す』という大儀の上での“人柱”化。“人柱”=各々の潜在能力を抽出する為の道具…かな。
 少し掘り込むと『イザナミ計画』の全容は、“人柱”である“マスターサムライ”となり得る素養(素質)を持つ女子生徒達の各能力を遺伝子レヴェル(かは不明(爆 )で抽出し、被験者となる者へ付与する事で人工的に“マスターサムライ”を生み出して量産する事を目的とした計画…っぽい?まぁ、遺伝子レヴェルとなると適合判定等が非常に厳しくなるからなぁ。
 で。『イザナミ計画』で生み出された成功例が何を隠そうニア。その為、“モードチェンジ”という本来己が持つ力以外の物を行使する事が可能だったというお話。ただ、この“モードチェンジ”は本来の力以外を行使する為なのか(代償?)、対義仙戦を終えたニアは過度に疲弊した状態でしたね。
 あ、最後ですがー…慶彦が帰国したと同時に柳生道場は慶彦の部下達に制圧され、幸村・又兵衛・兼続・半蔵は処分対象に(慶彦曰く、すぐには殺さずに“サンプル”扱い)。また、慶彦は十兵衛を一瞥すると『天然物』だと一言。 どういった意味の『天然物』なのか…普通に“マスターサムライ”としての天然(素で備わった力)なのか...。取り合えず、十兵衛と“マスターサムライ”を生み出す力を持つ宗朗も何かしらの実験体として扱われる事になった様子。っていうか、単に量産するなら宗朗にじゃんじゃんキスさせれば…って、ニアのように特殊な力を付与させた“マスターサムライ”が必要になるというお話なのだろうけどね...う~ん。



 :余裕があれば後々に追記をば。

当ブログ以外の『百花繚乱 サムライガールズ』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
百花繚乱サムライガールズ


アニメ 『百花繚乱 サムライガールズ』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
百花繚乱 サムライガールズ


次回は、第10話 『魔眼の牢獄』です。


アニメブログ 人気BlogRanking天草四郎…なぁ。宜しければポチッとお願いします~。
■当『百花繚乱 サムライガールズ』の記事一覧(最大15件表示)。
百花繚乱 サムライガールズ 第12話 最終話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第11話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第10話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第8話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第7話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第6話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第5話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第4話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第3話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 第2話 (レビュー/感想)
百花繚乱 サムライガールズ 先行放送版 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 百花繚乱サムライガールズ Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (7) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 第9話 「将の帰還」
半蔵たちとの契れずにいる宗朗を、義仙が炭焼き小屋に誘い出す。 将である宗朗からキスしてみればと炊きつけたりしますが。 宗朗は誘う義仙を拒否するが…。  ▼ 百花繚乱 サムライガールズ 第9話 「将の帰還」  慶彦の突然の帰還で、一気にストーリーは展開

2010.12.01 (Wed) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 9話
はいはいギアスギアス。というわけで、「百花繚乱 サムライガールズ」9話氷対炎の巻。眼帯さん、やけにあっさり改心したと思ったらやっぱりブラフだったのか。まあ面構えからして ...

2010.12.01 (Wed) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 第9話 「将の帰還」
ここまで宗朗の良い所無し。 今回もやっぱりダメでした\(^O^)/ 義仙はそれなりに強いとは思ってましたが、やはり今の千姫では相手になりませんでしたね。 個人的にくぎゅ村&千姫のタッグで挑んで負け...

2010.12.02 (Thu) | 日々前進

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」
直江兼続は服部半蔵と後藤又兵衛を勝手に『チーム愛☆戦士』の一員と位置づけて、マスターサムライになる事を迷っている2人に発破を掛けようとするも玉砕。仏蘭西は巴里から飛び立った飛行機は露西亜上空を通過していた。その飛行機に乗る徳川慶彦は巴里より連れてきたシ...

2010.12.03 (Fri) | 無限回廊幻想記譚

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 第玖話「将(ジェネラル)の帰還」
直江兼続は服部半蔵と後藤又兵衛を勝手に『チーム愛☆戦士』の一員と位置づけて、マスターサムライになる事を迷っている2人に発破を掛けようとするも玉砕。 仏蘭西は巴里から飛び立った飛行機は露西亜上空...

2010.12.03 (Fri) | 無限回廊幻想記譚 別館

この記事へのTrackback

百花繚乱 サムライガールズ 第09話 「第玖話 将の帰還」
大門ダヨ どうやら徳川 慶彦が帰国してくるようですね

2010.12.04 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

サムライガール&医龍3&SPEC
サムライガールは天草史郎が敵だが 慶彦は人口マスターサムライ製造で 義仙は天草史郎の側と判明したけど ダルタニアンは人口マスターの様で ...

2010.12.04 (Sat) | 別館ヒガシ日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。