一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

えむえむっ! 第10話 (レビュー/感想)

Category: えむえむっ!  12/05 /2010 (Sun)

第10話 『サディスティック嵐子嬢』


ストーリーは…。
ハンドルネーム「ドM美少年」さんからのお悩みです。最近、仲が良くて同じ部活してて少し男の子が苦手な女の子が、僕にすごく辛辣な言葉をかけてくるんです。いったいどうすればいいでしょうか?たぶん、それは……

それでは、ネタ的なものをば(ぇ

■今回の『えむえむっ!』を表現するとこうなる描写的まとめ。

自分でも良く集めたと言いたい位に――
太郎の“ドM”描写最多回。
だったかな?まぁ、今回の物語の方向性というかお話の流れから必然的に多くなってしまうのは仕様が無いのでしょうがー…無駄に過多(笑


■嵐子、何か間違った方向へシフト?

??「この糞犬野郎!」
え~、学校への登校時、太郎がふと先の台詞を背後から投げ掛けられ、すぐに美緒だと思って振り返ると、そこに居たのは嵐子。
嵐子は、何をトチ狂ったのか、太郎への暴言の嵐を口にし、思わずこれに驚愕するより“ドM”を発動させてしまう太郎。
その過程で嵐子の異常に手厳しい言葉…「嵐子様と呼べ」という命令に従った太郎の『嵐子様』に、思わず本来の嵐子が顔を覗かせて赤面。
しかしすぐに嵐子はそんな照れを跳ね除けると、再び、太郎へ暴言の加虐行為を始め、「これから厳しく躾けて行く」と〆るのであった。

■嵐子の様子に自称・親友の由美が太郎を問い詰める…女子便所で。

そして――
タツミ・アントワネット16世登場!(笑
嵐子の何時もと違った様子に、違和感を感じる太郎の下に、その旨を察した事で由美が現れ、何故か女子便所で太郎を問い詰める。
しかし自分は何がどうなのか分からないという太郎に、由美は『間宮流マッサージ術』の技で太郎に苦痛を与えるも逆に“ドM”発動状態へ。
結局、話にならないと由美は女子トイレを後にするが、入替りに『MFC』の会長だった霧乃が入って来て、太郎の“ドM”がバレそうになる。
が、その時――華麗に“女装”をした辰吉…タツミ・アントワネット16世が登場し、霧乃の太郎への性癖を疑い出す前に女子トイレから救出する。

■嵐子の突然の修行宣言。

美緒「最近、アンタ見てるとイライラすんのよね~!」
『第2ボランティア部』の部活に遅れた太郎に、「何待たせてんのよ!」と怒る美緒。太郎は「待たせて~」と謝罪すると何故か照れる美緒。
勿論、『太郎を待っていた訳じゃない』という意味で照れ…基、“デレ”を見せる美緒は、愚痴るようにして先の台詞を口にする。
また、太郎が嵐子の様子が妙だという事を話題に上げると、美緒は「嵐子に何かをした!!」と激怒し、『水責めの刑』で太郎を責める(笑
嵐子「美緒さん!アタシ、ちょっと修行して来ますので」
「暫く学校を休みます!なので、部活にも出られません!!」

と、そこへ渦中の嵐子が部室を訪れると、ペコリと美緒に頭を下げて先の台詞と暫く学校と部活を休むという旨を伝えて部室を去って行く。
美緒にその旨を告げてからの数日、嵐子は由美と共に山に篭り修行を開始。その期間中、学校を休む嵐子を心配した太郎が嵐子へメール。
太郎からのメールを受け取る修行中の嵐子はすぐに喜ぶものの、今現在の修行を無駄に出来ないと気を引締め直し、携帯の電源をOFFに。

■太郎と店長。

店長「悩んでるね、砂戸くん」
太郎「急に女の子の態度が変わっちゃって。俺、良く分かんないんですよね」
店長「“フラグ”が立ったね♪選択肢は間違っちゃ駄目だよ?」
「好感度変わっちゃうし、ルートだって決まっちゃうんだから」

「皆!心配しなくても大丈夫。ちゃぁ~んと全員とベストエンディングを迎えるからねッ!!」

え~、バイト先の休憩室から、修行中の嵐子を心配して電話を掛ける太郎。しかし先の通り、携帯の電源をOFFにした嵐子には繋がらず。
と、そこへ店長が現れて暗く沈んだ表情の太郎に、先の台詞と声を掛けて会話が始まるのだが、店長の“答え”はギャルゲーのもので…(苦笑

■修行を終えた嵐子の帰還と美緒への挑戦状。

嵐子「どちらが“真のドS少女”かを決める勝負です!」
いや、“真のドS少女”って(苦笑 嵐子はドSというより男性恐怖症が元での暴力だからなぁ...。ドSというのは意識的に加虐行為を行う(ry
え~、『第2ボランティア部』で嵐子の身を案じる太郎・美緒・みちるの三人。と、そこへ修行を終えた嵐子が修行時の胴着姿で来室。
嵐子の無事を安堵する太郎達だったが、嵐子はすぐに美緒へ先の台詞と修行の成果を発揮したいとばかりに挑戦状を叩きつける。
嵐子「もし美緒さんが勝ったら、一日だけ、太郎を自由に出来る権利を差し上げます」
「何をしても自由です。例えば…『デート』とか...」

嵐子の挑戦状に首を傾げて難色を示す美緒。その為、嵐子は先の台詞と勝負の勝利条件を掲げ、それを聞いた美緒は怪しく思案して了承。
完全に景品にされた太郎の意志を無視した状態で話は進み、何故か“真のドS少女”という嬉しくない称号を賭けて美緒と嵐子の勝負開始(笑
補足…嵐子から“真のドS少女”の勝負を挑まれた美緒だが、美緒自身に自分が“ドS”であるという自覚はなく、周囲から引かれていた(笑


■美緒 vs 嵐子の勝負①『ドSコスプレ』…完全に勝負内容考案者のみちるの手の内(ぁ

え~、勝負内容はみちるが考案した内容を書いた板を複数入れた籤引き箱から、景品であり勝負決定媒体である太郎が引く事で決定。
判定者はみちるであり、お題をこなして太郎をより興奮させた方が勝利する。まず太郎が引き当てた勝負内容は『ドSコスプレ』であった。
まず最初に嵐子が、警察官…というか完全にアメリカンポリスの格好をして現れ、太郎へと侮蔑の言葉を浴びせ掛け、悶え捲くる太郎。
美緒「懺悔なさい」  太郎「懺悔?」
美緒「貴方はキモい。スーパーキモい」
「ですが、懺悔すれば、貴方のキモさは許されるでしょう…ラーメン♥」
「な、分け…ないでしょ!」
「世界が許してもアタシが許さぁーん!!」
「こんなキモい生物を目の前にして笑ってられるかぁー!地獄へ堕ちろぉ~!!」
「百回生まれ変わっても、貴様はブタだぁ!!」

この太郎の悶え方にみちるは思わず嵐子の勝利を確信するが、その時、部室の入り口がサァと開き、そこからシスター姿の美緒が現れる。
美緒は手に『聖書』(バイブル)の代わりに『英和辞書』を手にし、物腰柔らかく太郎へ「懺悔なさい」と説くがー…先の台詞の通り罵詈雑言(ぁ
という事で、余りにも手加減の無い美緒の物言いにより、太郎は嵐子以上に悶え苦しんだ為、みちるの判定で勝負は美緒へ軍配が挙がる。
美緒は自身の勝利を鼓舞した上で、1敗した嵐子に『自分の二番煎じ』(要約)『何時までも自分の背中を追うと良い』と高らかに吐き捨てる。
補足…嵐子と美緒のコスプレしての罵倒シーンでは、みちるが二人のコスプレ衣装を写真に収め捲くる。完全に乗せられている感(爆

■をまけスクロール画。
 
※クリックをすると別窓拡大。

■美緒 vs 嵐子の勝負②『ドSサイレント』…以降、『イロモネア』化(謎

え~…次の勝負は、『ドSサイレント』…声を一切発せずに太郎を興奮状態にさせ、①と同じくその状態の度合いで勝敗を決する、というもの。
まずは美緒が先制とボクサースタイルの格好をし、手に付けたグローブで太郎へ殴打の寸止め後、太郎の目の前でシャドウボクシング。
美緒の華麗なるフットワークから繰り出される両の拳、そして鋭く突き上げるアッパーに、刺す様な上段回し蹴り。太郎も興奮しまくりんぐ。
と、その時、太郎の携帯へ着信がありメールを目にする太郎は、その内容が自分を嬲る言葉であった事で、次第に文字の罵倒に興奮(ぉ
そこで漸く攻守交替と部室の入り口から、冷気を纏いながらペンギン衣装を着こなす嵐子が携帯を手にして現れ、続けて太郎へメール送信。
そのメールには、『南極点で一句』と書かれており、その罵倒の一句が太郎を最高潮まで興奮させた為、この勝負の軍配は嵐子に挙がる。
美緒から勝利をした事に感動の嵐子。そんな嵐子に美緒は、前言撤回と①の勝負決着の際の言葉を撤回し、対等の立場だと認める。

■をまけスクロール画。
 
※クリックをすると別窓拡大。

■美緒 vs 嵐子の勝負③『モノドS』…終盤完全にルール無視(笑

愈々最後の勝負となり、その内容は『モノドS』…みちるが用意した道具一式を利用して、太郎の興奮させてその度合いを勝負判定、というもの。
すぐに道具を見繕う美緒と嵐子だが、先制して道具を見付けたのは美緒で、パンダのヌイグルミを椅子に座らせると、パンダを罵倒開始。
そのパンダへの罵倒を見る太郎だが、徐々にパンダと自分を重ね始め、仕舞いにはパンダ=自分と完璧に重ねた上で興奮し始めてしまう。
嵐子「『ぶ』っちゃけ、ホントに気持ち悪い!」
「『た』ったくもう!ヘラヘラすんな!キモ顔で!!」
「『い』つまでも、調子に乗るな!ド変態ー!!」

これに危機感を抱く嵐子は、スケッチブックを取り出して『ブタ犬作文』と称した『ぶたいぬ』の其々の文字で文章を作り太郎へ先の台詞。
何か非常に微妙な嵐子の『ブタ犬作文』だが、それでも美少女の罵倒の為に太郎も興奮。しかし美緒がヌイグルミを尻に如いて反撃開始。
嵐子「『ぬ』!…『ぬ』ッ!?」
「…『ぬ』、『ぬ』るぬるしてんじゃないわよ、このタコがぁー!!」

美緒の巻き返しに焦る嵐子は、残りの『ぬ』の文章構成を先の台詞と口にするも、『ぬ』から始まる文章構成に戸惑い、やっつけ文章に(苦笑
これに由美は「意味不明」だと焦るものの、何と太郎はその意味不明な文章にも興奮し、由美とみちるは太郎の守備範囲の広さに驚愕(笑
結果、どちらも一方も引かない『モノドS』であったが、最終的に『モノ』を一切使わずに美緒も嵐子も、太郎への罵詈雑言を加え続ける展開へ。
そうなってくるともう一方的過ぎて、それを太郎は甘受し続ける結果=興奮し続け、遂には興奮の許容力をオーバーして太郎は卒倒してしまう。
この突然の太郎の卒倒に、驚愕する美緒と嵐子は、すぐに太郎へと駆け寄り、心配する言葉を掛けるが、太郎の意識は安寧の彼方へ(苦笑

■太郎の“謎の夢”と嵐子との親和の一時。

美緒「バルス!!」
太郎「見ろ!俺が鳥のよーだぁー!!!」

美緒と嵐子の罵詈雑言の責めに遭い、卒倒してしまった太郎は、幼い頃の自分と今は亡き父親とキャッチボールをしている夢を見る。
しかしその途中、自分の投げ返したボールを受け取らず、父親が踵を返して去って行く姿に、太郎はその後を追おうと走り行くのだが…。
突如、高校生の姿に戻った太郎へ目掛け、先の台詞と『天空の城 ラピュタ』の“滅びの呪文”を唱え、滑空する美緒が太郎を蹴り飛ばす(笑
太郎「俺は、何時も通りの結野の方が好きだ」
嵐子「分かった…太郎がそういうなら、私…言う通りにする...」

その夢の中の美緒の蹴りで目を覚ました太郎は、まず最初に自分を心配する嵐子の姿を目にし、次に自分が保健室に運ばれた事を認識。
嵐子から事情を聞いた太郎は、続けて今回の一件の謝罪とその理由…『前回、学園祭で美緒と仲良く~』と嫉妬心ありきだったと知る。
しかし太郎は、「別に“ドS”な女の子が好きなわけじゃない」「美緒さんとは何でもない」と、美緒とは成り行き上でそうなっただけと言う。
続けて、先の通りだからと「(嵐子は)何時も通りで居て欲しい」と伝え、嵐子は「何時もの私の方~」と尋ねると、先の台詞で返答の太郎。
これにボンッ!と動揺して赤面をしてしまう嵐子は、従順に太郎の申し出を了承。と、そこで「もう大丈夫」とベッドから起き上がる太郎。
嵐子「私…太郎が…す・す・す・すすすす...」
「凄く男の子怖いのどすぇー!!!」

(ゴッ…!ガッシャーン!!)
太郎「何故に京都弁ー!!?」

保健室を出ようとする太郎に、嵐子は勇気を振り絞って駆け寄り、太郎の上着の袖を掴み、いざ“告白”と先の台詞から入るが――
やっぱり持病の“男性恐怖症”が見事に発動。嵐子に殴られて保健室の窓ガラスを割って校舎外へ吹き飛ぶ太郎でぇ~あった(苦笑


■アイキャッチ。




嵐子が間違った方向性を見出しましたが、それでも――
嵐子可愛いよ嵐子。※何回目?(笑
何故か美緒にどちらがより“ドS少女”として優れているかと勝負を挑もうとしたのかが不思議で(ぁ 男性恐怖症故の暴力は“ドS”ではない(爆
美緒に対する劣等感や太郎と親密に接する様子への嫉妬心が根底にあろうとも、今の自分の魅力を引き出す事に終始するべきで(ぇ
ま、何にせよ、太郎の“異性”として意識した訳ではない「好き」という言葉一つで元に戻る嵐子の一連の仕草が可愛かったですね(笑
そういえば、『コスプレ“ドS”対決』の際等で、嵐子や美緒共に目が“レイプ目”っぽくなってましたが、個人的に凄く妙だったなぁ....(何

そして漸く顕著(?)に――
美緒の“デレ”開始のお知らせ。
という感じで少し顕著になっていた今回の美緒の太郎に対する“デレ”。だけど前回にも書いた通り遅過ぎる!これで大逆転展開は…なぁ(汗
原作ラノベからすると、その間の美緒と太郎のイベント的なものが書かれているのかもしれませんけど、些かアニメ作品では希薄過ぎるorz
嵐子相応or以上に太郎との親和性を高めるイベント(事柄)のお話があれば…まだバランス良く美緒も応援出来たのになぁ....残念だ。
そういえば、美緒の『第2ボランティア部』ってー…その実、『美緒の為の仲良し部活』だよね。コミュ不全の美緒が部長の部だしなぁ(コラコラ
嵐子の「部活を辞める」発言に拒否反応の美緒の様子から、その点が顕著だった印象。単に“友達”が欲しい美緒の為の部活だよなぁ(今更。

というかー…

由美は嵐子の腰巾着扱いに終始?
うーむ、これでは単なるジャイアンに恭順するスネオの立ち位置では…(苦笑 今までの辰吉と何かありそうな“伏線”描写も有耶無耶に?(汗
今回も由美は嵐子絡みのみの登場で、これでは親友を大切にする友情云々より、百合根性ありきの行動原理って印象が強いよーなorz


:追記予定…は未定(マテ 多忙だが頑張りますorz



宜しければ、下記のアンケートへの適当にご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。


当ブログ以外の『えむえむっ!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
えむえむっ!


アニメ 『えむえむっ!』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ「えむえむっ!」公式サイト


 次回は、第11話 『失われたメモリー』です。


アニメブログ 人気BlogRanking嵐子可愛いよ嵐子。バナーは代用。宜しければポチッとお願いします~。
■当『えむえむっ!』の記事一覧(最大15件表示)。
えむえむっ! 第12話 最終話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第11話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第9話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第8話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第7話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第6話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第5話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第4話 (レビュー/感想) 何と“絶対領域”のその奥が初公開!?(マテ
えむえむっ! 第3話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第2話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第1話 (レビュー/感想) 何というドMホイホイアニメ。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: えむえむっ! Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (15) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話「サディスティック嵐子嬢」
突然、嵐子がドSになった?(^^;  太郎を罵倒して犬扱い…太郎的には嬉しそうですが(苦笑) レンガをコッペパンと言って食べさせようとか。 いや無理だから(汗) ドSとかってレベルじゃないよそれ...

2010.12.05 (Sun) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話 (アニメ感想)
「サディスティック嵐子嬢」 このクソ犬やろぅ あんたみたいな駄犬がなんで私を見下ろしてるのよ 犬は犬らしくさっさと四つん這いになりなさい 四つん這いになれって言ってんのよ!この、ド変態の豚犬が!...

2010.12.05 (Sun) | SPmatchの気ままなアニブロ

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話 「サディスティック嵐子嬢」 感想
ビバ! 嵐子様―

2010.12.05 (Sun) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話 「サディスティック嵐子嬢」
天然SほどSと自覚なし。「えむえむっ!」第10話。 「このクソ犬野郎!」 穏やかな登校風景に響く罵声。 その声の主は美緒かとおもいきや嵐子だった。 その辿々しい言葉での責めは昼食時にもあるが、「...

2010.12.05 (Sun) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話 「サディスティック嵐子嬢」
・ドS一直線!  前回の文化祭で太郎は美緒様と2人きりで過ごしていたことから嵐子は、太郎の好みがドSな女の子だと思い、美緒様と嵐子のどちらが本当のドSかを決める勝負を挑むのです  やはり文化祭...

2010.12.05 (Sun) | のんたんのanime大好きブログ

この記事へのTrackback

【えむえむっ!】10話 何このイロモネアwww
えむえむっ! #10 サディスティック嵐子嬢 887 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 10:01:17 ID:dsjMJXBv0 好きな男のためにドSになります! う~ん、...

2010.12.05 (Sun) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

えむえむっ! 10話
フェイトちゃん、ランカちゃん、あずにゃん。店長いい趣味してますな。というわけで、「えむえむっ!」10話ドS少女どえすの巻。好きな男が恋のライバルになびきかけている。お互い ...

2010.12.05 (Sun) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話
第10話『サディスティック嵐子嬢』えむえむっ! 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・ドS対決ですか?

2010.12.06 (Mon) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

びっくりするくらいに話が進まない。(えむえむっ! 第10話レビュー)
えむえむっ! 第10話「サディスティック嵐子嬢」 ★★★☆☆

2010.12.06 (Mon) | 徒然きーコラム

この記事へのTrackback

えむえむっ!  第10話 感想
 えむえむっ!  第10話 『サディスティック嵐子嬢』 感想  次のページへ

2010.12.06 (Mon) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話 「サディスティック嵐子嬢」
M 大門ダヨ 今回嵐子の様子がオカシイ・・・

2010.12.07 (Tue) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話『サディスティック嵐子嬢』
見ろ、俺がゴミの様だ!の回です。この糞犬野郎!!美緒かと思ったら嵐子だった。たどたどしい罵倒語を駆使して太郎を調教。弁当だと言ってレンガと哺乳瓶ミルクを押し付け。何が何だか分からない状態の太郎。更にそれを見ていた由美がおかんむり。実に覚えが無いのに制裁...

2010.12.07 (Tue) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

【えむえむっ! 第9話-MFCの華麗なる陰謀&第10話-サディスティックな嵐子嬢】
でもねしっかり決めてよLove you Love you!席は一個だけだから無理やりっ。

2010.12.08 (Wed) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第10話「サディスティック嵐子嬢」感想
第8話で太郎と美緒の一件は解決したかに思えたのだが……嵐子は美緒に対抗意識を持ったままであった。 美緒を超えるべく、ドS少女になろうとした嵐子。ギャップ萌えの要素はあるものの、やはり嵐子は嵐子のままでいるほうが魅力的である。決心しての告白も……いつもの...

2010.12.10 (Fri) | サイネリア~わたしのひとりごと~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。