一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

えむえむっ! 第11話 (レビュー/感想)

Category: えむえむっ!  12/12 /2010 (Sun)

第11話 『失われたメモリー』


ストーリーは…。
桜守高校に通う砂戸太郎は、全ての変態科目で満点という変態エリート。そんな彼の前に、未来を変える女性教師が現れた。その名はGTM……グレートティーチャー美緒様。この物語はSとMによる愛のメモリーである。

それでは、ネタ的なものをば(ぇ

■今回の『えむえむっ!』を表現するとこうなる描写的まとめ。

ん。太郎の記憶喪失前後も…
“ドM”描写は不変ですよっと。
そういえば、太郎の中の人…福山さんも『いぬかみっ!』以来の酷い三枚目キャラかな?まぁ、今更ながら福山さん、お疲れですっと(笑


■今回の美緒の太郎への“ドM”強制荒療治から意外な展開へ。

治療行為の最中に別の障害を発症て。
噴いた。と言う事で、今回の物語展開の切欠である太郎の“記憶喪失”。ん~、かなり凄まじい既視感だが、便利だよなぁ、“記憶喪失”ネタ(ぉ
美緒「このグレート・ティーチャー・美緒様(GTM)がねッ!」
酷いパクリ具合だ(ぁ そもそも、この世界観に『GTO』という作品が存在――って、『DB』のパロや『機動戦艦ナデシコ』もあるからアリか(マテ
え~、今回の美緒の太郎への治療行為は、『グレート・ティーチャー・美緒様』(GTM)の女教師の格好をした美緒が太郎を教育的指導。
美緒が太郎へハイヒールのヒール部分で顔面を詰っていた際、太郎が美緒の下着を目にした事で、羞恥心を露にした美緒が太郎を殴打。
吹き飛ぶ太郎だが、すぐに“ドM”を発症し、「もっと躾けて~」と美緒へと飛び掛るも、着地点の黒板消しを踏ん付けた勢いで後方へ転倒。
後頭部を強打した太郎はそのまま気絶。これに慌てた美緒や部室のドアから成り行きを見ていた嵐子とみちるが大の字の太郎へ駆け寄る。
太郎「いつつつ…。あの、貴女達は誰ですか?」
暫くの後、頭を抑えて起き上がる太郎に、美緒達も安堵をするのだったが、太郎の口からは衝撃の先の台詞。驚愕する美緒達であった。

■“記憶喪失”太郎の憂鬱…母と姉編。

智子「お母さんのこと、生まれる前から知ってますよねぇ~?」
あっはっは(汗 さて、太郎の“記憶喪失”に嵐子とみちるは病院へと連れて行き、医者は「一時的な“記憶喪失”で2・3日で回復」と診断。
美緒は何故かその旨を学校の部室で嵐子から聞いて「馬鹿」と一言。いや、『君のせいだろ』というツッコミが視聴者から聞えてきそう(笑
さて、嵐子とみちるが太郎を自宅へと送り、事情を聞いた智子と静香は驚愕。そんな中、さり気に先の台詞を口走る智子(苦笑
しかしながら、一時的な“規則喪失”に智子達は安堵するのだったが、その二人の腸の中ではある“妖しい思惑”が渦巻いており…。
太郎「ぼ、僕って奴は、家族になんて事を…最低だ」
自室で嵐子から「明日一緒に登校しよう」の旨のメールを受け取る太郎。そんな太郎の下へ、静香が訪れた事で「静香さん」と呼称する太郎。
他人行儀な呼び方に「何時もは“姉貴”って」と言う静香は、太郎の“記憶喪失”を良い事にあからさまにお腹に詰め物をした姿を披露する。
詰まりは、『妊娠している』ことを主張し、他人行儀な呼び方はしないで欲しいという静香の意図に、太郎は疑いなく驚愕するのだったがー…。
更に、静香から遅れて太郎の部屋を訪れる母親の智子さえも、静香と同じくお腹に詰め物をして現れた為、太郎は先の台詞と自責の念。
蛇足…智子は16・17歳の息子・太郎が居るのに、今更“妊娠”はないよなぁ(汗 妊娠適齢期を過ぎているだろうし、完全に高齢出産領域。

■“記憶喪失”太郎の憂鬱…嵐子のイケナイ☆ライアー編。

次の日、嵐子と共に学校へ登校する太郎は、その道程で嵐子から手作りの『お守り』を手渡され、「早く治るように」と親身な言葉を受け取る。
太郎「ぼ、僕と結野さんって、どういう関係だったんでしょうか?」
嵐子「えっ!?そ、それはその…」 太郎「病院まで付き添ってくれて…」
太郎「お守り作ってくれたり、若しかして“恋人同士”だったんじゃ…!?」
嵐子「え゛ぇー!?こ・こ・こ、恋人ぉーー!!?」

嵐子の気配りに太郎は、邪念なく素直な気持ちで先の台詞と、自分と嵐子の関係を“恋人”なのかと尋ね、嵐子は過剰に動揺してしまう。
嵐子「恋人だもん...わ、私達、恋人だもんッ!!」
嵐子の動揺の様子に自分の勘違いだと苦笑しつつも、嵐子を「可愛い」等と称する太郎に対し、何と嵐子は思わず先の台詞と嘘を口走る(笑
これまら純真な太郎はその言葉を間に受け喜び、太郎の“記憶喪失”を利用した嘘に抵抗を感じる嵐子は、心中で神様に謝罪の弁(苦笑
太郎「(いや、待てよ。肉親にあんなことしておいて)」
「(“彼女”が無事な訳が無い…!砂戸 太郎、お前は結野さんに何をしてしまったんだ…!!)」
「ゆ、結野さん!若しかして、僕の子供を宿していませんか!!?」

嵐子が“彼女”と判明して喜んだのも束の間、太郎はふと昨日の智子達の件を思いだし、心中で先の台詞と心配し始めてしまう。
そして、徐に嵐子に“妊娠”の件を尋ねる太郎は、「責任を取る」と嵐子の両肩を掴むが、当然、太郎は嵐子の拳の餌食となって吹っ飛ぶ(笑
吹き飛ばされる太郎は、その“感覚”に懐かしさを感じつつも地面へ落下。嵐子は自分の罪深さを謝罪しながらその場から逃走するのだった。

■“記憶喪失”太郎の憂鬱…薔薇と女装編。

智子や静香、更には嵐子まで“妊娠”させていたのだと誤解する太郎は、学校の屋上で一人で自責の念に駆られて落ち込む。
そこへ親友の辰吉が太郎の事情を知った上でフォローの声掛け共に現れ、感謝感激と太郎は辰吉の手を握るとそれを振り解く由美が登場。
由美は、太郎の背中を『間宮流マッサージ術』だか『北斗神拳』の技で突き上げると、太郎へ「辰吉に触るな」と喧嘩腰で威圧し始める。
由美「アンタ、またBL属性になったんじゃないでしょーね!!?」
辰吉は太郎の事情を知らない由美を諭すが、由美はずけずけと先の台詞。驚愕の太郎は、その真偽を辰吉に問うも、その反応で察する事に。
太郎「(そんな…女性だけでなく、親友にまで手を出していたなんて…)」
「(どんだけストライクゾーンの広い奴なんだ!僕はぁー!!)」

由美の言葉と辰吉の反応でそれを本当だと捉えた(真実?)太郎は先の台詞と混沌の海へ沈む(マテ また精神疲労の太郎は保健室へ。
みちる「君だよ。そこに写ってるのは君だよ」
太郎「何言ってるんですか~。はははは」 みちる「“女装”した君だって」

保健室では、みちるが自身の撮った美緒達の写真を整理しており、休ませて欲しい旨を伝えた太郎に「勝手にしろ」とだけ返答すのみちる。
太郎は、みちるが整理していた写真を目にしてふと一枚の『女性』が写った写真を手にすると、「見覚えがある」と口するのだったが―。
それを聞いたみちるは、悪気はないのだろうがアッサリと先の台詞と、太郎が手にした写真が太郎本人の“女装”である事を教えてしまう。
今迄、記憶を失う前の自分の姿を知って精神披露困憊の太郎に追い討ちを掛ける事実に、太郎は耐え切れず保健室から逃走するのだった。

■“記憶喪失”太郎の憂鬱…嵐子とのサボタージュデートとノア&ロリコン編。

どこぞの建物の影(?)で“記憶喪失”以前の自分の妙な性癖を誤解して真に受けた太郎は頭を抱え込み、自身を『変態』だと自責の念。
そんな太郎の下へ嵐子が訪れ、先の太郎の暴力が“男性恐怖症”の為だった事や妊娠だった事が嘘である事を告白して謝罪する。
嵐子「たまには…二人でサボッちゃおうよ」
そして嵐子は、妊娠の件で嵐子が傷付いていなかった事に安堵する太郎に「動物園に行こう」と誘い、驚く太郎に先の台詞と諭してデートへ。
早速、動物園を訪れてデートをする太郎と嵐子。勿論、これは以前に経験をした“思い出”に呼び掛け、太郎の記憶を戻すという試み故。
嵐子は太郎に「以前にも二人で来た事がある」「思い出して欲しいから」と動物園に来た理由を伝え、太郎はそんな嵐子の気持ちにドキン☆
「思い出すように努力する」と嵐子お手製の『お守り』を提示し、嵐子に気恥ずかしそうに返答する太郎に、少し安堵する嵐子だったが…。
ノア「駄目です、砂戸く~ん!こんな女に引っかかっちゃー!!」
突如、太郎の背後にキリン型メカに乗ったノアが先の台詞と出現し、キリンの頭部をヘッドギア状にして太郎の頭を拘束&捕獲する(笑
操縦席の首元部分へ拘束した太郎を寄せると、ノアは身振り手振りで「自分が記憶を取り戻してあげる」と、太郎の頭部に電流を流し始める。
この電流には、特殊な洗脳プログラムがあるらしく、かなり危ない表情をし始める太郎。これに何も出来ない嵐子だが、突如、電流が停止。
胴体部分でせっせと自転車を漕ぐ要領で人工的に発電を行っていた日村にノアは激を飛ばすが、日村は「ロリロリ」と暴走してノアへ強襲。
まぁ、そんなこんなでノアの企みは日村の暴走で事無きを得、残された太郎は嵐子によって救出。夕暮れ時にノアの乱入に苦笑の二人。
しかしノアの件を笑う太郎を見た嵐子は、ふと「やっと笑った」「何時もの太郎が~」と嬉しいと伝え、また思い出の場所を太郎へ提示するが…。
これにも太郎は思い出せず、日も暮れてきた事から帰宅を促す太郎。嵐子は、自分の精一杯の努力が失敗に終わった事に涙を流す。
その為、帰宅は太郎と一緒には帰らず、「道は分かるよね」と動物園の前で太郎と別れる嵐子。ん~、別れる際の嵐子の動作が妙だtt(ry
補足①…一方、美緒はというとずっと学園の『第2ボランティア部』の部室内で、太郎の記憶を元に戻す事を色々と思案中。結局…(何
補足②…嵐子が太郎を『動物園デート』に誘う親身な様子を、美緒はみちると共に最寄の木の陰から目撃。その際の“気持ち”にブレが…?

■“記憶喪失”太郎の憂鬱…やっぱり美緒の加虐行為治療と“デレ”?編。

嵐子と別れた太郎は、何故か通学する学園へと戻り、そして『第2ボタンティア部』へと本能的に導かれ、中へと足を踏み入れる。
部室の中で最初に目にした美緒の拷問器具(マテ …金属バット類に惹かれてしまう太郎。そんな太郎に、まだ部屋に居た美緒が声掛け。
その美緒の言葉は、太郎が初めて『第2ボランティア部』を訪れた際のものと同一…だったのだが、すぐに何時もの美緒の態度へと変貌。
美緒「ブタ郎の癖に、他人を見るような目でみやがって…!ムカつくのよ!!」
「アンタはアタシの僕の癖に、何で美緒様の事まで忘れやがってんのよ!!」

美緒を見た瞬間、『この人の事を知りたい』という欲求に駆られる太郎だが、その美緒から“ドS”な先の台詞を掛けられて一瞬で尻すぼみ(笑
「思い出しなさい!」と詰め寄る美緒の剣幕と侮蔑の言葉に、太郎は潜在的“ドM”の心地良さを感じ、美緒は太郎を『ドM野郎』と呼称すると―
美緒「深く悩んだアタシが馬鹿だったわ…」
「“答え”は目の前にあったのよ…!!」

「治してみせる」と制服の上着を脱いだ美緒は、驚愕して後退りする太郎へと先の台詞。以降、美緒は金属バットで太郎を追い掛け回す。
一方、太郎と動物園前で別れた嵐子も学園の自分の教室に戻っており、太郎の机へ座ると「自分とのデートで思い出して欲しかった」と吐露。
と、その時、美緒から逃げる太郎が教室へ慌しく逃げ込む姿を見た嵐子は、バットを片手に振り回す美緒の前に立ち太郎を擁護する。
嵐子「美緒さんこそ…太郎のこと、どう思ってるんですか!?」
美緒「ど、ど・ど・ど・ど・どうって別に!!」
嵐子「最近の美緒さんは変です!上手く言えませんが、太郎への態度が違います!」
美緒「と、突然、何なのよ!!?」
嵐子「私は!…私は太郎の事が好きです!!」

美緒はそんな嵐子に悪までも『治療』だと退く様に説得するも、それを嵐子は拒絶すると先の台詞を口にし、何と太郎への好意を“告白”する。
この嵐子の正直な“告白”に動揺し捲くる美緒はバットを持つ手が振るえ始め、嵐子は「次は美緒さんの番です」と美緒へ詰め寄る。
と、そこで成り行きを静観していた太郎が、会話に割って入り嵐子の下へ近寄り両肩に手を置き、「争わないで欲しい」云々と諭し始める。
しかし当然、嵐子は太郎の接触行為に“男性恐怖症”を発症し、太郎を殴ってしまうのだが、それを好機と見た美緒が太郎をホームラン殴打(笑
美緒「二度と…アタシのこと、忘れんじゃないわよ」
「…馬鹿」  太郎「先輩…」

ガッシャーンと校門前に落下する太郎を、慌てて追い掛ける美緒と嵐子。ムクッと身を起こす太郎は、何とその衝撃で“記憶喪失”が回復。
何が起きたのか訳が分からない太郎は、今迄の記憶が飛んでしまっており、嵐子は安堵と共にその事で少々ショックを受けて去って行く。
嵐子の様子を心配する太郎だが、美緒は無言で太郎へ歩み寄ると、右手の人差し指と中指を太郎の胸に当てると先の台詞と呟く。
太郎は美緒の“デレ”交じりの言葉に少し感動するが、ふと美緒が気恥ずかしさを認識してしまった為…何時もの様に虐げられるのであった。


■アイキャッチ。




え~と…。
放送終了間際なのにふとぅ~のお話。
って、どぅーなのか(ぇ 終盤ともなれば、何らかの起爆剤(を求めるだけ無駄?)で盛り上げる一種の『まとめ』に物語が向かうものだが…。
というか、今回のお話に物凄く既視感(デジャヴュ)があったと思ったら、第8話の太郎の性癖喪失回がそれに相当している事に気付く(笑
今一つ盛上がりに欠けたのは、美緒が太郎への好意を漸く認識し始めたが急ぐ訳には行かない印象の展開の為?いや寧ろ急ごうよと(何
しかしながら、やっぱり太郎の身に降り掛かる不幸に対し、親身になって心配をする嵐子の言動は、今回も可愛かったですけどね!(爆

ん~、そもそも今回の太郎の“記憶喪失”は――
医者が「2・3日で回復する」と診断したのに
何故、美緒と嵐子は記憶を戻す事に執着したのか。

ごめん、噴いた。医者が診断した予想日を越えても太郎の記憶が戻らなければ美緒達が動いても良いけど、次の日から騒動だもんなぁ(笑
勿論、医者の診断まで『太郎が自分達の事を覚えていない』という事実が、好意を持つ相手故の事柄の為に自制を利かなくたのでしょうが。
まぁ、つまり何が言いたいかというと、嵐子可愛いよ嵐子というお話な訳ですね(カエレ 美緒は未だ下僕 or 好きな人の狭間で宙ぶらりん(ぉ


:追記予定…は未定(マテ 多忙だが頑張りますorz



宜しければ、下記のアンケートへの適当にご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。


当ブログ以外の『えむえむっ!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
えむえむっ!


アニメ 『えむえむっ!』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ「えむえむっ!」公式サイト


 次回は、第12話 『クリスマスの願いごと』です。


アニメブログ 人気BlogRanking嵐子可愛いよ嵐子。バナーは代用。宜しければポチッとお願いします~。
■当『えむえむっ!』の記事一覧(最大15件表示)。
えむえむっ! 第12話 最終話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第10話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第9話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第8話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第7話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第6話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第5話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第4話 (レビュー/感想) 何と“絶対領域”のその奥が初公開!?(マテ
えむえむっ! 第3話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第2話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第1話 (レビュー/感想) 何というドMホイホイアニメ。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: えむえむっ! Genre: アニメ・コミック

Comments (1) | Trackbacks (11) | TOP

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 04:19:39 2010/12/13 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話「失われたメモリー」
グレートなティーチャー美緒様の厳しすぎる指導(汗) 頭を強く打った太郎は記憶喪失になっちゃいました(^^; 幸いすぐ記憶は戻るらしいですがw  ▼ えむえむっ! 第11話「失われたメモリー」  ...

2010.12.12 (Sun) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

えむえむっ! 11話
別にこの話が最終回でもよかったんじゃね?というわけで、「えむえむっ!」11話GTMの巻。主人公の記憶喪失。これまでの人間関係を見つめ直すのに便利な設定ですな。一度リセットす ...

2010.12.12 (Sun) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話
第11話『失われたメモリー』えむえむっ! 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・太郎が記憶喪失になる話。

2010.12.12 (Sun) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話 「失われたメモリー」 感想
ピュアって素敵―

2010.12.12 (Sun) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話 「失われたメモリー」
パンツは水色。でも、見えない。「えむえむっ!」第11話。 既に日常と課した美緒による太郎責め。 「蟹工船(AA)でマグロとってこいや!」って無茶な。ww しかしバランスを崩した太郎は後ろに転んで頭を打...

2010.12.12 (Sun) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話 「失われたメモリー」
 前回、夢の中で父親とキャッチボールしている描写がありましたので完全に家族の複雑な事情という展開になると思っていたのですが、単純に記憶喪失ということでした  記憶喪失をいいことにみなさん、いい...

2010.12.12 (Sun) | のんたんのanime大好きブログ

この記事へのTrackback

えむえむっ!・・・第11回「失われたメモリー」
2010/12/13 放送分総評!恋愛模様に関する伏線を置く・・?記憶喪失ネタとはまぁなかなかのベタ展開ですが・・・そこにいくつか目的があるようには見えました。ひとつは、続きにも書 ...

2010.12.14 (Tue) | 生涯現役げーまーを目指す人。

この記事へのTrackback

えむえむっ!  第11話 感想
 えむえむっ!  第11話 『失われたメモリー』 感想  次のページへ

2010.12.14 (Tue) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話 「失われたメモリー」
M 大門ダヨ 今回の美緒さんは教師!セクシー!

2010.12.15 (Wed) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話 『失われたメモリー』
最低だ、砂戸太郎!

2010.12.15 (Wed) | Plum Wine*

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第11話
(きた!最低母娘きた!これで勝つる!!) えむえむっ! 第11話の所感です。

2010.12.16 (Thu) | アニメ与太話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。