一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

えむえむっ! 第12話 最終話 (レビュー/感想)

Category: えむえむっ!  12/18 /2010 (Sat)

第12話 (最終回) 『クリスマスの願いごと』


ストーリーは…。
ブタトナカイ。霊長目ブタロウ科ブタトナカイ属に分類されるブタロウ。別名「砂戸太郎」。半家畜化された存在のため、美緒様のそば、主に第二ボランティア部周辺に生息し、12月後半に活動することが確認されている。


う~ん…。

最終回もストーリー概要の内容は酷い(笑
と、中途半端に最終回だからとマトモなストーリー概要を書けば“らしくない”ですしね…一貫して『えむえむっ!』はこれで良いのかな?(何様

それでは、ネタ的なものをば(ぇ

■今回の『えむえむっ!』を表現するとこうなる描写的まとめ。

最終回は空気を読んだのか――
“ドM描写”最少を更新。
これは良いのか悪いのか(苦笑 ん~、非常に『えむえむっ!』っぽくは無い気がするなぁ。まぁ、誰が得をするものでもないけどさ(コラコラ

■最終回だからこその“パンチラ”解禁?

今迄の“絶対領域”とは何だったのか。
と、突っ込んでしまいたくなる私が居る(笑 DVD&BDのをまけ特典はお色気過多…“パンチラ”(モロ)上等に先駆けた公開販促行為、と(ぉ

■嵐子・ノア・由美の着衣シーン…さ、最終回だから、特別なんだからネッ!(ぉぅぇ(マテ

何と言うアンミラ制服(笑
今もこういう制服を採用している所は細々とだが存在はするけど…う~ん、最終回だからって大盤振る舞い的演出なのでしょうかね。
また胸を強調する仕様のアンミラ制服は、当然の如く貧乳のノアには似合わず、特盛りッ!な嵐子には見事にジャストフィット…似合う(笑
しかし、思えば『えむえむっ!』は“パンチラ”もなく、“絶対領域”至上なお色気中心ではありましたが、何気にブラ描写はそれなりに多かった。
上記の着衣シーンは、後述参照の美緒・太郎・辰吉の喫茶店組と嵐子・ノア・由美・みちるのケーキ屋組の売り上げ対決開始の最初の一コマ。
ちなみに、上記キャプ画の最後は胸を強調する制服を着た為、露骨に強調された嵐子の胸を見たノアの驚愕の表情....って一目瞭然か(笑

■嵐子・ノアの『美味しくなるおまじない♥』。

ノア「おいしくなぁ~れ?×2。ホラ、お前もやるです」
嵐子「う…え、え~と、おいしくなぁ~れ」
嵐子「らぶらぶ♥」  ノア「スパイスー♥」
嵐子「ハートに…」  嵐子ノア「「どっきゅんきゅん♥」」

以上(ぉ 後述する美緒達との店先での店頭販売対決にて、美緒達の優勢にノアが販売するケーキに『美味しくなるおまじない』と先の台詞。
これに促されて羞恥心を見せる嵐子だったが、最終的にはえらくノリノリでこなし、美緒側に流れていたお客…男性客達が戻って来る(笑


ここからストーリー的に~。

■クリスマス前日と当日の出来事…美緒の独断専行で何故か勝負事へ。

クリスマス前日。トナカイの衣装を着せた太郎に大量のクリスマスツリーを積ませたリヤカーを押させながら、檄を飛ばすサンタ衣装の美緒。
美緒達は街中にクリスマスツリーを一定間隔(?)で設置し、ツリーの天辺に『願いごとツリー』という旨の看板を設置して要望を募る。
美緒「クリスマスに願いを叶えてやるのも“神様”の仕事よっ!」
またこのツリーに“願いごと”を書いた短冊を通行人に吊るして貰い、美緒達がクリスマス当日に回収し、“願いごと”を請け負うという仕様。
「七夕でもないのに短冊?」と疑問を持つ太郎であったが、美緒は自身の計画を嬉々として先の台詞と無い胸を張る…上から目線で(ぁ
クリスマス当日。ツリーから回収された短冊には、様々な“願いごと”が書かれていたが、9割方が無記名で2枚のみ記名されてあった。
当然、その記名されたものを、美緒は「二班に分かれて請け負う」と決め、前述の通りのチームで『喫茶店組』と『ケーキ屋組』に分かれる。
そして、各々の組がお店へと向かうのだったが、何と各店は公道を挟んで真正面に位置しており、バッタリと出くわす美緒組と嵐子組。
太郎「趣旨…変わってません?」
これにより、何と美緒は自分達の店と嵐子達の店を『商売敵』だと勝手に決め付けた上で勝負事にし、みちるの提案で賞品は太郎に決定。
完全に太郎の意思は無視されて事が進み、嵐子は最初は乗り気ではなかったものの由美の勝負事への意欲で決定。太郎は先の台詞(笑
補足…“願いごと”の無記名短冊には『リア充爆発』『世界中の男がホモに~』『彼女が欲しい。むしろ彼氏でも』『全ての女性がロリロリ~』等。

■美緒組勝手に担当の喫茶店には意外な人物が。

美緒組が入った喫茶店で最初に出迎えたのは、何と『MFC』の会長をしていた太郎・嵐子・辰吉のクラス委員長の綾瀬川 霧乃であった。
事情を話す美緒に霧乃は「お手を煩わせる~」と平身低頭と感謝感激するも、後ろに控えていた太郎や辰吉を一瞥すると態度が一変(笑
え~、少し割愛し、嵐子側の盛況ぶりを見た美緒は、新たなレシピを作る必要があるのだと、自作料理を作るのだったが――
太郎「イカ墨スパゲッティ…?」 美緒「カルボナーラよ!」
それは見事な位にどす黒い瘴気というか毒気を放つスパゲティで、太郎は先の台詞と『イカ墨スパ』を挙げるも、何と『カルボナーラ』と美緒(爆
太郎「ばぼらぁー!!!」
昇天☆太郎「口の中に広がる、芳醇な…“苦味”!舌を突き刺す、スパイシーな“痛み”!」
「これはまさにっ、パスタ界の黒船来航やぁ~!!!(意味不明)」

え~…当然というか王道的に、試食をさせられる太郎だが、先の台詞という叫びと共に目と口から何かが噴出し、昇天してしまう(苦笑
しかしながら、“ドM”であるが故、恍惚の表情で倒れる太郎を見た霧乃と父親は、「それほど美味しい」と誤解をして試食し…帰らぬ人へ(ぁ
蛇足…美緒のスパゲティを試食して帰らぬ人となった霧乃と父親ですが、本当にこれ以降の出番がない(爆 本当に死人が出るとは(マテ

■嵐子達『ケーキ屋』の店先での店頭販売。

嵐子達が担当する事になった『ケーキ屋』で、由美は中でウェイトレス業務ながら、嵐子とノアは店先でケーキの店頭販売を行う。
店長「のぞみはどれが良い?どれも美味しそうだよね~」
「うん、うん。分かった。ケーキ下さい。あとスペアリブも」

嵐子「あ、ありがとう御座いました~」
ノア「“変態パワー”を感じたです」

と、そこへ太郎のバイト先の美形だが真性ヲタクの店長が訪れ、手には『のぞみ』というフィギュアを持ち会話をしながらケーキ等を購入。
そして、後述参照と店長が去った後、ふと後ろのお店の中で、美緒と太郎が俗に言う“ポッキーゲーム”でキス寸前のシーンを目撃する事に(笑

■美緒考案で太郎と“恋人同士”で変装して敵陣(嵐子側)視察。

美緒「今から私達は“恋人同士”。クリスマスだし、それが自然でしょ!」
太郎「(先輩…。)」  美緒「な、何、赤くなってんのよ!ブタ郎!これは悪までもフリよ、フリ」

自分が担当する喫茶店の視察を終えた美緒は、敵陣視察を建前に太郎と共に変装した上で“恋人同士”の振りをしてケーキ屋へ足を運ぶ。
その際、太郎の腕へと抱きつきながら先の台詞と赤面をするが、それは太郎も同じであり、美緒の意外な行動に面を喰らって少々臆する。
ケーキ屋へと入った美緒は、ソコソコ繁盛しているのを確認し、またケーキを頼み食してその味を確認すると、かなりの美味で満足。
また太郎も同じく頼んだケーキも味が良かったらしく、「美味しい」発言をした所、美緒は「あ~ん」と口を開けて食べさせろという意思表示。
その為、太郎はビックリしてしまうが、再三に美緒からせっつかれて食べさせる。その様子を見てか接客をしていた由美が声を掛けて来る。
由美「お二人で食べ進めて、限界だという所でストップ」
「残った長さに応じて、景品を差し上げてます♪」

由美は、美緒達の変装に気付いておらず、“恋人同士”かと尋ねるとカップルイベントがあると、先の台詞と“ポッキーゲーム”を提案する。
勝負事となると俄然燃える美緒の性分から、早速、棒菓子を美緒と太郎が両側から口に咥えるのだが、やってみるとかなりの羞恥心(爆
美緒と太郎は、互いの顔が棒菓子を挟みながらもすぐそこにある事に赤面。それが徐々に近付くのを感じる為、益々美緒達はドキドキ。
仕舞いには、テーブルに置いた手を互いに握り合い、棒菓子も折れずに進み続け、あと数cmもない所まで齧り続ける美緒と太郎。
だが、そうした様子を何と店先で店頭販売を担当していた嵐子が目撃し、二人の変装をアッサリ見抜き、急いで店内へ向かい二人を制止(笑
これにより、由美も漸く美緒と太郎だと知って驚き、美緒と太郎のセカンドキスは遭えなく終了のお知らせとなってしまうのでぇ~あった(苦笑

■店先での店頭販売対決。

ケーキ屋である為に店先で店頭販売をする嵐子とノアの姿を見た美緒は、自分達も同じ行為をしてお客を増やそうと思案して実行に移す。
しかし喫茶店である以上、店先で売る物が必要だという事で、何と美緒はキッチンの中にあったケーキと置いてあった多数のプレゼントを販売。
しかもそれを2円で販売し始めた為、当然、お客は群がり始める。しかしこの美緒の考えなしの勝手な行為が後々に余計な出来事へ発展。
さて、前項目での嵐子達の挽回行為に、今度は美緒が太郎と辰吉に“女装”をさせて客層を取り戻そうとし、また太郎にスク水着用を強要(笑

■店先での店頭販売対決…嵐子達のお色気編とお客終了のお知らせ。

ノア「大人なノアも、チラリですぅ~♥」
美緒達の先の“女装”反撃で客を奪われた嵐子達は、ふとみちるがスカートを捲って誘惑行為をした為、ノアも先の台詞とスカートを捲る。

         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     { {,. --‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /

日村「ノア様~!何て刺激的n(ry」
何 か 別 の 生 物 を 呼 び 寄 せ た よ う で す 。
ノア「お前は呼んでないです!!」

しかし、先の通りに何処から現れたのか日村がゴキブリ歩行で現れ、先の台詞とノアへ飛び掛るが、ノアは日村を激しく足蹴にして一蹴する。
嵐子「男の子、怖い×∞よ~!!」
(ドゴッ!!)
野郎客達「メリー・クリスマース!!」

みちるとノアに群がる男性客だが、ふと一人の男性客が静観していた嵐子へと手を伸ばした事を発端に、次々と男性客が群がるのだが…。
当然、“男性恐怖症”の嵐子は、その行為に畏怖した結果、何時もの常套句である先の台詞を口にし、鉄拳制裁と男性客を殴り飛ばし終了(笑

■美緒陣と嵐子陣の勝負事は有耶無耶的“引き分け”で終了するが――。

結局、美緒達の『喫茶店』 vs 嵐子達の『ケーキ屋』のお客呼び込み対決は、美緒達の多忙からの解放・疲労によって有耶無耶へ(苦笑
取り合えず、美緒達の喫茶店に集まっていた面々だが、そこへ来店する一人の少年の姿。少年は「貸し切りの予約を入れていた」と言う。
少年は、恐らく好意を抱いている少女の『誕生日会』を開いてあげたいという旨を美緒達へ伝え、ふと太郎達は“ある事柄”が脳裏を過る。
その事柄とは、店先での店頭販売に用いた喫茶店のキッチンの冷蔵庫に在ったケーキとカウンター脇に在った多数のプレゼントの箱。
そこで漸く美緒達は、自分達が勝負事に盛上がり、美緒の独断により2円で売り捌いた品物が『誕生日会』用のものであったと気付く。
困惑する太郎達であったが、結論的に「無理」「断ろう」と判断するが、美緒は「『誕生日会』はやるわ」と太郎達に頭を下げて嘆願する。
美緒が人様に頭を下げた姿を見た事が無い太郎達は驚く間も無く了承。そこで各々の得意分野に分かれ、急ピッチで『誕生日会』の準備へ。
美緒「ハッピー・バースデー・ディア――美緒...」
で。予定通り、少年が予約を入れていた『誕生日会』は行われ、美緒達も何の関わりも無いながらも、その場で少女の『誕生日会』へ参加。
全員がケーキの前で笑顔の少女へ祝いの歌で祝うが、その一節の場面で美緒が先の台詞と少女の名前ではなく自分の名前を呟く。
美緒のこのさり気ない呟きを、隣で少女を祝っていた太郎がふと耳にし、美緒へ視線を向けると少し寂しそうな表情ををしていたのを目撃する。
蛇足…ん~、太郎達の責任で少年が予約していた『誕生日会』用のケーキ類を売り払ったのに、アッサリと「謝って断る」という結論は(苦笑

■『第2ボランティア部』のクリスマス奉仕活動終了――だが俺達の冒険はこれからだ!(何爆

え~、喫茶店に入っていた『誕生日会』を終え、取り合えず纏まって帰宅の途へ向かう美緒達。その途中、太郎はみちるに少々質問。
太郎は「今日は美緒の誕生日では?」と尋ねると、それをみちるは肯定するも「美緒は誕生日が好きではない」のだと言う。
それは幼少期の美緒が如何に誕生日を祝って貰えなった為で、クリスマスを部の活動に充てた理由も「皆と居たかったからだ」とみちる。
辰吉「太郎が~、『今日はあの貧乳のせいで凄ぇ疲れた。最悪だ。』って言ってまし、た」
美緒「今のは事実なのかしら…?(怒)」
太郎「…(怯)。あ、当たり前だろ!このツルペタ女!!」
「お、お前のハチャメチャぶりにはウンザリなんだよ!」

「つか、何だその胸。や~い×2。胸なし美緒ちゃ~ん。ベロベロバ~♪」

こうしたみちるからの美緒の心情を聞いた太郎は、ふと携帯のメールで“とある提案”を美緒以外に送信し、全員が太郎の提案を快諾。
その為には、帰宅の途に着きつつある現状から、その準備時間を稼ぐ必要があり、美緒を引き離すべく太郎を犠牲と先の台詞を美緒へ。
当然、激怒する美緒は太郎へと問い詰め、突然の役割分担を任された太郎は、美緒に畏怖しながらも意思を固めて悪役を徹する事に。
太郎「(素直に言えばいいじゃないか。誕生日だって。簡単な事じゃないか。)」
「(自分の願いも叶えられないで、どうして人の願いが叶えられるんだよ。)」
「(何時も何時も、人のことばっか気にして。肝心なこと言わないで…。)」

美緒を挑発してその場から逃走の太郎を、美緒はまんまと深く思う所なく猛スピードで追い掛け、その間に嵐子達は“とある提案”を実行。
美緒から逃げ遂せる太郎であったが、とうとう最寄の公園で捕まり、うつ伏せの状態で美緒に背中を踏みつけられ、思わず“ドM”発動(笑
しかしながら、太郎は自分へと四角いブロックを突き落とそうと激怒する美緒に、心中で先の台詞と美緒の“寂しがりや”な素顔を察する。
太郎「先輩!」  美緒「?」
太郎「先輩は俺の事、どう思ってるんですか?」  美緒「!?」
太郎「俺、先輩にずっと言えなかった事があるんです!」
美緒「きゅ、急に何言い出すのよ」
太郎「こんな時に、こんなこと言うのって…でも、でも…俺!!」
美緒「何よ!何なのよ!!?」
太郎「やっぱり(胸が)無いですね」
美緒「て・て・て・て・手前ぇ!!!」

背中を踏み付けられ、美緒が手に持った四角いブロックを落そう威圧した折、太郎は先の台詞と美緒へ声を掛け…再度、美緒を挑発行為(笑
また、先の会話の途中で、余りに真剣な表情の太郎の話術(?)に、“告白”かと赤面&動揺する美緒は手に持ったブロックを地面へ落す。
その為、「やっぱり無いですね」の台詞と共に、太郎は美緒の胸に手を当て、美緒を再び激怒させると、再度、一目散と逃走を開始する(笑
補足…“とある提案”=美緒の誕生日会。太郎が美緒から逃げる際、太郎の携帯に辰吉から「あと少しだ。健闘を祈る」とメールを貰っていた。

■『えむえむっ!』よ、永遠なれ!…うん、項目名はやっつけ(マテ

先の公園での太郎の再度のおちょくりと逃走に、再び、太郎を追って爆走する美緒。太郎は、意図して学園へと侵入し、美緒もそれを追う。
太郎はそのまま校舎内へと向かい、灯りの点らない『第2ボランティア部』の部室へ入ると、美緒は太郎へ飛び掛って馬乗り状態で追詰める。
その時、パパーン!!と複数のクラッカー音が部屋へと鳴り響くと、部室の灯りが点り嵐子達が一斉に美緒へ誕生日のお祝いの言葉。
太郎「こういうの…あんまり好きじゃないかもしれないけど」
「今日は、先輩が生まれた特別な日ですから」

嵐子「おめでとう、美緒さんっ」

突然の祝いの言葉にポカーンとする美緒は、太郎を殴ろうとしていた手を止める。部室は美緒の誕生日を祝う装飾が飾り付けられていた。
太郎は美緒の馬乗りから逃れると、“短冊”を美緒に手渡しながら先の台詞を口にし、サプライズバースデーパーティを考案したと説明する。
美緒「あ、その前にやる事が」
「ロウソクの火を消す前に、コイツの命の灯火を消さないと♪」

太郎「う、上手いこと言いますね。あは、あははは…」
美緒「冗談だと思う?(ギシギシ…。)」
太郎「お祝いですから…お祝い(滝汗)」

美緒は、太郎達の気の回し方に笑みと涙で感謝の言葉を口にし、また太郎から美緒の為のケーキのロウソクの火を吹き消すように促される。
が。美緒はふと太郎のネクタイの首元付近を握り締め、先の台詞と本気交じりのジョークを言い、太郎は脅えながらも「お祝い」と諭す(笑
美緒「ありがとう、太郎」  太郎「…」
美緒「あげたいものが…あるの」
「これが…アタシからの…(スッ――)」

「クリスマス・プレゼントよッ!!」
(ドゴンッ!)
太郎「だっはぁー!!メリー・クルシミマーース♥」

部屋の灯りを落とし、早速、美緒は自分の年齢の数だけケーキに立てられたロウソクの火を吹き消し、太郎達から拍手でお祝いを受ける。
少し照れ臭い印象の美緒であったが、満面の笑みと満足そうであった。そして、ふと美緒が太郎へ優しい口調で先の台詞と声を掛けると――
美緒は笑みを浮かべながらも、太郎へとゆっくりと足を高く振り上げ始め、それが頂点に達したその時、その踵を太郎の脳天へと振り下ろす。
恐らく、太郎の意識が飛ぶ寸前に見たものは、前項目に書いた通り美緒のパンツ(爆 クリスマスの夜空に、“ドM”の断末魔が轟叫ぶ(マテ
また太郎が誕生日会のネタ晴らしをした際、美緒に手渡した短冊には『(美緒の)願いが叶うように』と願い事が書かれていたのであった。


■アイキャッチ。




ふむ。
やはりどっち着かずで円満終了。
…でした~。まぁ、円満かは分かりませんが、最後の最後にメインヒロイン筆頭の美緒的回に終始はしていたのですけど…弱い(苦笑
最初の物語付近で美緒が幼少期に病弱で他者とのコミュ不全だった事実に対し、結局は最終回まで一切触れられず仕舞いだったもんなぁ。
そういう描写不足も相まってるから、美緒回やプッシュ演出があったとしても感情移入が出来なかったのが残念。構成・演出不足は否めない。

で~もって、知らずといえど美緒の独断で誕生日予定の子供達のケーキやプレゼント類を売り捌いたシーンがあったけどさ…。
子供達の誕生日会に対する太郎達への協力要請は自分の想いあっての行動で
そこにケーキやプレゼントを勝手に売り捌いた事に対する自責の念が皆無だった件。

普通にその点が気になったというかイラッ☆としたなぁ。太郎達も「断ろう」という結論に至る辺り、人としてどうかという印象だったのだが(苦笑
結局、美緒の嘆願が最良の判断だった訳だけど、何か凄まじく動機が不純に感じた。前のケーキより大きいのが仕上がってて噴いたが(笑
しかしながら、ここに至る展開は非常に読み易くはありましたね。喫茶店のメニューにないケーキやプレゼント類がある時点で(苦笑
美緒も唯我独尊の思考の持ち主故、お店の事に関して全く関係なく、単なる勝負事に執着し過ぎていたのが酷かったな、色々と(笑
結果として美緒発案の勝負の行方はあやふや…引き分けになってましたけど、演出的に嵐子側の方が客入りは多かったよーな。

そして――
間宮 由美とは何だったのか。
ふとぅーに“要らない子”だった訳ですが(汗笑 最終回までに由美と辰吉の何らかの詳細な“絡み”があると淡い期待をしていたのにorz
間宮流マッサージ術とやらも、最初の嵐子レイパー撃退に役立っただけー…って、一応は嵐子や美緒を喘がせていただけの代物に終始orz
何というか、後ら登場したノアや日村の方がまで濃く目立って個性も強かったのに、きっとピンク髪だから扱いが酷かったんだな(マテコラ


:ちょっと作業用データがふっとんでモチベダウンしたので追記は予定しておりマスがー…ん~、どぅーでしょー(長嶋風



宜しければ、下記のアンケートへの適当にご協力をお願い致します。お気軽にどうぞ。


当ブログ以外の『えむえむっ!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
えむえむっ!


アニメ 『えむえむっ!』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ「えむえむっ!」公式サイト


アニメブログ 人気BlogRanking嵐子可愛いよ嵐子な『えむえむっ!』でした(ぉバナーは代用。宜しければポチッとお願いします~。
■当『えむえむっ!』の記事一覧(最大15件表示)。
えむえむっ! 第11話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第10話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第9話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第8話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第7話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第6話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第5話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第4話 (レビュー/感想) 何と“絶対領域”のその奥が初公開!?(マテ
えむえむっ! 第3話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第2話 (レビュー/感想)
えむえむっ! 第1話 (レビュー/感想) 何というドMホイホイアニメ。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: えむえむっ! Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (19) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話「クリスマスの願いごと」
神様に不可能なんて無いわ♪ …と言うかサンタですけね~ な最終回です(笑) 願い事を募集してみると、店を手伝ってというものが2枚。 手分けして助けに行くけど、お迎え同士の競合店でした(^^;  ▼ えむえむっ! 第12話「クリスマスの願いごと」  2...

2010.12.18 (Sat) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話 「クリスマスの願いごと」 感想
聖夜に願いを―

2010.12.18 (Sat) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

えむえむっ!第十二話 感想
メリークリスマス 「えむえむっ!」第十二話感想です。 えむえむっ! 第1巻 [Blu-ray](2010/12/22)竹達彩奈、福山潤 他商品詳細を見る

2010.12.18 (Sat) | 知ったかアニメ

この記事へのTrackback

えむえむっ! 12話(最終回)
最後の最後に見えた!というわけで、「えむえむっ!」12話(最終回)ナイスかかと落としの巻。クリスマスに短冊。いったい何が始まるんです?もちろん第三次世界大戦などではなく ...

2010.12.18 (Sat) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話 「クリスマスの願い事」
 ついにえむえむ!も最終回を迎えることになってしまった 今回は、もっと To Love る -とらぶる- 第9話 Aパート 「誰がためにベルは鳴る」のように現実的にも近いクリスマスを意識させるものがありましたね...

2010.12.19 (Sun) | のんたんのanime大好きブログ

この記事へのTrackback

【えむえむっ!】最終話 秋の覇権はえむえむだった by倉田英之
えむえむっ! #12 クリスマスの願いごと 479 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 09:56:20 ID:JwlJDto50 最高だった 最後に見えてよかった 483 名前...

2010.12.19 (Sun) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

(パンチラ!)えむえむっ!12話(最終話)「クリスマスの願いごと」(感想)
石動美緒の寂しい心を払拭させたのは 太郎を始めとした仲間達!! みんなの絆が描かれる最終回でした!! 最後の最後の全力全開なパンチラ描写は圧巻!! スタッフの意気込みを感じさせてくれたパンチラでした!! これこそ美緒先輩からのクリスマスプレゼント...

2010.12.19 (Sun) | 失われた何か

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話(終)
第12話『クリスマスの願いごと』えむえむっ! 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・クリスマスの話です。

2010.12.19 (Sun) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

えむえむっ!  第12話 最終回 感想
 えむえむっ!  第12話 『クリスマスの願いごと』 最終回 感想  次のページへ

2010.12.19 (Sun) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

えむえむっ! 最終回12話「クリスマスの願いごと」
太郎が誰を選ぶかの描写はなかったけど、いいクリスマスで締めくくった最終回だったと思います! えむえむっ! 第1巻 [Blu-ray](2010/12/22)竹達彩奈、福山潤 他商品詳細を見る

2010.12.19 (Sun) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話 (最終話)「クリスマスの願いごと」 感想
あらすじ ブタトナカイ。霊長目ブタロウ科ブタトナカイ属に分類されるブタロウ。別名「砂戸太郎」。半家畜化された存在のため、美緒様のそば、主に第二ボランティア部周辺に生息し、12月後半に活動することが確認されている。 感想は続きから

2010.12.19 (Sun) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

えむえむっ!:12話感想&総括
えむえむっ!の感想です。 上級者アニメだけど安定してた。

2010.12.19 (Sun) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話「クリスマスの願いごと」
誕生日。

2010.12.20 (Mon) | Hiroy's Blog

この記事へのTrackback

えむえむっ!・・・第12回「クリスマスの願い事」
2010/12/20 放送分総評!「らしい」終わり方。いい終わり方だと思いますね。作品の雰囲気を良くわかってる感じだなぁと。今回も、見苦しくない程度の適度なパクリネタと、エロで攻め ...

2010.12.21 (Tue) | 生涯現役げーまーを目指す人。

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話(終)『クリスマスの願いごと』
クリスマス間近の街中に奇妙な連中が闊歩してます。 言うまでも無く第二ボランティア部の面々。クリスマスツリーを町中に配置し、短冊で願い事を募集。普通撤去されないか?違法カンバンみたく。こうして集まった願い事から、喫茶店とケーキショップの人手不足を助けるこ

2010.12.23 (Thu) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話「クリスマスの願いごと」感想
景品「太郎」をかけ喫茶店vsケーキ屋のウェイトレス対決!

2010.12.23 (Thu) | サイネリア~わたしのひとりごと~

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話(最終回)
(ポッキーゲームは21世紀も不滅ですね) えむえむっ! 第12話(最終回)の所感です。

2010.12.24 (Fri) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

えむえむっ! 第12話 「クリスマスの願いごと」
M 大門ダヨ クリスマスですねぇ~

2010.12.25 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

最後はちょっとホロリとペロリ。えむえむっ!最終回まで見た。
えむえむっ!見終わりました! いやぁ良いアニメでした。 最終回まで見て感じたのは、とにかく最終回まで溜めてたアニメだなと。 色々な意味で。 もうちょっとふざけっぱなしでも良かったかなとも思いますけど、それも含めて溜めだったのかな。 最終回はやけにサービスの…

2011.02.17 (Thu) | アニチャン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。