一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

精霊の守人 第16話 (レビュー/感想)

Category: 精霊の守人(第22話以降なし)  01/27 /2011 (Thu)

第16話 『ただひたすらに』

※下記の内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。

:第1話の記事がありませんが、その分のバッグアップが何故か消滅(ぉ また当記事にキャプ画は御座いません。長ったらしい文章があるだけです(苦笑 この記事は、FC2ブログ移転前のブログサービス『はてなダイアリー』時代に書いていたものとなっておりマス。文章が所々はてなダイアリー仕様となっている箇所があるかもしれませんが、華麗にスルーしてやって下さい(笑
今週のお話は、第16話 『ただひたすらに』

 青霧山脈の崖下(谷底)に降りる方法が原始的で笑った(マテ いや、あの方法でしか降りられないのは重々承知してますけど。思えば、トロガイのペット(?)の某ジブリ映画に出てくるモ○っぽい、“歳喰った大きな狼”が馬と木偶二体を咥えて一気に駆け下り、谷底にそれらを置いてほぼ90度近くの傾斜を今度は駆け上がっていた辺り、本当に凄いと思う(笑 …いらん方向に感心をしてしまう阿呆がここに(笑
 チャグムの生存を帝とヒビトナンに報告したシュガ。ん~、ヒビトナンは聖導師の役職にありながら、全く“碑文”を読み解こうとしなかったのかねぇ。最初は読み解こうとしたけど、内容が読めてきて「あ、こりゃ面倒だ」とか「今更かよっ!」なんて感じで途中で放り出したとか?まぁ、本人も言っていたように「政に拘りすぎた」という理由もあるだろうし、ヒビトナンが聖導師の位(職)に就いてから、“国を脅かす大事”がそんなに無かっただけ、という事が大きいのかも。“水妖事件”にしてもヒビトナンが耄碌(マテ してからのお話で、今更…だったら、若く優秀な人間に…ってことでシュガを“碑文解読の任”に充てた、という解釈が楽というか妥当なのでしょうか。
 バルサとチャグムが山道を歩くシーンで、チャグムが「何処までいくんだ?」とバルサに訊ね、「行けば判るさ」と答えたバルサ。このバルサの台詞で、某A.猪木の「~迷わず行けよ、行けば判るさ…」という引退時の名言が脳内を(カエレ しかし、バルサの“ヘソクリ”には噴いた(笑 確かにちょっと凝った演出(原作ありで言うのもなんだけど)だなぁ、と感心。ってか、この世界観にリアルの諺が通用するのは…と、そんな事を言ってしまえば普段喋っている言語から否定しないといけなくなるけど、ここで「百舌の速贄」((“百舌”が、餌(蛙や虫)を獲っては木の枝に刺して食べる習性、またはその残骸を表す諺。一度には食べず、予め刺して置く事で保存食ともなる、といった意味合いでチャグムが言ったものと思ったり、思わなかったり(マテ ))とは…チャグム…やるな(ぁ その得たお金のごく一部で、トーヤとの下町修行の際、“値切り”の勉強対象の食べ物となった“ヘキムーム”を買わせるバルサ。ここで、何時ものバルサの「ふ~」と深く息を吸って吐く仕草…( ゚д゚ )イィ....。チャグムも“ヘキムーム”を買って良いと言われた時の挙動が子供っぽくて良かった。完全に親子の構図だ(勿論、バルサは父親(ぁ
 “狩人”達が頭脳派だという点。ん~…まぁ、以前、バルサとチャグムの奪還ツアーの際に「沈思黙考」を行っていた程ですしね。あ、ユンが速読&暗記が得意なのは噴いたけど…一種のフラッシュ暗算“瞬間記憶能力”っぽいね(笑 まぁ、“鳥頭”っぽく、後々まで覚えているか怪しいもんですが(ぇ まぁ、相手との話し合いを持つ…何て念頭にない…考慮に置かない時点で“頭脳派”とは言えない罠(爆 やっぱり“武闘派”寄りなのが悲しい(殴 色々と宮中内の事情があるにせよ…ですがねぇ...(遠い目
 ん。やっぱり面白いわぁ~。次回は、何とバルサとチャグムが居る場所に、宮に戻る途中のシュガの魔の手が…(マテ 予告ではバルサに凹られて窘められてしまうみたいです(苦笑

次回は、第17話 『水車燃ゆ』です。内容は、トーヤの死亡の回らしいです(大嘘 ま、サブタイトル通り、バルサとチャグムの住んでいた水車小屋が炎上する、というお話…というのは蛇足的要員で、実際は当然の如く、シュガとチャグムの久々の再会。そして、“水の精霊”の一件で誤解が解けたと説明し、宮に戻るようにチャグムに説得を促すが、当のチャグムはどうして良いか呆然となってしまう。そこで、立ちふさがるバルサ。一方、“狩人”達の尾行にあっていたトーヤの立ち寄った水車小屋に、人の生活感を感じた事に確信を以ち…予告の序文に戻る(ぁ …というお話っぽいです(笑

アニメ 『精霊の守人』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
NHKアニメワールド:精霊の守り人


アニメブログ 人気BlogRankingふむ、こういう過去の記事もアリっちゃアリだな(マテ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『精霊の守人(第22話以降なし)』の記事一覧(最大15件表示)。
精霊の守人 第22話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第21話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第20話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第19話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第18話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第17話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第15話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第14話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第13話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第12話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第11話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第10話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第9話 (レビュー/感想)
精霊の守人 第8話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: アニメ・感想 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。