一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

IS <インフィニット・ストラトス> 第4話 (レビュー/感想)

Category: IS <インフィニット・ストラトス>  01/28 /2011 (Fri)

第4話 『決戦!クラス対抗戦』


ストーリーは…。
クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に一夏は苦戦を強いられる。
そんな中、突如、試合会場アリーナに全身装甲の不気味なISが乱入し、一夏と鈴を襲い始める。
二人は力を合わせ、謎のISの撃退を試みるが……。

何時も通りに~。

■『クラス対抗戦』本格開始のお知らせ。

鈴音「へぇ~。初撃を防ぐなんてやるじゃない。けど…!」
え~、『クラス対抗戦』が学園のアリーナ(競技場)で開始され、一夏は鈴音の容赦なくも手加減された攻撃ながら、四苦八苦しつつ回避。
鈴音は自身の手加減ありの攻撃ながら、上手く回避した事に余裕綽々と先の台詞を口にし、一振りだった手持ちの大剣をもう一振り追加する。
二刀流状態で一夏に攻め入る鈴音は、次に二振りの大剣の柄同士を結合させ、双刃の薙刀状(青龍刀)にし、起用に振り回して攻撃開始。
しかしこれも上手く回避する一夏に、鈴音は両肩の飛行ユニット的オプション装甲 『龍砲』を用いて、一夏を遠距離攻撃でドS爆発(マテ
『龍砲』は第三世代“IS”の技術が用いられた俗に言う“衝撃砲”で、空間に圧力を掛けて砲弾を撃ち出す仕組みだそうな(真耶曰く)。
一夏はというと試合開始時は王道的に追詰められる側に終始。勿論、攻撃を実行してはいるものの、無駄にエネルギーを磨耗させるだけ。
補足…『龍砲』の性能は良く、銃身や砲撃が不可視らしく、また銃身の斜角制限なしという。所謂、固定式オールレンジファンネル(マテコラ
蛇足…試合中、一夏の劣勢にセシリアが(教授させた)『クロスグリッドターン』使用助言。またこの試合には各国の要人が観戦?教師?(笑


■鈴音の攻勢に防戦一方の一夏は“秘策”『イグニッション・ブースト』実行へ。

一夏「(確りしろ。俺は千冬姉と同じ武器を使ってんだぞ。)」
何、その武器に頼った戦術論。 使い手の熟練度によっては、一流の武器も三流の武器…『宝の持ち腐れ』になる罠(笑
ま、そんなこんなで、鈴音の『龍砲』に苦しめられる一夏は、攻撃を回避しつつも所持する『雪片弐型』を目にし、心中で先の台詞を呟く。
千冬「1つの事を極める方が、お前には向いているのさ。何せ、私の弟だ」
ですよねー(ぉ 一夏は、試合前に『雪片弐型』の訓練を姉・千冬と行っており、一夏は狙撃武器を所望するも千冬に駄目だしされて脳崩壊(マテ
脳崩壊=専門用語の羅列や知識に付いていけず思考停止状態。そうした一夏を目にした千冬は苦笑しながら先の台詞とフォロー、と。
一夏と鈴音の試合を見ていた千冬は、一夏との個人訓練で教えた戦闘技術 『イグニッション・ブースト』が試合必勝の“鍵”と発言。
試合では、一夏も『イグニッション・ブースト』の機会を模索しており、鈴音の周囲を蝿が飛び回るかのごとく、細かく不規則に動き始め…。
鈴音が遂に一夏の動きに翻弄され、一瞬の隙を見付けた一夏は雄叫びを上げながら、『イグニッション・ブースト』で鈴音へと超加速で接近。
これに思わずギョっと虚を突かれて反応が鈍る鈴音だったが――試合は思わぬ展開へ。と言う事で次の項目へ移りやがれですぅ~(笑
補足…『イグニッション・ブースト』は、一瞬でトップスピードを出して相手へと急接近する奇襲攻撃。しかし1試合1回の使い切り技。


■謎の“IS”がアリーナへ乱入!!…ら・ら・ら・〇人くん登場!(ぉ

何故に第1話冒頭のロボット型にしなかったのか。
勿論、今回乱入した典型的なパワードスーツ型は、試作段階のもので一夏達との戦闘データ採取(常時データ転送)目的用でしょうけど。
そもそも、第1話の冒頭のロボット型も『完成品』であるとは限りませんが。何れは最新型…第三世代型が型遅れ状態で挑む訳ですね(笑
ってことで、一夏の奇襲攻撃で試合が決しようとした時、アリーナの強固(?)なシールドを外部から破壊するビーム攻撃があり試合中断。
ビームの着弾地点であるグラウンドには黒煙が立ち上り、またその中に所属(国)不明(未登録)の謎の“IS”が出現。アリーナは強制封鎖。
見た目は無骨で重装備の“IS”であり、全身ボディースーツ着用の人型の“何か”が操縦している状態。しかし何処か一連の動作が機械的。
この時点でバラしてしまいますが、鈴音曰く「あり得ない」「人が操縦してこその“IS”」(要約)を全否定する『無人機』である事が判明。
この謎の“IS”の乱入理由や目的等は一切不明。近距離と遠距離の攻撃を臨機応変に切り替え、ビーム出力はセシリアのものより上。
終盤では、一夏・鈴音・セシリアの…微妙な展開でのコンビネーションで撃破。その後、真耶が機体を分析すると未登録の“核”使用と判明。


■一夏軍団 vs 謎の“IS”…“IS操縦”素人寄りの一夏の上から目線指示にイラッ☆(ぁ

一夏が鈴音に決定打を与えようとした瞬間、アリーナの天蓋部の侵入・攻撃を防ぐ遮断シールドが破られ、前項目の謎の“IS”が乱入。
一夏「ビーム攻撃かよ。しかもセシリアの出力より上だ」
監視室でモニタリングしていた真耶からの連絡で、謎の“IS”出現を知る一夏と鈴音。すぐに千冬は観戦していた生徒達に退避命令を出す。
観客席も防護システムが起動し、アリーナ内部では生徒達が逃げ惑うも、何と謎の“IS”によりシステムハックが行われ、アリーナ完全封鎖。
退避を指示される一夏と鈴音だが、一夏の無駄な正義感で謎の“IS”と強制戦闘開始。遮断シールド破壊のビーム攻撃に一夏が先の台詞。
千冬「落ち着け。糖分が足りないからイライラする」
真耶「あの先生…。それ、塩ですけど…」

アッー!(マテ 何と言うブラコン(ぉ え~、監視室では、謎の“IS”を戦闘開始した一夏達が黒煙の中での戦闘になり、モニタリング不可状態へ。
そこで真耶・セシリア・箒が心配するも、千冬は先の台詞と傍にあったコーヒーを飲もうとするが、砂糖を入れる筈が塩を入れ、動揺が露見(笑
赤面する可愛い千冬を一先ず置き、謎の“IS”との戦闘側では――
一夏「逃げたきゃ逃げてもいいぜ」
鈴音「誰が逃げるってのよ!アタシはこれでも代表候補生よッ!」
一夏「そうか。じゃぁ、俺もお前の背中位は守ってみせる(キリッ」

――等といった一夏の訳の分からない根拠のなしの自信たっぷりでイラッ☆とする発言があったり、一夏が相手を『無人機』と推察したり(笑
緊迫した戦闘状況ながら、一夏と鈴音が普通に会話している際、謎の“IS”(以下、『無人機』)は余り攻撃をせずに行動観察に徹する様子。
鈴音「無人機なら勝てるって言うの?」
一夏「あぁ。人が乗ってないなら、容赦なく全力で攻撃しても、大丈夫だしな」

なんじゃそりゃ(ぁ 一夏の「背中位は~」で鈴音は赤面する間も無く、一夏は『無人機』なら楽勝的発言と作戦を思い付いて鈴音に協力要請。
作戦の要に、『雪片弐型』を真の姿(必殺技?)である『零落白夜』(れいらくびゃくや)に昇華させ、『無人機』を叩くというものであった。
また踏ん切りが付いて作戦決行時に、一夏を心配した箒がアリーナに現れて叱咤した上に足引っ張ったし(滝汗 そういうイベントは後述。
『無人機』と分かる前からそうするべき(爆
結局、箒の意図せぬ乱入で、『無人機』が箒へビーム攻撃を決行する時に、何と一夏は『龍砲』を自分の背中に向けて撃つようにと指示。
慌てる鈴音は躊躇するも一夏の説得に折れて実行。『龍砲』を背に受ける一夏は、何と弾丸エネルギーを稼動エネルギーに転換(爆
これにより『零落白夜』を使用可能にした一夏は、『白式』の身体が黄金色に輝き出すと、『零落白夜』で『無人機』の片腕を切り落とす。
が。斬撃直後の振り下ろした隙を、『無人機』は残った腕で一夏を殴打。そして、その衝撃で動けない一夏へ向けてビーム攻撃をチャージ。
一夏「…狙いは?」  セシリア「完璧ですわ」
(中略:ファンネルで『無人機』総攻撃=一夏への攻撃を中断)
一夏「セシリア!決めろッ!!」  セシリア「了解ですわっ!!」
(中略:主力武器で『無人機』への大打撃の狙撃完了)
一夏「セシリアならやれると思っていたさ(キリッ」
セシリア「そ、そうですの!?と、当然ですわねっ」

打って変った一夏の窮地に、鈴音と箒も悲鳴を上げるが――その時、何の前触れ交渉描写もなく、一夏の先の台詞と共にセシリア登場(爆
セシリアは、四機のファンネル攻撃で『無人機』を攻撃し、機体をぐらつかせた隙を突いて主力武器にて、『無人機』の機体を貫いて撃破。
セシリアへと称賛の言葉を投げ掛ける一夏に、セシリアは普通に“デレ”を見せた後、気を取り直して若干の“ツン”混じりで返答をする(笑
しかし、完全に撃破&沈黙していたと思われた『無人機』が再起動し、鼬の最後っ屁と黒煙の中からビーム攻撃をチャージして一夏へと放つ。
急展開に何も対応が出来ない鈴音とセシリア。それを見た一夏は、残りの稼動エネルギーを用い、止めを刺すべくビーム攻撃へ立ち向い…。
え~、長々と書いてしまいましたが、結果として『無人機』は稼動エネルギー枯渇で停止し、一夏は保健室のベッドの上でありましたよっと。


■鈴音の状況を鑑みない“デレ”とキス――未遂(笑

っていうか――
“IS”同士のお姫様抱っこの構図が妙。
いや、戦闘時と非戦闘時で機体のサイズが違うぞ、と(笑 鈴音が一夏にお姫様抱っこされる事に赤面した事より気になった(ぁ
また終盤、『無人機』との戦闘で気を失い、保健室へ運ばれた一夏に何故かキスを試みる鈴音。勿論(?)、一夏が気を取り戻して終了(苦笑
一夏「あの“約束”って、若しかして違う意味なのか?」
「俺はてっきりタダ飯を食わしてくれるんだと思っていたんだが…」

鈴音「違わない、違わないわよ~!?」
「だ、誰にか食べて貰ったら、料理って上達するじゃない?」

…と、まぁこういう会話が繰り広げられたりする一夏と鈴音の二人だけの空間。ちなみに、鈴音が国に帰って来た理由は両親の離婚の為。


■今回のセシリア…ラブリーキャラ化が止まらない(笑

セシリア「一夏さぁ~ん♥具合は如何ですか?」
「私が看護に来て――ッ!!?…あ、あら?」

え~(マテ 回を増すごとに可愛らしさを増していくセシリア。今回も一夏への接し方は最低限度のプライドを維持しつつ“デレ”っ放し状態(笑
今回は、一夏と鈴音の戦闘に乱入して来た『無人機』に対し、一夏との事前のコンタクト描写なしに勝手に応援へ駈け付けて大殊勲行動。
…いや、一夏のドヤ顔と共に上から目線の「狙いは?」にも、普通に従うという従順さは凄いというか何というか。ゆかなさん様様というか(マテ
終盤では『無人機』の放つビームの衝撃で気絶し、保健室に運ばれた一夏を先の台詞と共にお見舞いに来る抜け駆け行為をしてみるも…。
前述した通り、気絶した一夏の傍には既に鈴音が居り、口論へと発展した所で――箒まで登場して三つ巴の戦いへと(苦笑 うん、可愛い(ぉ


■今回の箒…凄まじく空気感が酷いわけですが(戦力的にも)。

箒「男なら…男なら、その位の敵に勝てなくてなんとする!!」
いやいやいやいや――
何故に危険戦闘領域に態々出張る?(汗
『その位の敵』…一応、専用機持ちが二人係りで四苦八苦している敵の事を、実際に戦っても居ない傍観者が言っても、なぁ....。
それ以前、一夏達が漸く対『無人機』対策を練って実行に移そうとした直前、ヒョッコリ現れた箒が一夏へ先の台詞と唐突に叱咤するって。
箒が完全に足を引っ張っていたのに噴く。でも箒が窮地に陥ったからこそ、敵の意識が逸れた上に作戦実行が容易に可能になった?(ぇ
ともあれ、もう少し箒の“魅力”を描写して欲しいかなぁ。今回は特に空気感と戦力外通告にも程があるという印象が強かったので...orz




先生…
一夏の“魅力”が理解できません。
一夏に好意を抱いている女性キャラは、一夏の魅力に気付いているという“設定”での諸々の行動だが、視聴者にとっては未だ意味不明。
まぁ、一夏に惚れて行動にギャップのある女性キャラを見て、『可愛い』だのと思うのは不純に感じそうだけれど、可愛いものは仕方がない!
と、論点がずれてますけど、やっぱり一夏は今回のお話も基本的に上から目線の口調が目立ち、何故か自信たっぷりの謎の行動原理(笑
こうした点を一夏に惚れながらも苦言を呈する女性キャラだったりするけど、一夏と密着したり助けられるとちゃっかりデレモード発動。
“女尊男卑”という世界観故か、基本的に世の女性は軟弱な男性に対するウケは良くなく、犀利な男性が好まれる為の一夏の設定(言動)?。
といっても、本当に一夏がそれに値するかといえば微妙。正直、今迄に一夏の“魅力”たるものが、顔にしかなさそうなんだもん♪(死
自分で努力する片鱗さえ無く“IS”の操縦等を他者から教わろうとしたり、『必読』と書かれた本を捨てたり、専門用語の羅列に凹んだり(笑
こうした一夏の今までの性格や言動にただただ不満しか出てこない訳で。投票コメにあった通り、本当にイライラが募りますね…(苦笑

一方――
セシリア可愛いよセシリア。
回を増す毎に可愛い(挙動に)くなっていく気がするなぁ。初見のイメージがもうないぜ(マテ 王道的だが素直にデレたままのキャラは可愛い(笑
“ツンデレ”キャラが定番化した上に飽和し過ぎて視聴者的にも見慣れたせいかもしれませんね。『流行は一周する』状態かな?きっと(ぇー
キャラ的な位置付けもあるのだろうけど、アニメ作品的には中の人も一役買ってる事は間違いなく。ゆかなヴォイスにやられますね、テッサ(ぉ
と、ここで何故か書いてしまいますが、戦闘描写は今回は良かったです。ただ、黒煙の中で戦うのは端折り感。千冬の動揺露見に繋がるが。


:大変に申し訳御座いませんが、リアル多忙の為、後々に追記を致します?


●宜しければ、『IS <インフィニット・ストラトス>』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。投票選択肢で本編に登場していないキャラは登場してから投票をば(笑


■投票コメにレスなんぞしてみる。
>もし、ストパンに男が入隊したら。
アッー!(笑 というかシー!(人差し指を口に当てて)。

>面白すぎ!これを面白いって言わない人ぜって―ありえねー
まぁ、人の感性は様々ですし。勿論、私は面白く見させて貰ってます...突っ込み所も多いので(マテ

>セシリアのために見始めて、やっぱりセシリアよかった!かわいい!
>一夏の鈍感さが残酷 セシリア一押し がんばれ!
セシリア可愛いよセシリア
一夏のKYさが酷いので、「セシリア、本当にそれで良いのか」と思いたくなります(笑

>箒が、のテレさが、けいおん!の誰かに、見えてかわいい
なん…じゃと・・・?

>ん、ロボットもの?
び、微妙?(ぉ パワードスーツもの?メカもの?

>面白い! シャルが一番お気に入り
まだ登場していないので、私は何とも言い難いですが、そんなに良いのだろうか。次週が楽しみですねっ。

>根拠のない上から目線の主人公にイラッとします。
あっはっは。私もそうですが、視聴者の大半は同意すると思われます。

>無人くんネタ、さむいですw
ありがとう~♪やはり“星海”からの方が良かったかなぁ...(そういう問題じゃない。

 ん!何やら投票数が他の投票と比べて断トツに多いですね~。感謝×2です。また投票選択肢で第1話~第3話時点では、箒が人気No.1だったのに第4話直前&終了後から、セシリアがぐいぐいと追い上げ始めてますね(笑 セシリア人気は放送終了時点で箒を追い抜けるのか…!?

●その他、『IS <インフィニット・ストラトス>』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
IS <インフィニット・ストラトス>


●アニメ 『IS <インフィニット・ストラトス>』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TBSアニメーション・<インフィニット・ストラトス>公式ホームページ


 次回は、第5話 『ボーイ・ミーツ・ボーイ』です。


アニメブログ 人気BlogRanking新キャラ続々投入で御座います(笑 宜しければポチッとお願いします~。
■当『IS <インフィニット・ストラトス>』の記事一覧(最大15件表示)。
IS <インフィニット・ストラトス> 第12話 最終話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第11話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第10話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第9話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第8話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第7話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第6話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第5話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第3話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第2話 (レビュー/感想)
IS <インフィニット・ストラトス> 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: IS<インフィニット・ストラトス> Genre: アニメ・コミック

Comments (1) | Trackbacks (31) | TOP

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 14:43:07 2011/03/01 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

IS  第4話 決戦クラス対抗戦
こんちはノ 鈴音との戦いで押されまくってる一夏@@ 鈴音の使ってる武器がちょっとズル気味なのは仕様ですw

2011.01.28 (Fri) | KAZUの暮らし

この記事へのTrackback

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス>第4話「決戦!クラス対抗戦」の感想
第4話「決戦!クラス対抗戦」の感想です。第二勢力の登場。

2011.01.28 (Fri) | 日常と紙一重のせかい

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 「決戦!クラス対抗戦」
・無人のISの存在-外部の世界  今回、一夏と鈴のクラス対抗戦だけで終わるのかと思いきや、戦闘中にまさかの無人のISが乱入するという事態が生じました  本来ならばISは人が乗っていなければ起動させ...

2011.01.28 (Fri) | のんたんのanime大好きブログ

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 「決戦!クラス対抗戦」
 遮断されているのではなかったのでしょうか?

2011.01.28 (Fri) | つれづれ

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ) 」
攻略完了でエンディングはまた一人追加ですね(笑) 一夏vs鈴音のクラス対抗戦。 鈴音のISも第3世代機で苦戦を強いられます。 接近戦しかない一夏に勝機は?  ▼ IS<インフィニット・ストラトス...

2011.01.28 (Fri) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話「決戦!クラス対抗戦」
『クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に一夏は苦戦を強いられる。そんな中、突如、試合会場アリーナに全身装甲の不気味なISが乱入し、一夏と鈴を襲い始める。二人は力を...

2011.01.28 (Fri) | Spare Time

この記事へのTrackback

【アニメ感想】 IS <インフィニット・ストラトス> #04「決戦!クラス対抗戦」
クラス対抗戦中の一夏VS鈴     ↓ 鈴のIS、「甲龍」に一夏は苦戦     ↓ 突如、試合会場アリーナにISが乱入     ↓ 二人はISの撃退を試みる     ↓ セシリアの協力もありなんとか撃...

2011.01.28 (Fri) | メカと美少女がお好き

この記事へのTrackback

【IS】4話 何故そこに塩が置いてあるんだ?
IS〈インフィニット・ストラトス〉 #04 決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ) 933 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/01/28(金) 01:51:30 ID:YldZeUYgO 対決が一々中...

2011.01.28 (Fri) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

IS 〈インフィニット・ストラトス〉 第04話 『決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)』
バカ!?アンタの方が弱いんだからしょうが無いでしょ!! 何というか、ネタ満載の戦闘回でした。 一夏は銃に向いていない、姉も剣一本で世界一になった。そんな訳で一夏の武器は剣だけです。 この会話を聞いて漫画「拳児」に出てきた言葉を思い出しました。「千招を知る

2011.01.28 (Fri) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 4話
塩が置いてあること自体の不自然さ。というわけで、「IS<インフィニット・ストラトス>」4話撃ちたい背中の巻。いい!やっぱりメカ戦はいい!!ISが元気よく動いてるのを見るだけ ...

2011.01.28 (Fri) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

インフィニット・ストラトス 第4話 「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)」 感想
戦闘シーンは、相変わらずよく動きますね。 セシリアが色々と可愛くて、今のところ一番いいですよ。 クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に 一夏は苦戦を強いられ...

2011.01.28 (Fri) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

IS 〈インフィニット・ストラトス〉 第4話 「決戦!クラス対抗戦」感想
クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に一夏は苦戦を強いられる。 そんな中、突如、試合会場アリーナに全身装甲の不気味なISが乱入し、一夏と鈴を襲い始める。 二人は力...

2011.01.28 (Fri) | 書き手の部屋

この記事へのTrackback

『IS〈インフィニット・ストラトス〉』第04話 感想
悲しいかな。 どんなにまわりで恋の鞘当を繰り広げても、当の一夏は、姉が一番みたいですね(汗) 危機的状況で思い返すのは、その人物にとって最も大事な事や大切な人。 そういった意味で、一夏は姉の助言...

2011.01.28 (Fri) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

インフィニットストラトス・・・第4回「決戦!クラス対抗戦」
2011/01/28放送分総評!評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50750907.htmlロボットアニメにすりゃいいのに。作画は相変わらず良い。CG ...

2011.01.29 (Sat) | 生涯現役げーまーを目指す人。

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)
第4話のあらすじ リーグ戦初戦、相手は2組で幼なじみのリン。お互い近接戦での勝負になるかと思いきや、 リンの衝撃砲の前に苦戦を強いられる一夏。 しかし一夏も負けじと千冬に教わった奇襲攻撃で逆転...

2011.01.29 (Sat) | crystal cage

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第04話 「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)」
一夏vs鈴は鈴が圧倒的優位に戦いを進める。 甲龍の持つ衝撃砲(龍咆)は砲身も砲弾も目に見えず、砲身の射角の制限がほぼないらしい。 なにそれ強い。 あっ、GIFはまったく関係ないシーンですwこの無駄な動きがたまらない! この動きにはよくクルクル回してた五飛

2011.01.29 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 4
第4話 「決戦!クラス対抗戦」&nbsp;このアニメは一体何を目指してるんだろう。何か敵でも出てきてそれと戦うとかあるんだろうか。今のところはただハーレム状態を楽しんでる主人公 ...

2011.01.29 (Sat) | GIGASSA!!

この記事へのTrackback

インフィニット・ストラトス 第04話 「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)」
箒に続く幼なじみ二号さん鈴音と戦う事になる一夏、「インフィニット・ストラトス」の第4話。 次回、2月3日は26:01(TBS)からなので注意。 幼い頃の「酢豚の約束」を曲解して思えていた一夏に軽い怒り...

2011.01.29 (Sat) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

インフィニット・ストラトス第4話『クラス対抗戦感想
これだけ自然にハーレム形成されるとなんの文句も無く、認めてしまう、、、、代表戦に乱入した謎のISを撃退しようと協力する鈴と一夏。近距離タイプの2機には遠距離でひたすら撃ちまくる重武装なISに翻弄されまくりで、、、、エネルギー残量も少ない白式に甲龍に背中を撃た

2011.01.29 (Sat) | TAHITI80の○○○○ってレベルじゃねーぞ(^0^o)人(^-^o)/

この記事へのTrackback

インフィニット・ストラトス 第4話
インフィニット・ストラトス 第4話 『決戦!クラス対抗戦』 ≪あらすじ≫ セシリアの辞退によって1組のクラス代表になった一夏は、2組に転入早々専用機持ちと言うことで2組のクラス代表いなったセカンド幼...

2011.01.29 (Sat) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 「決戦!クラス対抗戦」
初っ端からクラス対抗戦の第一回戦がはじまった 一夏VS鈴 鈴の専用IS「甲龍」に苦戦させられる一夏 さらに「甲龍」の両肩から繰り出される衝撃波 空間自体に圧力をかけて砲弾を撃ち出す武...

2011.01.29 (Sat) | 草食系なゲーマー

この記事へのTrackback

[アニメ]IS<インフィニット・ストラトス> 第4話「決勝!クラス対抗戦-リーグマッチ-」
やべぇ、可愛い以外の言葉でなんとか作品の感想を書こうと思ったけど、可愛い以外の感想が思い浮かばない。

2011.01.29 (Sat) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 04話『決戦!クラス対抗戦』 感想
戦闘パートも魅力的ですよ(´・ω・`)

2011.01.29 (Sat) | てるてる天使

この記事へのTrackback

IS <インフィニット・ストラトス> 第4話「決戦!クラス対抗戦」
ED増えたwww リンちゃんが追加に。 わかってはいたけどやっぱり笑ってしまった。 最終回ではどうなってることやら(笑) クラス毎のIS試合だけではパンチ不足だったのか、敵さんと思われる無人ISが...

2011.01.29 (Sat) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話の感想
アニメ IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 『決戦!クラス対抗戦(クラスリーグマッチ)』 の一言感想です。 誰か解説してくれません?。いや、マジで…。

2011.01.29 (Sat) | 自堕落アニゲー生活

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第4話 感想「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)」
IS<インフィニット・ストラトス>ですが、織斑一夏と凰鈴音の対決です。織斑は苦戦しますが、猛烈ダッシュという奥義で逆転を狙います。この必殺技は一回しか使えないそうです。 二人の戦いに正体不明のISが乱入しますが、無人だと分かると織斑は練習ではできないことを...

2011.01.29 (Sat) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

IS <インフィニット・ストラスト> 第4話 「決戦!クラス対抗戦」 感想
あらすじ クラス対抗戦の第一回戦は一夏VS鈴。鈴の専用IS、「甲龍」の破壊力の前に一夏は苦戦を強いられる。 そんな中突如 試合会場アリーナに全身装甲の不気味なISが乱入し、一夏と鈴を襲い始める。 二人は力を合わせ、謎のISの撃退を試みるが……。 IS

2011.01.30 (Sun) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

IS<インフィニット・ストラトス> 第04話「...
今日バイクに乗ったら真剣に手足が痛くなった。ISパイロットはその点大丈夫なのか?寒さもそうだけど、機械の排気熱とか・・・ってバリアがあるんだっけ。敵の攻撃を防ぐくらいだ...

2011.01.31 (Mon) | 物書きチャリダー日記

この記事へのTrackback

■IS<インフィニット・ストラトス>【第4話】決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)
IS<インフィニット・ストラトス>#04の視聴感想です。 対決。 乱入。 共闘。 闖入。 決着。 ワン・オフ・アビリティー<零落白夜> ↑さぁポチッとな

2011.01.31 (Mon) | 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-

この記事へのTrackback

IS〈インフィニット・ストラトス〉 第4話「決戦!クラス対抗戦」
ED画の“落ちた人”リストに鈴も追加されることになった第4話 う~ん、女性キャラは可愛らしく描けてるんだけど(鈴が寝てる一夏にキスしようとしたり、セシリアが足取り軽く?お見舞いに来たりとか)、なんだかなぁ・・・という印象でした。 一番の不満はやっぱり無人IS

2011.02.17 (Thu) | ボヘミアンな京都住まい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。