一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

GOSICK -ゴシック- 第6話 (レビュー/感想)

Category: GOSICK -ゴシック-  02/12 /2011 (Sat)

第6話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』


ストーリーは…。
怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。ヴィクトリカはすぐにその事件の謎を解いてみせるが、新聞に事件解決の報はない。その代わり、来る夏至祭に灰色狼の村へといざなう広告が載せられていた…!!

今回も緩く適当に~(コラコラ

■今回のアブリル…出番が少ないよ!何やってんの!

アブリル「図書館の植物園には“灰色狼”が居るんですって」
(中略:一弥が「『金色の妖精』では?」と尋ねるもアブリルは「情報が古い」と一蹴。)
アブリル「人間の言葉を喋るとても頭の良い狼らしいわ~」

はい、前回の終盤辺りで登場する事になったアブリル。今回は、“灰色狼”の好きな物を探して、一弥と街中の市場(バザー)巡りのデート(マテ
アブリルは、“灰色狼”を先の台詞と生来の怪談話好きから一弥に言い聞かせ、“灰色狼”がキラキラ光る物を好むのだとその品物を物色。
またふと立ち寄ったシスターの開いていたバザーでは、シスターから手渡されたオルゴールの爆発に巻き込まれる等、不幸な立ち回りも(ぇ
まぁ、そうした序盤に少しだけの出番のアブリルだったので、もっと一弥やヴィクトリカ絡みで出番がある事を祈りたいがー…どうなのだろう?


■ブライアン・ロスコー…名前はエンドロールから(笑

一弥の教科書は無事に戻って来るのか?(笑
髪色の赤い手品師のような風貌のブライアン・ロスコー。実際に街中…路上で人だかりの中でシルクハットから鳩を出す手品を行っていた。
が、その手品は失敗…いや、意図的に失敗させたという印象で、鳩の亡骸がシルクハットから出て来た為、観客は苦笑して四方へ散り散り。
見ていたアブリルも呆れて立ち去った為に後を追おうとした一弥だが、脇に抱えていた教科書をロスコーは唐突に奪ってシルクハットへポイ(笑
少し呪文を唱えて――ナウ!(謎 すると一弥のお出かけ用の帽子が奇妙な帽子へと変化。しかしロスコーは無言で立ち去り色々終了(ぇ
あ、手品師というよりマジシャン、かなぁ。どちらも似たような意味で捉えてもらえれば。まぁ、兎にも角にも、一弥の教科書の情報お待ちしt(ry


■今回のヴィクトリカ…ゴスロリファッション編。

ヴィクトリカ「久城…君がそんな男だと思わなかった」
あっはっは(汗笑 一弥が“灰色狼”の村 『ホロヴィッツ』の夏至祭の広告の載った新聞を見せた事で慌てて移動するヴィクトリカだが――
一弥の足に躓き盛大に大理石だかの床へと転倒して顔面を強打(笑 凄まじい痛みに耐えるヴィクトリカだが、長いこと額を擦る仕草を続ける。
それを見た一弥が妙に思い、ヴィクトリカへと無言で近付き、彼女の額へと何気なくデコピンの一撃。するとヴィクトリカは過剰反応で号泣。
全く悪気のない一弥の行動に対して、涙ぐむヴィクトリカは先の台詞と一弥から距離を取り、彼からの謝罪も受け入れず、遂には絶交宣言(笑
ま、こうした事件のこと以外で見せるヴィクトリカの意外な一面は楽しいですね。尚且つ、挙動が可愛いですし。後半へ続く!(追記予定)。


■今回のグレヴィールとコルデリア・ギャロ(ヴィクトリカの母親)。

グレヴィール「やぁ~、子リスよ。今日の毛並みの調子は――(ターバンを被るヴィクトリカを視認して)ん・んッ!?」
「コ、コルデリア…ギャロ…!!?ど、どうして貴様が此処にッ!!」

グレヴィールの顔芸披露に噴いた(笑 あ、ターバンというよりは、踊り子用に装飾の施された様なターバン的な帽子という事で。
ん~、グレヴィールの顔に出来る影って、自身のドリルによるものだよなぁ(ぁ 相も変わらず、自分で考えずにヴィクトリカ便りのグレヴィール。
“ドレスデン皿”盗難事件でヴィクトリカの下へ訪れ、自慢のドリルをかき揚げながら先の台詞だったが、そこにはターバン帽を被るヴィクトリカ。
そのヴィクトリカの姿を目にしたグレヴィールは、驚愕…顔芸を披露してまで慄きながら『コルデリア・ギャロ』という名前を口にして勘違い。
つまりは、コルデリア・ギャロという人物はヴィクトリカと瓜二つの顔(容姿も)である事が判明。自身の勘違いに赤面するグレヴィールに萌え(マテ
ブロワ公爵はロリコン確定!
勿論、“灰色狼”が持つとされる“特殊な力”を一族に混ぜようとした私欲目的だけど、別にそれがコルデリアではなくても良いわけで…(ぁ
あ。伝承にある“灰色狼”は『波打つ金色の髪に薔薇色の頬、小さな身体で全員が判で押したように同じような容姿』なので一緒か(爆
さて、もう名前は出してしまいましたが、ヴィクトリカの母親で“灰色狼”の村出身のコルデリア・ギャロ
上記キャプ画中段目以降がコルデリア。街で踊り子をしていたコルデリアを、前述の思惑でブロワ公爵が手篭めにしてヴィクトリカが誕生。
以降、今迄に説明があった通り、コルデリアは政府からも追われる罪人として逃走し、残されたヴィクトリカは公爵家奥深く&塔で監禁生活。

 ここから補足説明的に。ヴィクトリカを出産したコルデリアであったが、その後、彼女の出身である“灰色狼”の村を“罪人”(『恐ろしい罪』)として追放された事が判明。それを知ったブロワ公爵は、一族に“罪人”の血を入れてしまった事を後悔。コルデリアはヴィクトリカを於いて逃走を図り、何と世界大戦の戦渦へと身を投じた(行方を暗ますのに便乗したのか、はたまたそこで何かしらの生業を見付けて暗躍した可能性…有⇒政府が危険視する人物らしいので)のだという。本編終了直前、“灰色狼”の村の村長(寧ろ迎えた村人全員)は、ヴィクトリカをコルデリアの娘と断定した上で、コルデリアを“人殺し”だと発言。このコルデリアの殺人罪の無実をヴィクトリカは晴らせるのか…というのが次回に掛かってくるっぽいようで。

 え~、今回、ヴィクトリカと一弥は新聞の広告欄で見付けた“灰色狼”の夏至祭へ紆余曲折あって向かう事に。新聞の広告欄のホロヴィッツの夏至祭の催しの謳い文句(掲載文)は、『“灰色狼”の末裔に告ぐ、近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する』というもの。また、ヴィクトリカがホロヴィッツ(乃至“灰色狼”の村)へ向かおうとした目的は、母親であるコルデリアの“罪”を晴らす為。
 更に補足的に…先の夏至祭の謳い文句を目にしたヴィクトリカは、何かに気付いた表情をした上に自らの足で“ある本”(“灰色狼”関連の怪談本?)を取りに行こうとするも、一弥の足に蹴躓いて大転倒――が、元になって一弥と大喧嘩。当初、一弥と喧嘩をしたヴィクトリカは、夜中に一人で学園を抜け出そうとするものの、それを一弥に見付かった為に一緒に“灰色狼”の村へ行く事になる、という流れ。
 ん~、学園を出て行こうとするヴィクトリカが大きいトランクを引きずる音を立て、態々一弥の寮の部屋に面した道を通る移動していたのは、『口も聞かない』と喧嘩をしていた一弥へのボディーランゲージ的アピールの意図があったように思えますね(笑 ちょっと笑った。でも、ヴィクトリカへ声を掛けた後の一弥の暴走が酷かったのは気のせいだろうか。一人で捲くし立ててのでイラッ☆とした視聴者も居たかも(苦笑

 余談:本編終盤に描写された“灰色狼”の村は、『村』というよりは『砦』(要塞)であり、かなり閉鎖的な印象。その為、コルデリアのように“灰色狼”の村を出て、街中で踊り子をするような事例は珍しく、それをブロワ公爵は好機だと思ったのが濃厚かもしれませんね。ただ、本人同士の間に“愛情”が多少はあるような描写がある事を願いたいけど、どう考えてもブロワ公爵は私利私欲でコルデリアを手篭めにしただけのような印象ですね、今の所(苦笑

■今回のヴィクトリカ…ナイトウェア編(ぉ


う~ん。
良く宿泊費用があったよなぁ(笑
え~、もう粗方の粗筋は説明をしてしまったので、ここで改めて書く必要性が無い気もしますが、ホロヴィッツへと向かったヴィクトリカ達。
着いた頃合が夜も更け気味だった為、宿を取って一休み。そこの宿屋の主人から、少々“灰色狼”とは何ぞやと説明…これも前述済み(ぉ
補足すると、“灰色狼”=人間であり、街中に降りて来ては人を襲う為、魔除け的に鳥の死体をドアに吊り下げる風習がホロビッツには在る。
そうした“灰色狼”に関する事を耳にしていた為、就寝する一弥が狼の遠吠えのような音を聞き身を起こすと、別室のヴィクトリカの様子を心配。
廊下に出た一弥とほぼ同時に部屋から出て来たヴィクトリカとご対面。しかしヴィクトリカは寝ボケており、『口も聞かない』筈の一弥と会話。
ヴィクトリカ「ある人の…ある人の無実を晴らす為に来たのだ」
漸く意識がハッキリした所で、自分の行動に赤面するヴィクトリカは部屋へ戻り、後を追い掛けて部屋の前に来た一弥へと色々投擲攻撃(笑
一弥はヴィクトリカの行為を制した後、漸く『口も聞かない』という喧嘩は終息。ヴィクトリカは、そこで漸く“灰色狼”の村を訪ねる理由を話す。
その理由が先のヴィクトリカの台詞、ですね。勿論、『ある人』=母親のコルデリアであり、その事も一弥へと説明した事で一弥も納得をする。
ん~む、宿屋の宿泊費用も疑問だけれど、それ以上にポンポンと外出するヴィクトリカ達は、学校の出席日数や授業はどうしt(ry 休日利用?
蛇足…ん~、狼の遠吠えが窓の隙間から噴く風…隙間風によるものだと思ったけど、そうじゃなかったのかなぁ、とどうでも良い事を思tt(ry


■その他の人々(扱い酷。

ん~、別に取り上げる必要性を感じなかった方々ですが取り合えず。上記キャプ画上段が胡散臭さ爆発の自作自演シスター・ミルドレッド
上記キャプ画の中段が、ヴィクトリカ達と同じく新聞の広告を見て“灰色狼”の村へ尋ねたアラン(眼鏡)・ラウール(巨漢)・デリク(金髪)
上記キャプ画下段の左側が“灰色狼”の村の入り口で剣を手に待ち構える村人達。右側の老人が村の村長で若人が付き人…親族の男性?
え~、“灰色狼”の村だけいえば、既にヴィクトリカ達の訪問=コルデリア…“灰色狼”の子孫の訪問と解釈していた為に警戒色が強い様子。
当然、コルデリアは“罪人”…厳密には“人殺し”として村を追放された身である為、未だ村人達のコルデリアへの遺恨は強いのでしょう、ね。
そうしたコルデリアの無罪を確信するヴィクトリカが、次回以降でその確たる証拠を基にして無罪を証明する推理をするのでしょう、きっと(ぉ




ヴィクトリカェ…。
今回は超能力推理だZE!(マテ
「何時もそうだろう」何て言われれば反論のしようがないけどさ(爆 Aパートの市場(バザー)での“ドレスデン皿”盗難事件に関してですけどー。
一弥が何処までヴィクトリカに説明したのか不明瞭だが、普通は『売り子の姿勢(体勢)』云々なんて一般人は気にも止めないという、ね。
故にそこまで説明したとも思えない(ぁ 「シスターらしくないな」と一瞬は思うのだろうけど。しかしヴィクトリカの推理はその点も考慮済み。
まぁ、トリックは兎も角として、どう考えてもシスターが犯人しか考えられない描写なのが残念。手品師はかなりのミスリード要員だと明白。
しかし、再び“ドレスデン皿”盗難を自作自演したシスター・ミルドレッドにヴィクトリカ達が遭遇したにも関わらず問い詰めなかった謎(ぇ
話は唐突に代わりますがー…“灰色狼”の村へ行ける村が『ホロヴィッツ』。“ホロ”ヴィッツ…『狼と香辛料』にホロという賢狼が居てだな(マテ
それにしても、ヴィクトリカの母親がコルデリア・ギャロという名前と判明し、見事にローリーなお母さん。ブロワ公爵はロリコン確定ッ!(違

一弥の軽いデコピン一発でK.O.のヴィクトリカ。
かなり噴いた。痛みに相当慣れていないのかな…?寧ろ、どれだけ過保護に育てられていたのかと...監禁されていたらしいけどさ(苦笑
まぁ、これもヴィクトリカの新たに判明した魅力…なのか?(笑 その事自体が魅力ではなく、痛みに悶えるヴィクトリカが可愛いと言うだけ(爆
いやしかし、あんなにも痛がる理由が知りたいけど、以降の展開に何かそれが関係して来たら面白いのに。過敏症と言うわけでもないよなぁ(ぉ

で、だ。
一弥の教科書消滅の方がよっぽど難解な事件のような気がする。
ん~、あの赤毛というか髪色の赤い手品師が、問答無用で教科書を妙な帽子に手品で換えて、そのまま放置プレイで去ったのには噴いた。
寧ろ、“ドレスデン皿”の事件より、こっちの方を推理した方が面白いと思ったのは私だけでしょうか(ぁ まぁ、情報が余り出揃っていませんが。
しかし、髪色の赤い手品師はOPにも登場するキャラですし、一弥がヴィクトリカと親しいと知った上での行為…というのは深読みし過ぎ…か。
教科書を失った一弥が、普通にアブリルから教科書を借りて模写する姿とか…何かが違う気がした(遠い目 教科書は返って来るのかなぁ。
あ、一弥といえば、口を利かないと喧嘩したヴィクトリカが学園を抜け出すのを発見し、一方的に阿呆っぽく捲くし立ててたのだろう...(爆


:頭痛が酷く体調不良とリアル多忙により、後程に色々追記予定ですorz



●その他、『GOSICK -ゴシック-』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
GOSICK


●アニメ 『GOSICK -ゴシック-』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
GOSICK―ゴシック―


 次回は、第7話 『夏至祭に神託はくだされる』です。


アニメブログ 人気BlogRankingアブリルの大活躍まだー?(マテコラ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『GOSICK -ゴシック-』の記事一覧(最大15件表示)。
GOSICK -ゴシック- 第14話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第13話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第12話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第11話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第10.5話 特番 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第10話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第9話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第8話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第7話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第5話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第4話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第3話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第2話 (レビュー/感想)
GOSICK -ゴシック- 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: GOSICK-ゴシック- Genre: アニメ・コミック

Comments (1) | Trackbacks (38) | TOP

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 10:31:35 2011/02/15 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

GOSICK―ゴシック― 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」 感想
「君、帽子入れの中からリスが出てきたよ」 「リスに聞いてみれば良いのだ、リス語でな」 【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray] (2011/04/22) 悠木 碧、江口拓也 他 商品詳細を見る

2011.02.12 (Sat) | 狼藉者

この記事へのTrackback

GOSICK 第6話 灰色の狼は同胞を呼びよせる
第6話のあらすじ アブリルと一緒にのみの市にやってきた一弥。謎の奇術師に教科書を帽子にすり返られたり、 古物の皿が盗まれるという事件に遭遇したりという話をヴィクトリカにしていた。 そこにグレヴ...

2011.02.12 (Sat) | crystal cage

この記事へのTrackback

GOSICK―ゴシック― 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」 感想
今回のヴィクトリカは、一段と可愛かったですね。 怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。 そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。 ヴ...

2011.02.12 (Sat) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

GOSICK―ゴシック― 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
拗ねたヴィクトリカが可愛すぎる~゜.+:。ヾ(●´∀`●)ノ゜.+:。 今回はお菓子は床に散らばってたけどw 赤くなったり涙目になったり、表情豊かなヴィクトリカを堪能しました♪ 「痛いったら痛いのだー」とか「食べたまえ」とか、セリフもかわいい(*´∀`*) な...

2011.02.12 (Sat) | 空色きゃんでぃ

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
灰色狼の末裔に告ぐ。近く夏至祭、我らは子孫を歓迎する――。 謎めいた新聞広告を見たヴィクトリカは、禁を破って、示された村に向かおうとする。 例によって不要なものだらけのトランクを持ってw また久城...

2011.02.12 (Sat) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話 灰色の狼は同胞を...
しょ、初っ端から訳分かんねぇー!Σ( ̄□ ̄)変なマジシャンが、一弥にちょっかいをかけてきたかと思えばお次は酒臭い小売りシスターのオルゴールが爆発して鳩がバビューン!と出て...

2011.02.12 (Sat) | インドアさんいらっしゃ~い♪

この記事へのTrackback

GOSICK-ゴシック- 6話
デコピンで絶交。デコピンで仲直り。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」6話お忍び二人旅の巻。飽きっぽい。打たれ弱い。ほっぺぷくー。ほっぺ真っ赤。寝ぼけ。ヴィクトリカちゃんの一...

2011.02.12 (Sat) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

GOSICK―ゴシック―#06
第6話 『灰色狼は同胞を呼びよせる』 やっと、“本編”突入したと思ったら 久城くんを巡る“恋模様”の方は、カットで御座いますか。 アブリルさんも、お可哀想に……まあ、その分 ヒントが“目白押し”だったけど――ツルっと拾い!!

2011.02.12 (Sat) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~

この記事へのTrackback

(コルデリア・ギャロ)GOSICK -ゴシック- 6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」(感想)
感想 ヴィクトリカ、母の故郷の因縁を断ち切りに行くお話しです。 ヴィクトリカが今回とりわけ可愛いわけ 今回、ヴィクトリカがすねたり顔を赤らめたりする挙動が とても可愛らしかったのでした。これ...

2011.02.12 (Sat) | 失われた何か

この記事へのTrackback

【ミルドレッドさんじゅうきゅうさい】 GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色オオカミは同胞を呼ぶ」
◆感想 ヴィクトリカの真の戦いが始まった? あれ、この番組26話構成だったと思うけど最終回っぽい エピソードに入っちゃっていいの? ◆ 赤髪の人初登場。でも何のために? リーゼン警部が羽...

2011.02.12 (Sat) | R.F.L.D./S.E.

この記事へのTrackback

GOSICK-ゴシック- 第06話 「灰色の狼は同胞を...
週の後半に集中するアニメの中で一番楽しみにしている作品かもしれない。2011年04月22日発売【送料無料】GOSICK-ゴシック-Blu-ray第1巻Blu-rayDisc早速感想。新しいエピソード、灰色狼について...

2011.02.12 (Sat) | 物書きチャリダー日記

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
 ヴィクトリカの痛がり! どんな罵り方ですか?

2011.02.12 (Sat) | つれづれ

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
「私はコルデリアが罪を犯したとは考えていない  これは戦いなのだ、灰色狼の村と彼女の」 学園を抜け出しホロヴィッツに向かったヴィクトリカと一弥! 灰色狼の村で行われる夏至祭、末裔を歓迎すると言う...

2011.02.12 (Sat) | WONDER TIME

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- #6「灰色の狼は同胞を呼びよせる」感想
街の市で教科書を謎の手品師に盗まれる久城更には皿を盗まれる現場を目撃つくづく事件に巻き込まれる体質なんだなしかし、いくら教科書を盗まれたからって全て写すのはキビシイヴィクトリカとちょっとした事で怒らせてしまい絶交宣言を受ける。かわええええそこで灰色狼の...

2011.02.12 (Sat) | サブカルなんて言わせない!

この記事へのTrackback

GOSICK―ゴシック― 06話『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想
何気に凄い久城(´・ω・`)

2011.02.12 (Sat) | てるてる天使

この記事へのTrackback

『GOSICK‐ゴシック‐』第06話感想
今期一番可愛いのってヴィクトリカではなかろうか? それくらい彼女の魅力に溢れ、また、彼女の本質にいよいよ迫っていこうかという話の 冒頭を描いた回でした。 ■ヴィクトリカの可愛さ こけるヴィク...

2011.02.12 (Sat) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

GOSICK 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
ヴィクトリカの出生の秘密とは GOSICK 第6話の感想なのだよ。

2011.02.12 (Sat) | ぶっきら感想文庫

この記事へのTrackback

ゴシック 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」 感想
今週もヴィクトリカがかわいい!!!!ヴィクトリカの出生が明かされドキドキな今週!感想は続きからどうぞー(*^_^*)

2011.02.12 (Sat) | 猫のように気ままに。

この記事へのTrackback

GOSICK ゴシック 第6話 感想「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
GOSICK ゴシックですが、久城一弥は本物のアブリルとのみの市に行きます。手品師が九城の教科書を帽子に変えます。シスターが大股広げて露天商をやっていますが、箱が爆発して鳩が飛び出し、高価な皿が盗まれます。 この珍事件に九城は「ヴィクトリカ!!」と図書館塔を

2011.02.12 (Sat) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

GOSICK 第6話感想
「灰色の狼は同胞を呼び寄せる」 【ストーリー】 怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。ヴィクトリカは...

2011.02.12 (Sat) | 独り言

この記事へのTrackback

【GOSICK】6話 久城が凄くウザかった
GOSICK -ゴシック- #06 灰色の狼は同胞を呼びよせる 447 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 01:50:00 ID:Pc3O1uVH0 Q GOSICKは面白かったですか A ヴィ...

2011.02.12 (Sat) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

GOSICK─ゴシック─ 第06話 『灰色の狼は同胞を呼び寄せる』
新たにアヴリル(本物)が加わってどんな波乱があるんでしょうか。GOSICK新エピソードがスタートです。 今回のつかみは皿泥棒アヴリルと二人で街へ出た九条。これってデートじゃないですか?ヴィクトリカが知ったらえらい事になりそう。そして二人の目の前でドレスデン皿

2011.02.12 (Sat) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

第6話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 おお!遊佐さんが出てるじゃないか!右のキャラがそれですね。どうでもいいところで、1人で盛り上がってましたw一見モブキャラっぽいけど、何か秘密があるんじゃないかと勘繰ったり。 新キ...

2011.02.12 (Sat) | 冴えないティータイム

この記事へのTrackback

(アニメ感想) GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]クチコミを見る 怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2 ...

2011.02.12 (Sat) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

GOSICK-ゴシック- 第06話 感想
 GOSICK  第06話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 感想  次のページへ

2011.02.12 (Sat) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

GOSICK-ゴシック- 6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
ヴィクトリカちゃんマジ天使です! 【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray](2011/04/22)悠木 碧、江口拓也 他商品詳細を見る

2011.02.13 (Sun) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 6
第6話 灰色の狼は同胞を呼びよせる」 前回までのヒロイン、アブリルはすっかりレギュラーになった?あっちこっちうろついてますが、嫌な予感しかしない(笑)案の定皿の盗難事件が発...

2011.02.13 (Sun) | GIGASSA!!

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
今週も「GOSICK -ゴシック-」始まりました! 今回は前回ようやく登場したアヴリルと 街でお買い物というところからスタートしました。 どうやらあの事件のあとアヴリルは無事学園生活を送って...

2011.02.13 (Sun) | *桜日和のお茶会*

この記事へのTrackback

[アニメ]GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
これは面白くなってきました。悲しみの奥底に踏み込むヴィクトリカの心境を考えると心の支えになる人がいるのは心強い。

2011.02.13 (Sun) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
ヴィクトリカの決意と戦い

2011.02.13 (Sun) | 隠者のエピタフ

この記事へのTrackback

GOSICK 第6話
GOSICK 第6話 『灰色の狼は同胞を呼びよせる』 ≪あらすじ≫ 蚤の市で盗難事件に遭遇した一弥とアブリル。一弥からの話を聞いて、ヴィクトリカは盗難された皿を売っていたシスターこそが犯人だとグレヴィ...

2011.02.13 (Sun) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

ヴィクトリカの涙。『GOSICK-ゴシック-』6話。
今回もヴィクトリカ、かわいい。そして、アブリルもかわいい(けれどもAパート冒頭だけだよ)、の『GODICK-ゴシック-』6話。やはり推理パートはあまり興味がないので、今...

2011.02.14 (Mon) | あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす

この記事へのTrackback

オリジナルアニメの強み(禁書目録とかまどか☆マギカとか)
【とある魔術の禁書目録II 第19話】上条さんが美琴さんをほっぽっといて妹さんらとイチャイチャ(?)したり、ラストオーダーさんを捜しに出た一方通行さんがインデックスさんと出 ...

2011.02.14 (Mon) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

この記事へのTrackback

GOSICK 第6話 「灰色の狼は同胞を呼び寄せる」 感想
あらすじ 怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。ヴィクトリカはすぐにその事件の謎を解いてみせるが、新聞に事件解決の報はない。その代わり、来る夏至祭に灰色狼...

2011.02.15 (Tue) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

GOSICK─ゴシック─ 第06話
(ときめく泣き顔です) GOSICK─ゴシック─ 第06話の所感です。

2011.02.15 (Tue) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

【GOSICK 第6話-灰色の狼は同胞を呼び寄せる】
湧き出る知識はタガタメ?

2011.02.16 (Wed) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第06話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
灰色狼からのメッセージを見たヴィクトリカと久城が灰色狼が住むと言う灰色狼の村へ行く話でした。 ヴィクトリカの目的はその村で罪を着せられた母親の無実を証明するため。 アブリル可愛いかったけどあまり本編に絡んでこなそうだなw OPにでてた赤い髪の(ブラ...

2011.02.16 (Wed) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
まさか子ども同士の他愛もない喧嘩で1話分使い終わるのかともチラッと思いましたけど、さすがにそんなことはありませんでしたね(笑)。 母コルデリアの無実を晴らすべく、無断で図書館塔から外出する禁を犯してまで“灰色狼”の村に乗りこんできたヴィクトリカ。随分と大...

2011.03.02 (Wed) | ボヘミアンな京都住まい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。