一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

君に届け 2ND SEASON 第7話 (レビュー/感想)

Category: 君に届け 2ND SEASON  02/23 /2011 (Wed)

第7話 『あきらめちまえよ』


ストーリーは…。
風早の言葉の意味を爽子は取り違え、2人はそのまま離れていってしまった。爽子はくるみにそのことを報告するのだが、「風早の何を見ていたの?」と叱咤される。立ち尽くす爽子。その後学校祭の準備中、ちづとあやねに自分の気持ちを正直に伝えた爽子は、風早には『伝えた』か自問自答する。

■翔太と龍、そして『梅は見た!』(笑

前回から引き続き、放課後の頃合、学校祭の準備に取り掛り始める爽子のクラス。しかし大幅に準備が遅れている事を知るあやねら女子陣。
そこであやね達は、『学校だけではなく自宅でも準備作業をした方が良い』と結論。一方、男子側でも山車の準備が間に合いそうにない。
男子達は必死に山車の制作に手間取っており、そこへ部活の為に準備を手伝えない龍が現れ、様子見と謝罪に訪れて少々会話をする。
龍「ぶっちゃけに行ったの?」  風早「……うん。振られた」
龍「…」  風早「やっぱ迷惑だったかな。俺との仲を…誤解されたくないみたいだ」
「俺が黒沼にしてきた事は、皆気を使ってしてる事だって思ってたみたいだから」
「告白して…念を押してみたけど、駄目だった。でも、もう押さえてられなかったんだ」

龍「…そっか」  風早「何か…思ってたより、キツいな…」

「風早が居ないと~サボるの珍しい」と風早不在では山車作りが捗らないという男子達と別れて部活へ向かう龍は作業場に向かう風早と遭遇。
龍は山車作りの男子達が苦労している旨を告げると、覇気の無い返事をして自分とすれ違う風早に、ふと先の台詞と尋ねて――一連の会話。
そうした会話を交わす風早と龍であったが、何とどういう偶然なのかストーカーしたのか不明瞭な梅が二人の会話を盗み聞きして走り去る。
梅「(あのアマ…!!)」
しかし梅の表情は険しく怒りに満ちており、また心中で先の台詞と風早の意気消沈の原因であろう爽子へと怒りを露に愚痴るのであった。


■梅、爽子へと怒りの物申し(笑

爽子「私、風早くんに振られたよ」  梅「何、それ。まさか仲間だとでも思ってるの?」
「一緒にしないで。爽子ちゃんなんかライバルじゃないよ」

一方、爽子も教室で学校祭の準備をする女子陣へと戻る為、玄関から校舎内へ戻るのだったが、その途中で待ち伏せをしていた梅の姿が。
梅の姿に驚きを見せた後、すぐに消沈した様子で先の台詞と自身が風早に振られた事を切り出す爽子であったが梅の返答は憮然としたもの。
梅「戦ってないからでしょ?風早を傷付けるからでしょ?」
爽子「傷…!?私が?あ…好きな子居るのに世話掛け続けたから?迷惑k――」
梅「(爽子の両頬を右手で掴み)“鈍感”だからでしょ!」  爽子「!?」
梅「風早だけが爽子ちゃんのこと、可哀想だって思わなかったんじゃないの!?」
(中略)
梅「アンタ!風早の何を見てんのよ!!」  爽子「(何を…?)」
梅「アタシと一緒だ何て思わないで。アタシはちゃんと伝えたもの…」  爽子「(何を…。)」
梅「振られたけど…!ちゃんと間違えなく伝えた...。一緒にすんなっ!!」

梅の一連の返答に驚愕する爽子であったが、その理由を梅は先の台詞と「戦ってない」と風早に面と向かって気持ちを伝えていないと言う。
更に前回の終盤に千鶴が爽子へ伝えた“鈍感”にも言及し、また『戦わずに白旗を揚げた奴が自分に仲間意識を持つな』と涙で走り去る。
梅の自分への意外な物申す一連の当たりの強い言葉に、ふと風早の“魅力”…“良い所”等の再考を促されてしまった爽子であったが…。


■爽子パパと爽子ママ…の、会話コントです(マテ

爽パパ「いやぁ~、美味かったなぁ~。やっぱり、爽子のカレーは最高だなぁ~」
爽ママ「ハヤシライスね」  爽パパ「ハヤシ…」

え~(笑 その日の夜、夕食後に食器洗いをする爽子。その背後で爽子パパと爽子ママが先の台詞と会話コントを繰り広げる。和むわ~(爆
爽子は千鶴や梅から掛けられた言葉を食器洗いをしながら思案。と、そこで携帯に千鶴から学校祭の準備を自宅でする旨のメールが届く。
爽子は食器洗いの手を止め、後ろで会話をする両親に夜間外出の許可を申し出ると、爽子ママはそれを察して了承し、笑顔で感謝の爽子。
え~、爽子が自宅を出た後に爽子パパ&ママが、互いの学校祭の思い出話を語るが、妻の山車⇔出汁の話に放置プレイの爽子パパ(笑


■ピンが濃過ぎて風早が色んな意味で薄くなる一方(マテ

学校祭で使用する山車の制作が間に合わない事で、夜も更けた頃合に学校から山車を持ち出そうとする爽子のクラスの男子達の姿。
しかし、学校祭の準備や制作物の校外への持ち出しは禁止されており、そんな中での男子達の行動だったが校門付近で敢え無くピンに御用。
ピン「いや、別に。興味ねぇ~し」
モブ男子1「(興味ないって…。)」  モブ男子2「(担任なのに。)」
ピン「いっけど。てめぇら、他の教師に見付かんなよ。面倒臭ぇからな」

当然、「他のクラスもやってる」とピンに見逃して欲しいと頼む男子達。するとピンは、鼻糞を穿りながら先の台詞の返答で男子達も呆然(笑
ピン「振ったんだってな、黒沼の事!」  風早「振られたんだよ!」
ピンの適当過ぎる見逃しに男子達も山車を校門から出し始め、そんな時、風早が少し遅れて男子達に合流するもピンに捕まってしまう(笑
ピンは風早の肩を抱くと、小声で爽子の事で茶化し始め、先の台詞と爽子を振った事に話が及ぶと、風早は「振られた」と素直に返答する。
ピン「そうだな。お前、黒沼のこと分かってねーとか何とか言ってたけど」
「基本、自分の事で一杯×2だもんな。いんじゃねぇか?んなもん」
「 諦 め ち ま え よ 」

風早の再三の『振られた』という言葉に漸く静止するピン。風早は、校門の外で待つ男子達を先に行かせた後、告白と失敗をピンに告げる。
ここでピンはふと爽子からも『振られた』と聞いた事を思い出すと、また風早を茶化し始める。風早は「やる事はやった。ほっとけよ」と反論。
ピンは風早に慰めの言葉どころか、先の台詞と風早の“短所”と突くと共に『諦めろ』と突き放して去って行く。が、ピンは去りつつ舌を出す(笑
実はピンなりに付き合いの長い風早の性格を利用して“刺激”をした…叱咤の意味合いが。風早はピンの慰めではない言葉に反論できずに…。


■千鶴宅での学校祭の準備…千鶴に対する自分の気持ちを伝える爽子。

千鶴宅で学校祭の出し物の準備を手伝う為に向かった爽子。千鶴の部屋だかではその他の女子達も一緒に準備物制作の作業に勤しむ。
そんな中、衣装作りの過程で困っていた会話をしていたクラスメイト達が居り、それを見聞きした爽子が自然に会話へと入って助言をする。
ふと自分の執った行動を認識する爽子は固まってしまうのだったが、爽子の助言で見事に問題点を解決したクラスメイト達は爽子へ感謝。
これに安堵と喜びの表情の爽子。その遣り取りを少し離れた場所で見ていたあやねと千鶴は微笑み、千鶴は飲み物を取りに部屋の外へ。
爽子「あの…今日はありがとう」  千鶴「…」
爽子「メールくれて私もお家に呼んでくれて。それに放課後の…う、嬉しかった」
「私、去年…ちづちゃんとあやねちゃんと仲良くなれて」
「誰かに好かれてるって思えたの…あの時が初めてだったよっ!」
「(自身の発言に赤面)~ッ!!?(い、言ってしまった!!)」

千鶴「あっはっは!(爽子の肩を叩き)うん、そこ!忘れないどいて」

千鶴が部屋から廊下へと出た後、爽子が後を追うように部屋を出て来て、千鶴に声を掛けて呼び止めると先の台詞からの一連の会話。
爽子が千鶴に抱いていた素直な感情・気持ちを伝えると、話し掛けた際の少々戸惑いのあった千鶴は一変した様子で飲み物を取りに向う。
爽子「(私は…伝えた…?風早くんに…伝えた?)」
また爽子から遅れて廊下に出て話を聞いていたあやねは、ご機嫌で飲み物を取りに向う千鶴の様子に、爽子の一連の行動を労うのだった。
千鶴と少し出来ていた溝を埋めて安堵する爽子だったが、ふと風早の事を思い出すと心中で先の台詞と呟き、“答え”に近付くのであった。


■ケントの易い謝罪と爽子の危機感と…誤解・すれ違いは続くよ何処までも(ぉ

爽子「く、くるみちゃん、おh――」  梅「フンッ」
爽子「ッ!!?(み、見損なわれてる…!!)」

次の日、登校後に教室へ向う廊下で梅と出会った爽子は、朝の挨拶を少し臆しながら先の台詞と掛けるが、梅はプィとソッポ向き去って行く。
あやね「待ちな。よくもやってくれたな」  ケント「あ…」
あやね「爽子に何の用?近付くな!散れっ!!」  爽子「!?」
ケント「うわぁ~、酷いな~」

梅の反応にショックを受ける爽子であったが、すぐにケントが声を掛けて先日の事を謝罪すると、爽子も「醜態を見せてしまった」と逆に謝罪。
しかしそれにケントは爽子を諭しつつ、何かを言おうとしたその時――ケントのガシッと掴む千鶴、そしてあやねが現れて――先の一連の会話。
ケント「ごめん、爽子ちゃん。やっぱ風早、爽子ちゃんのこと好きかも…!」
爽子「ッ!!?」  モブ達「!!?」
千鶴「ちょ…!」  あやね「何てこと大声で…!」

あやねから“お叱り”を受けるケントであったが、それでも何を思ったのか爽子へド直球で『風早は爽子が好き』(要約)の旨と先の台詞(苦笑
爽子「違う×2それは誤解なので…」  あやね千鶴「「(うわっ!)」」
爽子「『好き』の意味が違う…」  風早「…」

ド直球のケントの言葉は、周囲に居たモブ生徒達にも丸聞えで、言われた爽子以上にモブ生徒達もザワつき始め、爽子は先の台詞と釈明。
しかし、運が悪い事に爽子が『風早との関係』を釈明し始めたその時、登校してきた風早が爽子の言葉を耳にして、関係者は凍り付く(汗
事情を知らないモブ生徒達は、『貞子が風早との関係を否定している』と話が盛上がり始め、爽子も風早に聞かれた事で何も言い訳が出来ず。
千鶴「ちょっとコッチ来て!」  ケント「えっ?でもこれヤバくない!?」  あやね「い~から黙れ~」
爽子が風早に説明しようとした時、風早を探しに来たジョー達が現れ、またケントが風早にフォローしようとするも千鶴達が先の台詞と拉致(笑
龍「俺が言うのもなんだけど。多分、アンタ…“言葉足らず”」
爽子「(私…このままだと、風早くんにズッと声も掛けられなかったりするのかな?)」
「(ずっと背中だけを見て、もう『おはよう』って挨拶も出来ずに…。)」
「(もう…『おはよう』って笑ってくれないかもしれない。避けられるかもしれない。)」

またジョー達にせっつかれた事で、風早は人だかりが出来ていた理由を尋ねるジョー達に「何も無い」と答え、そのまま教室へと向い始める。
風早の「何も無い」という言葉を皮切りに、周囲に居たモブ生徒達は「なぁ~んだ」と四方へ散って行く。残された爽子に何気に龍が先の台詞。
龍の地味に重く的を射た言葉に爽子は、教室へ向う風早の背中を見詰めつつ、過去の風早からの会話を回想させ、危機感を抱くのだった。


■何時にも増して大迫力でキレるあやねと梅のビンタと“答え”に辿り着く爽子。

ケント「不味いこと...しちゃったかな?(軽)」
あやね「『しちゃったか』、じゃねぇんだよ...(怒)」  ケント「だよねぇ(怯)」
あやね「縫い付けてやろうか?縫い付けてやろうか?その口を…!!」
ケント「困ったなぁ~。俺ってホラ、基本、正直だからさ」
あやね「どうでも良いんだよ、コラ!」

爽子や野次馬達から強制的に引き離されたケントは、離れた場所に設置された自販機の前に連れて来られ、あやね達に先の台詞から会話。
と、あやねがケントに対する怒りをぶつけていると、そこへ自販機にジュースを買いに来た梅が現れ、あやね達を自販機の前から退かせる。
梅「何かって、罵ってやったわよ。それが何?」
「バレンタインにチョコも渡せないヘタレを罵って、何が悪いの」

梅が自販機で梅ジュースを購入すると(爆、ケントは自分に風早との修羅場の事を聞いて来た件を梅に尋ね、あやね達は驚愕。
あやねと千鶴は「何か企んでる」「爽子に何かしたら…」と梅を牽制すると、梅は猫被りをせずにドス黒さ全開で先の台詞とド直球で反論(笑
あやねは、梅が『爽子が風早にチョコを渡せなかった』と知っているのかと尋ねると同時に、その犯人こそ梅だと察して問い詰めるのだが―
梅はあやねの問い詰めに対して余裕の肯定をした上に「チョコを渡すなとは言っておらず、渡せなかったのは爽子のせいだ」と真っ向の反論。
この梅の反論に『梅派』の判定旗を挙げたのは千鶴(笑 一方、あやねは千鶴に「邪魔するのが悪いだろ」と突っ込み、『爽子派』の判定旗(笑
ケント「えっえっ?何?くるみも風早のこと好きだったの?」  千鶴「声でけぇだろ」
梅「そうよ」  ケント「ほぇ~。何だよ、困ったなぁ」
「あ!じゃぁ~、俺が貞子ちゃんと付き合ったら、くるみ的に良くね?」
(バシンッ!!:梅、ケントの頬に平手打ち(ビンタ))
梅「余計なことしないで!」  ケント「…」
千鶴あやね「「(ゴクリ。)」」
梅「アタシはね、あの程度の女に負けたなんて思いたく無いの!」
「あんなに手応えの無い女だと、思ってなかったわ!ガッカリよっ!」

と、またもそこでケントが空気を読まず、梅に「風早が好きだったの?」と尋ねた上、場違いな信条的“博愛主義”な共同作戦を持ち掛ける。
しかし次の瞬間、パシンッ!と辺りに乾いた音が響き、何と梅がケントの頬を思い切り右手で強烈な平手打ち。思わずあやね達も息を呑む。
自分が平手打ちされた事に驚きつつ無言で頬を押さえるケント。梅は『逃げ腰の爽子に負けたと思いたくない。過大評価だった』と走り去る。
あやね「爽子の為?自分の為だろ?『俺は良い奴だ』って自己満足の為」
「アンタが善意のつもりでやった事の為に、爽子がどんだけ辛い思いしたと思ってんのよ」
「周りがなんかしたら拗れるの…分かったでしょ?もうほっときな」

走り去る梅の背中を見るケントは、梅の言葉から察したのか「風早は貞子ちゃんの事が好きなの?」と呟くと、「アンタには関係ない」とあやね。
しかしケントは、「何で」「放っておけない」「貞子ちゃんの為」と“博愛主義”を持ち出すも、あやねはケントのシャツに指を突き付けて先の台詞。
あやねはケントの行為を『自己満足』と指摘し、「爽子達に関わるな」と釘を刺してその場を後に。ケントは呆然と打たれた頬を押さえ立ち尽くす。
爽子「(私、何も見てなかったんだな…。)」
「(自分からは……何もしてなかったんだ...。)」

一方、爽子は図書室で学校祭の準備に必要な本を選び、それを手に取りつつも、心中で考えていた事といえば先の台詞と風早関連の事で…。
ん~、爽子も漸く“答え”を自ら出したようですがー…でも、『自発的に行動していなかった』(要約)というのは少し彼女の性格が窺えますね(笑




梅のケントへのビンタに爽快MAX!(笑
と、感じた視聴者も多かった筈?まぁ、ケントも因果応報というか、冗談であってもああ言うのは合理的で無神経な考え方ですしね。
ケントに悪意がなかろうが、あやねがケントに突っ込んだ通り、偽善的に見えて自己満足の領域。恋愛は全員が幸せになるとは限らない。
しかし、ケントって梅から…いや、女性からビンタされるのは初めてなのかな、やっぱり(笑 相当怒らないと手なんて出ませんしね。
この一件でケントも“博愛主義”の信条に変化が生まれれば良いのだけどーって、これ以降はそんなに絡まなくなったっぽい、か(笑


:ふとぅーにリアル多忙につき、本編終盤の〆等は後程~。



●宜しければ、『君に届け』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。取り合えず、気軽にご投票を頂ければ幸いです。


●当ブログの第1期『君に届け』の記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
君に届け(カテゴリ表示)


●その他、君に届けの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
君に届け


●アニメ 『君に届け』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
君に届け 2ND SEASON


 次回は、第8話 『届け』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←最高DEATH~(ぁ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『君に届け 2ND SEASON』の記事一覧(最大15件表示)。
君に届け 2ND SEASON 第12話 最終話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第11話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第10話 (レビュー/感想) 祝!爽子×風早カップル成立!
君に届け 2ND SEASON 第9話 (レビュー/感想) 悲願成就!?君に届いたッ!!
君に届け 2ND SEASON 第8話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第6話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第5話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第4話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第3話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第2話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第1話 (レビュー/感想)
君に届け 2ND SEASON 第0話 総集編 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 君に届け Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (24) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.7「あきらめちまえよ」
『風早の言葉の意味を爽子は取り違え、2人はそのまま離れていってしまった。爽子はくるみにそのことを報告するのだが、「風早の何を見ていたの?」と叱咤される。立ち尽くす爽子。その後学校祭の準備中、ちづ...

2011.02.23 (Wed) | Spare Time

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話 「あきらめちま...
「告白して念を押して みたけど、ダメだった…」前回の「黒沼の好きと俺の好きは違うんだよな?」と言う問いかけは風早にとっては、念を押してたつもりだったのか…?いや、ありゃ...

2011.02.23 (Wed) | インドアさんいらっしゃ~い♪

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.7 あきらめちまえよ 感想
風早の言葉の意味を爽子は取り違え、2人はそのまま離れていってしまった。爽子はくるみにそのことを報告するのだが、「風早の何を見ていたの?」と叱咤される。立ち尽くす爽子。その後学校祭の準備中、ちづと...

2011.02.23 (Wed) | 書き手の部屋

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話 「あきらめちまえよ」
私は、伝えた――?  まずは気持ちを伝えないと、届くものも届きませんからね…(^^; 風早の告白の意味を間違ったままな爽子。 風早の方も爽子を困らせていたと傷心状態…。 そんな風早のことを知った く...

2011.02.23 (Wed) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 7話
あえて梅ジュースを選ぶ彼女の根性に敬礼!というわけで、「君に届け 2ND SEASON」7話くるみ様がみてるの巻。爽子さんを一喝するくるみちゃんと、風早君にヒントを与えるピン先生。 ...

2011.02.23 (Wed) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

君に届け 2NDSEASON episode.7「あきらめちまえ...
君に届け 2NDSEASONの第8話を見ました。episode.7 あきらめちまえよ「ぶっちゃけに行ったの?」「うん、フラれた…。やっぱ迷惑だったかな…俺との仲を誤解されたくないみたいだ。俺が...

2011.02.23 (Wed) | MAGI☆の日記

この記事へのTrackback

(くるみちゃん)君に届け 2ND SEASON 7話「あきらめちまえよ」(感想)
今回はくるみちゃんでしたね。 爽子を大きく後押しします!! この作品は、人と人の関係を些細な所から丁寧に積み上げます。 その中で想いを「届ける」大変さと大切さを描いています。

2011.02.23 (Wed) | 失われた何か

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode7 あきらめちまえよ
第8話のあらすじ 結果的に風早をフッてしまい、逆に風早にフラれたと思い込んでしまった爽子。 千鶴とは仲直りできたものの、風早のことを考えると辛い。 そして風早が爽子にフラれたということを聞いた...

2011.02.23 (Wed) | crystal cage

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話 感想「あきらめちまえよ」
君に届けですが、黒沼爽子と風早翔太のすれ違い続きます。お互い好きなのに振られたと思い込んでいるわけですが、傍目八目で周りは分かっていても、本人二人は絶対に気づきません。 風早が真田に話しているのを、くるみちゃんが偶然立ち聞きしますが、落ち込んでいる爽子...

2011.02.23 (Wed) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 7話「あきらめちまえよ」
爽子が想いを伝えられない理由、それは・・・ 君に届け 12 (マーガレットコミックス)(2010/09/24)椎名 軽穂商品詳細を見る

2011.02.23 (Wed) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

『君に届け 2ND SEASON』第7話感想
この作品にはどうやら根っからの悪人は出て来ないようです。 ホッとしました。 という訳で、ほんのちょっぴりだけ健人の事を理解できたかな。 彼は、他人の気持ちを勝手に自分の中で作っちゃうタイプな...

2011.02.23 (Wed) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.07『あきらめちまえよ』 感想
ライバルとして。

2011.02.23 (Wed) | てるてる天使

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.7「あきらめちまえよ」
君に届け 2ND SEASON Vol.2 [DVD](2011/04/06)能登麻美子、浪川大輔 他商品詳細を見る  今回もお互いの気持ちが届きませんでしたか。風早と爽子のすれ違いぶりが第3者達を巻き込んでしまい、その様子が描か...

2011.02.24 (Thu) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

君に届け2ND SEASON第7話感想
記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/02/2nd-season-35ab.html

2011.02.24 (Thu) | うたかたの日々別館

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話 「あきらめちまえよ」 感想
 お互いふられたと思い込み、落ち込む爽子・風早…。一体どうしたら想いは通じるのでしょうか…。学校祭と話がどうリンクしていくのかも気になってきました。今回は胡桃に注目です。やっぱりライバルがいてこそ話は盛り上がるんだなと改めて感じました。

2011.02.24 (Thu) | コツコツ一直線

この記事へのTrackback

君に届け2ND SEASON第7話『あきらめちまえよ』
言葉足らず・・・・、 そのままじゃ後悔する頃には、もぅ遠くへ行っちゃうよ・・・。 気持ち、言葉で伝えて・・・・届け♪

2011.02.24 (Thu) | アニメ好きのケロポ

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第07話 「あきらめちまえよ」
好き同士なのに「好きの意味が違う」と決定的なすれ違い。「君に届け 2ND SEASON」の第7話。 学祭の準備が進む中互いのすれ違いのダメージから今ひとつ立ち上がれていない爽子と翔太。 すれ違った龍に「...

2011.02.24 (Thu) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

親切心と自己満足(ゴーカイジャーとか君の届けとか)
【海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話】冒頭での、ナビィのセリフの「どうする、どうする、君ならどうする~♪」というデンジマンEDネタにちょっとテンションが上がり、さらに本編内容 ...

2011.02.24 (Thu) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.7 「あきらめちまえよ」
 健人駄目すぎ……

2011.02.24 (Thu) | つれづれ

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話「あきらめちまえよ」
同じ気持ちを共有したライバルだからこそ届く言葉

2011.02.24 (Thu) | 隠者のエピタフ

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話「あきらめちまえよ」
いやはや、とにかく引っ張りますね。 この期に及んでお互い振られたと思ってる爽ちゃんと風早。 なんでえええええええ~ くるみや龍の好フォローが功を奏するといいんですが。 今回のくるみちゃんはこ...

2011.02.24 (Thu) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

■君に届け 2ND SEASON【episode.7】あきらめちまえよ
君に届け 2ND SEASON#07の視聴感想です。 傷心。 叱咤激励。 たった一言。 言葉足らず。 自己満足。 自分からは何もしてなかったんだ…… ↑さぁポチッとな

2011.02.24 (Thu) | 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON 第7話 「あきらめちまえよ」
そしてなによりもォォォオオオオッ!!言葉が足りない!!

2011.02.24 (Thu) | すずきモノがたり

この記事へのTrackback

君に届け 2ND SEASON episode.7 『あきらめちまえよ』
爽子の反応を勘違いした健人。振られたと思っていますね。胡桃沢は、伝えていことを伝えていないから爽子をライバルではないという。

2011.02.25 (Fri) | ゼロから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。