一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

電脳コイル 第1話 (レビュー/感想)

Category: 電脳コイル  03/14 /2011 (Mon)

第1話 『電脳コイル』

※下記の内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。

:この記事は、FC2ブログ移転前のブログサービス『はてなダイアリー』時代に書いていたものとなっておりマス。文章が所々はてなダイアリー仕様となっている箇所があったり、誤字脱字のオンパレードですが華麗にスルーしてやって下さい(笑 ※当移転記事は、第14話以降は飛び飛びの記事になります。バックアップ消滅デース(笑

ストーリーは…。

 時は202X年。
 今よりもちょっと未来。
 子供たちの間で“電脳メガネ”が大流行していた。この“電脳メガネ”は、街のどこからでもネットに接続し、様々な情報を表示する機能を備えた、子供たちにならなくてはならないアイテムだ。現代の携帯電話のように普及し、ほぼ全ての子供が持っている。
 舞台は由緒ある神社仏閣が立ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。

 小此木優子は、小学校最後の夏休みを目前に、父親の仕事の都合で大黒市に引っ越すことになる。そこで出会ったのは、もう一人の“ユウコ”、天沢勇子。同じ名前で同じ歳だがまったくタイプが違う二人。新しい学校で個性豊かな子供たちと出会い、電脳空間で次々と巻き起こるフシギな出来事を体験する。

 新春アニメ 『電脳コイル』のご紹介。原作は別の方ですが、既に小説化されていて、著者は脚本家・宮村 優子さんです。宮村 優子!?と見た時、真っ先に浮かんできたのは声優の方。「え~」と思っていたら別の人だったので安心(マテ
 NHK教育放送なので誰でも楽しめる類のアニメです。一応、オリジナルTVアニメーションの様ですね。当アニメの雰囲気を知りたい場合は、下記に書いている『電脳コイル』の公式HPのコンテンツ 『動画配信』にストリーミングのプロモ映像がありますので、そちらの方を参照してみて下さい。
 また今回、見逃した方に朗報。5月18日(金曜日)18時30分から第一話の再放送があるようです。刮目して観よ!(マテ

第1話 『電脳コイル』

※以下、キャプ画は掘り起こし物(バックアップ物)です。








――というお話でした。

 うっわぁ...凄くシュール。だけれど、面白い。何がどうって盛り上がる展開でも何でも無いが面白い。漠然とし過ぎではあるけれど、私的に“好感を覚える面白さ”を感じてしまいます。尚且つ、リアリティのある描写、時代と技術は進歩した近未来型ではあるものの、至って普通の現代色が強いアニメですね。作画もさして高い訳ではありませんが、変に味があって、細かい部分の描写や挙動率は高いですね。キャラクターデザインも、比較的万人受けはする方かな。というか、出てくる子供達が全員…ガーメネ着用者…といっても、電子(電脳)ゴーグルっぽくて、眼が悪くない子供でも常時着用しているようですね。主人公の優子は、普通のタイプのガーメネを着用してますが、彼女も特段眼が悪いという訳ではなさそうです。亡くなった母親からのプレゼント…かな?
 まぁ、第一話からこの時代の専門用語が多く出てきたにも係わらず、それを嫌な物とならない展開にも好感は得られましたし、何よりサブキャラクターが可愛い…かは、個人的な嗜好で宜しく(爆 ま、私達の世代…いや、若い世代にも馴染みの深い「四次元ポケット」ならぬ「四次元ポーチ」とか(苦笑 細かい部分に突っ込み所が多い。にしても、ペットのデンスケやフミエのシモベ・“オヤジ”とか…もうね(汗笑 容姿がぁ....(ぁ
 OP・EDは、OPは「プリズム」池田 綾子さん、EDは「空の欠片」で同じく池田 綾子さんで、どちらも意外と落ち着いた雰囲気の曲調です。OPは、基本的に盛り上げる様な曲調となる場合が多いですが、そうではないのが少し出鼻を挫かれましたね。でも、何かしらの“期待”を煽るような歌声と歌詞、そして、映像がこのアニメの印象を強く引き出している、と感じましたね。EDは、散歩をするデンスケを真上から捕らえた構図で、延々とデンスケの散歩映像です(途中でコケて見失う場面がありますが(ぁ )。こちらは、EDにはありがちなシットリとしたバラード調の曲。…いぃ(ぁ



 次回は、第2話 『コイル電脳探偵局』です。内容は…分かりません!(マテ

アニメ 『電脳コイル』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
電脳コイル|磯光雄監督作品


アニメブログ 人気BlogRankingふむ、こういう過去の記事もアリっちゃアリだな(マテ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『電脳コイル』の記事一覧(最大15件表示)。
電脳コイル 第7話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第6話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第5話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第4話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第3話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第2話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第26話 最終話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第25話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第24話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第23話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第22話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第21話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: アニメ・感想 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。