一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

電脳コイル 第2話 (レビュー/感想)

Category: 電脳コイル  03/15 /2011 (Tue)

第2話 『コイル電脳探偵局』

※下記の内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。

:この記事は、FC2ブログ移転前のブログサービス『はてなダイアリー』時代に書いていたものとなっておりマス。文章が所々はてなダイアリー仕様となっている箇所があったり、誤字脱字のオンパレードですが華麗にスルーしてやって下さい(笑 ※当移転記事は、第14話以降は飛び飛びの記事になります。バックアップ消滅デース(笑

ストーリーは…。
 襲いかかるサッチーをなんとかかいくぐり、謎の空間からデンスケの救出に成功したヤサコとフミエ。……しかしなんとデンスケは謎の電脳ウイルス「イリーガル」に感染していた! 戸惑うヤサコに助けを差し伸べたのは、フミエの親玉にしてヤサコの祖母、「メガばあ」だった。
 フミエを上回るメガばあの個性に圧倒されるヤサコ。メガばあは様々な電脳グッズを駆使してデンスケの治療を試みるのだった。しかしその一方、謎の少女イサコがデンスケを狙って、手下の電脳生物モジョを差し向けようとしていた。モジョに狙われたデンスケの運命やいかに!?

今週のお話は、第2話 『コイル電脳探偵局』

※以下、キャプ画は掘り起こし物(バックアップ物)です。









――というお話でした。

 「ボク、サッチー」、今回の名台詞ですね(笑 なるほど、“サーチマトン”((【マトン】って、「羊の肉」って意味じゃ…分離して考えるなよ、ですか。そうですか(´・ω・`) ))の略称で「サッチー」か――って、良いのかそれで(汗笑 神社と家屋には入ってこられない…ならば、逃げるんじゃなく、適当に家に侵入…犯罪か(ぁ でも、店…本屋とかコンビニでも良かった気がする(爆 恐らくは、「メガシヤ」に向かうにあたっての便利道具の描写を挟まないといけないシーンだったからなのでしょうけど。
 いや~、でも、すげぇー展開がシュールで面白い。相変わらず、アニメ内の専門用語が飛び交ってますが、さり気なく…いや、成り行き上に簡潔に説明されているのが功を奏してか、嫌な感じにはならずに観れますね。ま、大部分の専門用語はリアルでも通用するIT用語で構成されているので、PCの普及した今の若い世代(ゆとり以外)には理解がし易いでしょうね。
 今回の話しは、わたしの予想とは違い、なんと「メガシヤ(メガネの駄菓子屋)」の店主・メガ婆が、自分の孫の優子を「コイル電脳探偵局」に勧誘をした様ですね(汗笑 しかも、自身が会員番号・零番って(汗笑 このメガ婆…色んな意味で濃い。最後の「悪りぃ子はいね゛ぇが~」には良い意味でドン引きしつつ、爆笑をしてしまったわ(笑 でも、“メタバグ”と“メタバグ”を繋ぎ合わせる職人技巧(業)には、工学系出身のわたしとしては、「未知の金属・“メタバグ”の目(金属組織)を読む」「(組み合わせる際の)力の入れ具合」という表現は、アニメ内の出来事としても、非常に理に適っていた描写・演出だったので中々凝っているな、と変な部分に好感を得てしまいました(笑
 同年代ながらも、「コイル電脳探偵局」の先輩・フミエ、意外にもフレンドリーな子だったのね。初回登場時には、なんて好戦的な子…なんて思っていたら面倒見が良い。これは、公式HPにも書かれていた事で、早速、その点が描写されていた、という事なのでしょうが。そういえば、優子と並んで歩いていたシーンで、優子とは結構身長差がある事が判明。確か小学六年だよな…あ、そんなもんかな(苦笑
 「メガシヤ」…駄菓子屋は、この世代の人間にとっては懐かしい事、この上無いですね。わたしの世代でも、駄菓子屋というのお店は地元にも点在していたので、ちょっと懐かしい感じになったり(笑 ま、店内で売られているソレは全く違う様ですが(そりゃな。 久しぶりに駄菓子屋に行ってみたくなりました(笑
 新春アニメとしては、少しずれての放送だけれど、これも面白いですね。作画第一から入る人には賛否あるのでしょうが。それを押し殺してでも、観てみると面白い物が一杯見付かるアニメかもしれません。デンスケの苛められ具合とか(ぁ 優子の妹の「ウンチ!」発言は異常とか。優子は、「垂れ目」だとか(お父さんの遺伝だな)…(ぁ



 次回は、第3話 『優子と勇子』です。内容は…遂に邂逅する、二人の“ユウコ”、小此木 優子と天沢 勇子。本筋としては、何やら優子が、何か(カプセル…デンスケ入り?)を守りながら、再び遭遇したサッチーから逃げていると、そこに見兼ねた勇子が助けに入る――という感じでしょうか…予告を観る限り(爆 ―が、実は勇子がデンスケを奪い、それを優子とフミエが追うっていう展開っぽです(笑

アニメ 『電脳コイル』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
電脳コイル|磯光雄監督作品


アニメブログ 人気BlogRankingふむ、こういう過去の記事もアリっちゃアリだな(マテ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『電脳コイル』の記事一覧(最大15件表示)。
電脳コイル 第7話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第6話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第5話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第4話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第3話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第1話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第26話 最終話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第25話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第24話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第23話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第22話 (レビュー/感想)
電脳コイル 第21話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: アニメ・感想 Genre: アニメ・コミック
Tags : メガ婆 サッチー うんこ デンスケ 京子

Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。