一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

花咲くいろは 第3話 (レビュー/感想)

Category: 花咲くいろは  04/18 /2011 (Mon)

第3話 『ホビロン』


ストーリーは…。
“喜翆荘”で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎(じろうまる・たろう)。彼の書きかけの原稿をゴミだと勘違いして捨ててしまった緒花は、次の朝、まかないの支度途中に姿を消してしまう。
「東京に帰ってしまったのでは?」と心配する従業員たち。
しかしスイは、そんな彼らを横目に旅館の大掃除を命じる。
掃除のため次郎丸の部屋に向かった菜子だったが、次郎丸に、かたくなに掃除、そして部屋に入られることを拒まれてしまうのだが……。


■第3話 『ホビロン』。


■まさかのお色気シーンとまとめ~…って――

よりにもよって――
緒 花 の “ 亀 甲 縛 り ”

民子&菜子攻め・緒花受け百合。
『花咲くいろは』にそういうシーンが出てくるとは思わなかったぜ!(笑 成る程、物書きを登場させれば、そういう方向性も可能だ、と(ぇ
という事で、前回の終盤に緒花に迫った眼鏡野郎は、何と緒花を自分の借りて居る部屋に拉致・監禁。緒花を“亀甲縛り”にしてしまう。
そして、紆余曲折あって眼鏡野郎が緒花の“亀甲縛り”を解き、自分の百合小説を緒花自身に改めて読書して貰い、想像の中の百合描写。
ただ眼鏡野郎の百合創作物は、日常的に緒花の一挙手一投足を観察して得た印象が反映されており、読んだ緒花も思う所あるという表情。
おっと少々脱線しましたけども、取り合えず民子の攻めは判るけど菜子も同じ側だというのは意外(笑 でも配役的には必然かなぁ(苦笑
補足…百合小説内の緒花達の状況は、“攻め”の民子と菜子が新人教育と称し、風呂場で“受け”の緒花の“大事な所”を洗い合うところ(爆


■をまけスクロール画。
 



『温泉仲居 泡塗れの新人研修』。
何と言う官能小説タイトル(笑 しかも百合小説。当然のように18禁だ(予定)....orz と言う事で、緒花を監禁した眼鏡野郎の小説のタイトル。
しかし眼鏡野郎が売れっ子小説家でもない何の肩書きも無いただの物書きとは。しかも書けないからと官能小説に走っての緒花監禁(苦笑
あ。緒花監禁=インスピレーションの為。それで何故に縛り指南書を手本に緒花で“亀甲縛り”の練習を...何処へ向かおうとしてるんだ!(ぁ
というか、強引に“亀甲縛り”をされていた緒花が、憎むべきであろう眼鏡野郎へと至って冷静に接していて噴く。しまいには同情しているし(苦笑

そして――
電六さん(豆爺)が“亀甲縛り”OK反応だった件。
めっさ爆笑してしまったのは内緒(笑 何かもう完全に電六さんって、別の意味で“萌キャラ”の位置を確立してしまったように思えます(マテ
今回の第3話以降に於いて、電六さんを超える“萌キャラ”は登場するのかッ!(コラコラ いやぁ、台詞が極端に少なくて残念だったなぁ....(苦笑

 はい、第3話終了ぅ~(笑 ふむ。序盤は、緒花の出すまかない料理に覚悟を決めた民子と菜子が、緒花に対しての愚痴&謝罪(自らの罪の意識から…菜子は自分の性格を鑑みた上でですが。)を各々が口にしていたものの、その実、緒花がどういった人間かを印象が多くを占めつつもちゃんと見ている事での数々の言葉だったという事が描写されていて良かった(笑 相手への的確な愚痴や罪の意識が口から出てくる、というのは相手を相応に知っているという意味でもありますからね。ただ、民子と菜子も緒花と接して悪い所だけではなく、良い所も見繕えてそれらを分かり合える様な関係に――なればいいジャマイカ(最後で台無し(ぁ

 今回は無銭宿泊の自称・売れっ子小説家だという眼鏡野郎の大暴走(冒険?)のお話でしたが、良い小説(文章)を書けないと悩み大暴走に至るまで“自分の殻を破れない”ことに苦しんでいたけど、個人的に率直に言わせて貰えば自分の置かれた立場や状況に酔いしれてただけの自己満足の境地、だという事(苦笑 自らのインスピレーションを奮い起こす為に自分を追い込むつもりが、結局は何も書けない事を自認して絶望の余りに当初の目的を履き違え始めた末の大暴走であった、と思ったのだけど…駄目?(マテ
 こういう人間(眼鏡野郎)には、緒花のKY能力というのが非常に役に立つという。自分に酔いしれる人間に対しては、手厳しいようだけど緒花のように問題点をサクッ!と告げて挙げて、尚且つ、アフターケア(この点は緒花には無理臭いけど)が取れる体制を講じてあげる事が大切かと思ったので、眼鏡野郎に対しては緒花Good Job!と(笑 まぁ、緒花も「女将さんにそんな優しい気持ちがある筈ありません」は少し余計だったかな(爆
 そして、大暴走の果てに眼鏡野郎が辿り着いた崖の上で相対する女将・スイの立ち回りが最高でしたね。これぞ老舗旅館の女将の姿!でも――何となく水戸の黄門様の雰囲気だった気がするのは何故なんだぜ? 眼鏡野郎へのお裁きの言葉には、手厳しさと同時に少々の気遣いが含まれていたのが、一層のこと眼鏡野郎の心に響く筈――だったのだけれど、それでも眼鏡野郎は説教を受けていた崖からの自暴自棄ダイブ(苦笑 しかし死なないのがセオリーで助かるものの、溺れて『死にたくない』発言の眼鏡野郎....始末に終えなくて噴く(笑

 崖の上からダイブして『死にたくないよ』の眼鏡野郎を救ったのが、子供の時分の渾名が“河童っぱ”で3歳の頃からスイミングスクールに通っているという菜子。見事な『高飛び込み』の技術で崖の上から海へ向け飛び出して華麗に着水。その後、眼鏡野郎を海中で保護して最寄の岸まで向かう。菜子…SUGEEEEE!!!あの窮地で咄嗟に身体がああいう風に動くのは凄いですね!とても普段が引っ込み思案な人間だとは思えない程の行動力。そして、岸に上がって着物が濡れた状態で小休憩する菜子の姿がエロ過ぎる!!(爆 そういえば、菜子は地味にグラマラスな体型をしているんですよね~。と、良いシーンだったのにそう思ってしまうオッサンの思考回路が恨めしいorz(吐血 また菜子側から緒花に歩み寄って親和を求めていたのは良かったなぁ(笑 取り合えず、菜子Good Job!!
 で。助けられたのにまだネガティブ思考の眼鏡野郎でしたが、ここでもKY能力がー…いや、そうはなく緒花が明確な意図を以て眼鏡野郎に一喝のビンタ(スイの憑依ビンタ?隔世遺伝能力?(違 )。そして、少々前述もした通りに緒花が眼鏡野郎の小説を読んだ感想を『才能がある』と褒め、その理由を『小説の中の自分の分身が口にしていた言葉(目標)が、モデルである筈の自分自身も気付けていなかった“気持ち”(「輝きたい」)の有り様を的確に代弁されて書かれていた』(要約)と告げる。詰まり、緒花が旅館に来て今迄の『頑張りたい』『役に立ちたい』という見知らぬ相手への気持ちの空回りに気付けなかった最たる理由を、眼鏡野郎が書いた小説には書かれていた(表現されていた)という点に於いて、小説家に必要な観察・洞察眼に優れていると決して小説家としての才能がない訳ではないと諭す…と。ん~、緒花が全部持ってったなぁ、流石は主人公兼ヒロイン補正(マテ

 結局、眼鏡野郎は緒花の先の言葉で漸く目が覚め、スイと菜子に土下座謝罪をした上で今迄の無銭宿泊代を返済する為に旅館の従業員として勤務する事になり、その合間に小説家になる為(賞を取る為)の執筆活動を続ける事になったそうで。う~ん、成る程なぁ…面白い展開だ(笑 ある意味で『ホビロン』とは眼鏡野郎の事でおじゃったというお話…か?(マテコラ ※実際は終盤に民子が「死ね!」の代わりとして、緒花へ「ホビロン!」と愚痴った言葉であり、『ホビロン』=“”ントに“”ックリするほど“”(ロン)外!という文章の頭文字で、食べ物としての『ホビロン』の意味にも通じると独自に理解して決定(笑 うん、面白い!!
 スイ「あの子(緒花)はホントに皐月にソックリですよ」 な、な、なんだってぇぇぇぇぇ!!! ど、どうしたらあんな放漫な大人になれるの?(ガクガク って、単純に性格がとうのではなく、考え方や気質…気概の類(がむしゃらor突拍子の無い行動力等)でという意味なのかなねぇ...。いやしかし、スイが亡き旦那さんの墓前…じゃなかった仏壇の前で祈りながら、少し“緒花の祖母”としての顔を覗かせての先の台詞は良かった。“デレ”たという陳腐な言葉ではなく、“らしさ”が窺える心情描写が流石の秀逸でした~。

 いやぁ~、今回のお話が最高に面白かったので、私も割りと真面目な感じで長ったらしく書いてしまいましたorz 緒花も取り合えず旅館で仲居として勤務する事と眼鏡野郎が小説に書いていた通りに自分の目標として“輝くため”という事を決めましたよっと。めでたしめでたし(ぇ また終盤に緒花が東京に置いてけぼりかましたボーイフレンド(?)の孝一からメールを貰い、短いながらも励ましの文章内容に東京での遣り取りでは味わえなかった有難味を知る、と(笑
 あ、そういえば…暴走して旅館から軽トラに乗って逃げ出した眼鏡野郎を追う、旅館の面々だったけど…旅館から従業員総出だったのかは定かではありませんが、誰も居ない状態にしてしまった(?)旅館の運営は大丈夫だったのでしょうか?(汗 眼鏡野郎の件が片付いたらその場で食事にし始めたし(汗 ま、そんなこんなで突っ込み所は多かったですが、押さえるべき要所はちゃんと押さえていた当アニメ作品、次回のお話も非常に楽しみだぁ~♪



●宜しければ、『花咲くいろは』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。上から三番目から下はネタ的なのでご了承下さい(笑


●その他、『花咲くいろは』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
花咲くいろは


●アニメ 『花咲くいろは』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
アニメ「花咲くいろは」公式サイト


 次回は、第4話 『青鷺ラプソディー』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←いや面白い!以降の展開も楽しみ~♪宜しければポチッと一押し!
■当『花咲くいろは』の記事一覧(最大15件表示)。
花咲くいろは 第15話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第14話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第13話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第12話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第11話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第10話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第9話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第8話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第7話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第6話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第5話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第4話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第2話 (レビュー/感想)
花咲くいろは 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 花咲くいろは Genre: アニメ・コミック
Tags : ホビロン ホントにビックリするほど論(ロン)外! 眼鏡野郎=次郎丸 かなり突っ込み所が満載

Comments (0) | Trackbacks (51) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想
前回衝撃的なラストだった花いろ。あれから緒花はどうなったのでしょうか…?予想外な結末に唖然としました…。でも話の方も盛り上がってきて面白かったです。作品のイメージがちょっと変わりましたが、また可能性を感じた1話でしたー。花いろ、いよ...

2011.04.18 (Mon) | コツコツ一直線

この記事へのTrackback

花咲くいろは 【大サービス回!!】 第3話  「ホビロン」 (2ちゃん)感想
877 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 22:54:13.50 ID:atMxV7bK0                    ,'⌒,ー、           _ ,,..  X     ...

2011.04.18 (Mon) | 狼藉者

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想
今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花は、 ...

2011.04.18 (Mon) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第03話
[関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟しながら部屋に入るもな...

2011.04.18 (Mon) | まぐ風呂

この記事へのTrackback

花咲くいろは  第3話 ホビロン
 ほんとに  びっくりするほど  論外

2011.04.18 (Mon) | つれづれ

この記事へのTrackback

『花咲くいろは』 第3話 感想
今作は今期トップクラスの面白さだと確信しました。 う~~ん!実に面白い。 エロ小説家・次郎丸の使い方が上手すぎです。 ようは「才能」を理由に勝手に諦めていただけなんですよね。 あとは自信が...

2011.04.18 (Mon) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第03話 感想
 花咲くいろは  第03話 『ホビロン』 感想  次のページへ

2011.04.18 (Mon) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)
「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略の意味である。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-  

2011.04.18 (Mon) | 失われた何か

この記事へのTrackback

微妙になってきた・・・(花咲くいろは 第3話レビュー)
花咲くいろは 第3話「ホビロン」 ★★★★☆

2011.04.18 (Mon) | 徒然きーコラム

この記事へのTrackback

花咲くいろは #3「ホビロン」感想
変態作家の末路緒花を監禁し亀甲縛りの練習するなんて。まかないだけ作って失踪したと思われ捜索が始まる変態作家の妄想キターーー(;´Д`)今回の見所はコレ!んで、全ての悪事がバレて作家が車を盗んで逃げてしまう全員で追いかける必要ねぇw旅館の客放ったらかしw...

2011.04.18 (Mon) | サブカルなんて言わせない!

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかな

2011.04.18 (Mon) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」
「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど視聴していて面白いですし、今回は色っぽい女の子の姿を見ることもでき満足です それにしましても今回はいつも以上に蝶が映し出されていたように思われのですが、蝶はもちろんのこと鳥や花の象徴から作品と結び付け...

2011.04.18 (Mon) | のんたんのanime大好きブログ

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね~ 意を...

2011.04.18 (Mon) | Spare Time

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

2011.04.18 (Mon) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

花咲くいろは 3話
はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似してみて、作家...

2011.04.18 (Mon) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

花咲くいろは#03
第3話 『ホビロン』 おのれ次郎丸…我らが緒花ちゃんに、なんて“うらやまけしからん”コトをww しかしナンだね、“この婆ちゃん”にして“この孫”あり。 婆ちゃんの正しさと優しさを、当の緒花ちゃんが一番理解してたのは さすがの血筋というか…『似たモノ同士

2011.04.18 (Mon) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
新たなネット用語も誕生したような気がする花咲くいろは 第3話「ホビロン」 今回はいろいろ予想外の展開でしたが、一番意外だったのが菜子の活躍 まさか、菜子が活躍する事があるなんて(*・0・*) ワオ

2011.04.18 (Mon) | ドラマティックオンラインライフ

この記事へのTrackback

花咲くいろは 3話「ホビロン」
緒花の銀河はきっと輝く!

2011.04.18 (Mon) | 隠者のエピタフ

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 ホビロン【伊藤かな恵さんの仕事】
第3話 ホビロン 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_22.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先に記載...

2011.04.18 (Mon) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」
花咲くいろは  第3話 「ホビロン」 よいではないかよいではないか

2011.04.18 (Mon) | アニメは日本の文化遺産

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
前回は驚きのラストでしたが、こういう引きをやるときはだいたいオチはたいしたことないんですよ。何度期待して裏切られてきたか!ま、緒花が本当に何かされるなんてあるわけが… 監禁&亀甲縛り…だと…? どうやら私は小説家を侮っていたようです、こいつは本物の変...

2011.04.18 (Mon) | 全て遠き理想郷?なブログ

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
「私… 頑張るよ。 この場所で輝けるように…………」 うん、最後はうまく締りましたね。最後は・・・ねw 緒花が新たな決意をしました、どんどん成長している姿が描かれていますね。 さて、下の文章で色々書いていきますか・・・www

2011.04.18 (Mon) | ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~

この記事へのTrackback

[アニメ]花咲くいろは 第3話「ホビロン」
あぁ、好きだ。この世界のみんなが好きだ。もうね、そのうち「好き」という言葉の変化形略も民子に作ってもらいたい。

2011.04.18 (Mon) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

花咲くいろは第3話『ホビロン』
それぞれの人がそれぞれの場所で輝けるようにッ♪ 私もこの場所で輝きたいッ♪ この場所で輝けるようにッ♪☆キラ~ン☆ゞ

2011.04.18 (Mon) | アニメ好きのケロポ

この記事へのTrackback

花咲くいろは‐第3話 『ホビロン』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 今期No.1は、『花咲くいろはに』決定だな! シリアス、ギャグ、エロ…まさに全てを兼ね備えた作品ですね。素晴らしいの一言につきますw まさか、ここにきて火サス要素投入とは。まさか、...

2011.04.18 (Mon) | 冴えないティータイム

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第03話「ホビロン」 感想
前回はとんでもないところで終わったけど・・・。 【27%OFF】[Blu-ray](初回仕様) 花咲くいろは 1価格:5,979円(税込、送料別) 早速感想。 今回も面白かった・・・これまた予想外の方向で。 予想外...

2011.04.18 (Mon) | 物書きチャリダー日記

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話『ホビロン』
  花咲くいろは  第3話『ホビロン』   まとめ 民子と菜子は緒花の復讐のまかないを食べに恐れながら食堂へ   次郎丸に監禁され、なぜか亀甲縛りにされている緒花   次郎丸の小説内の緒花達、そ

2011.04.18 (Mon) | イッシーのタンスの角に薬指

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 どうして緒花は顔を赤らめてたの?
どうして? 11 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2011/04/18(月) 20:53:38.01 ID:3V1zLfVt0 ヒモが苦しいからだろ。

2011.04.18 (Mon) | アニメ便り。

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」
花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまった...

2011.04.18 (Mon) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

花咲くいろは:3話感想
花咲くいろはの感想です。 緒花がいろいろ頑張った。菜子も頑張った。民子も頑張った(笑)

2011.04.18 (Mon) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第三話『ホビロン』
まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

2011.04.18 (Mon) | 風庫~カゼクラ~

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 『ホビロン』
本当にビックリするほど論外!! サブタイ、悪口の省略形だったんだw民子の努力、すごいw まかない作りの途中でいなくなった緒花。 里芋とほうれん草が大量…(゚∀゚) その頃、緒花は波の間にいたけ...

2011.04.18 (Mon) | ティンカーベルをください

この記事へのTrackback

花咲くいろは 03話『ホビロン』
「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」

2011.04.18 (Mon) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想
前回の続き(*^ω^*)

2011.04.18 (Mon) | てるてる天使

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話『ホビロン』 感想 
エロ小説家がヤマカンに見えてしまった自分は末期かもしれない。 録画してたのを観て、ネットみてたらいつの間にか略称がえろはになってるのな。 昼ドラマ的なお約束が満載だったです。 もうちょっと後...

2011.04.18 (Mon) | 洒落た乾杯でも…

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

2011.04.18 (Mon) | 明善的な見方

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」
今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事を書くことに...

2011.04.19 (Tue) | *桜日和のお茶会*

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」
同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う...

2011.04.19 (Tue) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

「花咲くいろは」第三話視聴後のツブヤき
 菜子さんが貴方の心に飛び込みます!  「花咲くいろは」第三話、視聴です(今回、作画的には、でしたね…)。まあ、そーゆー時もある…。  誰だって、最初から一流なワ ...

2011.04.19 (Tue) | あにぎし、ツブヤきます。

この記事へのTrackback

花咲くいろは 3話「ホビロン」
相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

2011.04.19 (Tue) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

花咲くいろは 3
第3話 「ホビロン」 アニメの質と完成度で言えば今期No.1ではないかと思われる今作。 「実直な製作」という言葉が似合う、真面目な先品です。 復讐のまかない…緒花への仕返し? 一方の緒花は、例の小説家とすごいことを。 なぜ縛る?(笑) 緒花も少しは

2011.04.19 (Tue) | MEGASSA!!

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」
「花咲くいろは」は労働の厳しさを教える真面目なアニメ(キリッ とはなんだったのか。 少し当てが外れてしまったようで若干残念な気持ちの「花咲くいろは」第3話の感想。 無駄に質の高いポル産ばかりが増えていくという風潮。

2011.04.19 (Tue) | attendre et espérer

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話
喜翆荘で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿をゴミだと勘違いして捨ててしまった緒花は、 次の朝、まかないの支度途中に姿を消してしまう。 「東京に帰ってしまったのでは?」と心配する従業員たち。 しかしスイは、そんな彼らを横目に...

2011.04.19 (Tue) | ぷち丸くんの日常日記

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」
「ホビロン」って何? と放送前思って調べたら外国料理の名前でした。 でも見た感じ食べたくない料理だった…。

2011.04.19 (Tue) | 地図曹長の時酷表

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第03話 『ホビロン』
自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズものだった。 なんか路線が変わったエロ小説家は態度大きいだ

2011.04.20 (Wed) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想
本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから

2011.04.20 (Wed) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 レビュー・感想
「わたし、輝きたいんですっ!」  案の定、売れっ子小説家なんかじゃなかった次郎丸さん、とりあえず官能小説を書いて宿泊費を稼ごうとしても失敗・・・そして監禁した緒花はお ...

2011.04.20 (Wed) | ヲタブロ

この記事へのTrackback

【花咲くいろは 第3話-ホビロン】
輝きたいんですっ!想いをその一言に込めて。

2011.04.20 (Wed) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 を観て
 断崖にたたずむ次郎丸。カッコよかったです。このツーカットだけ。追い詰められて海を見ながら彼は何を思ったのでしょう。中島みゆきの曲♪今崩れゆく崖の上に立ち~が頭の中で流れました。全然関係ありませ...

2011.04.21 (Thu) | きんかん ~最近みたアニメについての感想とか~

この記事へのTrackback

緒花とかな恵の神隠し「花咲くいろは」
ロリコンじゃない人は安易に「縛り」に走ってしまうってのは解ります。レイプしなければ興奮を得られないっていう精神の病んだ種族なんですね。往々にして殺人者か犯罪者正規軍になってしまう人々ということ...

2011.04.21 (Thu) | Anime in my life 1号店

この記事へのTrackback

「花咲くいろは」3話の感想
「花咲くいろは」3話、観ました。原稿消失事件!そして、緒花にせまる魔の手!!さて、どうやってクリアする??

2011.04.25 (Mon) | 最新アニメ・マンガ 情報局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。