一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第5話 (レビュー/感想)

Category: Steins;Gate  05/04 /2011 (Wed)

第5話 『電荷衝突のランデヴー』


ストーリーは…。
SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。その理由を訪ねる岡部に、彼女は「牧瀬紅莉栖には気をつけて」と忠告するのであった。...


■第5話 『電荷衝突のランデヴー』…のほぼAパートまとめ。


■第5話 『電荷衝突のランデヴー』…のほぼBパートまとめ。




ん。
萌 郁 の 空 気 感 は 異 常 ( 爆
第2話以降、岡部にスルーされまくりで本編ではメールでのみの登場って…(ガクガク 萌郁に『IBN5100』を入手したと連絡を入れたら…(何
そうしたら結構また話が拗れてきそうで、そうした『Steins;Gate』的に言えば分岐感的な楽しみ・面白味が出てきそうですよね~(ぇー
そんな華麗にスルーされる萌郁以上の謎が鈴羽にも出てきましたね。ん~、メインキャラの謎よりも外堀のキャラに特異な設定を与えるt(ry

そして――
謎は深みを増して行って…?
なんつって(笑 まぁ、原作は未プレイではすけど、アニメ作品用に諸々の設定は分かり易く脚色…じゃなかった昇華されているの…?(笑
原作プレイヤーにとってはアニメ化で良いシーンを端折られる不満があったりするのかもしれませんけど、それでも個人的には十分だなぁ。
しかし、“タイムトラベル”の実験を行った後、過去のニュース記事や日本の新聞まで調べる『SERN』は凄いわ~…色んな意味で。
過去に送った被験者の末路が分かっていて、それを何度も繰り返すて(勿論、条件を変えて)。動物では大事の記事にならない為だろうけど。

 ん?鈴羽が手に持っているのは『バッジ』?何の?(汗笑 鈴羽「牧瀬…紅莉栖…」 『IBN5100』を“未来ガジェット研究所”(以降、ラボ)へ持ち帰った時にバッタリと遭遇の岡部&紅莉栖と鈴羽。で、鈴羽が先の台詞の為に知り合い?って思った瞬間、かなり気合の入った緊迫した鈴羽の表情の作画と共にシャッター棒を振りかざしたぁ~(笑 これは鈴羽が“未来人”だったとしたらば、紅莉栖への敵対心ともとれる行動は、彼女が将来的に何かどえらい物を創り出す可能性があるからなのか。まぁ、紅莉栖は18歳ながらも学会で論文を発表する程の頭脳の持ち主なので、何かを創造する可能性自体は秘めていてもおかしくは無いのだろうけど。結局、Mr.ブラウンが介入して来た事で有耶無耶に。
 まゆり「虎さんの敷物みた~い♪」 洗濯したばっかりのものを、ちゃんと掃除しているのか怪しい床にダルのTシャツを広げて寝転がり先の台詞のまゆりに脱帽(ぉ ま、そういう天然系の軽いノリが、まゆりの場合は魅力なのでしょうけど。
 ダル「流石、オカリン。僕達に出来ない事を平然とやってのける。そこに痺れる――」 紅莉栖「憧れないけどね」  岡部&ダル&まゆり「「「えっ?」」」 おぉっとやっぱり重度のネット利用者なのか、ダルの言葉に否定語ながら被せて来た~(笑 運ばれて来た『IBN5100』に跳び付くダルが先の台詞から紅莉栖の突っ込み。ダル「牧瀬氏がまゆしぃを…百合展開きたぁ...」 紅莉栖「想像するなっ、変態!」 『IBN5100』を起動してみるものの、パーツ不足という事で秋葉を岡部が紅莉栖とまゆりを伴って向かおうとするも、まゆりはラボ紹介の為に紅莉栖と一緒に残るという事で終了(爆 まゆりの意外な(?)拒否に岡部が紅莉栖に「色香で誑かした」と言った為、それを聞いたダルが先の台詞と「百合展開」と想像し、紅莉栖が素早く突っ込む、と(笑

 まゆり「まゆしぃはオカリンの“人質”なので」 出ましたよ、人質発言。ん~、どういう意味なのかは想像したくない(何故 あ、ラボの中を紹介するという事で、まずはシャワールームを紹介したまゆりが、たまにそれを使用している事を聞いた紅莉栖の反応…常人過ぎる反応だったなぁ(そりゃな。 確かに野郎しか居ないラボでシャワー使用は危ない。基本的にラボに引き篭もってそうなダルは特に(偏見。 で。紅莉栖がまゆりのラボ入り浸りの理由を尋ねられての返答が先の台詞、と。しかしながら、“人質”と発言はしているものの、まゆりはそれを自らそうなったのだと紅莉栖に説明っと。
 岡部による鈴羽の渾名は『バイト戦士』だそうです。凄くシュールだな、をい(笑 鈴羽「『IBN』に詳しい人と知り合いだったから」 益々怪しいよ鈴羽(苦笑 一人で秋葉に『IBN5100』に使用するパーツを探しに出た所で鈴羽と遭遇し、パーツ集めに協力をして無事に任務完了の岡部。その後、少々会話の後に、鈴羽が先の台詞とかなり意味深な発言。その『詳しい人』に協力を仰ごうにも、鈴羽曰く「死んじゃった」という。鈴羽「まだ彼女(紅莉栖)は…何も知らない。でも気を付けて。牧瀬 紅莉栖には――(ヘリのプロペラ音⇒地面にサッと屈む。)ッ!爆撃!?」 うーん、いちいち発言が引っ掛かるので、取り合えず鈴羽は重要人物でOK?流石にこの平和ボケした日本で唐突に爆撃機が飛ぶとも思え(ry そして、先のヘリが花火の中継機だと知り、『花火』って何?といった岡部への尋ね方ね....ふむ。
 紅莉栖「同じ環境で育ちながら、どうしてこう社会性が無くなっちゃったんだか」 岡部「まゆりは昔から変わったところがあったからなぁ...」 流石、自分の事だとは一切思わない所が素晴らしい(苦笑 紅莉栖が岡部とまゆりが幼馴染と知った為に岡部へ向けて先の台詞っと。岡部「やはり“白衣”こそが研究機関にとってユニフォーム」 あぁ、やっぱり岡部の白衣は“厨二病アイテム”だったかorz ん~、大学の学部によっては白衣を常に着る所もあったりするが…ふむ(笑 ラボで自身の予備の“白衣”を着用する紅莉栖に、岡部は彼女の手を握ってまでその姿を賞賛するも、続けて口から出て来た言葉は先の台詞。岡部「さぁ、共に手を突っ込んで立とうではないか!」 うーん、ここまで来るともはやフェチの領域。“白衣”を着た岡部と紅莉栖が背中を付け合ってのポージング。いや、『知性と恍惚のポーズ』て…それを意図的にやったら、普段は知性皆無の人間だという事を肯定して(ry

 カップラーメンをフォークで食べる…だと…?そんな邪道なッ!※その昔、自販機で販売されていた某カップラーメンにはプラスチックフォークが付属品として付いていたor自販機に備え付けられていた(笑 ま、今も在るかな(苦笑 たまにプラスチックフォークや箸が入っている所に蛾やカゲロウの死骸が大量にはいtt(ry え~、紅莉栖の好みのラーメンの味付けは『塩』らしく、外国暮らしが長かった故か或いは単に苦手なのか箸よりフォーク使用で食すらしい。…これもある意味での“個性付け”かもしれないね(マテ
 紅莉栖は“雷ネットバトル”が相応に強い?というより岡部が極端に弱い?(苦笑 あ、そういえば『Dr.Pepper』という外国産炭酸飲料は日本では特定地域のみの販売でしたね。私も数本程度しか飲んだ事がありませんがけど、味は独特…以前発売された数種類の形をした青い瓶が特徴的だった『ポーション』の味付けと思ってもらえれば(コラコラ まぁ、外国人向けの味付けだからか日本人の舌には基本的に『不味い』という印象ですが、外国人暮らしが11歳(?)からと長い紅莉栖はその味に何の疑問も抱かずに普通に飲めるようで。あ、ダルが『IBN5100』をイジっている間に、岡部と紅莉栖が“雷ネットバトル”で戦うも――結果は先の通り岡部フルボッコ(笑 その過程で紅莉栖が、ラボの冷蔵庫に常備されていた『Dr.Pepper』をゴクゴクと大胆に飲み、岡部がその飲みっぷりに感嘆。でも、さ。『Dr.Pepper』を本当は不味いと感じるのに「美味い」と言って無理して飲むのって、コーヒーが苦くて(ry に無理して「美味い」という“厨二病”的言動(思考)と似ているよね(ヤメレ
 紅莉栖は男性から叱られた経験が皆無?故に理不尽に唐突なキレたような態度を執った岡部に思わず安堵の涙の紅莉栖、と。常に優秀であった為にそういう経験と免疫が皆無だったというお話なのだろうか。でもまぁ、確かによほど口煩く神経質な担当教授とか友人が居ない限り、そういう場面に遭遇する事ってないのかも。両親にも出来が良ければ怒られる事もなかったろうしねぇ...。ん~、涙目紅莉栖が可哀想だったが良かった(笑

 ダル「キタァァァァー!!」 『IBN5100』とPCを接続&解読準備完了。と、その前にくりすてぃ~なッ!の身辺状況(何それ。 紅莉栖の両親…母親はアメリカ在住で父親とは7年も会っていない事が判明。それを聞いた岡部曰く、『放蕩天才変態少女』と紅莉栖を称する....滅茶苦茶(苦笑 で、『IBN5100』側に話を戻すと、例の『Zプログラム』が作成されたのが1973年、『SERN』の設立が1954年、『IBN5100』がお目見えしたのが1975年、だと判明した事で岡部は『SERN』が『IBN5100』に特殊な機能を備えさせた可能性を思案。当然(?)、紅莉栖はそれを否定するも出土した“レポート”を読めば分かる事と読み始める。
 紅利栖「『時空の支配とそれに基づく歴史の破壊。言い換えれば“過去”から“未来”までを含む理想郷の実現。それは21世紀に向けての【SERN】の存在意義となるだろう。“Zプログラム”では、高エネルギーの陽子衝突を用いた“時空転移実験”を行――時空…転移…?』」 な、なんだってぇー!!?という事で、紅莉栖が『ゼリーマンズ・レポート』を少々流し読みしたものが先の台詞。途中に入った岡部とダルの台詞は割愛。続けて――
 紅莉栖「『プログラム第一段階【『大型ハドロン』の建設。及び実用化】。プログラム第二段階【『リフター』の実用化。及び調整】』」 『リフター』とは“イオンクラフト”と呼ばれる装置で、紅莉栖が説明した通り、アルミ箔に電線を通して高電圧を掛けると浮力が発生する(アルミ箔と電線のバランス配置が良い程綺麗に浮く)。どうやら、この『リフター』と“ブラックホール”の力を利用する事が、SERNのいう“時空転移実験”に必須だというお話で。
 紅莉栖「『プログラム第三段階【動物実験】。プログラム第四段階―ッ!…【人体実験】』」 な、なんだってぇー!!?(※2回目。 え~、“レポート”のタイトルを読み進めて行くうちに紅莉栖は『SERN』の実験が、“動物実験”はおろか“人体実験”にまで及んでいた事を知り驚愕。岡部「では、これより『ゼリーマンズ・レポート』の解析に入る!尚、以降本作戦の名称を『レーギャルンの箱』とする!」 紅莉栖「何で北欧神話?」 それは岡部が“厨二病”だからでしょう(ぉ 『ゼリーマンズ・レポート』…オープンヌ!

 『ゼリーマンズ・レポート』は全部で14ファイルから構成。適当に開いてみると――No.10のファイル…実験日2005年1月28日、アメリカ出身の被験者 ジェイムズ・マッカーシーが超重力による無限圧縮と“カー・ブラックホール”(自転運動をするブラックホール)内の特異点通過に耐えられずに死亡。また別途新聞の切り抜きの添付画像があり、それによると1921年4月3日にニューヨーク14丁目のビルの壁面に埋もれるように死んだ男性が発見され、身元不明のその死体は全身がぶよぶよのゼリー状であったという。
 次に実験日2004年2月15日、イギリス出身の被験者 リンダ・ヒルは、1972年10月2日にインドのタミル・ナードゥ州のダルマプリの路上でゼリー状になった遺体が発見されたが、放置されていたらしく車に轢かれた跡があり下半身が損壊された状態であった。
 次にドイツ出身の被験者 ミハイル・ラング…同様に死亡。その項目に添付された新聞記事は日本のもので、1936年5月24日に京都比叡山の山麓で身元不明の“ぶよぶよ男”と題されたゼリー化した遺体発見という内容。…と、こうした実験結果に於ける死亡記事が『ゼリーマンズ・レポート』全14ファイル…即ち14人分があるようで、流石の岡部もそれを一つ一つ読むのを止めてしまう。
 紅莉栖曰く、『SERN』は“カー・ブラックホール”を利用したタイムとラベルの方法を研究・開発していたようで、10^-24キロの質量を10^-19メートルの所に押し込み過去へ転移させる原理の為、そうすると対象物の外面のある程度は通過が出来ても内面がスカスカの状態となってしまい、人間で言ってしまえば身体が半液状のゼリー化した状態となってしまう、というお話のようだ(ちょい要約)。
 紅利栖「そ。凄く狭いのに無理矢理捻じ込む」 ダル「その説明はエロ過ぎだろ、常考」 紅莉栖「はぁ?何がエロすぎ――橋田の変態っ」 え~(笑、岡部がラボを抜けた後、紅莉栖が自分の手の指で作った小さな穴(輪)とスポンジを例にして、『SERN』が実験している“タイムトラベル”の方法を説明。水を吸水させたスポンジを小さな指で作った穴(輪)に通しても、スポンジ自体は通過せずに吸水した水だけが多少通過出来るという内容。ダルの理解に対して先の台詞なのだが、それを卑猥に返すダルでしたよっと(苦笑

 岡部「先に完璧な“タイムマシン”を創り出し、『SERN』を出し抜くッ!そして、世界の支配構造を造り替えるのだッ!!」 駄目だコイツ、早く何とかしないと(岡部の中の人的に。 ラボを出た岡部は建物の屋上で佇み、紅莉栖が今の現状をどうするか尋ねてくるも、岡部は呆気羅漢とコッチには『電話レンジ(仮)』があると武器にした上で先の台詞と言い放つ(汗笑 ん~、そういえば、『SERN』って大出力からの実験を始めているけど、偶然の産物ながらも岡部達のように小さい所から“タイムマシン”の構想を積み重ねていたのだろうか。小さな出力ながらも転移可能で、それが“ゲルバナ”となってしまうなら――それで“カー・ブラックホール”ばりの出力に結論付けられたのなら…なぁ(何 “人体実験”は流石に(苦笑 さてさて、次回の展開が余り読めないうちに終わりましたが、次に岡部達が執る事になる行動とは――?



●その他、『Steins;Gate -シュタインズ・ゲート』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
Steins;Gate


●アニメ 『Steins;Gate -シュタインズ・ゲート-』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
想定科学ADV『Steins;Gate(シュタインズゲート)』公式Webサイト


 次回は、第6話 『蝶翼のダイバージェンス』です。

お!次回こそは萌郁が久々に登場するようですね(笑 しかしまた岡部は『電話レンジ(仮)』を用いて何かを仕出かすようで…(苦笑


アニメブログ 人気BlogRanking←萌郁の扱いの酷さは異常(笑 宜しければポチッと一押し!
■当『Steins;Gate』の記事一覧(最大15件表示)。
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第15話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第14話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第13話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第12話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第11話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第10話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第9話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第8話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第7話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第6話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第4話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第3話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第2話 (レビュー/感想)
Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: Steins;Gate Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (32) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

Steins;Gate シュタインズゲート 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想
Error.Human is Dead, mismatch ... 「Steins;Gate」公式サイトはこちら! →http://steinsgate.tv/index.html Steins;Gate 第5話感想です。 ついにSERNの隠された実験を知ってしまった岡部...

2011.05.04 (Wed) | crystal cage

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」
大きな陰謀と深まる謎

2011.05.04 (Wed) | 隠者のエピタフ

この記事へのTrackback

シュタインズゲート第5話『電荷衝突のランデヴー』の感想レビュー
鈴羽回…かと思ったら、Bパートから話が進みまくっていよいよらしくなって参りました~!回でした。 SERN陰謀説は単なる妄想ではなく、真実だった!というわけで、我らの鳳凰院凶真はディストピアを阻止すべく支配構造を塗り替えることが出来るのか? 鈴羽については、さ...

2011.05.04 (Wed) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

この記事へのTrackback

Steins;Gate #05 「電荷衝突のランデヴー」
 オリジナルな部分も面白いですね。

2011.05.04 (Wed) | つれづれ

この記事へのTrackback

Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」
ようやくラボまでパソコンを運んできた二人だけど 店の前にいた鈴羽に勿体ぶって説明しようとしてるのが無駄な時間すぎる(苦笑) しかも本人には思いっきりばれちゃってましたしねw 紅莉栖を見た直後突然厳...

2011.05.04 (Wed) | Spare Time

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 5話
三人とレトロPC寄らば文殊の知恵。 というわけで、 「STEINS;GATE」5話 解読大作戦の巻。 さあ、盛り上がってまいりました。 一部の謎が明らかにされ、ちょっとだけすっきり。 いつまでも断片的...

2011.05.04 (Wed) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

Steins;Gate #05「電荷衝突のランデヴー」 感想
SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい敵対心を見せる。そ...

2011.05.04 (Wed) | 書き手の部屋

この記事へのTrackback

STEINS;GATE #05
第5話 『電荷衝突のランデヴー』 なに、あの“ピンズ”みたいなの?あぁ!また、判んないパーツが増えたぁ!? 取り合えず、『リフター』とか『イオンクラフト』とか『アルミに高電圧をかけて――』とかは レ...

2011.05.04 (Wed) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~

この記事へのTrackback

Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想
SERNのハッキングに必要なIBN5100をラボまで運んできた岡部と紅莉栖は、 ブラウン管工房の片付けをする鈴羽と出会う。 紅莉栖とは初対面のはずの鈴羽であったが、なぜか紅莉栖に対して激しい 敵対心...

2011.05.04 (Wed) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」
彼女は何もしてない。まだ彼女は何も知らない――。 初顔合わせのクリスへの鈴羽の尋常でない嫌悪。 IBN5100に詳しかったり、花火は見たこと無かったり。 いろいろ謎な反応の鈴羽に疑惑が深まりますねw  ...

2011.05.04 (Wed) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」
「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー008☆阿万音鈴羽(2010/11/24)阿万音鈴羽(田村ゆかり)、田村ゆかり 他商品詳細を見る  阿万音 鈴羽がクリスに激しい殺意を向けていました。小説で読んだ...

2011.05.04 (Wed) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」 感想
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.04.20メディアファクトリー (2011-06-22)売り上げランキング: 33Amazon.co.jp で詳細を見る 前回の続きでオカリンと紅莉栖はIBN5100...

2011.05.04 (Wed) | マンガとかラノベ等の感想ブログ

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray] トゥットゥルー! 今回は核心に一歩迫った感じですね! そして、オカリンと紅莉栖の距離も縮まった?

2011.05.04 (Wed) | 明善的な見方

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」
「牧瀬、紅莉栖…!!」 ほんの数秒前までオカリンと普段どおりの会話をしていたのに紅莉栖を見た途端に雰囲気が一変!その眼差しにあるのは怒り?それとも憎しみ? いったいなぜ鈴羽はここまで紅莉栖に過剰な反応をしたのか。普段のズレた言動と合わせて鈴羽の謎は深ま...

2011.05.04 (Wed) | 全て遠き理想郷?なブログ

この記事へのTrackback

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第5話『電荷衝突のランデヴー』感想
本格的に話しが進み始めましたね。 まだ、準備段階の期間でしょうけど、引き付けがいい分、これからの展開が楽しみです。 前回の話からの続きで、伏線をばら撒くだけのストーリーでしたね。 それと...

2011.05.04 (Wed) | 洒落た乾杯でも…

この記事へのTrackback

Steins;Gate:5話感想
Steins;Gateの感想です。 一気に動いてきたなあ。

2011.05.04 (Wed) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第5話 感想「電荷衝突のランデヴー」
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、岡部倫太郎ことマッドサイエンティスト鳳凰院凶真にしてオカリンは助手のラボメン004のクリスティーナ牧瀬紅莉栖と一緒に漬物石のように重い古のパソコンIBM5100をエッチラオッチラ人力で運びます。台車も大八車も絶滅した荒

2011.05.04 (Wed) | 一言居士!スペードのAの放埓手記

この記事へのTrackback

シュタインズゲート第5話『電荷衝突のランデヴー』
ゼリーマンズレポート・・・・、

2011.05.04 (Wed) | アニメ好きのケロポ

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第5話 電荷衝突のランデヴー
IBN5100の事を知っていた事もそうですが、紅莉栖を見て睨みつけたり、鈴羽は何者なんでしょうか。 未来ガジェット研究所では、IBN5100を手に入れたのは良いですが、今のPCのようにネッ ...

2011.05.05 (Thu) | ゲーム漬け

この記事へのTrackback

Steins;Gate 第5話
Steins;Gate 第5話 『電荷衝突のランデヴー』 ≪あらすじ≫ IBN5100を入手した倫太郎は、ダルにIBN5100を使える状態にするよう指示を出す。倫太郎と一緒にIBN5100を運んだ紅莉栖は好奇心に勝てず、ラボに...

2011.05.05 (Thu) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

Steins;Gate 第5話 「電荷衝突のランデヴー」
「SERNを出し抜く!そして世界の支配構造を作り変えるのだ!」 ゼリーマン登場で話が動き出してきた「Steins;Gate」第5話の感想。 原作を知っていても引き込まれるこの演出。この魅力。 そう、だからこそ「シュタゲ」は面白い。

2011.05.05 (Thu) | attendre et espérer

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 第05話 感想
 STEINS;GATE  第05話 『電荷衝突のランデヴー』 感想  次のページへ

2011.05.05 (Thu) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』
鈴羽は手の中で小さなバッジのようなものをいじくる。

2011.05.05 (Thu) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

STEINS;GATE 05話『電荷衝突のランデヴー』 感想
未来でも過去でもなく今が一番綺麗。

2011.05.05 (Thu) | てるてる天使

この記事へのTrackback

今週のSteins;Gate#5:やっと序盤も終わりか? そしてオカリンと助手のやり取りがニヤ面白い
Dr.Pepperドクターペッパー 355ml×24缶セット () Dr.Pepper 商品詳細を見る ドクペが僕の感想を書く時に必要不可欠な物になりそうですw なんたって、知的飲料だからな!

2011.05.05 (Thu) | ジレンマな日常

この記事へのTrackback

Steins;Gate 5話 「電荷衝突のランデヴー」 感想。
主軸シリアス気味になってきましたですが、相変らずのラボメン空気が心地よくて笑えてきますww。 >>ということで、STEINS;GATE #05 電荷衝突のランデヴー 感想です.+゚*。:゚

2011.05.05 (Thu) | 追憶の本屋

この記事へのTrackback

「Steins;Gate」第五話視聴後のツブヤき
 オレはタイムトラベラーとなるッ…!  「シュタゲ」第五話、視聴(作画、良かった…)。ガイナさんの名前、ありましたし…(流石…)。  お話も、面白くなって来たッ… ...

2011.05.06 (Fri) | あにぎし、ツブヤきます。

この記事へのTrackback

Steins;Gate 5話「電荷衝突のランデヴー」
ある意味、急展開か? Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る

2011.05.06 (Fri) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

[アニメ]Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第5話「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
進展、進展、死ん転?

2011.05.06 (Fri) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

世界線を越える人々。『STEINS;GATE』5話。
事件の真相、その一部が明らかに。しかし、我らがオカリンは、やっぱりオカリンだった・・・・・・そんな、『シュタインズ・ゲート』の5話。今回は、ブラウン管工房の元気娘、登 ...

2011.05.08 (Sun) | あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす

この記事へのTrackback

シュタインズ・ゲート 第01話~第05話
(難解そうで、そうでもない?) シュタインズ・ゲート 第01話~第05話の所感です。

2011.05.09 (Mon) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

「Steins;Gate」5話の感想
「Steins;Gate」5話、観ました。IBN-5100を手に入れたオカリン達は、それを修理し、早速ハッキングした情報の解析に入る。SELNの秘密文書「ゼリーマンズレポート」そこに書かれていた事実は、恐るべきもので・・・・・。

2011.05.17 (Tue) | 最新アニメ・マンガ 情報局

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。