一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

DOG DAYS 第6話 (レビュー/感想)

Category: DOG DAYS  05/08 /2011 (Sun)

第6話 『星詠みの姫』


ストーリーは…。
シンクがフロニャルドにやってきてから数日間が経過した。その間にリコッタと一緒にお使いに出かけるようになったり、エクレールや親衛隊のみんなと共に訓練をするようになったり、ブリオッシュやユキカゼと釣りを楽しむようになったりと、フロニャルドでの暮らしにすっかり溶け込んでいた。一方で姫として忙しい日々を送るミルヒ。この時のシンクやミルヒは、自分たちの身に予期せぬ不運が迫っていることを知る由もなかった……。


■第6話 『星詠みの姫』…Aパートまとめ~。


■第6話 『星詠みの姫』…Bパートまとめ~。




のほほんとした『DOG DAYS』が…
鬱展開の様相を呈し始めて…?
いや~、終盤も終盤のレオ姫の“星詠み”では、シンクとミルヒが死亡する姿が映し出され、えらく今迄とは打って変った血生臭さの雰囲気が。
ただ、レオ姫の“星詠み”はダルキアンが懸念する“魔物”といった何らかの介入者ありきの誤った結果である可能性もあるのでしょう。
ん~、急転直下の展開に感じてはしまいますが、今までの緩々の物語内容とのギャップ感が視聴者にそう思わせ…脚本家の罠!?(ぉ
シンク達が盛大に血を流して倒れるという事は、大地からの守護たる“フロニャ力”が皆無・若しくは衰退してしまった後の出来事かな?
でも今迄に散々緊迫感の溢れる状況の合間にギャグ描写を挟んでますし、死亡と見せかけて実は…って、それではレオ姫が馬鹿っぽく(汗
もし“星詠み”が全体的な未来を見せるのではなく、自分に関連した未来のみを見せるものだとしたら…二人を殺害するのはレオ姫?(ガクブル
その場合、そうとは知らないレオ姫は戦でこの運命を変えようとしている為、戦に身を投じ過ぎた末に“魔物”へと変化or憑かれて…アーッ!(ぉ

 シンク「こういうのは結構ちゃんとしてるんだ」 うん、私も少しそう思った(苦笑 と、ミオン砦での戦から1日明けたお城の謁見の間で、ミルヒが女王としての責務である戦で活躍したお抱えの騎士団団員達への労いの言葉と騎士団長・ロランから順に褒賞の入った袋を手渡して行く。まぁ、確かに戦=興行=国事だから、こういう厳粛な場があるのは当然、か(笑 しかし、戦にお金を支払って参加するモブ兵士達と違い、国に直属する騎士団員達は全員が同じ顔ではなく美形揃いなのね(笑
 シンク「エクレ、ヘブン状態だ」 え~と、やる夫の『ヘブン状態!』が脳裏を過ったのは内緒にしておこう(マテ 恐らく脚本家も私みたいな反応を狙っている筈(笑 ん~、エクレールがミルヒに褒められる時の頬の染め方....百合ッ気でもあるのか…犬としての本能か(ぇー ただ、リコッタ曰く『姫様の撫で撫では天才的』だそうなので、ミルヒは同属なのに相手を手懐ける術が上手い、と(違 あ、エクレールがミルヒに労いの言葉と共に頭を撫でられ、思わず羽織で隠れている尻尾が左右にふりふりと振っており、そうした様子を目にしたシンクが先の台詞であった、と。尻尾…いいなぁ(笑
 シンクが“フロニャルド”に来てからあっという間に数日が経過(汗笑 おぉぅ....そんな都合良く時を経過させちゃって良いのかなぁ~…と、思っていたが第1話~第5話がたった1日の出来事を描いていたのだから、多少の強制的な時間経過は止むを得ないという“天”のお達しに間違いない!(ねぇよ。

 武器を使った稽古で死なない(負傷しない)ってのは――あ、シンクは死ぬか(ぉ 勇者がどの程度“フロニャルド”の大地の精霊から恩恵を得られているのか分からないけど、その危険性がありそうなので困る(苦笑 と言う事で、シンクとリコッタが城の一画で鍛練中の騎士団員達に昼食やお菓子の差し入をするも、まだ鍛練を続けるというエクレールにシンクがその相手を買って出る事に。今迄にもシンクとエクレールは互いに鍛練の為に手合わせをしていたらしく、その際にはシンクが武器を色々と換えて戦っていた様子で、今回は剣という事となり手合わせ開始。ロラン曰く、エクレールの相手が務まる騎士団員が居なかった為、実力が拮抗するシンクの存在は非常にありがたいのだとか。いや、「自分(ロラン)が相手をしたら?」と突っ込みたくなったのは内緒。ロラン「勇者どのをアレ(エクレール)の婿にしたいくらいだよ」 なん…だと…?(笑
 シンク「何かエクレはお腹出して寝てそうだし(ピタッとエクレールの額に手を当てる。)」⇒エクレール、顔真っ赤⇒エクレール「うわぁぁぁぁ!!!」⇒エクレール、シンクの腹部にボディーブロー⇒シンク悶絶⇒エクレール「こ、この阿呆勇者が!勝手に騎士の額に触るな!!」⇒エクレール、悶絶中のシンクに連続ストンピング。 え~、エクレールが中の人的に『えむえむっ!』の美緒や『俺妹』の桐乃に感じた。最近は中の人にドSなキャラが宛がわれる不思議(笑 こういう光景を目の当りにしても、ロランは「仲が良い」とのほほん(苦笑
 “フロニャルド”には竹林がある。 エクレールの暴虐から退散したシンクは、チョコボに乗ってタツマキとホムラを伴い(寧ろ誘導係)、城から少し離れた場所にあるユキカゼやダルキアンの住む隠密部隊の里(実際はダルキアンの庵らしい)を訪問。そこでユキカゼとダルキアンとのコミュニケーション。ダルキアンと共に近くに流れる小川で釣りをするシンクだけど、やはり主人公補正で見事に魚を吊り上げると、パッと見てシーラカンスのような超巨大魚。とても一本釣り(渓流竿)では無理なサイズであった(苦笑

 ダルキアン「“召喚勇者”は元の世界に戻る方法がない…というのが、この辺りでは一般的で御座るが…。遠方の国では役目を追え、帰郷したという話もあるで御座るよ」 な、なんだってぇー!!これはシンクにとっては朗報。でもそれが単なる捻じ曲げられた言伝えで、実際は都合良く利用された挙句に口封じに殺され…ま、作風というか世界観的にそれはないか(笑 え~、シンクが釣った魚と共に昼食を摂るシンク達。その中でふとユキカゼが、『帰郷する予定か』とシンクに尋ねた事から、「忘れてたぁ~!」と焦るシンクにダルキアンが先の台詞と朗報を伝える、と。流石は任務を帯びて大陸中を練り歩いていたダルキアンですね。
 レベッカによると今週のシンクの運勢は『最悪』だそうです。というか、“フロニャルド”の時の流れと地球のそれはやはり変わらないようですね。 よく異世界ぶっ飛び系のアニメ作品においては、異世界で過ごした時間と地球(元の世界)の時間は比例しないものだったりしますが――ま、携帯がリアルタイムで繋がる時点でそういう設定が生かされる筈ないかorz
 『尻尾は口ほどにモノを言う』『尻尾は感情のバロメーター』とは良く言いますが(動物愛好家にとっては言います。、どうやらミルヒはシンクに好意を持っているのは間違いないようで(笑 と、執務室で女王としての責務に励むミルヒは、面会する相手にシンクの動向を尋ねてしまうらしく、侍女長というか秘書の…え~と(ぉ…アメリタに少々その行動を咎められるも、またちゃんとシンクとの会話の時間を執ってあると言われ、思わず尻尾を左右にふりふり…良い(ぉ
 ダルキアンの愛チョコボ(ぉの名前は『ムラクモ』。っていうかデカッ!(汗 普通のチョコボの三・四倍の身体の大きさがあるぞぃ...(ガクガク やっぱり移動手段のチョコボにも個体差があって、また飼い主に似てくるのだろうか。レオ姫の乗るチョコボより威風堂々として格好良い…やっぱりデカ過ぎだが(笑

 リゼル「それでは。姫様直属メイド隊、勇者様の徹底洗浄…始め!」 何と言うソーp(ry いやうらやm(ry ん~…何故かミルヒと合う時間の前に、メイド長のリゼルから浴室へと通され、メイド達から身体の洗浄行為を受けるシンク(苦笑 どうやら、一日中動き回って汚れた身体でミルヒの前に立つ事がリゼルは気に入らないらしく、綺麗な身体と洋服で会って貰うと考えた末の行動らしい(笑
 ミルヒ、どうやらシンクに本気で惚れているらしい…?(ぇ シンクとミルヒがマンツーマンで合う時間となり、シンクはメイド隊からの徹底洗浄の末に洋服をタキシードに変え、ミルヒの待つ城の二階程度の高さから城外へと少し伸びた通路の先に建つ展望調のガゼボへと到着。ミルヒはタキシード姿で軽き着飾ったシンクの姿に少々驚き、シンクと互いに夜の挨拶を交わす。え~、ミルヒがお茶を煎れた事で、「ビスコッティのお茶は美味しい」と高評価のシンク。どうやらお茶はビスコッティ共和国の特産品として国外では割と高値で取引されるほどの一級品なのだとか。ミルヒはお茶を煎れる際も尻尾がピコピコ(ハァハァ(ヤメレ
 シンク「何で召喚勇者に…僕を選んでくれたの?」 アーッ!(笑 ミルヒとの時間にさりげなく先の台詞と尋ねるシンクっと。ちょっと照れ照れのミルヒですが、ちゃんとその理由をシンクに伝える事に。どうやら、“紋章術”の一種である“星詠み”というものが関係しており、『映像板』という道具を用いて色んな事を見る事が出来るのだそうで、遠く離れた世界の事や人によっては『探し物』『未来』を見たりするという。しかしそれは長く見る事は出来ないながらも、ミルヒ自身も“星詠み”が可能な為に度々覗いていた所、シンクがアスレチックの大会で懸命に競技をこなしていた姿に見惚れていたと事が判明(笑 ミルヒ「とても一生懸命で、物凄く真っ直ぐで、こんな方が私の…この国の勇者様だったら良いなって…そう思ったんです」 う~ん、もうね(何 ちなみに、ミルヒのベタ褒めな先の台詞を聞いてシンク昇天(苦笑
 アスレチック大会でシンクより上…優勝した女性はシンクの親戚で師匠でライバルだと判明。 まぁ、第1話でシンクとレベッカの会話に出て来てましたよね、ナナミという名前は。ミルヒ「他の誰よりもシンクに来て欲しい。シンクがこの国の勇者になってくれたら良いなって思ったんです」 え~、シンクはアスレチック大会をミルヒに見られていた事…敗北の悔しさから泣いた事も見られていたのだと羞恥心。しかしミルヒはそれを尊い涙として見ており、それ故に召喚勇者にしたいと思ったと力説。シンクはミルヒに「~様」や「勇者」の敬称を辞めて単に「シンク」と呼び捨てで呼んで欲しいと提案。それを了承したミルヒは、少々照れながら改めて召喚の理由を先の台詞と伝えるのであった。

 ダルキアンは『自由騎士』の身分の為、厳密には一時的に『ビスコッティ共和国』に籍を置いているだけのようで。またユキカゼの“星詠み”に従って独自の任務(探し物)を行うのだそうな。騎士団に挨拶をしに行ったにも関わらず手伝いをしていたダルキアンをロランが少々気に掛けていた“間”が良かった(笑 またダルキアンは、ロランに『ガレット獅子団領国』に纏う不穏な空気を感じ取っているとし、しかし国そのものではなくピンポイントでレオ姫にそれを感じるという。レオ姫に関して“魔物”の気配があれば自分の出番だとダルキアンは意気込むが…。
 グロ(寧ろ鬱?)展開クルー?っていうか予感? “星詠み”という造語が登場をした直後にこの展開って…。え~、レオ姫側では、レオ姫自身が“星詠み”を行い、『映像板』に映し出されるは――何とシンクとミルヒが互いに向き合ったうつ伏せの状態で、血溜まりの中に倒れて絶命(かは不明)する姿。 またシンクはミルヒから与えられた指輪型の神剣“パラディオン”で創り出した棒が折られ、ミルヒも短刀(“パラディオン”と対を成すというもう一振りの神剣“エクセリード”?)を血溜まりに落とした状態で…。レオ姫はどうやら戦の数をこなしてその運命を変えようとしていたらしいものの、更にそれは悪い方向へと悪化した様子。また“星詠み”の力も大して強くないながらも、ハッキリとシンクとミルヒが倒れる姿が『映像板』に映し出される事にレオ姫は驚愕する、と。
 『エクセリード』の主 ミルヒオーレ姫と『パラディオン』の主 勇者シンク、30日以内に確実に死亡。この映像の未来はいかなることがあっても動かない。 これは酷い(汗笑 『映像板』に映し出されたのは、映像のみではなくシンクとミルヒに対する映像の未来が絶対であるという先の内容の文章。これにレオ姫は、『グランヴェール』(グランベール?レオ姫は攻撃が炎属性的なので、フランス語で“炎”を意味する『フランベルジェ』から取った『フランベール』?)というレオ姫側の“神剣”(斧型。何か禍々しい感じもするけど…“呪いの戦斧”?(汗 これが“魔物”関連の呪物等だったら噴く。)を用い、“星詠み”…“星(or天)の力”が定めた運命を変えてみせると決起し、何とこの出来事の翌日に『ビスコッティ共和国』及び周辺諸国に対する“驚き”の布告を出したという…。次回へ続くッ!



●宜しければ、『DOG DAYS』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。投票に別途コメントは必須では御座いませんのでお気軽に投票下さい。


■投票コメにレスなんぞしてみる。
>アクションや小芝居、遠景の動きなどが毎回丁寧で驚き。好感です。
アニメ色が強い作画ながらよく動きますよね~。特に尻尾とか尻尾とか尻尾とか。

>シンクがあの世界に馴染みすぎてるのが変。帰れないかもしれないのに暢気すぎる。
第1話からあの馴染みようは、確かに異常ですがこれも一種の主人公補正と考えれば(強引過ぎる。
第6話の時点では地球へと帰る方法がある可能性が出てきましたよ~。

>今期は面白かったな
過去形…だと…?

>これは・・・某魔法少女の如く殿下が動くほど悪化する展開・・・?あの斧怪しすぎだろ・・・。
恐らくはレオ姫が戦に没頭すればする程に状況が不味くなる展開にも思えますね。斧はあからさまに妙なオーラを発してましたからね(汗笑

●その他、『DOG DAYS』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
DOG DAYS


●アニメ 『DOG DAYS』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメーション「DOG DAYS」公式サイト -ドッグデイズ-


 次回は、第7話 『宣戦布告』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←いやぁ…割と驚きの展開へ?宜しければポチッと一押し!
■当『DOG DAYS』の記事一覧(最大15件表示)。
DOG DAYS 第13話 最終話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第12話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第11話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第10話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第9話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第8話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第7話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第5話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第4話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第3話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第2話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: DOG DAYS Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (32) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

DOG DAYS 6話「シンク、ミルヒに『名前を呼んで』と伝えるなのは展開。そして尻尾振る姫」(感想)
感想 勇者様とお姫様の仲が進展していく一方で 二人の未来に暗雲が訪れる事を予見させたお話です。 尻尾振るビスコッティ王女 今回、ビスコッティ王女の尻尾の描写が強調されていました。 彼女達は犬...

2011.05.08 (Sun) | 失われた何か

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」
みんなおしっぽ可愛いо(ж>▽<)y ☆ 姫様からのごほうびは頭なでなで! さすが犬www ミニスカリコッタかわゆす~♪ シンクはすっかり異世界になじんでますね。 城内でエクレールの剣の相手が務まるの...

2011.05.08 (Sun) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 6 「星詠みの姫」
 エクレールやミルヒオーレが尻尾を振るところはかわいいですね。

2011.05.08 (Sun) | つれづれ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話 「星詠みの姫」 感想
今回で色々とフラグが立ちましたね。 これからシリアス展開になっていくんでしょうか。  DOG DAYS 公式サイト DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、堀江由衣 他商品詳細...

2011.05.08 (Sun) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

DOG DAYS ドッグデイズ 第6話 「星詠みの姫」 感想
獅子王の悲壮な決意― 「DOG DAYS」公式サイトはこちら! →http://www.dogdays.tv/ DOG DAYS 第6話感想です。 次回からは雰囲気が一転しそうですね。 やはりそういう展開になりますか。こ...

2011.05.08 (Sun) | crystal cage

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」
シンクがこの国の勇者になってくれたらいいなって思ったんです――。 ミルヒのコンサートも終り、束の間の平穏な日が訪れ。 それぞれの日常をすごす犬な人たち…これが本当の犬日々ですねw  ▼ DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」  戦で勝った側では賞与も出ます

2011.05.08 (Sun) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第06話 「星詠みの姫」荒ぶるしっぽ回!!からのまさかの”シリアス”だと・・・誰得だ( ゚д゚ )
DOG DAYS 第06話 「星詠みの姫」 今回も途中回からの感想なのであらすじと概要など ・概要・あらすじ 外交手段としての戦争が、死傷者の出ないスポーツ的な興業として行われている異世界を主要な...

2011.05.08 (Sun) | なんだかんだで漫画好き

この記事へのTrackback

DOG DAYS  『EPISODE6星詠みの姫』感想
こっちもシリアス展開キタああああああ!!! 何もタイバニと時期を合わせんでも・・・。 でも、まだシリアス展開と決まったわけじゃないけどね。 それにしても、シンクが釣った魚が全く美味しそう...

2011.05.08 (Sun) | 洒落た乾杯でも…

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 06『星詠みの姫』 感想
わんこかわいいなぁ……(*^ω^*)

2011.05.08 (Sun) | てるてる天使

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 06『星詠みの姫』
コンサートから一夜明け。 戦に二連勝をした騎士たちはその報酬を受け取り……

2011.05.08 (Sun) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE6「星詠みの姫」
姫様奪還戦もレオ姫乱入で無事(?)終了。 ミオン砦での戦とミルヒのコンサートから一夜が明け、領内に駐留していたガレットの兵士達も祖国へと撤退開始。 そしてビスコッティ、 ...

2011.05.08 (Sun) | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪

この記事へのTrackback

DOG DAYS#06
EPISODE6 『星詠みの姫』  ああ、うん。お給料の手渡しって、意外と嬉しいモンだよねww まして“ほちゃ姫さま”手ずからの上、あわよくば『なでなで』つきですってよ皆さん! チョットこれからアイアンマ...

2011.05.08 (Sun) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第06話
[関連リンク]http://www.dogdays.tv/EPISODE 6 星詠みの姫姫のコンサートの翌日戦争が終わり勝利国のビスコッティは兵たちに賞与を与えるそれからさらに数日後シンクはエクレールと模擬戦をし...

2011.05.08 (Sun) | まぐ風呂

この記事へのTrackback

DOG DAYS 6話 「星詠みの姫」 感想
前回。歌を歌ったビスコッティ姫。 売り上げ上がった?(←コラ) 撤退ということは戦争はこれで終了ということですね。 そして表彰式……いわゆる給料手渡し式ですね? 銀行振込じゃないんだ(←マテ) DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真

2011.05.08 (Sun) | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

この記事へのTrackback

『DOG DAYS』 第6話 感想
時間の経過って、ストーリーの転換点でもありますよね。 あれから数日が経って、シンクは一層城の皆と馴染んでいるようです。 特にエクレールとの仲は深まったのかな。 2人の会話からするに、省略された...

2011.05.08 (Sun) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」
「他の誰よりも、シンクに来て欲しい。シンクがこの国の勇者になってくれたらいいな…って思ったんです」 シンクがフロニャルドの世界に馴染み始める話。 今週もミルヒとシンクのあのシーンは(上記の台...

2011.05.08 (Sun) | 日記・・・かも

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話
「エクレヘブン状態だ。」 アニメでヘブン状態って単語聞くの初めてだw

2011.05.08 (Sun) | 地図曹長の時酷表

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話感想~名前でお呼びしてもいいですか、勇者様?~
タイトル「星詠みの姫」

2011.05.08 (Sun) | サイネリア~わたしのひとりごと~

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話
第6話『星詠みの姫』DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・シンクもすっかりこっちでの生活に馴染んでいますね。

2011.05.08 (Sun) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第6話『星詠みの姫』の感想レビュー
今までが前フリでここからが本番ですか!な、新事実発表&伏線回でした。 というか、閣下、案の定マジイイ女過ぎるでござるの巻。 筋肉痛回復のために必要だとは思っていましたが、あっさり数日経過とか思い切りが良かったですね。 シンクとみんなが仲良くなっていくとこ...

2011.05.08 (Sun) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

この記事へのTrackback

DOG DAYS 6話
第一印象から決めてました。 というわけで、 「DOG DAYS」6話 結びつく運命、途切れる運命の巻。 あなたじゃなきゃダメなの。 あの日彼の流した涙が、ミルヒ姫の心を動かした。 実力や結果以上に...

2011.05.08 (Sun) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話 「星詠みの姫」
血だまりスケッチならぬ『BLOODOG DAYS』、開幕…?

2011.05.08 (Sun) | ハルソラ ~Spring Sky~

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE.6
DOG DAYS EPISODE.6 『星詠みの姫』 ≪あらすじ≫ シンクが召喚されて数日が経過した。未だ明確な帰還の方法は発見していないが、過去に召喚された勇者が役目を終えて帰還した前例を発見し、前向きにシン...

2011.05.08 (Sun) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話 「星詠みの姫」 感想
フロニャルドの休日―

2011.05.08 (Sun) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第06話 「星詠みの姫」
シンク「エクレヘブン状態だ」 ヘブン状態いうなw 姫様のなでなでは天才的らしい。 白杜もエクレの頭なでたいお…。 そこから数日。 シンクはもう騎士団などと打ち解けてるみたいです。

2011.05.08 (Sun) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

DOGDAYS:6話感想
DOGDAYSの感想です。 急にシリアス来たな(汗)

2011.05.08 (Sun) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 6「星詠みの姫」
EPISODE 6「星詠みの姫」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201105/article_14.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信...

2011.05.09 (Mon) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

DOG DAYS 6
第6話 「星詠みの姫」 セブン・アークスの作品としては珍しいほどのヒットではないでしょうか。 いつもは作画がすぐ崩れるのですが、今回はがんばってます。 まあモブキャラをまったくデザインしていないから、その分メインキャラに力入れられるのかも(笑) 姫様...

2011.05.10 (Tue) | MEGASSA!!

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第06話 感想
 DOG DAYS  第06話 『星詠みの姫』 感想  次のページへ

2011.05.10 (Tue) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 6「星詠みの姫」 感想
戦争に勝ち、つかの間の平和な日々。 そしてとうとう明かされたレオ閣下のミルヒ姫への態度の理由。 ラブコメ路線で終わるかと思いましたが、シリアスな展開へと進み始めます。

2011.05.11 (Wed) | でもにっしょん

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話 「星詠みの姫」 レビュー・感想
 ミルヒ姫を無事コンサート会場まで送ったシンク、ガレット獅子団も撤退を始めてビスコッティもようやく平和に。そこで城内ではミルヒ姫から褒章の儀が始まる。 今回は勇者の補 ...

2011.05.12 (Thu) | ヲタブロ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第6話 「星詠みの姫」 を観て
 召喚そして戦2連戦の長い1日が終わってから数日、シンクは平和なフロニャルドを満喫中。  ただダラダラ過ごすだけじゃありません。リコ、エクレ、ユッキーにダルキアン卿、そしてミルヒと、かわいい女の...

2011.05.14 (Sat) | きんかん ~最近みたアニメについての感想とか~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。