一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

電波女と青春男 第7話 (レビュー/感想)

Category: 電波女と青春男  05/27 /2011 (Fri)

第7話 『誰かさんの思い出になる日』


ストーリーは…。
真の部屋訪問より約一月前。和菓子屋でバイトしている前川さんに、謎の人物からペットボトル入りのコーラ5本が届けられる。最近頻繁にペットボトルロケットを打ち上げている人からの贈り主ではと推理した前川さんは、打ち上げ現場を訪れて、1人の男と遭遇。
男は自分が贈り主だとあっさり認めると、前川さんにペットボトルロケットの製作を依頼してきた。1体につき5000円という破格の製作費を提示され、前川さんは依頼を引き受ける。


■第7話 『誰かさんの思い出になる日』…のほぼAパート(何


■第7話 『誰かさんの思い出になる日』…のほぼBパート(何




うーん。
何故にお風呂シーンをSDキャラで描くのか。
という局所的な感想しか出てこなかった件(マテ 厳密にはお風呂シーンではないが。女性陣のお泊り=お風呂といっても過言ではないのにorz
何かもうそういう所に秀逸と称される作画の力を如何なく発揮しちゃえば良いのになぁ...。その作画もかなり怪しくなってきていますけどね(爆
何度もくどいようですが、当アニメ作品の方向性が暗礁に乗り上げた印象が強いけど、もう少し視聴者を引き付ける展開にならないものか。

 前川さん「5月20日。コーラを分け与えてくれるストーカーが誕生した」 なん…だと…?『毒は入っていません。炭酸が苦手だから差し上げます』(要約)という旨の記された紙と共にコーラ数本が前川さんのバイト先の店の前に届く…と。単純に気持ち悪いが、炭酸が苦手なのにコーラをあげるっていうと――あれか。何かのオマケ付き(フィギュア付きボトルキャップ等)コーラを購入して、飲みたくない炭酸を他人にあげる、みたいな?(笑 しかも500mlではなく1.5mlのペットボトル数本て....。結局、バイト先の和菓子屋の店長のお姉さんが飲んで処分する事に(笑 また前川さんは、その“犯人”の目星も付いているらしく、それはペットボトルロケットを打ち上げている人物だと思っており、後日、直接打ち上げの現場を調べに行こうと思案する。
 え~と…前回の続きかと思いきや、先の差出人不明のコーラの時点で過去のお話なのね(苦笑 え~と、真がエリオとの海への自転車ダイブを経て右手を骨折後、退院した後に前川さんが学校で真と一緒に学食で昼食を摂る。前川さんは昼食を両親に頼むと家が居酒屋を営んでいる為にオカズが残り物になってしまうのを理由に、昼食は学食で済ませる事にしているのだそうな。あと真の苗字を未だに覚えておらず、『転校生』と呼び続けるものの、必死に流子の呼び方を思い出し、真より先に学食を上がった際に『丹羽くん』と声を掛けてみるも、真の反応がイマイチだった(『転校生』と呼ばなかったので驚いているだけ。)為に心中で「(違ったか?)」とボソリ(笑 結局、次からも『転校生』で落ち着くと決めるのでぇ~あった、と。

 前川さん「明日からバナナのきぐるみ着てきます」 店長「やめやがれ♪」 ちょっと噴いた(笑 前川さんがバイト先の店頭設置のベンチに腰を下し、バナナパンを食べていると店長が店から出てきての少々の会話。前川さんはバナナパンを食べ終えると、店長へバナナパンが美味しかった旨を伝え、また先の台詞と付け加えた為に店長は笑顔でそれを制する言葉で返答(笑
 バイト終了後、夕暮れ時ながらも例のペットボトルロケットの発射場所を調べる前川さんは、ペットロケットを周囲に迷惑を掛けずに飛ばせる条件が揃っている場所を、最寄の廃校だと思案して足を運ぶ。って…あぶないよねぇ、女性一人でこういう場所に向うって。それに廃校といえど不法侵入になるよーな。“耳標”型ピアスの男性「君の…そう、ファンなんだ」 という事で、ペットボトルロケットを発射していた男性が判明。以前、女々が『自分のファン』だと言っていた右耳に“耳標”型のピアスをしているフォーマルスーツを着たリーマン風の男性であった。前川さんは男性に声を掛け、コーラを置いていった件と何故自分なのかと尋ねると、男性は先の台詞と『前川さんのファン』だからだと言う(笑
 “耳標”型ピアスの男性「あ~…ま、ただの“趣味”だよ。本物のロケットを宇宙に打ち上げる事は出来ないから、代わりとしてコイツに…」 以上、男性がペットボトルロケットを飛ばす理由でした。“耳標”型ビアスの男性「実はさ、ペットボトルロケットを作製して欲しいんだ。(中略) タダでとは言わない。一体に付き、コレ(手を開いて前川さんへ向ける。)でどうかな?」 前川さん「…500円?」 “耳標”型ピアスの男性「5,000円!」 前川さん「ッ!?」 何という金持ち(笑 前川さんは何と男性からペットボトルロケット製作を手伝って欲しいと言われ、その高額とも言える報酬に目が眩み(マテ、夜のバイトとして「誰かが困った時には、前川さんなのだ」と了承をするのでぇ~あった(笑 ただ、条件として『1個作ったら、その都度、発射場である廃校のグラウンドへと持って来る事』…らしい。

 で。前川さんに焦点を当てた過去のお話は強制終了(時系列滅茶苦茶)し、唐突に前回からの続きでエリオ宅の居間(客間、か)で気まずく会話も乏しく前川さんの帰宅を待つ真・エリオ・流子の三人。ん~…TVでも付けて見るとか、誰かがお茶を入れてくるとか、色々と試行錯誤のしようがあるでしょうよ、気まずい雰囲気であるならば(苦笑 まぁ、真がお茶を入れにキッチンへと向かい、その為に居間にはエリオと流子の二人きり....地獄だな(ぁ 真「粗茶ですが」 (エリオにお茶を渡す。) エリオ「お茶ですが」 (真からのお茶を流子に渡す。) 流子「他茶ですが」 (エリオからのお茶を真に渡す。)…の無限ループ。うん、面白くない(死
 前川さん「でも、花を愛でるのに花言葉を知る必要はないんだよ~…転校生」 真「?俺やエリオに何の関係があるのか気になるんだけど…」 前川さん「私も花言葉はサッパリ知らないんだよ~…悪いね」 いや、訳分からん(笑 真がラノベ的台詞回しな表現をしなくなったと思ったら、前川さんがその穴埋めのような言い回し...まぁ、確かに言い得て妙で語感の響きも良いのだけどさぁ~ぁ。え~、真達の下に前川さんが戻って来るのだが、前川さんは白衣を着込み伊達眼鏡を着用し、サンタクロースの袋を担いでの再登場。何でもペットボトルロケット作りを真とエリオにさせて欲しいという女々の指示で、だそうな(苦笑 また女々の部屋に作製用の道具があるという事で、真が前川さんを女々の部屋へと誘導。その道程で真がペットボトルロケットを作る意味を尋ねるも、前川さんの返答は先の台詞で~…というお話(笑
 前川さんのペットボトルロケット製作講座ぁ~…うん、興味なし!(笑 まぁ、懐かしいけども。真と流子は前川さんの説明通りに順調に作っていくものの、エリオはこういう手先を用いる作業は不器用らしく四苦八苦。エリオが真の助言を受けてペットボトルを根限りの力で抑える方の手で握るシーンは少し笑った。でもって、何とか無事に三人分のペットボトル4人分は完成し、前川さんは『全部が打ち上がる訳じゃない。宇宙から吊り上げて貰わない限り』(要約)と言い、自称・宇宙人とのた打ち回っていたエリオはこの言葉に自分を馬鹿にされたのかと頬を膨らます。しかし前川さんは続けて、『お前(エリオ)の宇宙パワーを貰って打ち上がると信じている』(要約)と期待する旨を口にした事で、エリオの機嫌はアッサリと良くなるのでぇ~ありました。

 愛情の篭らない上辺だけの褒め方をしている様を見ると…イラッ☆とくる♪みたいな。え~、ペットボトルロケットを作り終えた真達は各自で創作料理を作る事に。真はキッチンで料理を始める流子と前川さんの様子に見惚れ、隣に居たエリオが作ったペットボトルロケットを「作った」と言ってきても「えらい×2」と生返事的に頭を撫でる(苦笑 が、それを見た流子が嫉妬心を露にし、エリオの頭に手を置くと包丁をチラつかせ、エリオの頭から手を退けると包丁を引っ込める。う~ん、流子には“ヤンデレ”の素質がありそうだな...(マテ
 真「何で皆、『ご飯に何かを乗せるという形態の料理』なんだろう…?」 流子「手軽だし」 前川さん「得意だし」 エリオ「ハムだし」 真「最後の子には、『もう少し日本語を頑張りましょう』の判を押してあげたい…」 という事で、各々が作った料理=丼物、であった(笑 理由は先の台詞なのだがエリオだけ妙なのはお察し。前川さんの料理は『親子丼』で全員が絶賛するほどのお味のようで(流石は居酒屋の娘)。流子の料理は『鶏肉抜きの親子丼』…はぃ?鶏肉が無いって…orz 真の称する通り『卵丼』であるが、流子は『真が親子丼好きだから』という情報を知ってそう名付けた様子....なら鶏肉入れた普通の『親子丼』をだな(ry で、卵の中にパイナップルを隠し味に入れており、味は当然の様に――死亡(ぉ 真の料理は『目玉焼き丼』でエリオは『ハム丼』。二人の丼物の味の紹介はなし!(苦笑
 流子「では、ちょいと着替えを取りに…」 エリオ「私のを借りる…?」 流子「えっ?」 真「(へぇ~。)」 流子「うん…じゃぁ…お願いしちゃおうかな」 エリオ「それが良い…それが良い…」 何故か急遽エリオ宅にお泊りする事になった流子と前川さん。しかも言い出したのは意外な事にエリオで、流子が先の台詞と着替えを取りに自分の家に戻ろうとしたのを制し、自分の洋服(着替え)を貸すとまで言うのだから意外性(ぇ しかし、相変らずアニメキャラながらも真のリア充っぷりには参ったわ。とても青春を求める男の置かれる周囲の環境じゃぁ~ねぇ(苦笑
 流子「何でこの子は服を着たまま、お風呂に入るのですか!」 エリオ「間違えた」 お風呂キター!!!のに何故にSDキャラ風での描写なのか(爆 え~、風呂上りのひと騒動。先に風呂から上がり居間で頭を拭く真の下に、バスタオル一枚の流子が同じくバスタオル一枚ながらも具合悪そうな前川さんと服を着たままのエリオを両脇に抱えて登場。湯船に洋服を着たまま浸かったというエリオを先の台詞で愚痴、更に顔色の悪い前川さんの虚弱体質故の湯当たり具合に突っ込む(笑

 流子「実は明日ね、私の誕生日なんだ」 う、うーん、何か妙にメイン~サブキャラに至るまで誕生日が集中しているというか、『誕生日ネタ』が多いような気がする(笑 で、真がエリオ宅の縁側というかベランダで、お風呂上りの余韻と夜空を見上げている所に流子が訪れ、自分の分も確保済みのオレンジジュースを差し入れ。その後の会話の過程で、ふと流子がモジモジとしながら先の台詞を口にした為、真は流子に「おめでとう」とオレンジジュースで乾杯。結果、真が「今度、皆で祝わおう」と提案した事で――またグループでのイベントが発生するようです(笑
 真「では。あくまで現時点での報告を。例えば街中でエリオが昔のクラスメイトに絡まれたりする。それを通り掛かった俺が目撃する」 流子「…うん」 真「そしたら俺は、多分エリオに味方するよ」 流子「…」 真「(馬鹿だなぁ、とは思うけど。でもなぁ…見捨てるほど賢くなりたくないし。)もし、その場にリュウシさんも居たらさ、俺の背中を蹴り飛ばしちゃえば良いと思う。俺がした事で迷惑を掛ける訳にはいかないから。孤立しても、何とかそれなりに楽しくやっていくから」 以上、以前に流子が真に『エリオと関わったら周囲からバブられてしまうから止めた方が良いよ?』という助言に対する真の今現時点での“答え”でしたよっと。まぁ、男ならそうするのが当然というか何というか。
 流子「あくまで現時点で、の話ですけどね…。アタシはそういう時、藤和さんの味方にはなんないよ」 真「うん」 流子「でも…でも…!丹羽くんの味方にはなると思う」 (中略。流子が照れの余りに去って行く。) 真「(4ポイント…かな.。)」 以上、流子の現時点での真が例に挙げた状況下で自分が執るであろう行動の“答え”でしたよっと。しかし、流子は『エリオの味方は出来ないが真の味方にはなる』という、視聴者からすると別にそう流子が答えても何ら意外性の欠片も無いというお話(爆
 前川さん「転校生と海に行くっていう予定が、こういう形で実現するとは予想外―」 流子「ピピーッ!」 流子の嫉妬深さは異常(笑 次の日(?)となり、前日に作製したペットボトルロケットを手に、最寄の…エリオと縁の深い海へとやって来た真達。海を眺めながら前川さんは先の台詞を呟き、流子はサッカーのレフェリーの笛の真似で警告を促す(苦笑
 “耳標型ピアスの男性「俺の青春が掛かってる。頼むぞ…!」 真「!(正直、ここに至るまでの過程は把握出来ていない。何にどう関与していたかも不明瞭で、流されてるなぁと思う。でもま、いいじゃん。他人の“青春ポイント”の獲得に手を貸すのも、たまには良いだろう。俺は『青春男』なのである。阿呆なほど愚直に…!)」 何、この良い最終回だった的な真の台詞回し(苦笑 砂浜へと降りた先に前川さんと交流のある“耳標”型ピアスの男性が先に来ており準備中。男性に挨拶をする真達に、男性は挨拶も早々に準備に取り掛かって欲しいと頼み、真を除いたエリオ・流子・前川さんは準備へと向かう。男性は手持ちのバッグからペットボトルロケットを取り出すと先の台詞を口にし、真はその言葉に何かを突き動かされたように唐突に脈絡なく与えられた使命に対して『悪くないかも』と思案の後、既に遠方で準備を始めていたエリオ達の下へ疾走するのでぇ~あった、と。うーん、何がしたいのか今一つ伝わってこない物語構成だぜ...orz



●その他、『電波女と青春男』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
電波女と青春男


●アニメ 『電波女と青春男』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
電波女と青春男 公式ホームページ|TBSテレビ


 次回は、第8話 『ツィオルコフスキーの祈り』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←女性キャラ可愛いけどナッ!(何 宜しければポチッと一押し!
■当『電波女と青春男』の記事一覧(最大15件表示)。
電波女と青春男 第11話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第10話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第9話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第8話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第6話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第5話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第4話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第3話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第2話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 電波女と青春男 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (19) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話 「誰かさんの思い出になる日」 感想
青春だなぁ―

2011.05.27 (Fri) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話 「誰かさんの思い出になる日」
青春ポンント・サービスデー☆(笑) という真にラッキーなお泊り回となりましたw バスタオルのシーンはBDではリアル等身になります♪(うそ) ってか、今回は作画リテイクしないとかなりヤバい感じですね...

2011.05.27 (Fri) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話「誰かさんの思い出になる日」
『真の部屋訪問より約一月前。和菓子屋でバイトしている前川さんに、謎の人物からペットボトル入りのコーラ5本が届けられる。最近頻繁にペットボトルロケットを打ち上げている人からの贈り主ではと推理した前...

2011.05.27 (Fri) | Spare Time

この記事へのTrackback

電波女と青春男 7話「誰かさんの思い出になる日」
これも青春の一幕・・・なのかな? 電波女と青春男 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2011/06/22)大亀あすか、入野自由 他商品詳細を見る

2011.05.27 (Fri) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

電波女と青春男 07章『誰かさんの思い出になる日』 感想
ペットボトルロケット(´・ω・`)

2011.05.27 (Fri) | てるてる天使

この記事へのTrackback

電波女と青春男 07章『誰かさんの思い出になる日』
5月20日。 前川さんにコーラを分け与えてくれるストーカーが誕生した。

2011.05.27 (Fri) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話 「誰かさんの思い出になる日」 感想
真の出した答えはやはりそうかというものだったね。 第7話 「誰かさんの思い出になる日」 感想は続きから

2011.05.28 (Sat) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

電波女と青春男:7話感想
電波女と青春男の感想です。 はじめてのおとまり。

2011.05.28 (Sat) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話「誰かさんの思い出になる日」 レビュー・感想
「私はそういう時、藤和さんの味方にはなんないよ・・・でも、でも、 丹羽君の味方にはなると思う。」 前回での駄菓子屋での一件で真にエリオをかまっているところを学校の連中 ...

2011.05.28 (Sat) | ヲタブロ

この記事へのTrackback

[アニメ]電波女と青春男 第7話「誰かさんの思い出になる日」
なんだろう、Bパートだけでも、ボリュームがすごい。一場面一場面が魅力的で蠱惑的で悲観的。でも、希望は残っている…気がする。

2011.05.28 (Sat) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 7
第7話 「誰かさんの思い出になる日」 冒頭は前川さん、今日も素敵なコスプレ。 誰が届けたとも分からぬコーラの処理に困っている様子。 バイト先の「できる店長代理」はあっさり受け取りましたが…。 エリオがまともになってからは、他のキャラがメインになって...

2011.05.28 (Sat) | MEGASSA!!

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第07話 感想
 電波女と青春男  第07話 『誰かさんの思い出になる日』 感想  次のページへ

2011.05.28 (Sat) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第07話 『誰かさんの思い出になる日』
流子と前川さんが真とエリオのお宅訪問。女々さんの提案で晩御飯を食べていくことになった。 何故にSD?ヒロイン三人のお風呂イベントです。入浴シーンが無いだけでも物足りないのにデフォルメとはこれいかに。せっかくの集客チャンスをドブに捨てるつもりなんでしょうか。...

2011.05.28 (Sat) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

電波女と青春男~第7章「誰かさんの思い出...
 高校2年生の丹羽真(にわまこと)はおばの家にあずけられた。 その家で出会った謎の少女エリオとの物語、7話目。時は5月までさかのぼって、前川さん視点。 5月20日、コー...

2011.05.28 (Sat) | ピンポイントplus

この記事へのTrackback

「電波女と青春男」7話 誰かさんの思い出になる日
Aパートは前川さん視点による山本なる人物と出会うまでの回想。 前川さんが言ってた夜のバイトはこれか。ペットボトルロケット1個制作で5000円とは良いバイトだな。「誰かが困ったときには前川さんなの...

2011.05.28 (Sat) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

『電波女と青春男』 第7話 感想
ペットボトルロケットかぁ。 作ったこと無いなぁ。

2011.05.28 (Sat) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第07話 「誰かさんの思い出になる日」
同学年の女の子三人と同じ屋根の下で一晩過ごすなんてドキドキだよ。 青春ポイント一気増しの「電波女と青春男」の第7話。 TBSの番組公式ページはこちら。 珍しく流子と別の昼食を取る真と学食で同席...

2011.05.29 (Sun) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第7話「誰かさんの思い出になる日」
ペットボトルロケットには夢が詰まっている

2011.05.29 (Sun) | 隠者のエピタフ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第07話 「誰かさんの思い出になる日」
大門ダヨ 今回作画が・・・ いや気のせいだな

2011.06.01 (Wed) | バカとヲタクと妄想獣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。