一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

DOG DAYS 第9話 (レビュー/感想)

Category: DOG DAYS  05/29 /2011 (Sun)

第9話 『グラナ砦攻防戦』


ストーリーは…。
ビスコッティとガレットの大戦は続いていた。現状ではビスコッティがやや有利だが、ガウルやゴドウィン将軍を中心としたガレットの猛攻もすさまじく、まだどうなるかはわからない。ミルヒを連れたシンクとエクレールは敵の砦へとたどり着き、息の合ったコンビネーションで守備隊を撃破。いよいよレオのいる砦の中心部へと近づいていく。そしてミルヒは単身レオの元へと乗り込み、この戦を起こした本当の理由を問いかけるのだった。


■第9話 『グラナ砦攻防戦』…Aパートまとめ~。


■第9話 『グラナ砦攻防戦』…Bパートまとめ~。


■嵐の前の最後(?)の“お色気”?

お色気描写に気合いを感じる。
と、何か不自然な位にお色気過多だったAパートに相反してBパートは怒涛のシリアス展開だったので、もう温度差が激しい×2(汗笑
ちょっとだけ上記キャプ画のクオリティも上げてしまいましたが、リコッタのお色気描写は『反則』、ベールのお色気描写は『意外』(笑
あ、『最後』と書いていますが、“魔物”の登場が少し早い気もしますし――別途、お色気シーンはまだ希望を…捨てられないんだ!(ぉ



…えっ。
何、この超ド級シリアス展開(滝汗
『超ド級』という表現に自分の昭和的センスを感じた(ぁ あのシンク&エクレール vs レオ姫と思いきやミルヒの武装仕様登場時は鳥肌(汗笑
そして、それはレオ姫が対決直前に見た“星詠み”と酷似して…。どんどん状況が芳しくない方向へと転がり続けるローリングストーン(謎
更には“魔物”…とうとう“魔物”がレオ姫の“星詠み”の通りに出現。しかしミルヒを手に掛けるのが“魔物”とは決まっていない…気もする(ぇ
しかしシンクとエクレールは徒労状態だよなぁ。折角、『天空舞踏台』に辿り着いても…あ!そこでリコッタの乗るハーランの出番かッ!!(笑
で。話は変わるけども、何からの介入が在ると思われていた地球待機組(?)のレベッカの存在意義が微妙になってしまっているのが残念。

 レオ姫「ワシが…一人で勝つ」 なん…だと…?一騎当千?(笑 ダルキアンの方が似合うけど。さて、ガレット側ではレオ姫にガウル付きのメイドさん…名前はー…あ~…ルージュが『スリーズ砦』でのビオレと近衛戦士団の潜入任務が失敗に終わった事や諸々の戦の動向を報告。ルージュはビオレを『お姉様』と呼称している事から、ビオレは相当お国の女性陣から慕われている様子。しかしレオ姫は、ビオレ達の任務を叱る訳でもなくただ了承し、ガウル・ジェノアーズ・ゴドウィン達の動向も好きにやらせて興行的な面白味を演出させておけば良いと、最後には何と先の台詞と自身が今回の戦を終決させると断言する。
 ガウル「大戦をサボってたと言われちゃ、俺達の面目も立たねぇ。それなりに派手に、程々に気合入れて行くぜ!!」 ゴドウィン「ぶるぁぁぁぁぁ!!」(※これは嘘です。) え~、一方の『スリーズ砦』へと向かうガウル・三馬鹿・ゴドウィンの軍勢。黒猫から『スリーズ砦』にミルヒが居ないと聞かされ、ガウルは先の台詞と遠慮なく砦落しが出来ると意気込む、と。ゴドウィンはガウルと同行が出来るだけで幸せらしいです(ぇ
 『チャパル湖沼地帯』での戦は、総勢三万人の激突でありながらも佳境へ(早。 両国のバトルフィールドでの獲得ポイントは『ビ:5100 対 ガ:4900』でビスコッティ側が若干有利だという。一方、ビスコッティ側の二番隊…シンク・ミルヒ・エクレールが『グラナ浮遊砦』を目視可能な場所まで進攻。成る程、二番隊は『軽装騎士隊』故に進攻速力もあるのか…寧ろ、チョコボ(“セルクル”)の脚力がそれ用に強化されているのだろうけど。
 ダルキアンの強さは異常。そして、『ムラクモ』が妙に眠たそうな目をしている件。え~、『チャパル湖沼地帯』から『スリーズ砦』へと抜ける橋の手前で、ダルキアンが悉くガレット側の一般参加兵達をフルボッコ。それでも多数の兵士達がダルキアン目掛けて向かうも、ダルキアンの『瞬皇・煉天砲』(しゅんこう・れんてんほう。正式な漢字は分からないので適当に当て字。)を放って更に倒し捲くった為、流石の一般参加兵士達も「無理だ」と見切りを付けてその場を引いて行く。と、そこに伝令兵が現れ、『ダルキアン並びにユキカゼの率いる兵士達は二番隊の加勢に回る様に』と指示を受けたダルキアンはそれを了承。既に敵味方の兵士達が疎らな(バラけている)様子から、『チャパル湖沼地帯』を一気に駆け抜けて向かう指示をユキカゼ並びに追従の兵士達へ命令する(ダルキアンを先頭にして)…のだが――。

 バナード「申し訳ありませんが、ここはお通し出来ませんね」 ダルキアン「ほぅ。それは“一騎討ち”のご提案と受け取って宜しいか」 バナード「ご無礼でなければ…是非」 お~、バナードはダルキアンの実力を知って、尚も余裕綽々な様子で挑む程の実力は持っているようで…って、伊達に将軍の地位ではないというお話、か。しかし――???「その勝負待ったぁー!!」と、現れる子安…じゃなかったエクレールの兄・ロラン。まぁ、ロランは今まで殆ど…第1話~第2話とかそこらしか目立った出番がなかったからなぁ(笑 ロラン「バナード!“一騎討ち”なら私が受けよう!」 という事で、ロランの乱入により、ロラン vs バナードの構図での戦いへ。ダルキアンは戦い好きなのでションボリ…かな(笑 ダルキアン達は二番隊への支援へ向かいマス。
 ロラン vs バナード。ロランとバナードは生まれというか家柄が騎士の家系であり、私生活では季節の贈り物(引き出物)親しい友人関係らしく、“一騎討ち”の戦いはお互いが3年前に『騎士団長』を拝命してからは“初めて”であるという。騎乗するチョコボも名機で武器も長槍と盾という典型的な騎馬兵装。さてさて、二人の勝負の行方は~。
 『スリーズ砦』では砦前でガウル・三馬鹿・ゴドウィンが一般参加兵や直属の騎士団員をフルボッコ。まぁ、基本的に一般兵士達と騎士団員では相手にならないのは、アニメ作品の志向性(ry …まぁ、取り合えず、ガウル達は元気です(ぉ

 リコッタ「“飛翔機”ハーランと“学院砲術師”リコッタ・エルマール…出撃でありまぁ~すッ!!」 ガ、ガンダム…だと…?(笑 でも、こういうカタパルト…じゃなかった滑走路からの出撃時には、何故にそういう台詞回しが王道的になっちゃってるのだろう(ぇ え~、『スリーズ砦』の上方の外壁の一部が滑走路へと迫り出すように変形し、そこからメイド隊の面々の弓による支援を受けながら、メイド服を着たリコッタがミルヒの愛機・ハーランと共に空を飛び、ミルヒの下へと向かうのだが――その際のリコッタの掛け声が先の台詞、と(笑 しかし、そんなリコッタを三馬鹿…ジェノワーズのウサ子ことベールが自身の従える弓手隊に撃墜命令と弓を放ち、またベール自身も強力な弓でピンポイントにリコッタへと弓を射る。
 リコッタ、死亡――にはならない、ベールの射た矢の一撃(笑 何故か衣服が破けて半裸になるリコッタ。パンツは死守!(マテ ベールがリコッタ達へ向けてピンポイントで射た“紋章力”を伴った矢は、ハーランへと直撃するかと思いきや、矢の特性を完全に無視してハーランへと刺さる一歩手前で曲がり、騎乗するリコッタの心臓部分を直撃(滝汗 多分、ベールの放った“紋章力”が宿った矢は、空中で一瞬静止した後、再度、超加速してハーランへと向かっているので、一段階目は実体のある矢を空中に放ち飛距離を稼ぎ、その後に“紋章力”によってエネルギー化及び標的をセットされた矢が二段階目として射出されたように感じますね。ロケットと同じ方式で(マテ
 ベール、死亡――にはならない、リコッタ撃墜に目を奪われていた隙を突いた…名前は失念したが騎士団員の長槍の投擲(笑 リコッタと同じく何故か服が破けるベール(爆 あぁ、そっか。主要キャラ寄りのキャラは“獣玉”にならず、服が破けてしまう仕様なんだ!(ぁ って、ダルキアンが手を抜いてレオ姫に負けた時も脱げてましたっけ。しかし、弓手の穴…だよなぁ。標的に目が行き過ぎて他方からの攻撃に気付かないって…単にベールの反応が鈍かっただけのような気もしますが(笑 ちなみに、リコッタはハーランの機転により、落下中に救われた事でセーフ…半裸状態だけどナ!(笑

 迫撃砲弾を棒でかっきーん☆のシンク(爆 『グラナ浮遊砦』側では、シンク一派を迎え撃つガレット兵士達が砲撃による攻撃を実行。エクレールはシンクに盾を出してミルヒを守るように指示。それに従うシンクは大き目の盾でミルヒを銃弾から守り続けるのだが、そこへシンク狙いの迫撃砲弾が飛来。しかしシンクは、手持ちの棒でその砲弾を特大ホームランというかフライ気味に空中へと打ち返す(苦笑 予想外で破天荒なシンクの行動に実況レポーターやガレットの兵士達、果てはミルヒやエクレールもあんぐり(笑
 シンクの行動に「派手好き」と称するエクレールは、今度は自分の番だとばかりに一番前へと躍り出て、空中へと後方宙返りをしながら手持ちの二本の短剣に“輝力”を込め、『閃空・二重一文字』(せんくう・ふたえいちもんじ。当て字です☆)を放ち前方の兵士達を叩く。見事なパンチラだったぜ、エクレール(ぁ まぁ、しない方がおかしいもんなぁ、ミニスカートであんなアクロバット技を極め込むとなると。で。自身の攻撃を皮切りに、残存兵士達の掃討を同行の兵士達へと指示するエクレールで~あった。また、ほぼ同時期に『グラナ浮遊砦』一帯の天候が快晴から暗雲立ち込める空模様へと…。
 決戦直前のレオ姫の“星詠み”で見えた未来が再び塗り替えられた…? 何とミルヒを殺害してしまう相手が巨大な“魔物”であるという内容に変わってしまった様子。でもなぁ…“魔物”に操られたレオ姫自身がミルヒ殺害に関与、という線も個人的には捨てがたい。余りの未来の変更に驚愕して“星詠み”から目を覚ますレオ姫は…。
 ダルキアン「(この反応…かなりの“大物”か。)」 レオ姫が先の“星詠み”をした後、シンク達の支援に向かうダルキアン達の耳に“犬笛”のような音が鳴り響く。これを聞いたダルキアンは、後方に同行する兵士達の兵士長に『一般参加者も楽しめない状況になっている可能性がある為、先に向かって余計な敵を排除して来る』(要約)と言い残し、ユキカゼ(+α…犬達)と共に先へと急ぐ。その過程でダルキアンの手甲が発光し、心中で向かう『グラナ浮遊砦』に強力な“魔物”の気配を感じたと先の台詞のダルキアン。ユキカゼ曰く、“魔物”は一国を滅ぼす事もあり、“大地の神”をも手に掛ける場合もあるという。 ん~、ユキカゼの『国を滅ぼす』というイメージ映像には幼い頃のダルキアン(?)、『神を殺す』というイメージ映像にはユキカゼ…と各々の姿が。訳ありですねぇ...。

 レオ姫「ワシは今、この砦の最上部、『天空舞踏(武闘?)台』に居る。ここまで辿り着いた褒美に、貴様らに“一騎討ち”のチャンスをくれてやろう。“グランヴェール”も“エクスマキナ”もここに在る。これを奪えば、ポイント的に貴様らの勝利は…確定といっても良いであろうなぁ。無論、一人ずつでは相手になるまい。二人纏めてで構わん故、仲良く掛かってくるが良かろう。ワシは貴様らを倒して“パラディオン”を奪い、その後、ミルヒの陣をぶちのめしに向かう!さぁ、上がって来るが良い!!」 いや、二人掛りは“一騎討ち”と違いますよー(ぁ シンク・ミルヒ・エクレールや数名の騎士団員が、レオ姫が待ち受けるであろう『グラナ浮遊砦』内の広間へと辿り着くも、そこには一台の“映像板”が置いてあり、そこにパッと映し出されるレオ姫の姿。レオ姫は先の台詞の通り、『砦の最上部で待っている』と自分と相対する事になるであろうシンクとエクレールを挑発する。通信を終えたレオ姫は、映像を映していたルージュの心配を制し、未来を必死に変える事を思案しつつ、シンクとエクレールの到着を待つ。と、その時、砦のエレベーターの到着音が鳴り響き、愈々かとその方へ視線を向けるレオ姫だったのだが――。
 ミルヒ「お邪魔致します。レオンミシェリ閣下」…レオ姫 vs――ミルヒ!? エレベーターの扉がガラッと開いたそこには、何と武装した出で立ちで聖剣“エクセリード”を剣化させたミルヒの姿であった。レオ姫はミルヒの登場以上にその出で立ちが、自身の“星詠み”で見た姿と同一であった為にもう顔面蒼白と驚愕。あ~ぁ…そもそも何故に“星詠み”でミルヒが死亡する場所と思しき『天空舞踏台』を決闘の舞台に選ぶのか(汗笑 色んな場合(ケース)を想定して動けていないよね...レオ姫は(苦笑 いや、一人で未来を変えるとかって背負い込んでいる時点でアレだけど。
 ミルヒは聖剣“エクセリード”の保持者相応に強い…?え~、ミルヒはレオ姫との“一騎討ち”の理由を、戦に“宝剣”を賭けまた使用するのであれば、自らも“エクセリード”の保持者として、同じく“宝剣”を用いた戦いに望む覚悟だとレオ姫に伝える。しかしその口上の最中、レオ姫の傍に居たルージュがミルヒへと斬りかかり、それを剣化した“エクセリード”で防ぐミルヒ。驚くミルヒに謝罪しつつもルージュは、ミルヒが“エクセリード”だけではなくシンクの“パラディオン”をも指に嵌めている事を目にし、彼女の指へと手を伸ばすのだったが――その時、指輪が拒絶反応を示したのかミルヒの意志なのか、特殊な光が噴出してルージュを拒弾き飛ばす。
 ミルヒ「“宝剣”が必要なら、事情を説明して頂ければ、幾らでもお貸しします」 レオ姫「…」 ミルヒ「なのにどうしてレオ様は、私に何も教えて下さらないのですか…!昔は、あんなに優しくして下さって。何時も優しくして下さって…。“宝剣”の事だけじゃないです。この所の戦の事だって…。レオ様は…レオ様は、そんなに私の事をお嫌いに…!!」 レオ姫「…ワ、ワシは…」 あぁ~ぃ!え~…ルージュが地面に伏した後、ミルヒは改めてレオ姫と面と向かって、神妙な面持ちと涙を以て先の台詞と切に訴え掛け、レオ姫はミルヒの言葉に動揺の色を見せ初めて…。

 エクレール「落ち着け、勇者。みっともない」 シンク「そういうエクレこそ、尻尾」 ミルヒを一人で『天空舞踏台』へと行かせたシンクは、エレベーターの前やシャフトを見上げたりとウロウロ。それを見たエクレールが先の台詞とシンクに苦言を刺すも、実の所、自分も気になるのか尻尾を左右に振っていた事をシンクに指摘。尻尾良いなぁ....(笑 ミルヒ「“ここからは”私一人に行かせて下さい」 シンクは、その場のエレベーターの昇降口からは上に止まっているエレベーターを動かせない事を知り、それならばと何と砦の外壁をよじ登って最上階へと向かおうと決める。エクレールはミルヒの先の台詞の命令を遵守しようと反対するも、シンクはミルヒが『“ここからは”=エレベーターからは』と子供っぽい(実際に子供だけど)屁理屈で、外壁をよじ登っていくのは命令違反にならないのだと言い登り始め、結局はエクレールも折れて外壁をよじ登る事に(笑
 戦場ナビゲーター『攻略防衛に参加中の皆様にお伝えします。雷雲の影響か、付近の“フロニャ力”が、若干ですが弱まっております。また落雷の危険もありますので、皆様、一旦戦闘行為を中断して下さい』 まさか“とら”…か?(謎爆 え~、雷雲が『グラナ浮遊砦』付近の空を覆い始め、先の台詞の様に戦場に一時避難を促すナビゲーターの警告が流れ、砦前で戦っていた兵士達もそれに従い避難を開始し始める。いや~、“フロニャ力”が弱まる=“魔物”出現のお知らせだよね~。
 『天空舞踏台』が何らかの力で急浮上!何とレオ姫の“星詠み”通りの舞台が形勢され、そして…“魔物”が登場!! 戦場ナビに従い対峙するミルヒとレオ姫に一時避難を促すルージュ。従うミルヒとレオ姫であったが、その時、二人が立っていた『天空舞踏台』が不可視の力により、外縁部に居たルージュを残して急浮上し始める。ミルヒとレオ姫だけを残して急浮上する『天空舞踏台』だが、更にその上空には雷光(?)を放ち続ける球体状の物体が出現する。しかも塊と思われていた物体に突如ギロリと開き覗く目が――って所で、凄まじく気になる所で次週へ!いやぁ、急転直下の展開も然ることながら、滅茶苦茶引きが良かったなぁ、うん。やっぱりこのまま行くとミルヒが“魔物”の攻撃からレオ姫を庇って重症&死亡するといった分かり易い展開になってしまうのか...ん~む。



●宜しければ、『DOG DAYS』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。投票に別途コメントは必須では御座いませんのでお気軽に投票下さい。


●その他、『DOG DAYS』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
DOG DAYS


●アニメ 『DOG DAYS』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメーション「DOG DAYS」公式サイト -ドッグデイズ-


 次回は、第10話 『EPISODE10』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←凄いなぁ~、何だこの鳥肌展開(汗笑 宜しければポチッと一押し!
■当『DOG DAYS』の記事一覧(最大15件表示)。
DOG DAYS 第13話 最終話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第12話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第11話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第10話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第8話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第7話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第6話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第5話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第4話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第3話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第2話 (レビュー/感想)
DOG DAYS 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: DOG DAYS Genre: アニメ・コミック

Comments (2) | Trackbacks (34) | TOP

Comment

シリアス前の

シリアス前のお色気の脱衣て感じで
遊び心のある演出が
良かったですね

Posted at 21:13:18 2011/05/29 by BOOSUKAKINNGU

Comment

Re: シリアス前の

ども、BOOSUKAKINNGUさん。

如何せんAパートとBパートの温度差が凄まじかったですが(笑
そういえば、ベールは下着だけは無事でしたが、リコッタは上が――あ、上は付ける必要性が(ry
ベールへと長槍を投擲した騎士がRPGに居そうなデザインでしたなぁ...(笑

コメントありがとう御座いました~。

Posted at 18:26:40 2011/05/30 by 天魔@管理人

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

DOG DAYS 9話 「リコッタとベールが剥けました」(感想)
ミルヒとレオ。 二人が仲良く過ごせる日々が訪れるのは 先の話なのでしょうか。 バトル有り、お色気有り、シリアス有りと 様々な要素を凝縮しつつもお話に集中できる展開。 30分弱の時間があっとい...

2011.05.29 (Sun) | 失われた何か

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話 「グラナ砦攻防戦」 感想
武装したミルヒオーレ、セイバーにしか見えないよ! レオ閣下は、やる事がことごとく裏目に出ますね。 今回はサービスシーンが多かったですが、無理に出さなくてもいいのに。  DOG DAYS 公式サイト...

2011.05.29 (Sun) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 9 「グラナ砦攻防戦」
 姫様が予想外に格好良かったですね。

2011.05.29 (Sun) | つれづれ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」
真意を隠したレオンの戦。 一般の民にはいつものイベントですね(笑) ガウルたちも大戦とせいぜい楽しむ様子。 奇襲を防いだことで戦況はビスコッティ有利に進んでいますが…。  ▼ DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」  先発のシンクたちを追ってダルキアン?...

2011.05.29 (Sun) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

『DOG DAYS』 第9話 感想
うぉぉぉぉぉ!盛り上がって来ました。 なんかヤバいなぁ。ラスト5分に興奮しっぱなしですよ!

2011.05.29 (Sun) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」
AパートとBパートとの温度差が激しいな。

2011.05.29 (Sun) | 地図曹長の時酷表

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE9 「グラナ砦攻防戦」 感想
ビオレの作戦失敗の後、ガウルが若本将軍やジェノワーズと共に本陣の攻撃に向かう。 ビスコッティ側は2番隊がグラナ砦に迫り、ブリオッシュやユキカゼの3番隊も合流に向かう。 そしてロランとバナード...

2011.05.29 (Sun) | 書き手の部屋

この記事へのTrackback

DOG DAYS#09
EPISODE9 『グラナ砦攻防戦』  行かせません♪…ななにぃ主席、ついに強・制・解・除!ついでにムギ隊長もw しかしファーラン、お前チョコボのくせに飛べたのかww そんなコトより、魔物です。やっぱり“魔物”が現れてしまいました! そして…とうとう閣下と姫さ...

2011.05.29 (Sun) | インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話感想~勇者様、レオ様の相手は私が参ります!~
タイトル「グラナ砦攻防戦」

2011.05.29 (Sun) | サイネリア~わたしのひとりごと~

この記事へのTrackback

DOG DAYS 9話
変えられぬ運命、避けられぬ災厄。 というわけで、 「DOG DAYS」9話 暗転の巻。 本編全てが見所ですなんて、安い映画の宣伝文句じゃないけどさ。 本当に30分丸々面白いんだもんよー! かっこいい...

2011.05.29 (Sun) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第09話
関連リンクhttp://www.dogdays.tv/EPISODE 9 グラナ砦攻防戦この物語の分岐点になりそうな戦争が始まる果たして勝つのはどちらか!?ガウルは自分が訳を話さないから戦争にはいまいち乗り気ではないだから自分が一人でこの戦争を勝つと心を決めるレオ姫さて各所ではす...

2011.05.29 (Sun) | まぐ風呂

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話 「グラナ砦攻防戦」 感想
運命の悪戯―

2011.05.29 (Sun) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

DOG DAYS #9「グラナ砦攻防戦」
やはり奴が出た。そしてジェノワーズ強ぇ!! メインキャラ同士がぶつかると楽しい  DOG DAYS 第9話の感想。

2011.05.29 (Sun) | ぶっきら感想文庫

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」
前半は深夜の時間帯オンエアをフル活用w メインのおにゃのこキャラはみんなさあびすシーンに駆り出されるのかな(^_^;) まさかリコッタまでああなっちゃうとは。 しっかりベールちゃんも道連れに~ 相変わ...

2011.05.29 (Sun) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話 「グラナ砦攻防戦」
宝具を手にしたミルヒ姫と閣下が対峙した時、物語は動きだす。

2011.05.29 (Sun) | ハルソラ ~Spring Sky~

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第09話 「グラナ砦攻防戦」
公式のTOP絵も変わりシリアス展開へ? 前話から続きビオレ達が失敗して捕まった報告を受けるレオ姫。 ガウルとジェノワーズはスリーズ砦に向かう。 しかし巨乳キャラ多いな。いい事だ。 バナ...

2011.05.29 (Sun) | Delusion

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 9
DOG DAYS EPISODE 9 『グラナ砦攻防戦』 ≪あらすじ≫ ガレットの奇襲を見破ったビスコッティ軍。さらにリコッタになりすましたミルヒオーレはそのまま最短距離でガレット軍の本陣であるグラナ浮遊砦へと...

2011.05.29 (Sun) | 刹那的虹色世界

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 09『グラナ砦攻防戦』
ビオレらは任務失敗。 それを聞いたレオ閣下は、一人で勝つことを決意する。

2011.05.29 (Sun) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

DOG DAYS ドッグ・デイズ 第9話『グラナ砦攻防戦』の感想レビュー
姫様、マジ、セイバー回でした。 必要な時には必要なカタチになる、とは聞いていましたが、今が正にその時!という感じですね。 ちなみに、ガウの武器もなんだかレッツパーリィ!の人の六爪流に見えたり見えなかったりでニヤニヤ。 (^~^) なんだかんだと各所でイベン...

2011.05.29 (Sun) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 09『グラナ砦攻防戦』 感想
ゆうしゃしんく(´・ω・`)

2011.05.29 (Sun) | てるてる天使

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE9「グラナ砦攻防戦」
捕らわれのビオレは今… 戦は少しだけビスコッティ優勢。 ブリオッシュやユッキーがいても若干なのか。 ガウやバナードも頑張ってるという事なのかな? ビスコッティの騎士団 ...

2011.05.29 (Sun) | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪

この記事へのTrackback

DOG DAYS #9「グラナ砦攻防戦」 ★★★☆☆
リコッタ・エルマール、出撃でありまーす!ほええぇー!! 緋弾のリコッタ( ゚∀゚)彡ちっぱい!ちっぱい!全裸騎乗位 ぶひいいいいい!!・・・の結果このロリコンどもめぇっ!! スケジュール厳しいからDDの感想切ろうかなーと思い始めた途端、この裸テコ入れサービス

2011.05.29 (Sun) | ナナミの雑記部屋

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第09話 「グラナ砦攻防戦」
戦は奇襲撃破などで若干ビスコッティが有利。 ダルキアンの部隊が橋で無双していると、そのダルキアンにバナードが一騎打ちを望む…が、ロランが割ってはいり騎士団長対決に! ダルキアンは大剣も使うのか。 でもどっちかというと普通の剣のほうがいいな。

2011.05.29 (Sun) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」
「どうかお聞かせください。この戦の本当の理由……レオ様のお心の、真実の在処を!」 ミルヒが真実を聞き出す為、レオ閣下と対峙する話。 Aパートはリコッタやベールのサービスシーンがありましたけど、いよ...

2011.05.29 (Sun) | 日記・・・かも

この記事へのTrackback

DOG DAYS  第9話 「グラナ砦攻防戦」 感想
橋の上で一人守るダルキアン。 三國無双の張飛を思い出させるシーンでしたねw あんだけ派手に敵兵をなぎ倒す力を発動させているのに、橋が壊れないのが不思議でした。 そして動き出すダルキアン。 しかし...

2011.05.29 (Sun) | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

この記事へのTrackback

DOGDAYS:9話感想
DOGDAYSの感想です。 避けられない未来なのか。

2011.05.29 (Sun) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

DOG DAYS 9話「グラナ砦攻防戦」
まさかの急展開! PRESENTER(2011/05/25)堀江由衣商品詳細を見る

2011.05.29 (Sun) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」
PRESENTERミルヒ姫、先週は可愛いキャラだと思いましたが、 今週は意外にもカッコイイ一面が見れました! そのせいか、主人公シンクが空気w

2011.05.29 (Sun) | 明善的な見方

この記事へのTrackback

DOG DAYS 9話感想
疲れが溜まっていたのか、昨日の夜から今日の昼まで寝てました。 リアルタイムで見て感想書く予定だったけど、睡眠欲には勝てない。

2011.05.30 (Mon) | ノウネイン村田の不活動日記

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第09話 感想
 DOG DAYS  第09話 『グラナ砦攻防戦』 感想  次のページへ

2011.05.30 (Mon) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

DOG DAYS 9
第9話 「グラナ砦攻防戦」 今回のレオ姫はぁなり思い詰めているようです。 因縁の対決っぽい雰囲気ですが、シリアス展開来る? レオ側の戦士団が作戦失敗して捕虜になってるらしい。 その囚われた砦を襲って奪還するのですね? その役を任せられたのがガウル。彼...

2011.05.31 (Tue) | MEGASSA!!

この記事へのTrackback

DOG DAYS EPISODE 9「開戦の日」
EPISODE 9「開戦の日」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201105/article_43.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先...

2011.06.01 (Wed) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話 「グラナ砦攻防戦」 レビュー・感想
「リオン・ミシェル閣下、どうかお聞かせください、この戦の本当の理由。レオ様の御心の真実の在処をっ。」「レオ様はそんなに私のことをお嫌いに?」 ミルヒ姫の悲痛な叫びに答 ...

2011.06.02 (Thu) | ヲタブロ

この記事へのTrackback

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」 を観て
 バナードとロランの騎士団長対決はどうなったんだ、という事で第9話です。  冒頭のナレーションで、お前達の明日もワシが守り抜く。明日は希望の象徴。多分トップメッセージ。  グラナ砦の中には、レ...

2011.06.04 (Sat) | きんかん ~最近みたアニメについての感想とか~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。