一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

そふてにっ 第10話 (レビュー/感想)

Category: そふてにっ  06/14 /2011 (Tue)

第10話 『しんかんっ』


ストーリーは…。
大会が近づき、明日菜たちはエリのパートナー探しとして部員募集をはじめた。ようやく見つけた入部希望者の一年生・やよいは、ソフトテニスをしていた姉の遺志を継ぐのだというが、霊感少女の彼女の中には姉のうづきの霊が宿っていた。その人格はかなり凶悪で、明日菜たちはタジタジ。そして次の中間テストで一人でも赤点が出たら、大会参加を取り消すとのお達しが!そこで部員全員でミッシーのアパートで試験勉強をする事になるのだが…!?


■第10話 『しんかんっ』…のAパートまとめ。

※クリックをすると別窓拡大。


■第10話 『しんかんっ』…のBパートまとめ。

※クリックをすると別窓拡大。


■お色気+規制アイコンのまとめ~。

※クリックをすると別窓拡大。


■アイキャッチ?




ん。
良 い 黒 っ ち 回 だ っ た 。
まぁ『機動戦士ガンダム00』の構成・脚本だったからと、ガンダムネタを盛り込むのはどうかと思った一方で“らしい”と称するべきか迷った(笑
ん~…しかしながら、今回はお色気成分が控えめだったせいか、割と見れた内容だったかなと思います?『そふてにっ』としては…か(何
いやしかし、新キャラ登場は構わないけど、もう第10話ですぜ...。最終回まであと少しなのにどうやって纏めるかの不安要素ががが(爆

 アバンから新キャラ登場。しかし何かえらくシリアスな様相で…。どうやら姉妹のようですが、ソフトテニス好きの姉妹の妹が先を行く姉を追い掛けるものの、姉は交通事故に遭ってしまいそれを目撃する妹…という構図。しかしながら、かなりヘヴィーな感じながらもアバン終了手前には不可思議な効果音(苦笑 堅苦しくしないのが『そふてにっ』流なの…か?(汗笑
 え~と、今回のサブタイ『しんかんっ』=新入部員歓迎の略みたいですけど、どうやら明日菜達はダブルスのペアが明日菜&琴音・千歳&来栖と決まっているらしく、残りのエリはダブルスの際は何時も審判をしているという。その為、エリとダブルスを組む相手を見付けようと、新入部員の確保に乗り出そうとする明日菜達。だが、新入部員確保に乗り出すその様はかなり風変わりというか…オ カ シ イ 。来栖「これが俺達のガn――」 (パシッとエリに口をふさがれる来栖。) エリ「それ以上は駄目です」 …あ~(苦笑 『エヴァ』パロは散々やっておきながら何故?と思ったら駄目だろうか(笑 ん~、『エヴァ』だけでは飽き足らず『ガンダム』にまで手を出すアニメ制作陣と思ったが、今回の第10話は黒っちこと黒田 洋介さんが脚本を担当している(例『機動戦士ガンダム00』)ので何となく納得(ぉ
 エリは明日菜達の自分の為の行動を嬉しく思う一方、自らも率先して行動をとふと周囲を見渡すと自分達を影から見詰めるアバンの新キャラの女子生徒を発見。優しく声を掛けようとするエリだったが――見事に明日菜達に先を越されてしまう(苦笑 森の中まで走って逃げる女子生徒を執拗に追う明日菜達。そして、追詰めた川岸に差し掛かった時、何と女子生徒は自ら川の中へと――と、思ったらバナナの皮で滑ってドボン(ぁ 更に女子生徒はカナヅチで…。
 ♪ら・らん・ららら~♪とサンちゃん登場(苦笑 川に流された女子生徒をナイス☆キャッチ。さり気なく動物の物語への介入が特徴的といえば特徴的な『そふてにっ』。そういえば、花子の存在が最近はちょっと薄いのが気になります(苦笑

 女子生徒「私、思ってました。『ボールは友達』だから、きっと守ってくれるって…」 さり気なく『キャプテン翼』ですか~?(ぇ え~と、女子生徒の名前は白玉中学1年の平岸 やよいといい、アバンの通りの姉の事故を明日菜達へと説明し、その姉が自分をソフトテニス部に入れたいという意志を受け、明日菜達への接触を試みようとしていたら、先の通りの強引な武力介入的新入部員勧誘をされてしまい――というお話の様子(苦笑 何とやよいはソフトテニスを小学生の頃からの経験者だという。更に、“霊感体質”で大気中にただよう幽霊の類を目に出来るらしい。その為、霊とぶつかりそうになると、それを避ける為に機敏な動きが可能なのだが、ソフトテニスの腕前は経験者と思えない程に普段は愚鈍。
 やよい(姉憑依Ver.)「アタイ…アタイは…アタイはぁ....ソフトテニスだーいすきぃー!!!」 …あ?(笑 え~、琴音がやよいと練習を行うものの、やよいは千歳以上にヘッポコだった為、琴音は「そんな風で姉の意志を継げるとでも」(要約)と熱血指導的な言葉を浴びせるのだったが――。やよい(姉憑依Ver.)「アタイは『うづき』!自称・天才ソフトテニスプレーヤー、平岸 うづき!ドジで鈍間な妹を持つファンキー姉ちゃんさ!!」 その時、やよいの様子が一変し、髪の毛が『怒髪天を衝く』と逆立ち、また言動がやよいのものとは思えない程に荒い言葉となり、何と先の台詞とやよいの死んだ筈の姉・うづきが憑依して自己紹介(笑
 うづきがやよいの身体に不定期(マテ に憑依する理由とは、自身のライバルとの試合に向かう最中に交通事故で死去した事により、そのライバルとの決着を付けたいという思いに対する未練の余りの強さに成仏が出来ない為だという。で、“霊感”保持者で尚且つ血縁者であるやよいの身体に短い時間限定ながら憑依する形で生身の肉体を得られる、というお話のようで。うづきが決着を付けたい“ライバル”とは誰でしょうか…ねぇ?
 うづき「例え死んでもアタイを決着の舞台へ連れて行け!ヘマなんかぶっこいてみろ!手前ぇら全員、末代まで呪ってやっからな!」 やよい「…だ、そうです」 あっはっは(汗笑 え~、やよいのうづき憑依の件の説明を受ける明日菜であったが、またやよいがうづきから明日菜達への“伝言”があると先の台詞を伝える(苦笑 明日菜・琴音・千歳はドン引き。意外な事に来栖とエリは普通(ぉ まぁ、エリは外国人だからそういう霊的なものの認識があやふやで、来栖はそういう感情や感性の類が『エヴァ』の綾波の様にないのかも(なんだそれ。
 エリ「ノープロブレムですヨ。困った時はお互い様デス。それに…助け合うのが『ペア』ですカラ」 (エリ、やよいに歩み寄って両手を握る。) エリ「やよい…私達は『ペア』デス。これから三位一体で戦いまショウ」 やよい「は、はい…」 明日菜&琴音「「“器”…デカいなぁ...」」 え~、という事で、色々と厄介な体質を持つやよいを、『ペア』としてやっていけそうかと尋ねる千歳にエリは先の台詞と無問題と言い、やよいの手を握りながら互いにあらぬ方向を見据えるので~あった…はふぅ(何

 三吉「ザベス93点。はぁ~い、拍手~。皆もザベスを見習うんだぞ、ザベスを」 何故にエリの本名である『エリザベス』を『エリ』ではなく半端に区切った『ザベス』と呼称するのか(苦笑 小テストだかの答案を返却する事になり、担任の三吉は何故か答案用紙の返却と同時に点数まで口にし、エリの番となり先の台詞と高得点を取るエリだったのだが――三吉の『ザベス』呼称に少しイラッ☆とした様子(笑 ちなみに、明日菜の点数は10点の所を元気よく返事した事により5点加算された15点(苦笑 完全に赤点である。
 琴音「よっしゃ~!いちばーん♪」 男女合同の体育の授業なのは分かる。だが、短距離走で何故に琴音だけが男子組に混じって走っているのか。 そこが甚だ疑問だった件。で、男子に勝った琴音を褒める明日菜に、体育は敵なしだと控えめな胸を張る琴音。そこで明日菜がふと中間テストの事を尋ねるのだが、琴音は「勉強なんてするかよ」「学校には部活をしに来ているようなもの」「テストなんて運試しで怖くもなんとも無い」(要約)と語り高笑い。しかし――。
 三島木「だから、上からのお達しで、『中間で1つでも赤点取った奴は大会には出さない』って言ったんだよ」 琴音(+明日菜)終了~(苦笑 そもそも中間テスト等といった定期的なテストって、学力を測る以上に高校入学の予行練習みたいなもんだからねぇ...。若い時分にはそこが見えてない人が多いのが残念な所か。という事で、部活動の際に三島木から先の台詞と伝えられ、絶望の淵に立つ事になる琴音(+明日菜)。しかし学業の成績が普通~良い(?)人々…千歳・エリ・来栖・やよいは「へ~」といった様子。その為、琴音主催(?)の合同勉強会を某所(現時点では場所未定)で執り行う事に~。
 勉強会を行う『某所』=三島木のアパートでした(笑 いや、女子中学生達が勉強会とはいえ自宅に押し掛けて来るというこの状況、何と羨ま…けしからん!! しかしながら、三島木の部屋は独身男性の一人暮らしにありがちな汚れ塗れであった為、勉強会の場を提供するお礼かどうかは不明瞭だが全員で掃除開始。琴音「(こ、これは…ミッシーのパ、パ…。ミッシーの使用済みの――)」 かと思いきや明日菜から洗濯物として渡された三島木のトランクスを渡され、洗濯物担当の琴音は心中で先の台詞とくんかくんかしそうな勢いで感慨深く思ってしまうのだが――トランクスの内側のタグ部分に『A-1 くるす』と書いてあり、これを見た琴音は怒りの引き裂き行為(ぉ このトランクスは来栖が最寄の100均で事前に購入していたらしいorz 琴音「(ブリーフ派なんだ…。)」 と、洗濯物を終えて外に干した三島木の本物のパンツ…ブリーフを目にして琴音は心中で先の台詞と笑む。いや、オカシイ(マテ

 やよい「まぁ…とはいっても、大半は実体を持たない友達ばかりなんですけどね~。ちなみに、この部屋にも何人かいらっしゃってて…」 あー(笑 ふと三島木が新入部員のやよいに「転校したばかりで友達もいない」云々と調子を尋ねると、「こう見えて友達を作るのは上手い」と先の台詞を付け加え、三島木はゾゾッとその場から退散(苦笑 琴音「私達の目標がこの扱いかよ~。確かに使い道はないんだろうけどさ」 三島木が過去に取得したトロフィーが段ボールに無造作に詰め込まれているのを琴音が発見して先の台詞。しかし三島木は「そうでもないぞ」と部屋の一角を指差すと、そこには自家製の唐辛子を作っているのだと植木鉢代わりにされた優勝カップが(爆 呆然とする明日菜一同で~あった。
 三島木の“武勇伝”。え~、部屋の掃除も終わった頃合、明日菜が三島木の使用していたラケットを発掘。しかしそのラケットはガットが緩い状態であった為、「マトモにボールを打ち返せるのか」と疑問に思い尋ねる明日菜。しかし三島木はそのラケットのお陰で数々の試合に勝てて来れたのだという。ソフテニスプレーヤーだった頃の三島木は、パワーとスピードが無かった半面、ボールを扱う器用さ…一種の技量に秀でていたらしく、それを伸ばし鍛える為にワザと緩いガットにして練習し、結果として多種多様な球種を極めた事が功を奏して全国大会三連覇の偉業を成し遂げたのだとか。そうした話を聞いた明日菜達は感慨深く聞き入るのだが、琴音は自分も明日から真似しようと意気込み、三島木の話の要点を抑えきれず(苦笑 つまり三島木が言いたいのは、『個人個人の持つ“特長”(個性)を重点的に鍛え伸ばしていけば、何れは試合に勝利する要因足り得る』という事。
 明日菜「私の取り柄といえば…溢れ出る『色気』だよね」 うん、それはない(ぉ 明日菜「(目指すべきは…『フェロモニックプレーヤー』!!(中略) 行き着く先は…『裸族テニス』!!!)」 駄目だろ(苦笑 ま、そんなこんなで三島木の“武勇伝”を聞いた明日菜が、自分の“特長”(個性)を鑑みて脳内で先の台詞と突拍子も無いエロ妄想だが真剣に思い悩む(苦笑 と、そこで千歳が、自分が今回最後の大会だとして思案し、「部員全員を大会に連れて行く事が部長としての勤め」だと、琴音と明日菜に勉強を教えると意気込むのだが――2時間後、「明日菜達には来年もあるし」という結論に行き着くので~あったorz それだけ琴音達の物覚えの悪さだったという事のようで。ちなみに、各自苦手な科目の勉強を始める。エリは『国語』、やよいは『社会』、来栖は…ポテチ片手に『六法全書』読書orz
 勉強を徹夜でする事に勝手に決めてしまった琴音達。それを三島木が「子供はちゃんと家に帰って~」ともっともな正論で制しようとするのだが、その時、やよいが窓の方をチョイチョイと指差すとそこには血文字で『今夜は二人っきりね まさこ』と書かれていたのを目にし、琴音達の徹夜の勉強を認めてしまうので~あった(苦笑

 ???「なんだい?今日は随分と騒がしいんだね」 明日菜「?紫希先輩!?」 何かキター!!しかも何処と無く『あ〇゛まん〇゛大王』の榊似の(笑 え~、勉強会を開いたものの、琴音が絶望的な程に物覚えが悪くて絶望する中、三島木宅を先の台詞と訪れる女性が一人。何と元『白玉中学校』のソフトテニス部 部長の西岡 紫希(高1)であった。驚く明日菜。紫希は「(洋ちゃん)ご飯を作りに来た」と言うと、琴音は勉強の件も重なり更なる絶望感(苦笑 しかし紫希は三島木の従妹(いとこ。この事実は千歳しか知らなかった。)にあたり、ズボラな三島木に定期的にご飯を作りに来ているのだという。
 紫希「女はねぇ…“勘”で勝負するんだよ」 (大量に詰まれたほぼ全教科の教科書に赤ペンでババババッ!と印を付けていく紫希。) 紫希「今、アタシがチェック入れた所、完璧に覚えな」 えぇー(笑 で。明日菜達が三島木宅に居る理由を知る紫希は、教科書を出せと明日菜と琴音に言うと、先の台詞と共に素早い速さで赤ペンでチェックを入れ、二人にその箇所だけを暗記するようにと伝えて去って行く。ん~…格好良い。でも“勘”て(爆 明日菜&琴音「「(私達の命運が全て“山勘”に…。)」」 まぁ、普段から勉強をしない人が悪い(キリッ
 花子、脱走しないように全身荒縄縛り!! 明日菜ママン凄過ぎ(笑 明日菜が家を空けた自宅では、明日菜ママンが気持ち良さそうに大爆睡。それもそのはず、睡眠不足の頭痛の種であった花子を、事前に荒縄で四肢を縛ってしまっていたからでぇ~あった。…あ~、自由な食事と排便が出来ないよねぇ....これ(汗笑
 さて、中間テストはどうなったかというと、紫希のお陰で全教科赤点を取らずに済んだ様子。しかも――何と紫希が教科書に付けたチェック箇所が全て中間テストで出題されていた事に、クラブ活動の最中ながらも唖然・呆然と空を仰ぐ明日菜と琴音で~あった(遠い目



●宜しければ、『そふてにっ』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

投票コメントに対しては、次回に返信をさせて頂くかもしれません。上から三番目から下はネタ的なのでご了承下さい(笑


●その他、『そふてにっ』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
そふてにっ


●アニメ 『そふてにっ』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
そふてにっ 公式サイト


 次回は、第11話 『とりっぷっ』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←花子…南無orz 宜しければポチッと一押し!
■当『そふてにっ』の記事一覧(最大15件表示)。
そふてにっ 第12話 最終話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第11話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第9話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第8話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第7話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第6話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第5話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第4話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第3話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第2話 (レビュー/感想)
そふてにっ 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: そふてにっ Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (9) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10話「しんかんっ」
これがオレたちのガ…それ以上はダメでぇすw 部員勧誘でなく武力介入してどうする?(^^; どこまでがアドリブなのか(苦笑)  ▼ そふてにっ 第10話「しんかんっ」  エリザベスにもペアを探そうと新入部員を武力介入(違) で見つけて来たのが転校生の平...

2011.06.14 (Tue) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10話 「しんかんっ」 感想
私達が「そふてにっ」だ―

2011.06.14 (Tue) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10話「しんかんっ」
アニメ終盤で新キャラ、やよいちゃんが登場。 おねえさん成仏できずに取り憑いてます ヽ(;´Д`)ノ 似てにゃい エリちゃんのパートナー探しということで始まった新入部員勧誘でしたが、 ほどなく千歳さ...

2011.06.14 (Tue) | のらりんすけっち

この記事へのTrackback

そふてにっ 10ゲーム『しんかんっ』 感想
文武両道(`・ω・´)

2011.06.14 (Tue) | てるてる天使

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10ゲーム
『そふてにっ』の10話、新入部員の平岸やよいと白玉中ソフテニ部OGで元部長の西岡紫希が登場。声はやよいが戸松遥さん、紫希が高垣彩陽さんです。岬の寿美菜子さん、由良の豊崎愛生 ...

2011.06.14 (Tue) | ホビーに萌える魂

この記事へのTrackback

そふてにっ 10話
新入部員、二人確保。 というわけで、 「そふてにっ」10話 みえるひとの巻。 部力介入を開始する! これはまた、美少女ぞろいのソレスタルビーイングですね。 パロディのつまらなさにかけては他の...

2011.06.14 (Tue) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10話 『しんかんっ』
新キャラ二人+α登場平岸やよいと西岡紫希が登場します。プラスαについてはあとで話すとして、平岸に西岡・・・北海道札幌市の地名から取っていますね。 今後も真駒内(まこまない)さんとか定山渓(じょうざんけい)さんとか出てくるんでしょうか。&nbs...

2011.06.15 (Wed) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

【そふてにっ 第9話-ひとまずっ&第10話-しんかんっ】
すふぃあっ(が全員出てます

2011.06.15 (Wed) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

そふてにっ 第10ゲーム しんかんっ【伊藤かな恵さんの仕事】
第10ゲーム しんかんっ 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201106/article_12.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信...

2011.06.16 (Thu) | しるばにあの日誌(新館)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。