一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

電波女と青春男 第10話 (レビュー/感想)

Category: 電波女と青春男  06/17 /2011 (Fri)

第10話 『軒下少女』


ストーリーは…。
都会チームには、宇宙服のコスプレをした自称超能力者兼宇宙人の少女・ヤシロが参加していた。宇宙人同士仲良くしようと迫るヤシロに、エリオは怯えて逃げ惑い、真が助けてやるはめに。その日の晩、真とエリオが藤和家の庭で天体観測をしていると、家の軒下から宇宙服姿のヤシロが這い出てきた。布団で武装したエリオの突進を受け、宇宙服のヘルメットが脱げたヤシロの素顔に、真は思わず絶句する。


■第10話 『軒下少女』…のほぼAパート(何


■第10話 『軒下少女』…のほぼBパート(何




え~と、“電波”が希薄になったエリオの穴を埋めるべくして――
星宮 社という“電波女”が新登場。
OP背景映像ではエリオ似かと思っていたらそうでもなかったで御座るよの巻き(笑 でも社の場合、本当に超能力者云々の可能性が(笑
ただ真がその類の話を一切信じないリアリストっぷりを発揮する為、社の一連の言動は非常に“電波”っぽく――まぁ、真実味皆無だけど(ぉ
基本的に灰汁が強いキャラが多い当アニメ作品の女性キャラ陣。未だに真に男友達の影はなく、女性キャラの友達ばかり増殖中(苦笑

 巻いていこう!(笑 という事で、宇宙服ッ娘と知り合ってしまった真とエリオだが、お話の尺的問題か『ベンチで回復した宇宙服ッ子が試合に復帰して再び商店街側は二連敗を喫した』(要約)という真のナレでサラッと使い回し描写と共に割愛。
 花沢「教室で二ヶ月位しかアレと一緒に居なかったけど、それ以前から女子は嫌悪とか嫉妬とかしてたよ。あの髪や顔の作りに」 ティーンエイジャーの頃合の女性の同性に対する嫉妬心は基本的にねちっこく陰湿(ぁ っていうかさ、人様を呼称するのに『アレ』はないだろう。最低限は呼び捨てでも良いから苗字を使おうぜ。その点、真は気付いて少しイラッ☆としたようですが。え~、後日の都会側との草野球。攻撃側…バッターボックスに立つ宇宙服ッ娘を尻目に、ファースト(一塁)に進んでいた花沢と守備担当の真が少々エリオについて会話。真がエリオの従姉妹だと知って少し引いたという花沢は、また先の台詞とエリオが学校に行っていた時の話を聞かせる。で、宇宙服ッ娘がどう考えても無理がある打撃を三振に討ち取られて攻守交替。
 真「改めてありがとうって。俺、全然活躍できてないのに、弁当凄く嬉しい…!」 前川さん「……うん。流石、女誑しの転校生だけある」 アーッ!真のそうした言葉は発言する側(この場合は真)のルックスや性格が伴っているのか、或いは言われた相手(この場合は前川さん)に元々その気があるか、そのどちらかで好感の厳密な度合いと内容が変わってくるとは思いますが――…前川さんは後者、かな?ただ、当作品ではメインヒロインのエリオを含め、真がモテる要素や流子・前川さんから好意を持たれる…持つようになった厳密な理由付けが見て取れなかったのが残念、かなぁ。という事で、またしても都会側の勝利に終わった草野球。その後の片付けを行う真の下に今度は『エイリアン』のコスで近付き声を掛ける前川さん。前回同様に用意した弁当の件を前川さんが伝えると、真は先の台詞と感謝感激の言葉。思わずその言葉に頬を染めてしまう前川さんでしたよっと。

 真「『タ・ス・ケ・テ・イ・ト・コ』…はぁ~」 また前川さんは「助けてやらなくても?」とグラウンドの遠方を視線で促すと、そこには宇宙服ッ娘に終われるエリオの姿が(苦笑 「フォフォフォフォ」とバルタン星人のような言葉を発しながら執拗にエリオを追う宇宙服ッ娘。またエリオが逃げながら何かを叫んでいる事を知る真は先の台詞と読唇して溜息。エリオの下へ向かう真とそれに気付き駆け寄り助けを求めるエリオ。だが宇宙服ッ娘は真の後ろに隠れるエリオを追い掛け回して…。
 真「あのさ、君」 宇宙服ッ娘「ナンダ、ボケナス」 真「別に宇宙に行かなくても、君の意識はとっくに地球外に飛び出してるんじゃないかな♪」 あっはっは(苦笑 え~、宇宙服ッ娘は家出少女という話を前川さんから事前に知っていた為、エリオから引き離すと同時にその事に言及する真。しかし宇宙服ッ娘は、その事実を一切認めない上に「エリオは宇宙人で自分の仲間」だと言い張り、真はというと「『超能力者』設定じゃなかったのか」と冷静な切り替えしで口論続行(笑 『宇宙』から来たと主張する宇宙服ッ娘に、真は先の台詞と茶化すように煽り、口論の末に徐々にカタコトではなくなっている宇宙服ッ娘にその事を指摘。酸欠状態に陥りその場で蹲る宇宙服ッ娘の隙を突いて、真はエリオを連れて急いで自軍ベンチ側へと戻るのであった。
 エリオ「じゃ、じゃぁ、イトコに頼る」 (先行く真の腕を掴むエリオ。) 真「…も、もう十分頼ってるでしょ...」 エリオ「うん、だからもっと頼る」 (真の身体に擦り寄るエリオ。) エリオ「イトコの腕、冷たい」 真「それ、汗が冷えてるだけだぞ」 エリオ「うげっ!」 青春ですなぁ(ぇー え~、自軍ベンチへ戻る真とエリオ。真はエリオに宇宙服ッ娘をあしらうようにと伝えるも、エリオは「布団があれば…」と簀巻き状態であれば追い払えると言う。しかし真は布団の使用用途に突っ込むと、ならばとエリオは先の台詞と「真を頼る」と擦り寄って来る。ん~、流石のエリオも汗は汚いと思っているらしく、擦り寄った真の腕が冷たい=掻いた汗が引いたものと知り、思わず身を離すのであった(笑

 真「(今日は中島が居なかった。元彼か若しくは…。)」 朝食(若しくはブランチ?)。ベンチに座ってエリオ・前川さんと食事を摂る真。そこで真はふと『都会側』で流子と因縁がありそうな中島が来ていなかった事で、ふと流子を思い出して「朝練?」とメールを送信。以降、朝錬の肯定のメールを返信した流子から、「見に行っても良い?」と尋ねる真といった遣り取りが交わされるも、エリオが傍に一緒に居る&朝錬にエリオが同行すると知った流子は「都合が悪くなった」というような返答。結局、真は流子の朝錬風景を見る事なく、エリオを自転車の前籠に乗せて帰宅の途へ。うーん、流子の異性関係に対する寛容性の無さに脱帽(ぉ まぁ、今風の女子高生的思考という感じなのかもしれませんけどね。一途=独占欲も相応に強いといっても良いですからねぇ...(絶対ではありませんが。)。
 エリオ「イトコ…に、丹羽くん…!!」 真「はぁ?」 エリオ「イトコの名前『丹羽』」 真「そりゃそうだが、急にどうした」 ん~、エリオが『丹羽くん』と真を呼称すると少々新鮮ですな(笑 え~、頃合は真夜中となり、エリオの天体観測に付き合う真。そんな折、ふとエリオが先の台詞と真を苗字で呼称。驚く真であったが「流子の真似?」と尋ねるとそれを否定するエリオ。そんな時、エリオ宅のベランダの下の空間を這い動く謎の物体が…。
 宇宙服ッ娘「『時魔法』で例えるなら“メテオ”。『とくぎ』なら“いしつぶて”レヴェルの超能力保持者だぞ~」 なん…だと…?スクウェア作品ネタとか好きだよねぇ、このアニメ作品(苦笑 え~、ベランダ下の僅かな隙間を這っていたのは、何と草野球で知り合った真の新たな頭痛の種である宇宙服ッ娘であった。何故かすぐに自宅へと戻って行くエリオだが、残った真と口論の宇宙服ッ娘。そして、再びエリオが戻ってくると、何と「もふもふ」としか言語不明な布団簀巻き状態で、自らの力で宇宙服ッ娘をどうにかしようと相対する。で、宇宙服ッ娘は先の台詞とエリオを挑発して退治するも、少し後退りした際に天体望遠鏡の脚と自分の足が当たった事で隙を作ってしまい、エリオの布団簀巻きタックルを貰ってK.Oと、両者共に盛大に地面へと転倒。その際、宇宙服ッ娘が被っていた宇宙服のフェイスシールドが外れて…。あ、宇宙服ッ娘がカタコトから普通の流暢な日本語に変えてきたのは自身の超能力を用いたのだとか、そういうお話らしい?

 宇宙服ッ娘「申し遅れた。アタシの名前は星宮 社。本物の超能力者にして宇宙人。この星への滞在は観光ではなくビジネスなんで、そこんとこヨロシク!」 という事で、宇宙服ッ娘の本名は星宮 社(ほしみや やしろ)というらしい。社…といえば「その命、貰ったぁ!!」とか「調子こいてんじゃねぇぞ、コルァ~!!」とかって(ry ん~む…OPの背景映像では社をエリオ似だと思っていたけども実際に登場して見てみると大してエリオと似てない件(爆 ま、そんなこんなで真に先の台詞と、今更ながら自己紹介する社。しかし真は社を完全シャットアウト…天体観測を強制終了してエリオと共に自宅の中へと戻るのであった(苦笑 社も人様の家の玄関をドンドンと叩くなよ、と。
 自室へと戻った真を丁度待ち受けていたのは携帯の着信音。相手は当然(?)の流子。中々眠れなかったからという理由で真に電話を掛けたそうな。ちなみに、二人は携帯で話をするのはこれが始めてらしく、流子は「二つの意味で緊張している」と1つは先の通り携帯での初会話と2つ目は例のバスケの試合に朝練の努力虚しくスタメンにはなれなかったと理由を挙げる。流子「どっちかっちゅーと、『応援』の方が嬉しいなぁ~。『祈る』は神様宛だけど『応援』は丹羽くんの声がアタシに届く訳でしょ?」 ですよね~(何 流子の言葉に「途中からでも試合に出られるように祈っている」とフォローする真に、流子は先の台詞と『祈る』より『応援』の方が良いといい、更に試合に出られたら“ご褒美”が欲しいと強請る。何かこうした一連の真と流子の遣り取りが…ウザったくもあるし微笑ましくもあって愛憎入り混じるなぁ(苦笑 流子の穿くホットパンツ(?)に浮き出るパンツのラインがエロくてナイス☆ヒップ!(爆
 流子「お祭り一緒に…とかどうッスか?」 というのが、流子が真に強請った“ご褒美”の内容。真「寧ろ、俺への褒美じゃねぇか…」 と、真は流子からの“ご褒美”の提案に思わず声に出して『嬉しい』を表現してしまう(苦笑 流子「丹羽くん、それ知らないで草野球に参加してたの?毎年、最後にやった試合の勝敗で、『都会側』と『商店街側』のどっちがお祭りを仕切るか決めてるんだよ~」 な、なんだってぇー!!?流子から誘われたお祭りの一件ではないが、「8月の中頃にある一番大きなお祭りに関しては草野球の勝敗だけでお祭りを仕切る事が出来る権利が決まる」と流子が説明。
 流子「野球といえば中島くんの事なんだけど…」 真「うん、何?」 流子「中島くんはね、まえ“告白”して振られた相手ですたい」 あー…成る程。っていうか、流子の普段の性格や行動を知っていれば「可愛い」と思う人間と「ウザッ」(という感じに)と倦厭する人間にスッパリ分かれると思う…いや後者が若干多いのかも(ぇー 流子との会話の果てに中島との因縁の理由を流子から先の台詞と聞かされる真。真「そりゃ勿体ない」 流子「えっ?」 真「中島が」 流子「…それなら丹羽くんだったら…う~...」 真「えっ、何て?」 流子「な、なんでもないっ!」 漸く疑問が解けた真は先の台詞と「勿体ない」と呟き、流子も「丹羽くんだったら」と呟きあいながらも、そうした気持ちはニアミス状態で終了のお知らせ(苦笑

 真「何で家に上げたんですか」 女々「お、お姉さんと呼ばれたからじゃないんだからネッ!」 …四十路ェ....(苦笑 次の日の朝、何とリビングのテーブルに座り堂々と女々と一緒に食事を摂る社。目を覚ましてリビングへ降りた真は社の姿に驚愕し、ニコニコしっ放しの女々に対して先の台詞との会話コント(苦笑 ちなみにエリオはリビングから見える場所に位置する庭で、草野球の為なのか社に場所を奪われて八つ当たりしているのか箒を手にスイングの練習中。
 女々「昔のエリオットに似てたから、つい親切にしちゃったのよ♥」 『昔の』というのが気に掛かるなぁ。他意はなく『若い頃の』という意味なのだろうか。と、リビングから女々と一緒に退室する真が、再び先の「何故、家に上げたのか」という質問に対して、女々は先の台詞と微笑みながら返答する、と。
 社「ナンダ、コノ『ノキシタ』ガネェタテモノハ!」 真「(軒下基準かよ。)」 エリオ宅で自らを拾って恩義を感じる女々と別れる社は、何時も通りエリオを前籠に乗せる真の自転車のキャリースペースに載って自宅まで向かう事に。その途中、エリオのバイト先である『田村商店』に立ち寄ると、社は先の台詞と共に何故か『軒下』が無い事を受けて驚愕する(苦笑 エリオはそのまま『田村商店』でバイトをする為、真と社と別れる事に。真「ヘルメット脱いだら?」 社「こいつで超能力を封印してるんだ。易々と外す事は許されない」 だ、そうです(笑 真は社宅へと社の誘導を元にして自転車を走らせるが、そんな最中、宇宙服は脱いだもののフェイスシールドをスッポリと被ったままの社に先の台詞と提案するも、それを社は「超能力を制御するものだから外せない」と言う。当然、真は『あり得ないこと』だとして華麗にスルーするなり突っ込むといった態度に終始。
 社「真も来い。たまには脳味噌を地球儀の様に回せ。停滞すんな」 (中略:目の前で悠々とプールで泳ぐ社にイラッとする真。) 社「頭回して成長しろ。出来る事まで諦める必要ないと気付け、ボケナス!」 社の誘導で社宅へと向かう最中、ふと社が強引に自転車を止めに掛かり、近くの学校のプールを溜池と呼称して喜ぶと、プールへと不法侵入&遊泳開始。社の唐突な行動に踵を返して帰宅しようとする真だが――何と空から大量の水が落下して全身ずぶ濡れに。怒り再び社の下へと向かう真だが、ここでふと「あの大量の水は何処から?」という疑問が過る。社はプールに浸かって手にはフェイスシールドを片手に持っているだけであり…本当に社は超能力者なのか…? 真に催眠術で幻覚を見せ――真の髪の毛は濡れていたから違うか(笑 少々呆然とする真に社は先の台詞と挑発し、何かが吹っ切れた真は社の待つプールへと策を乗り越えてダイブ。それから暫く二人はプールで遊んだ後、目的地であったとある小屋へと社を連れて行った真は無事にミッションコンプリート。

 エリオ「頭変えた?」 真「ポンポン交換できるかいっ」 エリオ「間違えた。髪変わった?」 社を送り終えた真は、エリオの待つ『田村商店』へと向かうと、店の前に設置のベンチに座るエリオを発見。エリオはお客さんが来ないからと客引きをしているというのだが、成果は声を掛けに現れた真のみ(笑 またエリオは、真の髪の毛が濡れていることに気付いて先の台詞。真はエリオの質問にプールに入って来たからと伝え、エリオは「海よりプールが好き」だとさり気なく「連れて行って」とアピールする(笑 ん~、『頭変えた』は言わないと思うなぁ。『頭切った』は良く「髪の毛を切った?」の誤用というか誤って使われ易い日本語~みたいな感じで認知度は高いが(ぇー
 真「エリオ」 エリオ「?」 真「お前、少し日に焼けたな」 エリオ「うんっ」 あーぃ!(笑 さてさて、『田村商店前』での暫しの会話を経て、真の本来の目的であった田村婆への顔見せと店の中へと向かう二人であったが、ふとエリオに真は先の台詞と「日に焼けた」事を伝え、エリオはその言葉に満足の笑顔で肯定の返事をするのでぇ~あった。まぁ、そうした微妙な変化を言えるという事は、少なくともエリオの事をちゃんと見ているという証拠ですから、若しかしたらエリオはそういう『ちゃんと見てくれている』という意味を兼ねる真の言葉が嬉しかったに違いない…のか?(笑 次週へ続きます。



●その他、『電波女と青春男』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
電波女と青春男


●アニメ 『電波女と青春男』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
電波女と青春男 公式ホームページ|TBSテレビ


 次回は、第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』です。


アニメブログ 人気BlogRanking←女性キャラ可愛いけどナッ!(何 宜しければポチッと一押し!
■当『電波女と青春男』の記事一覧(最大15件表示)。
電波女と青春男 第11話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第9話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第8話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第7話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第6話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第5話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第4話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第3話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第2話 (レビュー/感想)
電波女と青春男 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 電波女と青春男 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (21) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」
宇宙服のコスプレの超能力者(自称)のヤシロ。 電波を感じたのかエリオを追いまわしますw イトコを頼るエリオが可愛いですね。 その可愛さが 花沢さんたち女子から嫉妬されたのかな(^^; ▼ 電波...

2011.06.17 (Fri) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

電波女と青春男~第10章「軒下少女」
 高校2年生の丹羽真(にわまこと)はおばの家にあずけられた。 その家で出会った謎の少女エリオとの物語、10話目。 「ワタシハチョウノウリョクシャダ・・・」野球場に現れた...

2011.06.18 (Sat) | ピンポイントplus

この記事へのTrackback

電波女と青春男 10話
お布団の力を借りて、今必殺のもふアタック! というわけで、 「電波女と青春男」10話 水面に映る太陽の巻。 宇宙服うぜえ!うざすぎる! このウザさは尋常じゃない。まさに、宇宙的ウザさ。 誰か...

2011.06.18 (Sat) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」 感想
未知との遭遇―

2011.06.18 (Sat) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

電波女と青春男 10
第10話 「軒下少女」 OPの神聖かまってちゃんはかなりやヴぁいグループみたいですね、 調べてたら一気にイメージダウン。 個人的にはOPのカップリング曲の方が好きだったりするんですが、 このグループの他の曲はかなり病んでました。 てかの子は精神病としか思え?...

2011.06.18 (Sat) | MEGASSA!!

この記事へのTrackback

電波女と青春男:10話感想
電波女と青春男の感想です。 銀髪の超能力者。

2011.06.18 (Sat) | しろくろの日常

この記事へのTrackback

『電波女と青春男』 第10話 感想
ここに来ての新キャラ・星宮社投入。 考えようによっては、なかなか面白い構成なのかも。

2011.06.18 (Sat) | シュミとニチジョウ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 『軒下少女』
花沢さんはエリオを知っていた。有名人だから言うのではなく、去年クラスメートだったから。評判は「見てくれだけは最高」で同性の評価は良くなかったとか。 エリオと仲のよい真を見る目は流子に近く、若干引きぎみながらも相手はしてくれるという立ち位置です。 な?...

2011.06.18 (Sat) | こいさんの放送中アニメの感想

この記事へのTrackback

「電波女と青春男」10話 軒下少女
サブタイトルどおり基本的には星宮社の話だったなぁという印象。 またもや真は変な女子に気に入られたようだけど女々さん級にやっかいなそうな娘だな…。家出少女みたいだけどどういう家庭事情してんだろ? ...

2011.06.18 (Sat) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」
エリオ「イトコ~!!」 真「ん?」 エリオ「ステテテテテテテテテテテテテェェェェ!!!」 お前、何でもかんでも太文字で感嘆符つけとけばジョジョ風になると勘違いしてんじゃねぇか? っと...

2011.06.18 (Sat) | キクログ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」
可愛いけど可愛くないコスプレ 前回から引き続き野球の話。商店街チームは連敗中。 宇宙服はキャッチャーの親戚らしい。 前川さんの今日のコスプレはエイリアン…。 礼を言う真に照れる姿が可愛い。 ...

2011.06.18 (Sat) | Empty delusion

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 感想
 電波女と青春男  第10話 『軒下少女』 感想  次のページへ

2011.06.18 (Sat) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

電波女と青春男 十章「軒下少女」
超能力パワーによって無敵云々、試合に復帰した宇宙服女。商店街チームは二連敗。翌日。花沢さん曰く、宇宙服女は都会チームのキャッチャー・中村の親戚だとか畑荒らしだとか家出 ...

2011.06.18 (Sat) | 夢見蛙の井戸R

この記事へのTrackback

電波女と青春男 10章『軒下少女』 感想
エリオの空、UFOの夏。

2011.06.18 (Sat) | てるてる天使

この記事へのTrackback

電波女と青春男 10章『軒下少女』
超能力者を自称する宇宙服女との第三種接近遭遇を果たした翌日。

2011.06.18 (Sat) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」 感想
社の超能力を信じるか信じないか。 第10話 「軒下少女」 感想は続きから

2011.06.18 (Sat) | あめいろな空模様

この記事へのTrackback

[アニメ]電波女と青春男 第10話「軒下少女」
『軒下』という固定概念を『宇宙人』と同様に覆してくれる存在を探し求めている少女の生き様と、それに対抗するエリオの存在と真との距離感。

2011.06.18 (Sat) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話「軒下少女」 レビュー・感想
『簀巻き女(元宇宙人)vs宇宙服女(現役宇宙人)の戦い』(笑) 草野球チームに参加したエリオだったが花沢さんには『アレ』と呼ばれて、自称超能力者の宇宙服女には追っかけ ...

2011.06.18 (Sat) | ヲタブロ

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10話 「軒下少女」
この期に及んで宇宙服着た超能力者が登場。「電波女と青春男」の第10話。 TBSの番組公式ページはこちら。 次回は一週空けて6月30日、26:40から。 都会チームの投手花沢さんによって商店街チームは完...

2011.06.19 (Sun) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

電波女と青春男 10話感想
更新が遅れました+書いてない感想もあります。 しばらく感想を書く気力が無かったのですが、書けるものは書いていきます。 (火曜ぐらいから体調不良) …ということで、超能力者(自称)登場の10話感想です。

2011.06.19 (Sun) | ノウネイン村田の不活動日記

この記事へのTrackback

電波女と青春男 第10章 「軒下少女」 感想
色々キャラ登場しているけど、いまだにこの作品の執着地点は見えてこない。 【新品】【DVD】電波女と青春男(1)(Blu-ray Disc)/(発売日前日出荷)価格:6,027円(税込、送料別) 早速感想。 リ...

2011.06.19 (Sun) | 物書きチャリダー日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。