一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

まおゆう魔王勇者 第01話 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

Category: まおゆう魔王勇者  01/06 /2013 (Sun)

第1話 『「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』

『狼と香辛料』が好きならイケる筈。
何処へ?みたいな。えー…そんな感じで印象が第1話が何となく『狼と香辛料』っぽいお話の流れというか、中の人がそのまんまだったりする訳で

ストーリーは…。
一軍にも匹敵する強大な戦闘能力を持つ勇者は、人間の敵として立ちはだかる魔族の長である魔王討伐の為、単身で魔界の奥深くへと乗り込む。
しかし、魔王の城に到達した勇者の前に姿を現した魔王は、美しい人間の女性の姿だった。戸惑いつつも果敢に戦いを挑もうとする勇者だったが、魔王はそれを受け流すかのように、とある説明を始める。どちらがこの戦争に勝利したとしても、その先に平和は訪れないのだと…。



 はい。こちらでは無駄にお久しブリーフなアニメ作品の視聴感想記事ですよっと。おっと、その前にあけましておめでとう御座います。知らない間に年が明けてましたね(マテ リアルのお仕事が忙しくて、以前のように仕事しながらの記事作成は無理臭く...。取り合えず、冬の新作アニメという事で『まおゆう魔王勇者』をば適当に書いてみるよぃっと。

■『紅玉の瞳』(巨乳) 魔王

魔王可愛いよ魔王。
というか――
デビルホーン、着脱可能かい!!(笑
…って、ちゃんとした名前はないのかな?(笑 と思ってしまった当作品の主人公の一人である女性の魔王。年齢は不詳。人間と魔族の年齢や付随した身体的な成長が同じなのかは不明だけど。
そして、上記画像を参照すれば一発で分かる程の豊満な巨乳ちゃん。本人の意図とは関係なく、動けば大きく揺れる程の大きさのご様子。個人的にこういうアニメ作品には無用の長物(ぉ
今回は、自身の城に乗り込んできた設定的に敵である筈の後述の勇者に「我のものになれ!」と要求。紆余曲折の後に見事に勇者を自身のパートナーとしてしまうのであった(笑

 後述する勇者との会話を見る限り、戦闘能力に秀でているというよりも、頭脳明晰で視野が広く物事を見極める事に秀でた人物のご様子。一方で、あからさまに胸を強調した露出の高い服を着用していながらも、「大多数の男と呼ばれる人間が望むような、外見的…肉体的美しさには……その、欠けている」と言ってしまうちょっとズレた美的感性の持ち主。ん~、人間と魔族とでは、そうした価値観が違うのかな?それとも身近な相手にそういう風に指摘され続けていたが為――でも魔王だからなぁ(苦笑

■『童貞』勇者

単 細 胞 か 。
もう一人の主人公の勇者。魔王と同じく名前がなくて称号的に『勇者』が名前のようで(笑 こちらは魔王とは打って変わって、猪突猛進で単細胞な戦闘能力に特化した人物の様子。
今回は、中々に魔族達との決着のつかない戦争に業を煮やし、組んでいたパーティーメンバーと別れ、単身で魔王の城へと乗り込むという反則行為に及んだ末、障害も特になくアッサリと魔王と邂逅。
しかも、魔王をイカついそれらしい相手…男性と思っていたら、前述した通りの女性の魔王であった上、更には紆余曲折あって魔王と真の平和を作る為に共に歩む契約を結んでしまう(笑

 どう見てもDQⅢ(FC版)のパッケで勇者が被っている兜と『ロトの剣』を模した剣を装備している勇者(笑 先にも書いていたけど、組んでいたパーティーメンバーを放置プレイにし、単身で魔王の城へと乗り込むという愚行とも取れる行動を起こしましたがー…そこに至るまでの道のり(城内の警備は魔王の指示だとしても)は容易だったのか、そこが無性に知りたくなったんだよなぁ(笑 魔族に虐げられる国や村を解放して回っていたのか…とかさ。一直線に魔王の居城に乗り込むとか、物事のセオリーをすっ飛ばしすぎやしないか…と(苦笑 最早、そういう指摘は野暮なのだろうなぁ、きっと(遠い目

■『多重人格』 女魔法使い

まっじょっこさぁ~ん。
と、分かる人にしか分からないネタを呟いてみる(笑 勇者のパーティーメンバーと思しき女性の魔法使い。しかし、上記キャプ画の通り、多重人格者のようにコロコロと容姿が変化。
何かもう多重人格の範疇に納まらない気がしますね、容姿まで変化するとなると(笑 え~と…人格・性格的には、勝気・淑やか・不思議ちゃん…かな?主人格は不思議ちゃん…?


■『貧乳』 女騎士&『セクハラ』 老弓兵

まさかの老弓兵=銀河万丈さん。
さて、こちらも前述した女魔法使いと同じく、勇者のパーティーメンバーだった女騎士と老弓兵(スタッフロールから)。この二人も勇者の独断専行の理由と行き先を知らない様子。
老弓兵に貧乳をからかわれただけで、遠慮なしに抜刀して斬りかかる女騎士に噴く一方、それを難なく仰け反ってかわす老弓兵も凄い。女騎士は勇者の身を案じ、老弓兵は…?


■その他…以後、物語に関わってきそうなキャラ達。

はい。一段目は『青年商人』、二段目の左側は『冬寂王』で右側は『冬の国の王子』、三段目は…ダンブルドア(※嘘です。名前は出てません。、四段目は『農奴姉妹』。
ちなみにダンブルドアは、魔王が勇者に持たせた触った者の心に強く残る思い出を回想させるカンテラ(アイテム)が見せた映像の中で、幼少期の勇者と共に居た人物ながら正体は不明。
農奴姉妹はー…可哀想でしたねぇ...。魔王と勇者の経済学的会話の中、そういう身分の者もこの世界には居る…という意味合いの説明の為、仕様がない描写ではありましたが…。
あとの『青年商人』やその他諸々は、恐らく利益関係の悪巧み関係やら戦争の件やらのイベントで、必然的に魔王達に関わってくるのでしょうし、突っ込みは避けておきましょう(マテ


■魔王おっぱい描写まとめ~。

谷間に魔王の紋章て。
取り合えず、魔王の揺れるおっぱいどうのこうのより、魔王たる証拠の紋章が胸を両手で掴んで割り広げた場所に刻まれているっていう所だけが、非常に突っ込みたくなった(笑


■をまけGIFアニメ。
  
見よ、この胸の揺れ具合。
そして――
お乳、くぱぁ♥




ホロとロレンスの旅…再開ッ!
…みたいな(何 そんなこんなで『狼と香辛料』と同じ主人公のキャスティング故、初見の感想というか印象がそうであった人も多かったと思います?(何故疑問符。

 え~…はい。個人的には結構面白かったですね、『まおゆう魔王勇者』。恐らく『狼と香辛料』が好きだった方の印象は悪くなかったと思います。ファンタジーな世界観でありながらも、何だか現実的な諸問題を現実的な思考(魔王の頭脳)による政治を用いて解決(勇者による武力行使(マテ )していく物語なのか…私、気になります!(ぇ とまぁ、頭を空っぽにして見るようなアニメ作品ではないのでしょう、第1話の内容を見る限りでは。
 いやしかし、魔王を討伐しに向かった勇者が学がないような単細胞が手伝って、頭脳派の魔王が世の理(不尽さ)を彼に説いただけで、アッサリと勇者が魔王の提案…契約を果たしてしまっていたのには噴きましたね(笑 もう少し間を置いて勇者に考える余地を与えてから決めるといった流れでも良かった気がしますが――先の勇者の性格を考えると無駄だっていう(苦笑 一方の魔王は、頭脳派でありながらも、何故か勇者を牙城で待ち焦がれ、自身のパートナーとした後の練習をするという初心な有様が素直に可愛かったという印象。流石に魔王の象徴たる“デビルホーン”が、単なるカチューシャ仕様だったのには笑ってしまったと同時に複雑な心境(ぇ スポッて外れたのよ、スポって(魔王の項目のキャプ画参照)。
 また、個人的に魔王の巨乳設定や付随したお色気演出は…無用の長物のような気がします。いや、悪くはないのですけれどね。ちょっと物語の雰囲気には合わない気もしたもので。ただ、最近のアニメ作品が売れる為には必要不可欠な要素なのか、原作もそうだから仕様がないのか、それが作品如いては魔王の魅力としての売りなのか、非常に気になる所ではありましたが――本当に揺れるのよ、ばるんばるんですよ(笑 思わずGIFアニメにして紹介してしまった位(コラコラ

 え~…まぁ、そんな感じで少々経済学的になりそうな物語の部分には深く触れず、感想らしきものを書いてみましたが…うーん(何 いや、単純に見ても面白くなりそうな内容だとは思いましたよ、うん。『化物語』までとはいかないにしても、会話中心で情報量が多めになりそうですしね。と言う事で、当然の事ながら第2話も視聴継続であります。感想は何時まで続くか分かりませんけど(コラコラ



その他、『まおゆう魔王勇者』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
まおゆう魔王勇者



 次回、第2話 『「わたしたちをニンゲンにしてください」』です。

何、このヘヴィなタイトル(滝汗 少し妖怪人間臭もする台詞ではありますが…。世界観から奴隷という身分もありそうなので、きっとそうした身上からの解放…という意味かな?

■当『まおゆう魔王勇者』の記事一覧(最大15件表示)。
まおゆう魔王勇者 第12話 最終話 「待たせたな、わたしの勇者。寝坊しすぎだ、おれの魔王」
まおゆう魔王勇者 第11話 「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」
まおゆう魔王勇者 第10話 「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」
まおゆう魔王勇者 第9.5話 特別章…という名の『総集編』 「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」
まおゆう魔王勇者 第09話 「わたしは“人間”だからっ」
まおゆう魔王勇者 第08話 「剣を取って、我が主」
まおゆう魔王勇者 第07話 「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ」
まおゆう魔王勇者 第06話 「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん…ただいまだ!」
まおゆう魔王勇者 第05話 「魔王っていい匂いだな。勇者の腕の中はほっとする。」
まおゆう魔王勇者 第04話 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」
まおゆう魔王勇者 第03話 「いままでどこほっつき歩いてたのよ!」
まおゆう魔王勇者 第02話 「わたしたちをニンゲンにしてください」
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: まおゆう魔王勇者 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (4) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

まおゆう魔王勇者 第1章「「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」
魔王のこういう姿を見たらすっかり毒気を抜かれてしまいました。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/maoyu/archenemy-hero_01/

2013.01.11 (Fri) | ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版]

この記事へのTrackback

まおゆう魔王勇者 第1話 「〝この我のものとなれ、勇者よ〟〝断る!〟」 感想
平和への希望、見つけよう―

2013.01.11 (Fri) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

2013年01クール 新作アニメ まおゆう魔王勇者 第01話 雑感
[まおゆう魔王勇者] ブログ村キーワード まおゆう魔王勇者 第01話 「この我のものとなれ、勇者よ 断る!」 #maoyu2013 #ep01 話題のアニメ作品、2チャンネルが発端でTWITTERを経由

2013.01.13 (Sun) | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

この記事へのTrackback

まおゆう魔王勇者 第1話 『「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』 なんか「狼と香辛料」っぽい。
だって主役の声優ががロレンスとホロだし。そんでもってメインは経済の話と共通点も多そうです。あと魔王とか魔族とか言われているけど、所謂魔物然とした敵が居ませんね。牛とか骸...

2013.01.14 (Mon) | こいさんの放送中アニメの感想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。