一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

まおゆう魔王勇者 第04話 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」

Category: まおゆう魔王勇者  01/27 /2013 (Sun)

第4話 『「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」』


“魔界”の牛娘…恐るべし(ガクブル
ま、それ以上に勇者の魔界でのモテ具合が異常な気がしますね(苦笑 いや~…その中でもやっぱり牛娘はインパクトが強過ぎました(遠い目


ストーリーは…。
女魔法使い捜索のために魔界へと乗り込んだ勇者。一方、冬越し村に残った魔王は、勝利でも敗北でもない人間と魔族の戦争終結のための第一歩として、中央大陸全土に商業範囲を持つ「同盟」との交渉に挑む。魔王と青年商人、異なる立場の二人の舌戦が導き出す答えとは?





■女騎士、『冬越し村』へと馳せ参じ候。

修道院長たる“淑やかさ”は必要皆無に?
あっはっは。え~、勇者が魔界へと経った後になり、『冬越し村』へと“修道院長”として赴任をして来た女騎士は、魔王達から勇者不在の旨を告げられ、呆然とする以上の怒りを手荷物にぶつける始末(笑
赴任を終えた女騎士は、建設が完了した教会に身を置きながらも、以前のような修道服ではなく、カジュアルな一般の服装に。そして、普段は魔王のメイド姉を除いた子弟達の戦闘教育を任されている様子。
そういう戦闘教育という仕事に就いて早々、女騎士はまるで勇者不在の憂さを晴らすように子弟達をフルボッコ(笑 剣を軍人子弟に持たせて居合いとかね...脅しも良い所。軍人なのにヘッポコの軍人子弟に噴く。
ただ、女騎士は戦闘教育を施す上で、近々人間と魔族の戦争が起こる話題に盛り上がる子弟達に対し、「戦争に正義も悪も存在せず、在るのは勝者か敗者だけだ」と今の未熟なまま戦争に向かい死ぬ事を、厳しく諭しながら禁じるのであった。


■“同盟”の青年商人(+α)が魔王との交渉の為に『冬越し村』へ。

メイド長「しかし、人格的母性がなければ、ただの“駄肉”です(迫真)」
ですよねー(マテ え~、魔王が最新式の羅針盤を提供した“同盟”が動く事なり、青年商人と辣腕会計(らつわんかいけい)が魔王との本格的な交渉を行う為、『冬越し村』を訪れる運びに。
その為、メイド長・メイド姉妹が魔王の服をそれ仕様に仕立て上げており、魔王は胸が開き過ぎた洋服に愚痴を零すのだが、それを手厳しく制するメイド長。魔王は女騎士や村人が自身の体付きを『グラマー』だと称してくれたと主張するのだったが――
メイド長は、魔王の眼前に顔を急接近させると、先の赤太文字の台詞と迫真に迫った…真顔で断言をする(上記キャプ画二段目右側)。しかし、妙に迫力があるメイド長...頼むから瞬きはしてくれ(苦笑
メイド長が見張りに使ったゴーストがまるでLODとウィスパー(謎
まぁ、LOD単体で良いか(マテ え~…一方、『冬越し村』に向かう青年商人達だが、馬車の内部には傭兵(?)達が一緒に座っており、ただならぬ雰囲気が…どうやら魔王との交渉に少しなからず警戒している様子。
しかしながら、魔王の方も先んじてメイド長が邸宅周囲に複数のゴースト(上記キャプ画三段目右側)を配置して警戒を済ませており、青年商人達が魔王の邸宅に就いた時には、近隣の林に潜む青年商人達の雇った傭兵達の位置を補足完了。


■魔王が青年商人達―“同盟”との契約交渉材料の手付けは作物の栽培方法。

魔王が青年商人達に持ち寄った作物とは――
玉蜀黍(トウモロコシ)。
魔王邸宅の客間で始まった魔王と“同盟”の契約交渉。早速と魔王は小箱に入れた玉蜀黍を青年商人達に提示。見た事もない作物に怪訝な表情をする青年商人達。魔王は玉蜀黍の栽培条件と合致する熱帯地域で広大な荒地である大陸中央部を利用すると提案。
荒地を開拓して作物を作る為の村々を作るに至るまでには、相応の人手と資本が必要になるが、追々の事を考えれば村々は“同盟”の傘下となる上に、玉蜀黍に限らず別の作物等で利益(“同盟”と手を組む顧客の増加)を独占できると説明する魔王。


■魔王と“同盟”の契約交渉、紆余曲折あるも成立完了なう(マテ

魔王「勝利でも敗北でもない。戦争の早期終結」
魔王の自分達に有利な話ばかりの内容を聞いていた青年商人は斜に構えた表情で、今度は魔王が得る事柄…利益についての説明を尋ねる。すると魔王は、落ち着いた表情で先の赤太文字の台詞を口にし、それを聞いた青年商人は椅子から立ち上がり驚愕。
青年商人は魔王に対し、「人類の勝利以外に戦争終結は考えられない。人間が人類側に組して支援するのは当然」(要約)と主張するも、魔王はそれを「公的な見解」だと返答。それでも青年商人は「正式な見解」だと断言し、背中に回した手を開閉。
その“サイン”を目にしていた辣腕会計は、徐に軽く被っていた帽子を直すような仕草。それを邸宅の外の林で待機していた傭兵頭が単眼鏡で窓越しに確認すると、部下達に指示を出して更に邸宅周囲の近付き藪の中に潜伏。しかしメイド長もこれを把握。
青年商人「“同盟”の…私達の何を信じるというのですか?」
魔王「『損得勘定』」 青年商人「!?」
魔王「我々の共通の言葉にして、天と地の間で二番目に強い絆だ」
魔王は青年商人に“商人”の志向性を説明するも、青年商人は自分達…“同盟”の味方or敵であるのかと尋ねると、魔王は真っ直ぐに青年商人を見据えて「取引相手だ」と返答。その返答に青年商人は、どの派閥にも属さない考え方で異端だと指摘する。
それでも堂々と飄々として掴み所のない魔王の態度に、青年商人は“同盟”に契約交渉を求めた根本的な理由を聞き出す為、魔王に先の台詞と訪ねるという一連の問答(参照の程をば。問答というか会話か)。
青年商人の問いに自らも椅子から立ち上がり、青年商人と向き合い『損得勘定』と答えた上、更にはその言葉を『互いの共通の強い絆』と称する。これに驚愕と呆然の入り混じる表情を聞いていた青年商人は、まるで噴出すようにその場で大爆笑。
同輩である筈の辣腕会計も思わずその理由を尋ねてしまうが、青年商人は嬉々として魔王の口にした言葉が“同盟”の訓示(『人間である前に“商人”であれ。教会の敬謙な信徒である前に“商人”たれ』というもの)そのものであると説明。
え~…魔王は自身が“契約主義者”だと言うと、それに青年商人も同意し、以降はあれよあれよという間に、魔王と青年商人(“同盟”)は握手を交わして契約を成立させるのであった。魔王邸宅周囲に潜伏待機していた傭兵達は、辣腕会計の合図と共に撤退。


■魔王、何と別れ際に青年商人から求婚されるの巻き。

この積極性が勇者にあれば…(遠い目
なん…だと…?(もう古い? はい。契約を成立させた魔王は、邸宅前まで青年商人達をメイド長・姉妹と見送る。その際、青年商人は「玉蜀黍の件は何時動けるのか」と尋ね、魔王は「幾つかの実験と苗の栽培が残っている」と申し訳なさそうに返答。
青年商人「『損得勘定』は二番目に強い絆だと仰っていましたが…一番は?」
魔王「知れておる。『愛情』だ」

魔王の返答に青年商人は自身も“同盟”で当案件の地盤作りに時間が掛かると告げて了承。“同盟”の地盤作りには、先に魔王が“同盟”に提供をした最新式の羅針盤で、上手く他の商人達の賛同を得る事になりそうな様子。
また、ふと別れ際に青年商人が先の台詞と尋ね、魔王は見事にその返答に『愛情』だと断言する。すると再び青年商人は大爆笑。少し剥れる魔王であったが――
青年商人「これはもう、求婚するしかありませんね」
噴いた。まさかの青年商人の魔王への求婚。一応、魔王の夫(仮)の勇者と青年商人は面識があるんだけどなー…かち合ったらどうなるのだろう(苦笑
という事で、剥れる魔王に青年商人は何を思ったか先の台詞と唐突な求婚宣言。これにはメイド長・姉も驚愕。メイド妹は求婚の意味を知らずに「?」と首を傾げるのみ。さて、当の魔王はこれ以上に驚愕するのだが、青年商人は真面目に考えており――
魔王に握手を求め、魔王がそれに応じると同時に、自分の方へ引き寄せると、何と手の甲に恭しくキス。青年商人は、魔王に『“愛しの君”』と呼ぶ許可を求め、魔王は赤面と狼狽でそれを拒絶。その際の叫び声が村の空へと吸い込まれて消えるのであった。
※補足…青年商人は魔王への求婚を真剣に行いたいようで、持参金や贈り物を送る意志や粘り強く口説く事に本腰を入れたい旨を堂々と主張していた。魔王は余り色恋沙汰(しかも人間相手が故か)の耐性が無さ過ぎますな(苦笑


■勇者の“魔界”での活躍一覧(何

メイド長「でも、童貞ですからねぇ...勇者様は」 魔王「どッ…!」
メイド長「童貞と言うのは、変な所で義理堅く、夢見がちですから、きっと大丈夫ですよ」
ですよねー(笑 はい、勇者が“魔界”へ向かった後、既に秋口…6ヶ月が経過しているものの、勇者は魔王邸宅に帰って来てはおらず、寄越すのは自身の動向を書き記した手紙だけであった。その為、魔王はその件に関してガックリと肩を落とす。
しかし、そんな魔王にメイド長は、勇者の“魔界”での活躍の中で「女性に言い寄られたりしているのでは…」と魔王の不安を煽る発言をするが、一方で先の台詞と勇者が“童貞”である事を例に挙げたフォローを行うのであった(苦笑
え~、上記キャプ画の一段目右側が『妖精族を救う勇者』、二段目左側が『火竜大公と戦う勇者』、右側が『火竜大公の皇女』(戦いの末、火竜大公に男気を認められて娘を紹介されてしまった勇者、という内容から…らしい。)。
牛娘の爆乳というか奇乳領域な件。
○イルのエロゲーキャラみたーい(ヤメレ …上記キャプ画の三段目左側が『宿屋のハーピー(鳥娘)に言い寄られる勇者』、同右側が『半透明のスライム娘に告白(?)される勇者』、上記キャプ画の四段目左側が問題の『牛娘から婿宣言される勇者』。
※補足…『宿屋のハーピー(ry』以降の件は、メイド長が実は定期的に“魔界”から帰って来ていた勇者に対し、“魔界”で起こった出来事を言い当てた内容(笑 それらが見事に的中していた様子。



■実は定期的に魔王邸宅(自宅)へ帰宅をしていた勇者。

って、既に前項目でちょこっと前述しましたがー…え~、“魔界”で自分を追って行方不明になった女魔法使いを追い、“魔界”へと向かっていた勇者は、定期的に魔王に手紙を送っていたのだが、実は定期的に魔王邸宅…自宅に帰宅をしており、メイド長は認知済み。
今回の帰宅も物入れ椅子の中に隠れていた所、見事にメイド長に見付かって御用。メイド長曰く「メイドの勘」らしいが(苦笑 して、“魔界”から帰宅した勇者は、メイド長が用意した食事を採りながら、魔王への定期的な手紙を書く事に。
そして、食事の手が止まる合間にメイド長から、「何故、魔王に会わないのか」という疑問をぶつけられた勇者は、少し表情を暗くして『所有契約でありながら“自分の手を一切頼らず物事を推し進めようとする魔王”に自身の存在意義に不安を覚えている』(要約)と返答。
メイド長「メイド如きに口を挟める問題でもないのでしょうが、1つだけ…」 勇者「…うん」
メイド長「勇者様は魔王様のもの。勇者様の全ては、魔王様の…我が主の所有物」 勇者「あぁ、そうだ」
メイド長「だとすれば、勇者様の感じる躊躇いも、思い遣りも、押し殺している願いや、憧れるような希望も、触れたいという祈りも、言葉にならない魔王様への気持ちさえ、それらも全て魔王様のもの」
勿論、勇者自身、魔王の自分を大切に想う気持ちからの振る舞いだとは理解しており、だからこそ自分が魔王より先に逝った時の魔王の悲しい表情が思い浮かぶのが辛く、「正直、ビビッている」「今の自分は“勇者”とは言えない」と肩を落として吐露。手紙はメイド長へ。
勇者のそうした吐露を聞いたメイド長は、魔王に対する気持ちが冷めていない事に安堵しつつも、真剣な面持ちで先の台詞と叱咤し、最後に「それをお忘れなき用に」と釘を刺して諭すのであった。
補足…勇者は『転移魔法』を使える為、1日毎は無理でも1週間に1度は帰宅をする事が可能、とメイド長談(笑 しかし、勇者にそうした内面的な問題で魔王を避けてるって…顔位は見せても良いよなぁ。本当にてぃきん野郎だぜぇ(何


■開戦の狼煙が…?

魔王発案の馬鈴薯栽培法&料理は『冬の国』に根付く。
え~。元勇者のPTメンバーであった老弓兵の転進先は『冬の国』の王子付きの執事の職。そして、久々に登場の冬の王子(以下、王子)は、変わらず戦争に関しては反対派を貫いている様子。また王子は執事と『馬鈴薯料理』の美味しさについて会話。
そして、魔王は『冬の国』に馬鈴薯のみならず、自然の力…風を利用してエネルギー(動力)を生み出す『風車』の建設案にも貢献をしていたようで、王子と執事も魔王こと『紅の学士』のこれらの功績を認知しており感心しきりであった。
一方、『冬の国』としては“中央”と呼ばれる政権を持つ国から、魔族との戦争への協力要請があり、それに関して近隣国の首脳を集めた『諸王国会議』が開かれ、執事は「会議の結果は反対でしょう」と進言するが、王子は『白夜の国』の動向を懸念。
執事曰く、『白夜の国』は戦争の協力を要請してきた“中央”に従う事で関係…パイプ(繋がり)を強化し、その仲間入りを狙っている為だという。ちなみに、“中央”の軍と思しき『聖鍵遠征軍』は今回の戦争には出せないのだとか。
それなのに“中央”は、魔族に唯一占拠された『極光島』を戦場にし、各諸国の総軍力…7000名の兵士を200隻の軍船に乗せ、あろう事か“海戦”を強いており、その理不尽さと先の見えた結末に「正気の沙汰じゃない!」と王子は憤慨するのであった。


■メイド姉、常に何か思い悩む事があるようで。

メイド姉「でも、私は…」 女騎士「?」
メイド姉「私は…私は人間になれたんでしょうか」

『早く人間になりたぁ~い』…と、まるで○怪人間のようだ(笑 それはさておき、ある日の午後…かは分かりませんが、子弟達への戦闘教育を終え、魔王邸宅の一室で休憩を取る女騎士。と、そこへメイド姉が声を掛けて来て(お茶を注ぎに来た)の少々会話。
女騎士は子弟達への戦闘教育に関し、教育方針に迷走していると肩を落とすも、以前の勇者の指導よりは全然良いとメイド姉。女騎士は、自分が戦闘教育を勇者から任された件も愚痴るが、メイド姉からは「信頼されている証拠」とフォローされ、少し頬を染める。
また女騎士は『冬越し村』の一画に、修道会のお金を殆ど注ぎ込んで『水晶農園』を建設。つまり温室農園ですね。窓のガラスを全部水晶にし、水晶が太陽光を効率良く取り込む事で室内温度を冬場でも一定に確保できる仕様。ビニールハウスの超豪華版(マテ
で。ふとメイド姉は、自身が魔王からの知的教育のお陰で、文字の読み書きや数学などを覚えられ、農奴からメイドという身分に転身し、安定した生活を送れていると口にしながらも、少々表情を曇らせて先の台詞と何かを心の底に溜め込んでいる様子。


■スクロール画。
   
※上記キャプ画はクリックをすると別窓拡大ですよっと。






 すいません。つい調子に乗って色々書き過ぎましたorz また後程、追記をするかもしれません(マテコラ



『まおゆう魔王勇者』公式HP(別窓が開きます。)

その他、『まおゆう魔王勇者』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
まおゆう魔王勇者


 次回、第5話 『「魔王っていい匂いだな。勇者の腕の中はほっとする。」』です。
■当『まおゆう魔王勇者』の記事一覧(最大15件表示)。
まおゆう魔王勇者 第12話 最終話 「待たせたな、わたしの勇者。寝坊しすぎだ、おれの魔王」
まおゆう魔王勇者 第11話 「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」
まおゆう魔王勇者 第10話 「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」
まおゆう魔王勇者 第9.5話 特別章…という名の『総集編』 「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」
まおゆう魔王勇者 第09話 「わたしは“人間”だからっ」
まおゆう魔王勇者 第08話 「剣を取って、我が主」
まおゆう魔王勇者 第07話 「すぐに戻れる、すぐにまた会えるさ」
まおゆう魔王勇者 第06話 「お帰りなさい、勇者!」「ああ、爺さん…ただいまだ!」
まおゆう魔王勇者 第05話 「魔王っていい匂いだな。勇者の腕の中はほっとする。」
まおゆう魔王勇者 第03話 「いままでどこほっつき歩いてたのよ!」
まおゆう魔王勇者 第02話 「わたしたちをニンゲンにしてください」
まおゆう魔王勇者 第01話 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: まおゆう魔王勇者 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (6) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

今歩むこの道の先が見えなくて―【アニメ まおゆう魔王勇者 #4】
まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray](2013/03/20)小清水亜美、福山潤 他商品詳細を見る アニメ まおゆう魔王勇者 第4章 そんなことになったら勇者に噛みついてやる! 前へと突き進む 後ろは遠...

2013.01.27 (Sun) | 腐った蜜柑は二次元に沈む

この記事へのTrackback

2013年01クール 新作アニメ まおゆう魔王勇者 第04話 雑感
[まおゆう魔王勇者] ブログ村キーワード まおゆう魔王勇者 第04話 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」 #maoyu2013 #ep04 話題のアニメ作品、2チャンネルが発端でTWITTER...

2013.01.27 (Sun) | 妖精帝國 臣民コンソーシアム

この記事へのTrackback

この記事へのTrackback

(アニメ感想) まおゆう魔王勇者 第4話 「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」
投稿者・ピッコロ まおゆう魔王勇者 (2) [Blu-ray](2013/04/17)小清水亜美、福山潤 他商品詳細を見る ☆まおゆう魔王勇者 第3話 「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」の感想 をポッ

2013.01.30 (Wed) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

まおゆう魔王勇者 第4章「そんなことになったら勇者に噛みついてやる!」
噛みつくどころかNTR展開?!・・・ ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/maoyu/archenemy-hero_04/

2013.01.30 (Wed) | ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版]

この記事へのTrackback

誰でもいいのかよ!?(魔王勇者とかビビッドレッド・オペレーションとか)
【銀魂' 第259話】定々さんを追い詰めるものの、逆にピンチに陥ってしまうお話。今回でお話がサクっと終わるかと思いきや、思わぬ強敵に、思わぬ引き伸ばしが生じましたね〜。個人 ...

2013.02.01 (Fri) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。