一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第02話 伝説の海獣とむろみさん

Category: 波打際のむろみさん  04/15 /2013 (Mon)

第2話 『伝説の海獣とむろみさん』


ストーリーは…。
いつもの防波堤で釣りをしている拓朗のもとに、むろみさんがやってきた。
彼女は拓朗に「ケータイ持ってる?」と聞いてくる。
拓朗がケータイを貸してあげると、むろみさんは自分の貝殻型ケータイを取り出し、
赤外線通信で拓朗のケータイにアドレスを送信!?
あっけにとられる拓朗に、「メールちょうだいね!」とむろみさんは誘ってくるが……。






■今回のむろみさん…拓朗に携帯電話番号を聞き出しメールを送るも――

基本的にガン無視。改善後も淡白返答。怒りのバタフライも通り掛かりの船に跳ねられる。
船に跳ねられる描写にはちょっと噴いた(笑 さて、今回のむろみですが、何時ものように海釣りに勤しむ拓朗に絡みつつ、殆ど強制的に携帯電話番号をゲット。後日、早速、嬉々として拓朗へメールを送るも、拓朗からは全く返信のメールがなくやさぐれるむろみ(笑
あ、むろみの右側の貝殻型の髪留めが携帯電話…しかもカメラ機能付きと判明。という事は、当然、防水・耐圧・耐衝撃機能搭載機種。完全にオーバーテクノロジーな訳ですが、長寿(禁句)な“人魚”が存在・所持している時点で大した問題ではない(爆

 ま、そんなこんなで、拓朗にメールを送っても返って来ない理由を暴力気味に問い質すと、「何て返したら良いか悩むうちに放置プレイ」(要約)という理由を知り、“怒りのバタフライ”でその場から帰って行く――途中で通りすがりの船に激突…跳ねられて海面と船体を鮮血で染める(上記キャプ画四段目左側)。後日、喧嘩別れ(一方的)をしたむろみは、後述する友人・隅田さんと外国の桟橋(?)の一画で、拓朗に心を込めた長文メール(&自身を写した写真添付)を送信。すると拓朗から返信メールが初めて届き、嬉々とするむろみ(友人)はその内容を確認すると――『了解』と非常に簡潔な内容のみで…(苦笑 まぁ、これは男性と女性のメールの対する“温度差”みたいなものでしょう。例外はあるとは思いますが。というか、何とも思っていない女性からのメールに対する返答ってそんなもんだと思う(爆 ちなみに、むろみのメール着信音は『ギョギョ』。

■リヴァイアさん…今回登場の新キャラ。むろみの先輩で“伝説の海獣”。

悪まで名前は『リヴァイア』。
で、敬称を付けると『リヴァイアさん』。だけど、拓朗はむろみにも「さん」付けで呼ぶ為、必然的に『リヴァイアさん』。出身は福岡県小倉市(現:北九州市小倉区)…(;゚Д゚) 。褐色・巨乳・腹筋と見違えんばかりの“エラ”(マテ …腹筋です(アイキャッチ参照)。
しかし、その正体はむろみよりも更に長寿な存在の“伝説の海獣”と名高い『リヴァイアサン』…まんまですね(笑 リヴァイアさんはむろみを溺愛しているようで、以前、むろみが“魔女裁判”に掛けられ、殺されそうになった際、その報復として一帯を滅したそうな(爆

 え~、むろみと同じく拓朗が釣り上げたのがリヴァイアさん。二度目の状況の為、リヴァイアさんを釣り上げた時には大して驚く事もなく、淡々と釣り針を彼女の口から引き抜きながら名前を尋ねる拓朗(笑 むろみが合流後、リヴァイアさん=『リヴァイアサン』だと知り驚愕の流れ。ここ数百年は元の姿に戻っていないそうな。その勇士をむろみが携帯のカメラに収めていたそうで、それを拓朗は見せられるがそこには『“伝説の海獣”に戻ったリヴァイアさんが遠方の都市を火の海に沈めている場面』であった(遠い目 詳しくは後述の項目を参照っと。で、拓朗の紹介と待ち合わせを同時に済ませたむろみは、リヴァイアさんと共に何故か鹿児島へと向かうのであった――鹿児島位、今まで普通に行けたでしょうと突っ込んだら野暮だろうか(爆 ちなみに、リヴァイアさんとむろみが口にしていた『白くま』は動物の熊ではなく、鹿児島県発祥のカップアイス…カキ氷(参考)です。最近では棒型も販売してたかな。また第1話のむろみの第一声「ゴカイ、うまかっちゃん!」の『うまかっちゃん』は、漫才コンビの博多華丸・大吉がCMを担当している九州限定(だったかな)のインスタントラーメン(袋麺タイプ)。

■ひぃちゃん&隅田さん…まだひぃちゃんはむろみ&拓朗との絡みなし。

第1話で少々紹介はしていましたが、ピンク髪でむろみと同じ髪型で巻貝の髪留めがひぃちゃんで、青い髪のポニテにして巻貝を簪にしているのが隅田さん。第2話ながら厳密なむろみさんとの関係が明らかにならないままの登場(笑
もっと原作未読者に優しい設定にしろYo!と思った私が居るが、何となくひぃちゃんはむろみを「おねいたん」と呼称していた為に『後輩』で、隅田さんは外国の桟橋のむろみとの会話から『同僚(友人)』という印象かな。携帯電話の件で拓朗に毒を吐いていたけど(爆


■本編中に描写されたむろみ達が過去に関与した歴史的(?)出来事。

元軍撃沈・ムー大陸焦土化・トロイ戦争傍観・魔女裁判廃止(爆
まぁ、一部例外はありますけどね(笑 はい、上記キャプ画一段目がアバンで描写されたむろみ・ひぃちゃん・隅田さんがイルカ達の前で歌った事で、元寇…元軍を襲った“神風”(暴風雨)を巻き起こし、日本軍に勝利を齎した画(汗 拓朗の突っ込みは『ローレライ』(笑
上記キャプ画の二・三段目は、ムー人が超科学で神々を倒そうとした際、『オリュンポス神族&ヴァルハラ連合軍』側に着いたリヴァイアさんが“切り込み隊長”としてムー大陸を守護する巨神兵(?)を焦土化させたもの(汗 ムー大陸はオーディンとゼウスの協力で沈(爆
その事実を知った…リヴァイアさんの雄姿を撮った写真を見た拓朗が、さり気なく楳図かずお画になっていたのは噴いた(笑 で、上記キャプ画の四段目がむろみ達が海面から“花火”として傍観…観戦していたのが、何と『トロイ戦争』の真っ只中の戦火(笑
上記キャプ画の五段目が、既に少々書いていましたがむろみが人間に捕まって“魔女裁判”に掛けられた場面。そして、それを救ったのが“海獣”化したリヴァイアさん(笑 むろみは火炙りは問題ないという…流石はM(ぉ またリヴァイアさんのお陰で“魔女裁判”は廃止へ(苦笑


■アイキャッチ(?)。

■何故かここで『波打際のむろみさん』PV動画。

♪むろみー、ここだぁー、むろみー、やめてー♪(棒



StarChild:波打際のむろみさん(別窓が開きます。)

その他、『波打際のむろみさん』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
波打際のむろみさん


次回、第3話 『積年の想いとむろみさん』です。
■当『波打際のむろみさん』の記事一覧(最大15件表示)。
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第11話 ツンとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第10話 ワールドワイドのむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第09話 ひみつの超文明とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第08話 癒し系(?)とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第07話 少年と河童とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第06話 竜宮城とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第05話 ツインマウンテンとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第04話 食物連鎖とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第03話 積年の想いとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第01話 瀬戸際のむろみさん
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 波打際のむろみさん Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (1) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

波打際のむろみさん 2話 でかいスケール、小さな舞台
波打際のむろみさん2話を見ましたよ。 いやー、良かったですね!! 人魚3人組ユニット Loreley( ローレライ)な!(大嘘 いきなりキャピキャピした 電波ソングが流れて

2013.04.16 (Tue) | うっかりトーちゃんのま〜ったり日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。