一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第06話 竜宮城とむろみさん

Category: 波打際のむろみさん  05/12 /2013 (Sun)

第6話 『竜宮城とむろみさん』


新キャラ・乙姫は竹宮流古武術の使い手でした。


ストーリーは…。
ある日、釣りをしていた拓朗は、リュウグウノツカイを釣り上げた。
かつて竜宮城で働いていたリュウグウノツカイは、竜宮城が崩壊して以来、ずっと失業しているらしい。
むろみさんに斡旋してもらった仕事も長続きしないリュウグウノツカイに、働き口がほしいと言われた拓朗は、
一芸に秀でていれば就職できるかもとアドバイスをする。






■乙姫…元竜宮城の城主。結構独裁的な興業を行っていたらしい(むろみ談)。

現在は拓朗の行き付けの釣具屋で勤務中。
…との事です。きっと最近、店員になったのかも。でないと、今更、行き付けの店の店員だった乙姫に気付く筈もないだろうし。でも、むろみと知り合って以降、竜宮城の知識(実情)を知り得て、改めて釣具購入の際に接した店員の名札を見てピンときただけ、かな?
え~…そんなこんなで今は亡き竜宮城の元城主・乙姫。完全に容姿が人型故か、普通に地上で生活を営んでいるらしく、拓朗の行き付けの釣具屋に勤務。拓朗に釣具の件で尋ねられた際、拓朗が胸に着けていた『乙姫』というネームプレートを目にして身上が発覚(笑
拓朗からのさり気ない指摘や遠まわしな言い方に、最初は身上を誤魔化し捲りの乙姫だったが、仕舞いには何を言っても被害妄想が先行した立ち回りで挙動不審となった為、それを察した拓朗が面識があるであろうむろみを紹介するも、これまた犬猿の仲で…(遠い目





で。




唐突ではありますがー…




乙姫の流派&得意技が―――




 
竹宮流奥義『虎王』だった件。見事に完全一致で御座います。
説明するまでもありませんが、左側がリュウグウノツカイに放った乙姫の『虎王』で、右側が漫画『範馬刃牙』より主人公・刃牙が父・勇次郎に放った『虎王』。しかし、この『虎王』は漫画『範馬刃牙』が初出ではなく、同作者の『餓狼伝』(原作者は夢枕獏)。
そういえば、この『虎王』は以前にもアニメ『ベン・トー』の第7話でヒロイン・槍水仙がプールでライバル相手(確か二階堂)に放ってましたね。しかし、身体がふにゃふにゃで拳打も放っていないリュウグウノツカイに『虎王』を極める乙姫ェ...(苦笑


■図解!『虎王』とはこんな技だ(マテ

両腕で相手の腕(拳打)を掴みながら、飛び掛るようにどちらかの足の膝裏で相手の後頭部を挟み、同時に空いた方の足の膝で相手の顎(顔面)を蹴り上げ、共に地面へ落下しつつ全身を捻りながら、両手に持ったままの相手の腕を極め折る。
…という感じで良いと思う(笑 前述の説明文が分かり辛かったら申し訳候。まぁ、足技と関節技が上手く融合した合理的な奥義ですね。最初の相手への後頭部の足掛け(上顎)と顎への膝(下顎)が、獲物を喰らう虎の口を模している為に『虎』の名を冠したんだったっけ。
ま、詳しくは漫画『餓狼伝』を読もう!(笑 ちなみに、『虎王』を極められたリュウグウノツカイは、その痛みを「懐かしい」と称していた為、竜宮城で勤務していた最中にも、乙姫の『虎王』の餌食になっていた様子が伺える。リュウグウノツカイの使えなささは異常(マテ


■むろみ vs 乙姫…何かもうね。

色々と敵を作り過ぎです、むろみさん。
やはり長年生きていると、相応に馬の合う相手と同じくらい馬の合わない相手が居るせいなのか、ここの所、新キャラ登場回=むろみと新キャラの喧騒描写ばかりで、凄く違和感ありまくりんぐ(笑 乙姫は竜宮城の没落=人魚が周囲に嘘を吹聴し回った為だと断定。
その為、むろみを含めた人魚全般が嫌悪の対象の乙姫であった、と。でも、乙姫の項目でも書いた通り、実際に乙姫はワンマン経営だったみたいで、基本的に“使えない”というリュウグウノツカイ達を、扱き使っていたようですから…没落は近からず遠からずだった?(何


■アイキャッチ(?)。


■何故かここで『波打際のむろみさん』PV動画。

♪むろみー、ここだぁー、むろみー、やめてー♪(棒



StarChild:波打際のむろみさん(別窓が開きます。)

その他、『波打際のむろみさん』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
波打際のむろみさん


次回、第7話 『少年と河童とむろみさん』です。
■当『波打際のむろみさん』の記事一覧(最大15件表示)。
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第11話 ツンとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第10話 ワールドワイドのむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第09話 ひみつの超文明とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第08話 癒し系(?)とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第07話 少年と河童とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第05話 ツインマウンテンとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第04話 食物連鎖とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第03話 積年の想いとむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第02話 伝説の海獣とむろみさん
波打際のむろみさん (レビュー / 感想) 第01話 瀬戸際のむろみさん
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 波打際のむろみさん Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (1) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

波打際のむろみさん 第6話「竜宮城とむろみさん」感想
「性悪っ・・・そんな人なの?」 「浦島君も被害者やったっけ」 以前、むろみさんから経営破たんをした竜宮城の乙姫様について悪い噂を聞いていた拓朗はある日、自分が行きつけの...

2013.05.13 (Mon) | アニメ色の株主優待

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。