一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪6 モテないし、花火に行く

Category: 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!  08/15 /2013 (Thu)

第6話(喪6) 『モテないし、花火に行く』


今回は智子の目の下の隈が消滅&復活を繰り返すぜ!(何
…うーん、何を書いたら良いか迷った挙句、こうなってしまった(爆 ま、今回も智子の酷い悪態の数々と勘違いが目白押しな展開に。その度に被害に遭う智貴が可哀想だ。というかさ、そろそろ、“ゆうちゃん成分”が不足している気がするのだが…次週こそ!(笑


ストーリーは…。
夏休み前、花火大会を一緒に見に行く人もいないまま一学期が終わってしまう事に、このままでいいのか?と自問する智子。ふと鏡を見ると、隈(くま)が消えたいつもと違う自分の姿が映っていた…!!自分が突然美少女になったのは乙女ゲーム内で恋愛を体験する「エア恋愛」が原因だと悟った智子は、毎日エア恋愛をしていれば現実でもモテモテになると思い込み、行動を開始するのだが…。


■智子、久々という王道純愛ゲーをプレイしてドハマり。

んが――
弟・智貴との一日一回の会話の場にて、さも恋愛経験者が如く振舞い聞かす智子。心中で毒突きながらも静観する智貴は大人。
毎度の事ながら…酷い(笑 え~、既に項目名の通り、自室で『惑星の王子様 マジLOVE 8108%』という普通の恋愛ゲームを久々にプレイし智子は、それが思いの他に良かったようで――上記赤太文字の行動(苦笑 しかし、何故に智子は毎回部屋を暗くしてゲームを…?


■おや、智子の目の下の“隈”が消えて…?

智子母も一目で分かった智子の血色の良さ(笑
ならば普段の血色の悪さに言及して改善策を講じたら良いのにね…とか思ったら負けだろうか(笑 ま、そんなこんなで恋愛ゲームを終えた次の日の朝。朝食の為にリビングで母親に挨拶をしてテーブルに座る智子だが、智子母は何時もと違う娘の血色の良さに言及。
母親からの言及があったものの、その事に要領を得なかった智子はそのまま学校へ。いや、洗面所で鏡を見るだろうし、気付きそうなものだが…顔を洗ってない!!?(ガーソ で、学校に着いた智子は、クラスメイト達が近々行われる『花火大会』についての会話を小耳に。
トイレで用を足す際にトイレットペーパーを過剰に使う智子。資源物はもっと大切に!(笑
でも女性は割とトイレットペーパーを過剰に巻き取って使う人が多い。 え~、トイレへ向かう間際に教室で耳にした『花火大会』の話に、ふと中学時代は優を誘って行っていた事を思い出す智子であったが、「今年は彼氏と行くんだろうなぁ」と誘えない事を思案。
そうした事を考えながら、トイレで用を足した後に手を洗いつつ、目の前の鏡に映る自分を視界に捉えると、ふと妙な違和感を感じる智子は、思わず「(美人!?)」「(可愛くなっている!?)」と驚愕し、何時も付いていた筈の目の下の隈が消え、血色が良い事に気付く。
その時、トイレに二人の女子生徒が入ってきた事で、パッと鏡から眼を離して身を翻すと個室へ向かった智子は、手鏡で改めて自分の顔を凝視。と、そこで先程入ってきた女子生徒達が「やっぱり男が出来ると可愛くなるよねー」と口にした事を耳にしてしまう。
二宮金次郎に扮した智子の歩いた後に生い茂る草花の演出は…『も○のけ姫』のシシ神様的な…?
女子生徒達の会話のそれに感じ入るものがあった智子は、帰宅の途に立ち寄ったコンビニで、何時もは読まない女性向け雑誌を立ち読み。そこには『恋をすると女性ホルモンが分泌』と記載されてあり、更には『セックスをすると更に良い』(要約)とも書いてあって――
恒例の勘違いタイム…という事で、智子は心中で「(私が突然“美少女”になったのは、ゲームでエア恋愛、エアセックス的な事をやったから、“女性ホルモン”が分泌されて何時の間にか綺麗に…!)」と吐露&断定してしまうのであった。捻くれているのか素直なのか(苦笑


■智子、誤った方向へと突き進む。

“希望”は時に人を“盲目”にする。
さて、コンビニで立ち読みをした女性向け雑誌の内容を、アッサリと真に受けて信じ込んでしまう智子は、帰宅早々に恋愛ゲームを遣り込み始め、嬉々としてゲームを進めながら、脳裏に浮かぶのは『別人の容姿の自分』と『男子から告白される自分』であった(遠い目


■王道純愛ゲームを寝ず風呂にも入らず完徹した智子であったが――

髪の毛に重油的グラデーションが。
これはこれで面白いが…良く考えると汚い(苦笑 え~…盛大に勘違いしたままの智子は、王道純愛ゲーを完徹するほど…お風呂すら入らずに遣り込む。朝食の場、先に食事を摂っていた智貴は、遅れてやって来た姉・智子の髪の毛の異常な脂ギッシュさに気付き驚愕(笑
智子はそのまま朝食を摂り始め、そんな姉の様子をマジマジと見てしまう智貴。そうした視線を勘違いするのが我らが智子は「(ゲームを完徹したお陰で)弟までも欲情させるレヴェルに」と自信に満ち溢れる(苦笑 と、その時、TVニュース番組で“占い”があり――
『貴女のラッキーカラーは“黒”』というものを信じてしまった智子は、登校途中にふと視界に入った自販機で黒色缶に入った炭酸飲料を購入し、開栓するとブシュッ!と思い切り液体を顔面に貰ってしまい、これに「(“占い”なんて信じてねーし)」と心中で自らを慰める(苦笑


■炭酸飲料を顔面に浴びた結果がコレだよ!…学校編。

これぞ因果応報か。全身に蟻を巣食わせてしまう智子(笑
体育の授業が自由時間とはいえ、蟻地獄に蟻を故意に落そうと嬉々とする智子にドン引き。 しかし、一瞬でも「ジャスト一分だ。良い夢見れたかよ?」なイベントがあったのは救いなのか。という事で学校。体育の授業が自由時間となり、智子は前述黒文字の愚行(笑
その愚行の最中、何と蟻達が屈んでいた智子の靴からゾロゾロと股下の中まで這い上がるという反撃を敢行(笑 違和感を覚えて蟻達を目にして驚愕する智子は必死に振り払うが…。体育の授業も終わった頃、廊下の窓で寛ぐ智子の後ろを通りかかった男子生徒が居り――
ふと智子の背中を歩く蟻を目撃した為、思わず善意でそれを取り払おうとする男子生徒。それに気付いた智子は『知らない男子がうなじに!?』と狼狽し、ブツッ!と意識が途絶(苦笑 男子生徒は智子に蟻について言及するも、本人は耳に入っておらず仕舞いであった。
この出来事に「(女性ホルモンと運気MAXが本気出してきた!?)」と盛大に勘違いする智子。更に授業中、今度は智子の隣に座る男子生徒が、智子の腕を昇る蟻を目撃。すぐに智子に声を掛ける男子生徒だったが、既に蟻の姿はなく、驚く智子を残してイベント終了。
で。当然(?)、何時もは話し掛けられない智子が故、隣の男子生徒からの不意な言葉に、その後もドキドキと興奮冷めやらぬ状態となり、思わず上記キャプ画四段目右側のように薄気味の悪い笑みを向けてしまうので~あった。異性に免疫が無さ過ぎるよ、智子ェ...(笑


■炭酸飲料を顔面に浴びた結果がコレだよ!…下校編&結末。

下校時。電車に乗って帰宅する智子は、ふと隣に座っていた男性がスマホで『今となりにかわいい女子高生座ってる!』と呟こうとしていた文面を目撃。見事にそれを自分の事だと思い込み頬を染める智子だが、実際は男性のもう反対側に座る女子高生に向けたもので…(笑
『俺の隣に頭にアリを飼っている女子高生がいる…… 何を言っているかわからねーと思うが…  俺にもわからん』
しかし、“可愛い”女子高生は何かを思い出したかのようにその場を離れて下車。残念がる男性だったが、ふと隣に座り照れる智子が視界に入った瞬間、智子の身体を這い回る蟻を目にして戦慄。思わずSNSでAAのポルナレフ…上記青太文字のように呟くのであった(遠い目
そうした男性のドン引き具合を知らない智子は、電車を下車した後も完全に浮かれ調子で、再び途中に設置されていた自動販売機で炭酸飲料を購入。興奮そのままに缶を上下に振り捲り、開栓して朝同様に顔面に浴びるも――『そんなの関係ねぇ!』と嬉々と満面の笑顔。
智子の目の下の隈が復活。王道純愛ゲーの周回プレイは食傷したご様子。
『攻略キャラ1人しかいないの?』と突っ込んだら駄目?(苦笑 え~、炭酸飲料を浴びながらもご機嫌の智子は、帰宅途中の智貴を発見すると声を掛ける。声がした方へと視線を向ける智貴の目には、智子の身体から大量の蟻が飛散する様であった…驚!愕!(苦笑
で、後日。自室で王道純愛ゲーに勤しむ智子だが、何と目の下には以前と同様の隈があり、血色も良くない状態へと逆戻り。どうやら周回プレイをし過ぎて飽きてしまったようで、その不満を智貴との1日1回の会話の中で、自分に都合良く解釈しながら毒突くのであった。


■『花火大会』当日。一緒に見に行く相手が見付からない智子の取った行動とは…。

え~、見事に目の下に隈が復活を果たした智子は、『花火大会』当日になっても一緒に行く相手が見付からない事に苦渋。「(このまま花火大会に行く相手が見付からないまま一学期が終わるなんて!)」(要約)と心中で凹む智子はとある強硬手段へと打って出る。
やっぱり智子のイメージの中の自分は“美少女”。
しかも『明るい』と(笑 え~、放課後、智子は図書室を訪れ、まず入り口のドアを少し開き、その隙間から中の様子を窺う。すると女子生徒1人と男子生徒1人が居り、しめしめとばかりに入室し、本棚へと移動してから再び本棚の隙間から二人の様子を窺う智子。
まずは女子生徒を『花火大会』に誘うターゲットに絞る智子であったが、『無視されたらどうしよう』という不安をポッキーを模した“心”が折れる様子をイメージしてしまう(笑 しかし、ふと女子生徒が読んでいた本のタイトルが、自分が既に読んだ事のあるものだった為―
自分の中で上記キャプ画二段目のようにイメージし、いざ行動に移す智子だが、その直前、図書室に女子生徒の友人達が入室した事で作戦は終了のお知らせ。そのまま女子生徒は友人達と図書室を後に。どうやら女子生徒は友人を待つ間を図書室で過ごしていただけ(苦笑
智子の“心”(ポッキー)…全部折れてもうた。
という事で、残されたのは眼鏡の真面目そうな男子生徒。智子は『どう誘ったものか』と思案した結果、邪な笑みと共にスマホの『時計』アプリを利用して5分後にアラームが鳴るように設定し、鳴ったら電話着信のように振る舞い図書室を出て行くというもので…。
図書室から出てすぐのドアの前で、白々しく電話のエア会話をする智子は、大声で『友達が花火大会に行けなくなった。誰か誘ってくれないかな』(要約)と自己主張。これで男子生徒も関心を示すはずと踏む智子は図書館へと戻り、男子生徒からのアプローチを期待するが―
その後、十数分も経過した事に苛立つ智子は、自身の背後の席で本を読んでいた男子生徒をチラ見すると、何と男子生徒はそこに居らず、ふと窓から下校するその男子生徒を目視。今までの心労・徒労により、智子のポッキーを模した“心”は全てへし折れるのであった(苦笑
補足…智子の図書室での行動原理の根底にあったのは、『花火大会当日にも拘らず、図書室で本を読んで過ごす人間は、“自分と同じシングルス”(ボッチ)だから、きっと花火大会を一緒に見に行く相手として誘い易い筈』という勝手な思い込みによるもの(遠い目


■結局、智子は中学時代に優と花火を見た『思い出の場所』へ向かい、1人で花火を見る事にしたのだったが――

智子がビルの屋上へ向かう場面の演出がシャフト風味で、夕日に佇む演出がkey風味(寧ろ『ef』?)だった件。
噴いた。さて、え~…項目名の通り、学校で“心”を折られた智子は、今は使われていない半分ビル化した建物に足を運び、その建物の屋上へと向かう。そこは中学時代に優と共に中二病的な黒を基調としたファッションで訪れていた場所であった。
以前と余り変わらぬ場所だと懐古する智子は、ふとビルの隣にド派手な文字で『HOTEL FANTASISTA』と書かれた看板を掲げたホテルを発見。智子が中学生当時にはなかった建物だった様子。と、その時、男子中学生2名が屋上を訪れ、意外な訪問者に驚く智子。
智子「(そうかぁ…ここはもう私だけの場所じゃないんだ。)」
元々が不法侵入をして行ける場所であって、所有権は智子にはないだろう。という突込みが多方面から聞こえて来そうな台詞(笑 男子中学生の訪問に智子は、ふと心中で上記赤太文字を呟くと、とぼとぼと屋上の出口であるドアへと向かう…のだったが――
その場を去ろうと屋上のドアのノブを握る智子は、視聴者的にも予想外の行動…「一緒に見ていい?」と恐る恐る口にし、驚く男子中学生達は少し困惑しながらもその申し出を了承。智子は目尻に涙を浮かべつつ上記キャプ画四段目右側の台詞を心中で吐露するのであった。
んが。気が付くと何故か男子中学生達と腹這いでホテル側へ向けて地面に伏せる智子(笑状況に困惑する智子であったが、隣に居た男子中学生が指を刺した為、そこへ視線を向けると何とホテルの一室の窓が開けられており、そこから男女が絡む姿を目撃してしまう(笑
智子の目の下の隈が再び消滅!ラブホテルで絡み合う男女の出歯亀と共に。
やはり興奮する事で顔の血の巡りが良くなるから、かね。 え~(笑、男子中学生達が屋上を訪れた理由が花火の観賞ではなく、(智子が単なるホテルだと思っていた)ラブホテルの出歯亀だった事に気付く智子だったが、丁度、花火が打ち上がると涙を滲ませる。
が、そんな情緒に浸る間もなく、ラブホテル側では男女の絡みが激しくなっていたようで、それを再び男子中学生から促された事で見入ってしまった智子は、思わず「乙女ゲーじゃ見れないよ!」と口にして男子中学生に制止させられる程に興奮してしまうのであった(苦笑







●アニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。投票時のコメは必須ではありません。投票コメに関しては次回記事で突っ込み返す…かも?


■投票結果中継(2013/08/15/14:20)。
現在――
『 面白かった!』…32票。
『普通』…4票。
『微妙だった』…4票。
『興味なし』…2票。
――と、なっております(当ブログ調べ)。数多くのご投票、誠にありがとう御座います。引き続き、お気軽にご投票を宜しくお願い致します。


■投票コメにレスぅ~。
>1話のころは痛さ8割面白さ2割ぐらいの割合だったが、中間点の6話現在では痛さの割合が減ってきた気がする。慣れってこわいw
はっはっは(笑 もう第6話ともなると『智子はこういう性格・嗜好性なんだ』と理解して視聴ができますからね。あとは面白さの方が強くでちゃうのは仕様が無いです。本当に慣れは恐い(笑


>主人公がヤバいほど痛くて(笑)
それが当アニメ作品の“醍醐味”です♪(ぉ

>アへ顔ダブルピースは減点。ああいう事出来る娘だったらもうちょっとなんとかなってる気がするんですよねえ…まあ、ネタなんでしょうが
ネタですね。ただ、恐らく第1話の智子のように、『美少女の真似』をしてみたらああなった(アヘ顔(ry )だけなのかも(爆 でもそれを特殊EDの最中に描写する必要性があったのかは…疑問が残りますよね(苦笑


TVアニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』 | 公式サイト(別窓が開きます。)

その他、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!


次回、第7話(喪7) 『モテないし、夏休みを満喫する』です。
■当『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の記事一覧(最大15件表示)。
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第1話~第12話(最終回) エンドカードまとめ。
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪11 モテないし、文化祭に参加する
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪10 モテないし、二学期が始まる
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪9 モテないし、夏が終わる
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪8 モテないし、見栄をはる
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪7 モテないし、夏休みを満喫する
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪5 モテないし、スキルアップしてみる
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪4 モテないし、ちょっといい夢見るわ
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪3 モテないし、悪天候
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪2 モテないし、昔の友達に会う
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (レビュー / 感想) 喪1 モテないし、ちょっとイメチェンするわ
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。