一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

マクロスFRONTIER 第21話。

Category: マクロスFRONTIER  08/30 /2008 (Sat)

『マクロスF』


今週のお話は、第21話 『蒼のエーテル』
ストーリーは…。
バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。
三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い<歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする。

※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されている場合が御座います。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。

 レオン「さぁ...僕のターンだ....」 ( ゚д゚ )…あ?何か、別のアニメ・漫画を読み過ぎか?(ぁ 僕のy=-( ゚д゚)・∵;;ターン て(マテコラ 前回、大統領をしめしめと謀殺したキノk…レオンは、『バトル・フロンティア』の軍司令部(ブリッジ)を訪れ、大統領の支持を待っていた将校(准将)へ『バトル・フロンティア』の居住区(『アイランド1』)からの『切り離し』の命令を出す。将校は、突然のレオンの命令発言を越権行為だと制するものの、レオンは平然と大統領がバジュラによって殺害されたという旨を告げ、現時点で自身が大統領の全権限をだとし、再度『切り離し』を改めて将校へ命令をする。またレオンの後を追い、『バトル・フロンティア』へと向っていたオズマとキャシーだったのだが、間に合わず『切り離し』に入った事で通路はエマージェンシーコール(緊急連絡・事態)と共に閉鎖されてしまう。で、軍司令部で安穏と椅子に座るレオンが、気持ち悪く視線を細めながら前述の台詞。別に格好付けなくて良いから、台詞は普通に喋りやがれと思ったこのレオンの言葉(苦笑 う~ん、本当にアルトとレオンには“接点”が無いのが残念だ(何 ※中の人繋がりで。 このまま『バトル・フロンティア』に缶詰にされた状態で死んでしまえ~…と、これを考慮された上で、先のグレイス指示による『バトル・フロンティア』の『三重ピンポイントバリア』等の防御性能強化だったのだろう。

 クラン(大)「ミシェル...」 て、手にミハエルの遺品である割れた『眼鏡』を指先に摘む様に持ってますよっと(汗笑 アルト達は、ランカ・ルカ達を伴って『アイランド3』へ向う事に。また“マイクローン装置”によって元の姿に戻ったクランは、地上へと上がる途中で先の通りとミハエルの『眼鏡』を目にしながら、そして目を静かに瞑って前述の台詞。また目を静かに見開いたクラン(大)の眼光には、バジュラに対する憎悪に満ち満ちていたのだった。…で、問題はミハエルの『眼鏡』を何処に仕舞うかだが(爆 やっぱり捨てちゃうのかな?(汗笑 どこに仕舞おうと潰れちゃう気がするし。先人(昔の人)が言ってた…戦場で死んでしまった“大切な人”の遺品の類を身に付けて戦うと“死神”に好かれてしまうって(何
 クラン(大)「喰らえぇぇぇ!!!」 以降、地上へ出たクラン(大)の“ゼントラーディ”仕様の全身兵装によるバジュラ狩り開始。アルト達は、クランがバジュラ達への交戦を開始した事を確認し、それに乗じる形で『アイランド3』へ向けて本格的に出発をする。う~ん、もっとここではクラン(大)の交戦を魅せて欲しかったなぁ...残念。
 宇宙空間では、『S.M.S』の戦艦 『マクロス・クォーター』“トランスフォーメーション”形態でバジュラの母艦群と交戦。と、ふと『クォーター』の背後から、線状の熱源照射攻撃があり、バジュラの母艦一機を粉砕する。それは先の居住区から『切り離し』を行った『バトル・フロンティア』の主砲であった。またブリッジでは、未だバジュラに主砲が通用すると口にするレオンであったが、将校はそれでも根本的な解決策にはならないとレオンを嫌味っぽく、『臨時』という部分を誇張した『臨時大統領』と呼称して進言。しかしそれをレオンは、口を閉じていろとばかりに命令口調で制し、また連れて来ていた部下から耳打ちでルカが秘匿回線を用いて通信を繋いできた旨を受ける。これにレオンは、このまま宇宙空間のバジュラを撃退し続ける・『クォーター』との通信回線を開く様に命令を出すのだった。
 『アイランド3』に移動完了ながら、未だ他の“ゼントラーディ”とバジュラ狩りを続けるクラン(大)。恨み節と中々に表情が険しい銃火器の扱いですが、やはり見せ場が極端に少ない。一方、アルト達はというと…。ルカ「『リトルガール』。半径50kmの空間を切り取って喰い尽くす、LAIが開発した“フォールド爆弾”です」 あ゛~…『リトルガール』ってコードネーム…やっぱり広島に投下された原子爆弾 『リトルボーイ』を倣って付けられたネーミングだよね?(滝汗 これがギアスと違って投下日の次の日の放送にならなくて良かったよ(苦笑 これをルカは、バジュラを宇宙空間で一箇所に集めて撃とうという考えを示すが、それをどうやってするのかとアルトに尋ねられ、同じ場所に居たランカへと視線を送った事で、アルトはルカの胸座を掴んで激怒。しかし、今のルカは、自分がナナセを守れなかった事やミハエルが目の前で死んでしまった事に対し、既に自分達の周りという“小さな拘り”よりも、もっと大きな人類の生存・生態系にまで関わる戦いだとして主張をする。これにかつてアルト自身、ランカの部屋に“間男”として訪れた際、ランカへと告げた言葉(「生き残るのが連中か俺達か~(略」)を思い出してしまい、ルカへ何も言い返せない。そんな二人の遣り取りを見ていたランカは、皆の為に唱歌する(実質、『囮りになる』)と口にするが、その表情は暗く…。

 ルカやレオンが内通をして計画をしたバジュラを一気に殲滅をする作戦とは、被害が一番少ないながらも“ゼントラーディ”用に設けられた『アイランド3』を『アイランド1』から切り離し、そこでランカが唱歌をしてバジュラを一箇所に集めた後、先の『リトルガール』(既に『アイランド3』に設置済み)を遠隔から爆発をさせる、といったものであった。当然、ランカを救出し終えた所での起爆なのだろうが、ランカの唱歌の間はアルトやルカが周囲を“バルキリー”で守る形となる。アルトは、苦渋の表情でこれから一人で唱歌する事になるランカへ、自分達が守るから安心して唱歌する様にと辛そうに伝え、これにランカも今度は大丈夫だと少し複雑そうな表情で返す。アルトはそのまま“バルキリー”に乗って飛び去り、独り残されてアルトの機体を見送るランカの元へブレラが現れ…。
 ブレラ「歌いたくないなら、歌わなくて良いんだぞ…ランカ。 (中略) 歌はお前の“心”だ。それは、お前だけのものだから」 うっはー…ブレラ格好良いぃ~(笑 アルトにこういう言葉を掛けてあげられる程の相手を正しく思い遣る“気持ち”の篭った“包容力”が備わっていればなぁ...(遠い目 ランカの元に訪れたブレラは、前述の台詞を以てランカを優しく抱擁し、ランカもこの言葉と行動に涙を流して泣いてしまう。またこの一部始終を“バルキリー”に乗って見ていたアルトは、ランカの元を立つ前以上の苦渋の表情。あら、矢三郎の時と同じく“寝取られ”アルトの再臨か?(爆 しかしランカは、それを大丈夫だとして唱歌の決意は変わらなかった。ブレラはその意を汲み、“VF-27”へと乗り込んで発ち、アルト達と同じくランカの守りに就く。そして、ランカは自身の歌に込めても届かなかった(と、思っている?)アルトへの“想い”を秘め、バジュラへ呼び掛ける様にして『アイモ』を唱歌する。
 ルカ「よくもナナセさんをぉぉぉーー!!」 クラン(大)「ミシェル…!!」 いや、ルカよ…実際にナナセに重症を負わせたのは、バジュラと交戦をしてた『新統合軍』“デストロイド”だってばよ(笑 まぁ、確かに切欠を作ったのはバジュラだったけどね、うん。そして、クラン(大)は何時の間にやら、“クァドラン・レア”に乗り込んで宇宙空間にてバジュラと交戦…うそん(´д`;) 各々の殆ど個人的な理由(私情を挟む形)でバジュラと応戦をする面々でしたよっと。ランカの唱歌により、『アイランド3』に集まってくるバジュラ。しかしながら、目の前付近に交戦によって落下するバジュラを目にし、「(痛い...痛いよ...!!)」と心中で吐露をし、また同時に過去(第117調査船団事故当時)を幻視…思い出しつつあるランカであった。
 グレイス「見事よ…“リトル・クイーン”。11年前とは…違うのね」 第117調査船団の事故を先導・誘発させたのは…お前か~(汗笑 99.5%というメインパネルに表示される数字…バジュラの移動完了率・または避難完了率なのか不明慮(ランカの歌声に100%バジュラが集まると判っているから恐らくは後者)ながら、『バトル・フロンティア』のブリッジでレオンは『アイランド3』の『切り離し』の命令をし、またランカがアルトの機体と共に脱出をした事を受け、『リトルガール』の発動を命令する。『リトルガール』は、『アイランド3』の端からの爆発ながら、見事に爆発の中心部分へと周囲のあらゆる物質を丸呑みする形で発動。『アイランド3』はあっさりと、ランカの歌声で誘導されたバジュラと共に消滅するのだった。
 『アイランド3』の消滅と同時に、アルトの機体に乗って避難をしていたランカの腹部が輝き“痛み”を併発させる。ランカは、それにどう感じたのか…恐らく大量に死んだバジュラへの謝罪の気持ちであろう「ごめんね...」と暗く沈ませた表情で小さく呟く。アルトは、ランカの一連の行為を褒め、「ありがとう」と一言を口にするが、それを聞いたランカだったのだが複雑な表情が晴れる事は無かった。これにて“新個体”のバジュラに対する大規模な殲滅作戦も終了…しかし、それに比例しての被害は甚大なものとなっていた…。

 レオンのメディア関係者を通してた墓地での偽善的演説(´д`;) ナナセは未だ意識不明であり、病院のベッドで寝たきりの状態で傍には見舞うルカの姿。『美星学園』では、ミハエルの席に花瓶に活けられた花が置かれ、また『S.M.S』の格納庫に置いてあるミハエルの“バルキリー”のコックピットには、クラン(小)がミハエルが使用していたヘルメットを抱きながら号泣。何気にミハエルのヘルメットの内側に、幼い頃に撮ったミハエルとクランの写真が貼り付けてあった様で。 そういった様子を目にアルトは複雑な心境のまま。ランカは、レオンの偽善的演説と共に居り、亡くなった方々への悼辞後、ランカへ被害者への慰みと明日への希望として歌う事を勧め…るなよ(´д`;) これにランカは、マイクを手渡されながら、メディア関係者達のカメラのフラッシュの中で、「ごめんなさい」と歌う事を拒絶し、何とその場から走り去ってしまう。この模様は、TV放送を見ていたアルトやシェリルにも伝わり、ランカを直接知る人物達は驚く。また直接、この発言を影から見ていたブレラの姿が…。
 ランカ「あい君、何処行ってたの?こんなに大きくなって、ずっと心配してたんだから」 いやいやいやいやいや(滝汗 デ、デカくなり過ぎだろ…あい君(´д`;) それを平然と受け止めるランカに噴いた。レオンの偽善的演説の場から逃げ、森の中を直走った後、とある木へと蹲る様にして、自分の歌がバジュラに有効なのかと疑問を口にしするランカ。と、その時、芝生の中から先の通り、以前の体よりも巨大に成長をしたあい君が現れる。しかも更にそこから、突如と目を光らせて脱皮をするあい君。ランカは、別に驚かずにそれを不思議そうに眺め…。
 アルト「誰だ、こんな夜中に」 そんな夜中(AM 3:00)に起きているお前が言うな、と(ぁ 深夜の『S.M.S』の寮の自室のベッドで仰向けになり、何かを考えるていたアルトの携帯にランカから電話が掛かってくる。そして、“グリフィスパーク”へと急ぐアルトは、何時ものモニュメントに座るランカを見掛け、すぐにTVで見た歌いたくないという発言の真意を確かめ様とする。しかしそれよりも先に、ランカはアルトにいきなりの紙飛行機の折り方を教えて欲しいと口する。紙飛行機の折り方(何処から紙を…)を教えるアルトに倣うランカ。その過程で、ランカはふとアルトの『本物の空を飛びたい』という“夢”に対してその理由を尋ねると、アルトは自身の母親が何時も空を眺めており、そういった“希望”(“夢”)を持っていたという事で、自分も自然とそう考えるようになったのだと答える。それを素敵だと言うランカに対し、アルトはランカを見据えて「ありがとう」と返す。ん~、今回はやたらと「ありがとう」発言が目立つ。まぁ、簡単ながら純粋に感謝の伝わる良い言葉だけどね、うん。
 ランカ「皆、自由に…自由に生きたいんだよね、きっと」 そう紙飛行機を作り飛ばしたランカの前述の台詞。ん~、相変わらず紙飛行機が良く飛ぶなぁ...(遠い目 しかし次の瞬間、ふとランカの背後に現れる先の“新個体”と色は違えど同様の容姿をしたあい君。その手には、ランカが飛ばした紙飛行機が握られており、アルトは直ぐに所持をしていた銃をあい君へと向けるものの、ランカはあい君の前に庇うように手を広げて立つ。そして、ランカの制止の声を受け入れず、銃の引金を引こうとするアルトに対し、その場へブレラが乱入してそれを阻止する。突然のブレラの乱入に憤るアルトに驚くランカだったが、ブレラはランカに望みを問い、それを叶えてやると口にするのだった。
 ランカは、バジュラやあい君との触れ合いで最近になって失っていた“記憶”が蘇りつつあり、それを知る事が怖いという気持ちはあるものの知らなければならない事だとし、またせめてバジュラとなってしまったあい君だけでも仲間の所に返してあげたいと、『フロンティア』を出て行く決意をアルトへと告げる。これにブレラは、それをあっさりと了承をして何処に待機させていたのか、遠隔操作で“VF-27”を“グリフィスパーク”へと呼び寄せる。

 ランカ「アルトくん…。本当はアルトくんと行きたかった。ずっと一緒に居たかったよ!!」 アルト「!?」 ランカ「アルトくん……さよなら…大好きでした」 アルト「ランカ!!行くな、ランカ!!」 アルト、本当に終了のお知らせ(ぁ え~、結果的にブレラの操縦する“VF-27”の“ガウォーク形態”の腕部に乗るランカと背後に控えるあい君。ランカは、アルトを眼下に置き、涙を流しながら前述の台詞を口にして、アルトへの別れを告げる。ん~、仲の良い者を失ったばかりのアルトに、あい君をバジュラとは別の存在だと認識させ、自分と一緒に逃げてくれと伝えたかったのだろうけどねぇ...。物の見事にアルトへは受け入れられず、意図しない別の闖入者であったブレラが意を汲んでくれた為、ランカはそう決断をしてしまった…という感じなのでしょう。まぁ、普通はバジュラと判明したあい君を簡単に受け入れてしまうランカの心情が異常な訳ですが、恐らくは自身の取り戻しつつある“記憶”やバジュラ達の断末魔から受けた“痛み”が判断力等の思考に影響していたのでしょうね、うん。どうでも良いが、「さよなら…大好きでした」という名フレーズに、花*花の名曲 『さよなら大好きな人』を思い出したのは私だけで良い(手前ぇだけだよ。
 アルト「ランカァァァァァァァァァ!!!」 ア゛ァーィ!!(マテ え~、ランカはブレラの“VF-27”によって『フロンティア』を去る。またその際、BGMとしてランカの新曲のバラード調の曲が流れる。何気に“VF-27”の飛行時に残す赤い光の軌跡をアルトの実家に滞在し縁側に居たシェリル、バジュラの被害によって荒廃した街の中で焚き火をしていたオズマ・キャシーが空を見上げて目視。アルトは、ただ前述の台詞と共に『フロンティア』を去るランカを見上げ続けるしかなかった。…寂しいぃ~(笑 ランカを乗せた“VF-27”は、『フロンティア』を抜けた後にどこぞへ“フォールド・アウト”。ブレラのこの行動…グレイスは知っているのだろうか?それとも既にランカが“リトル・クイーン”の本領を見極めたグレイスが、ある程度の自由をブレラに与えたという事なのだろうか。それ以前に、ランカがこのままどこぞに身を潜める『ギャラクシー』へと連れて行かれたらばどうするのかっていうね(汗 あい君を仲間の所にって…その宛てはあるのかと(致死 あ、自分が唱歌すれば迎えにってお話?(苦笑
 さて、今回のED曲は、本編からの演出からそのままランカの新曲。曲名は、今回のサブタイだった『蒼のエーテル』。別にミハエルの機体カラー云々は全く関係がなかったっていうね(苦笑 作詞は『アイモ~鳥のひと』と同じく坂本 真綾さん。作曲は菅野 よう子さんの強力コンビ。バラード調で良い曲…やはりランカの今現在(物語進行上)の“気持ち”を代弁したかのような歌詞で、私的には中々伝わるものがあって良いなぁ、という印象。一番最後のEDのランカの背景画が良いなぁ...。



はっはっはー…書くよ。
“寝取られ” アルト再臨。
本当に確りしろよ、主人公!(笑 物語を通しての精神的な成長が微妙なのは多分お前だけだ!(死
ブレラがどういった思惑あっての行動なのか不明慮だが、ランカの前でアルトにまざまざと男としての“格の差”を見せ付けた形でしたね(ぇ

 う~ん、それにしてもだ…未だ前半~中盤に掛けて裏でそれなりに顔出しをしていたビルラーが空気な件。ちょっとこの動向がいまいち演出不足で不明慮な点が引っ掛かりますねぇ。
 今回は恨み節の発言が多かったものの、キャラクターの心情描写の面で言えば、視聴者がどう噛み砕いて解釈をするかは別として(読解力のある方は解釈可能でしょうけど)、若干描写的にはぞんざいだったかもしれません。特にランカはその点が顕著だったかも?
 あ、そういえば製作段階では、シェリルはランカとアルトを巡って“三角関係”に入る予定のポジションのキャラではなく、実際はランカを巡ったアルトとブレラ…になる予定だったんですよね、そういえば。だからこそ、今現在はそういう風な描写が多くなり軌道修正を掛けているみたいな演出になっていますよね。まぁ、ブレラはランカの兄という設定上、“三角関係”には成れないんですけどね(結局かよ。
 最後に、前回に死亡をしてしまったミハエル。今回は、その悲壮感に満ちた内容となりそうだったのに、意外とそうでもなかった事実(爆 ミハエルが死んでしまい、本当に悲しんでいた“気持ち”の描写と演出があったのはクラン位なものでしたね(汗笑 まぁ、この状況で情報が錯綜している為、ミハエルの死を直接見ていた組以外はそんなものなのだろうけど、それであってもアルト達は割と普通に出来ていて噴いた(ぁ アルト⇔ランカルカ⇒ナナセでしたしねぇ(苦笑

 次回は、第22話 『ノーザン・クロス』です。『唇の歌』…リップサービスって事か!お口の恋人、ロtt(ry(違爆 どうやら、サブタイ通りとするならば、シェリルが歌う事に対して復帰するみたいですね。『フロンティア』の面々に関しては、“不協和音”だのと内部分裂が生じそうですが…果たして。

アニメブログ 人気BlogRankingポチッと応援をお願い致します。
■当『マクロスFRONTIER』の記事一覧(最大15件表示)。
マクロスFRONTIER 第25話(最終回)。
マクロスFRONTIER 第24話。
マクロスFRONTIER 第23話。
マクロスFRONTIER 第22話。
マクロスFRONTIER 第20話。
マクロスFRONTIER 第19話。
マクロスFRONTIER 第18話。
マクロスFRONTIER 第17話。
マクロスFRONTIER 第16話。
マクロスFRONTIER 第15話。
マクロスFRONTIER 第14話。
マクロスFRONTIER 第13話。
マクロスFRONTIER 第12話。
マクロスFRONTIER 第11話。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: マクロスF Genre: アニメ・コミック
Tags : マクロスFRONTIER 蒼のエーテル

Comments (5) | Trackbacks (38) | TOP

Comment

こんばんは。
本当ですね。アルトには、しっかりしてほしいですw
今回は、再臨なんですね~( ノ∀`*)
矢三郎さん元気かな…。

ランカ、行ってしまいましたね!
そんな決断をすると思ってなかったので、びっくりしました。
どこに向かったんでしょうね?心配です…。
全部グレイスの計画のうちなんでしょうか?

ミハエルの事は、あまり触れられませんでしたね。。。
クランが可哀想でした( ノω-。)
ミハエルの眼鏡、どうしたのかな?そこまで見てませんでしたw
遺品を身に付けると、死神に好かれちゃうんですね…。

蒼のエーテル、いい曲でしたね♪
絵もすごくキレイですi-189

Posted at 01:18:35 2008/09/01 by 空子

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 00:54:08 2008/09/02 by

Comment

おはようございマッスル。

☆空子さん
>アルトには~再臨~矢三郎
もうアルトが何故主人公なのか不明慮な位、微妙ぅ~な立場ですよ、本当に(苦笑
“寝取られ”の再臨でしょう。最初はシェリルを矢三郎に、次は(仕舞いには)ランカを(も)ブレラにという意味を込めて、です(笑
そういえば、矢三郎…嵐蔵と共に元気でしょうかね。アルトの実家は、バジュラの襲撃による影響は受けていないみたいで(終盤にシェリルが縁側に居た場面からすると)。

>ランカ~グレイスの計画のうち
う~ん、ランカの行動原理がイマイチ不明慮な心理描写でしたよねぇ。
バジュラに何らかの共感もあったのでしょうし、あい君とのそれなりに長い付き合いによる情も移ったのでしょうけど…。
それよりも先ずは、自分達…人類の事を第一にと、親しい友人が逝ってしまっているのに、さ(汗笑
向った先に関しては、当然、『フロンティア』から離れた宇宙域なのでしょうね。そこで歌でも歌えば、あい君の身元引き受けバジュラ(ぇ が多数押し寄せるのかも?
その過程でブレラと戦闘になったらどうするのだと小一時間(ぁ
このブレラの行動=グレイスの掌である可能性はあるとは思いますが、ブレラも敵であるあい君を許容する辺りはアルトよりも、色んな意味でキャパ(許容力)のある漢(おとこ)だな、と(笑

>ミハエルの眼鏡
絶対、あの混戦の中では、何処に仕舞っていても潰れているでしょう(ぁ
戦場等で死亡した親しい人間の遺品を…という件は、まぁ、そういうジンクス的な『言い伝え』もあるというお話です。それが結果として、今回のクランの猛攻には反映されなくて良かったですけどね(笑

>蒼のエーテル
一応、左のメニューの方に視聴用として追加をしておりますので、お暇なら聞いて下さいな(笑

☆通りすがり さん
一応、当ブログのコメントの性質上、『通りすがり』等の名前での投稿は削除&無視ですが、中々に良いコメント内容だったので承認はしませんがレスをば(笑

>ランカの愛くんへの想いは、完全に自己満ですよねぇ。
はい、突詰めればそうですよね。先の空子さんへのレスにも書いたとおり、あい君はバジュラであった事以前に、ランカに飼われていた付き合いもある為に、相応の情も移ったという点が大きいのでしょう。
ランカももっと現実問題として、ミハエルの死やらナナセの瀕死の重傷等をそれ以上に考慮してあげるべきでしたね、うん。
本編中に多少なりとも、そういった演出や描写で補足されてあれば、まだ救いようがあったかと(苦笑

お二方、コメントをありがとう御座いました。

Posted at 07:57:54 2008/09/02 by 天魔@管理人

Comment

こんばんは

>ランカの前でアルトにまざまざと男としての“格の差”を見せ付けた形でしたね(ぇ

ランカが、アルトを捕まえそこなったと言ったほうが正しいかと。あの状況で
しっぽ振って付いて行ったら、調教済みワンコだ。(ブレアはワンコなのかもねぇ)
調教失敗?みたいな。

しかし女の人って、どうやって男を尻に敷いてるのか不思議よねぇ。主婦なんか旦那を働かせて、自分は、家で食っちゃねゴロゴロ。いいなーうらやましい。しかも、旦那には「嫁をGetしたぜ!」とか勘違いさせてるんだぜ。逆だっつーのw。今日もタダ働きごくろうさま。

Posted at 00:46:02 2008/09/06 by にゃも

Comment

首が痛い…。

こんにちは、にゃもさん。
「にゃも」…か。ん~、『RD 潜脳調査室』の蒼井 ミナモの渾名というより、『あずまんが大王』の体育教師の黒沢 みなもの「にゃも」と見たッ!(ぇ

>ランカが、アルトを捕まえそこなった~
ん~、『捕まえそこなった』とうのは突き詰めた極論かな、と私的には思います。
何度も書いては居ますが、そういった思考に辿り着く心理描写がない(微妙だった)ので断言はし難いのかな…と。
そもそも、アルトはランカとの付き合いも長い為、ブレラよりも男性としての“許容力”(この点が“格の差”)が求められる訳で(勿論、アルトとしては、ミハエルの敵なので敵意・殺意を向けても無いですが(苦笑 )。一方的・敵意のみならず、余裕を持ってランカに『理由』を問うのも少しばかりの気配り(優しさ)?…無理臭ッ!(ぁ
まぁ、ブレラの場合は、ランカとの付き合いが浅くとも何らかのシンパシー(潜在的?)を感じていた為、そういった物は関係なしと純粋に想っての行動でしょう。
しかしながら、親しい友人(ミハエル)を目の前でバジュラに殺害されておいて、バジュラへと明確に成長を遂げたあい君だけを逃がそう諸々…そういったランカの軽薄的な行為や思考が視聴者には受け入れ難かった点なのでしょうね(苦笑 仕舞いには、アルトを呼び出した理由を何も言わず、突然現れたバジュラVer.あい君を見せられて「一緒に来て」何て言われても…ね(爆

>女の人って~
ん~、それは『男女恋愛』という付き合い方を長く経験された方が一番判り易いのかと。理解不能な異性に対する考え方や感情であっても、自分がそういった状況に陥れば自ずと考え方も広がってくる(変わってくる)かもしれませんよ、うん。
あと今のご時世、どちらか一方が働き稼がなければならないという構図ではなく、私的には『男女共同参画社会』という事にしておきましょう(何

コメントをば、ありがとうございました~。

Posted at 13:08:15 2008/09/06 by 天魔@管理人

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話。
『マクロスF』今週のお話は、第21話 『蒼のエーテル』。ストーリーは…。バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるも...

2008.08.30 (Sat) | 無明の隠れ家

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」
遅くなったけど、今週はマクロスFちゃんと見たので、感想書きますよ(笑)あ、きのうカラオケ行ったんですが、その際にライオンとノーザン...

2008.08.30 (Sat) | * Happy Music *

この記事へのTrackback

「マクロスFRONTIER」第21話
  #21「蒼のエーテル」バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い、<歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする・・・。「みんな自由に..

2008.08.30 (Sat) | 日々“是”精進!

この記事へのTrackback

マクロス FRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」 感想
 今回はある人物を亡くし、悲しみに暮れながらもアルト達がバジュラを倒すために戦う話。 またランカは歌を歌うことをやめて、あることを決めます。そのランカの選択にはとても驚かされました。今回は見終わった後、ただ呆然とするしかありませんでした…。

2008.08.30 (Sat) | コツコツ一直線

この記事へのTrackback

マクロスF 21話「蒼のエーテル」【感想】
「さあ僕のターンだ!」by三島 遊戯王か!前回が名セリフ多かったのに、今回のこのセリフは萎えた。今回はランカがアルトに別れ(告白)...

2008.08.30 (Sat) | 失われた何か

この記事へのTrackback

マクロスF 第21話感想
ミシェルがお亡くなりになったせいもあり、Aパートはクラン無双でした。あんまり力んじゃらめええええええええええええ!!

2008.08.30 (Sat) | 天の光はすべて星

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」
ちょっと作画崩壊気味だったかな(?)まぁ、それほど気になるっていうほどではなかったと思いますのでいいですけど。さて問題は本編…。

2008.08.30 (Sat) | Shooting Stars☆

この記事へのTrackback

マクロスFrontier 21話「蒼のエーテル」
『バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々...

2008.08.30 (Sat) | Spare Time

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER第21話「蒼のエーテル」
 アルトに向けた歌を歌ったランカ。自分の想いを伝えるべく、アルトの元に駆け寄った。しかしそこで見た光景は、シェリルとアルトが寄り添っていた光景だった。ショックを受け、屋上から階段を駆け下り途中で転んでしまった。一方ハワードの暗殺は、意外な存在により阻止さ

2008.08.30 (Sat) | アニメのストーリーと感想

この記事へのTrackback

マクロスF
 第21話 「蒼のエーテル」 公式ホームページからあらすじ・・・ バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは...

2008.08.30 (Sat) | まるとんとんの部屋

この記事へのTrackback

マクロスF(フロンティア) 第21話 「蒼のエーテル」
マクロスF(フロンティア) 第21話 「蒼のエーテル」 見ましたぁ~「歌うよ、私・・・、みんなの、ために・・・」バジュラか、...

2008.08.30 (Sat) | れ~な♪の日記

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 21話『蒼のエーテル』
遂にレオン杉田のターン!大統領権限を自分に移行して、ルカが提案する作戦を実行します。

2008.08.30 (Sat) | Girlish Flower

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」
別れ。

2008.08.30 (Sat) | ミナモノカガミ

この記事へのTrackback

マクロスF 第21話「蒼のエーテル」
マクロスFの第21話を見ました。第21話 蒼のエーテルレオンはバトルフロンティアを出航させるように命令し、更に大統領の死亡が確認され、それがバジュラの仕業によるものだと説明する。「急いで。彼がもし権力を掌握したら全てが…」オズマとキャサリンが急ぐも時既に遅...

2008.08.30 (Sat) | MAGI☆の日記

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」 Part.1
なぜ?そうなる!マクロスフロンティア、第21話の感想です。正直今回は、色々足りない部分が多かったような・・・たぶん、次の感想あた...

2008.08.30 (Sat) | 中濃甘口 Second Dining

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」
クラン凄いなぁw いくらゼントラーディ人とはいえ、生身でバジュラの大群に挑むなんてずいぶんと無茶な事をしますねぇ。これでは命がいくつあっても足りません。だからこそ前回の可愛い告白だったのだろうけど、まさかミシェルの方が先に逝ってしまうとは・・・・・・ミ..

2008.08.30 (Sat) | よう来なさった!

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」
お別れです。公式よりあらすじ。バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の...

2008.08.30 (Sat) | 日常と紙一重のせかい

この記事へのTrackback

マクロスフロンティア 第21話「蒼のエーテル」
マクロスF(フロンティア) 1(2008/07/25)中村悠一、遠藤 綾 他商品詳細を見る昨晩の大雨の為に、L字報道付き。おかげで集中出来ずorz

2008.08.30 (Sat) | 明善的な見方

この記事へのTrackback

マクロスF 第21話「蒼のエーテル」
―ほんとはね、アルトくんと行きたかった。ずっと…一緒にいたかった…――さよなら。大好きでした―え゛え゛え゛え゛え゛~~~~~!!!!!ランカの行動が理解できん…三島はもっと理解できないけど。ラストでえらい展開が待ってましたね。このままラ

2008.08.31 (Sun) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」
マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い<歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする・・・....

2008.08.31 (Sun) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

マクロス FRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」
さよなら…大好きでした――。フロンティアを救うために、ランカは歌でバジュラを集める囮となる。伝えたかったひとりには届かなかった歌...

2008.08.31 (Sun) | SERA@らくblog 3.0

この記事へのTrackback

マクロスF 第21話 感想
 マクロスF(フロンティア) 第21話 『蒼のエーテル』 ランカかわいそう・・・。 -キャスト- 早乙女 アルト :中村悠一 ...

2008.08.31 (Sun) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER第21話「蒼のエーテル」
第21話あらすじバジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す...

2008.08.31 (Sun) | 全て遠き理想郷?なブログ

この記事へのTrackback

マクロスF -フロンティア- 第21話 「蒼のエーテル」
ランカ「歌うよ、私・・・"みんな"の為に」ルカ「この瞬間を以ってランカルートBADENDですね、アルト先輩w」

2008.08.31 (Sun) | はじまりの渓谷

この記事へのTrackback

マクロスF(フロンティア) #21「蒼のエーテル」
「ランカ望みを言え。お前の望みを俺が叶えてやる」ハワード・グラス大統領の到着を待つバトルフロンティアの艦長だが、そこに現れたレオン・三島はバジェラによって大統領が殺されたと虚言を弄し、その場にいる最高武官として

2008.08.31 (Sun) | 無限回廊幻想記譚

この記事へのTrackback

マクロスF #21 蒼のエーテル
レオンは大統領殺害をバジュラの所為とし、大統領の全権限を受け継ぎます。

2008.08.31 (Sun) | Night Bird

この記事へのTrackback

マクロス FRONTIER #21『蒼のエーテル』
「さあー、僕のターンだ!」とレオン お前じゃない、ランカのターンだよー!!! ア

2008.08.31 (Sun) | アニメ-スキ日記

この記事へのTrackback

マクロスF(フロンティア)♯21話『蒼のエーテル』の感想レビュー
『アルト君…ホントはね…アルト君と行きたかった。…ずっと一緒にいたかったよ!』(/_;)/~~この世のたった1人にだけ、伝えたかった歌と想い。最後にランカが選んだのは…。先週とは別の意味でハンカチ必須です。オズマ隊長とキャシーのガンバリもむなしく、大統領の死で全

2008.08.31 (Sun) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」
マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」

2008.08.31 (Sun) | 恋華(れんか)

この記事へのTrackback

マクロスFrontier #21『蒼のエーテル』
ミシェル死亡は確定か・・・(涙) そして今まで選ばない・決めないで来てしまったアルトが とうとうツケを支払わされたそんな印象のマクロスF『蒼のエーテル』。 クランが死ななくてヨカッタ!!

2008.08.31 (Sun) | 風庫~カゼクラ~

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」
♪攻撃で~もな~い 防御~~でもない

2008.09.01 (Mon) | 空色☆きゃんでぃ

この記事へのTrackback

アルト、、、ランカをちゃんと見て!つかまえて!愛する人に届かなかった想いを胸に少女は旅立って行く。
 「バジュラ」と人類の激しい戦い・・・。もう【ハワード】はいない・・・。そこへ【レオン】が来る。バトルフロンティアを動かすようだ。大統領の死亡が確認されたと・・・全て「バジュラ」のせいにして。【レオン】の野望が形として動き出した。そこへむかう【オズマ】と

2008.09.01 (Mon) | 現代視覚文化研究会「げんしけん」

この記事へのTrackback

8月30日
第21話 蒼のエーテル バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、 あるものは憎しみを増幅させていた。 三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い <歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする。 いや、僕の

2008.09.01 (Mon) | とうとう作っちゃったよ;;; まくろちゅ日記v

この記事へのTrackback

マクロスフロンティア #21 蒼のエーテル
さあてどーしよう?今週はかなりアレだ。どれだ?ヾ(´▽`;)ゝマクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc)中村悠一, 遠藤 綾, 中島 愛, 神谷浩史, 総監督:河森正治/監督:菊地康仁おすすめ平均 マクロスF最高!マクロスやっぱりいいね普通に面白いですよ。快調な序盤戦A...

2008.09.02 (Tue) | 焼きプリン定食(2個目

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER #21 蒼のエーテル
ずっと僕のターン!

2008.09.02 (Tue) | Ηаpу☆Μаtё

この記事へのTrackback

マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」 観賞(゚д゚)・・・
え?この展開ってどうなのよ、、(^ω^;)・・・レビューの遅れ具合はそれが一因だった(苦笑)第21話。

2008.09.02 (Tue) | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~

この記事へのTrackback

『マクロスF』第21話『蒼のエーテル』感想
[画像]うは、冒頭のレオンさんテラ小物臭wwwwwwwwwまあこれだけやっちゃうと、残るレオンさんの見せ場は「いかにグレイスさんに悲惨に殺されるか」くらいか。それにしても小物臭を漂わせつつも、同時にカリスマの片鱗を見せる…みたいなキャラはちょっと珍しい(演

2008.09.04 (Thu) | 自分部活のメモ(ry

この記事へのTrackback

ミハエルの死!?もう悲劇の連鎖は止まらないっす(ToT) マクロスF第21話『蒼のエーテル』
 前から死亡フラグが出ていた大統領だけでなく、まさかのミハエルの死!!! なんか本当の意味での急転直下になってきたマクロスFであります...

2008.10.23 (Thu) | シュージローのマイルーム2号店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。