一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第11話~第20話)と簡易感想。

Category: その他(アニメ作品関係?)  08/18 /2009 (Tue)

 ふ~、既に3・4週分遅れで、漸く当記事を書くという結果に…わ、忘れてたんじゃないんだからネッ!…すいません、忘れてましたilililorzililili

 ※実際は1つの記事に、1週(1話)分のアイキャッチじゃ、物足りないかも?と単に数週分を貯めてみただけだったり(ぇー
 え~、大分、遅れましたがいってみよ~(笑

■第11話 『イン・ザ・ナイト・ビフォア』

※クリックをすると拡大。
あむすてるだーむっ!
いや、当アニメがフランス人監督との共同(ry で、今回のお話の舞台が風車の沢山ある街だったので(笑

 今回のアイキャッチは、スラッシュ(左)とヤーさん…じゃなかったセラの親父さん ロベルト・ガンビート(右)。日本式ではヤーさんだが、外国式だとマフィアって感じですかね。

 内容的には、OPの背景映像にあったセラの過去のほの暗い過去回想と回収話でしたね。まぁ、OP映像からも、セラが男性に抗議し、その傍らには血縁者の亡骸(スカートだったので女性。単純に考えれば母親が妥当。ならば男性=父親)という構図でしたからね。しかしながら、厳密にセラとロベルトの間に何があったのか不明瞭ではありましたけど。両者の名乗る苗字も違う事から、セラの苗字は母親の旧姓のものなのか...その辺りの語られない部分(今だけ?)が作品の本筋に全く関係がないにしろ、ちょいと興味が惹かれてしまいました(汗笑
 しかし、この第11話の物語の構成というかなんというか…風車を利用した風力発電~風車の街という印象を視聴者へ伝えたかったのか、やけに間延びをしたシーンが目立ちましたね。こう...ゆったりとした感じの見せ方で、言い方は悪いけど物語の展開のスピーディさを極限まで削って見せていた様に思えました。でも、こういう見せ方って、1つ間違えば“手抜き”と捉えられそうで怖い…かも?(笑

■第12話 『リーグ・リーグ・リーグ! / セカンダリー・ブレイク』

※クリックをすると拡大。

 今回のアイキャッチは、ダン達の試合の対戦相手の三つ子(左:名前略(ぉ )と…誰?(右。ファルコン?)。

 ん~…この頃合の少し前でしたっけ、制作監督の降板が話題になったのって。な~んか、1話で2部構成…基、1話分で2話分を“巻き”で消化をする新たしい試み(ぇ で噴いてしまいました。終いには、30分構成上でOPもリーグ(ry / セカンダー(ry の両方端折られている始末(笑 あ、でも、前半のEDは良かったかも…背景映像が(ぉ 制作者陣としては、前監督の板垣さんの手掛けた話をいち早く消化したい為の構成だったのかも…?(汗
 え~、物語的には、相変わらず自分の出生の街を彷徨いつつ、母親との思い出を追憶のセラ。既にダン達の動向の情報を独占的に記事にし、ネット上へ配信をしていた『最強の傍観者』=ココである事がさらりとぶち明けられ(スラッシュ・フローラのみ)、またココもアランことフローラを「お姫様」と知ってしまっている様子。前者に関して言えば、もう大分前から視聴者にとっては分かり切っていた事実に間違いなく(苦笑
 そして、『エクリップス』が知ってしまったジェームスがダン達を試合に巻き込んだ本当の目論見。だけど、視聴者には知らされない状況のまま進行、か。っていうか、もうダンとルージュが恋愛面で“鉄板”臭くなっていて噴いた(笑 当初、ヒロインだろうと思われていた“褐色をっぱい”ことミユキとかセラが余りにも空気過ぎて泣けるしね(苦笑 それ以前に、徐々にセラの言動がマトモになっているのは気のせいか。以前は「あなたの遺伝子を~」とか奇行も良い所だったのに(マテ まぁ、それだけ、『バスカッシュ』という“のめり込めるモノ”を見付けたから、なのかもしれませんね?アイスマンも然り。といっても、何故に遺伝子を求めていたか、という疑問点は残るけど…これも母親の死と何か関係があるのでしょうか…?(自分の生い立ち関連?

■第13話 『シーユー・オン・ザ・ムーン』

※クリックをすると拡大。
『エクリップス』
まさかの改造人間ユニット。
というか――
ルージュのOP Ver.が酷い件。
まぁ、少し前に発売された『Running on』のカップリングに入っていたので視聴済みですが(笑 …うん、酷い(ぉ

 今回のアイキャッチは、ルージュ(左)とダン(右)。何気にアイキャッチが繋がってますね(笑 なんつーか、本当にこれで“鉄板”なのか(何 ふふふ...ルージュまだアイドルとしての衣装のアイキャッチが無いんだぜ...(遠い目

 『エクリップス』がまさかの改造人間だったという展開。何でもジェームス達(ヤン含む…こっちは別の思惑が?)の目論見に関連して、集められた人材が表向きはアイドルグループの『エクリップス』だというお話で、その実、BFBに極限まで身体能力を適応させるべく、身体的な改造とその影響(後遺症)を抑制する抗生物質(ぇ …薬を摂取しなければならないという難儀な存在達。なのだけど、ジェームス達の目論見が不明瞭な現段階では、アイドルグループっていうか最早単なるモルモtt(ry 何か改造人間設定で、余計に魅力が損なわれたというか、希薄になってきた印象さえも受けるのは気のせいか(ぁ だもんで、今回のダンとルージュの別れのシーンに何も感じるものがなかったんだZE....(私だけ!? こう....何て言うか、そういう設定での“可哀想”(悲劇性?)という、あからさまな添加物があっただけだからかも?(笑 あ、ヴィオレットは百合だったのねんのねん(原作の漫画を読めば理由判明?
 さてさて、もう見事なダンとルージュのイチャイチャっぷりだった訳ですが、ここにきて何故かミユキが妙な嫉妬心を覗かせていましたけど…またも今更!?感が地味にじわじわと。恐らくは、幼馴染として培った経験(女性の勘ともいふ)から、ダンのルージュに対する異性的な好意がハッキリと試合の中継映像を通して感じ取れたから…かもしれませんが、妙に唐突な印象は拭えませんでしたね。というか、ここまでのお話で、そういう節が全く見られなかった点が残念賞という事でもあったり?(笑 ん~、2クール目からの監督交代で、テコ入れというか物語の軌道修正が果たして成功するのか...イマイチ微妙な予感…?

■第14話 『スプラッシュ・ダッシュ・クラッシュ!』

※クリックをすると拡大。

 今回のアイキャッチは、チーム『キング・オブ・キングス』とチーム『バスカッシュ!』。まぁ、本編の内容に沿った相応のアイキャッチという感じで。また、OPとEDが一新されましたね。OP曲は、THE SPINが歌う『僕が僕のままで』。ED曲に『エクリップス』が追い遣られ(マテ、『二人の約束』。OP・ED曲もそう悪くは無いと思います(何その当たり障りの無く簡潔で無難なコメント。

 さ~てさて、愈々月へ向う為の公式戦の最終試合、ファルコン率いるチーム『キング・オブ・キングス』と我らがダン率いるチーム『バスカッシュ!』。いや~、ちゃんとバスケをしていた感じだけれども、ファルコン達のBFBが格好良くて、終いには空を飛んでいる様に錯覚すらする滑走・滑空と、試合の悪天候…雨を物ともしない運動性能を見せ付けてくれて良かったかな。名前がファルコンだけに、そういう仕様のBFBなんだろうけど…普通は羽が水分を吸収し(ry ※鳥類によっては、雨の中でも長時間飛び続けられるものも居るが…鴉とか(笑 ま、そういうどうもでも良い面が、メカのBFBに関係が無い訳だけど(笑、ダン達は、悪天候の試合の中、ファルコン達の圧倒的なBFBの性能差によって苦しめられるも、結果的にはるかの設計をした新しいバッシュが試合後半に届いた事により、何時もの動きを取り戻した事で勝利。という事は、バスケの技術は両者共にそう変わらないという事か。う~ん、バッシュ一つで試合運びが左右されるとは…恐ろしや(笑
 え~、OP曲の背景映像に、セラの父親・ロベルトが消え行くシーンがありますが、それが今回であっさりと消化されて噴く。という事で、本編の終盤に勝ち名乗りを挙げるダン達を尻目に、観客席に座っていたロベルトの背後に近付く黒服…そして一発のサイレンサーの消音銃声による暗殺遂行完了。う~ん、マフィアとしては割りとありがちな人生の末路でしたね(苦笑
 そして、『デストロイ』ことアイスマン。何と左腕が、上腕二頭筋から下全部がアイアンマソ...“義手”だという事が判明。こりゃ自暴自棄…性格が捩れる原因になるわな、とちょいと易い同情(マテ というかさ、この“鋼鉄の義手”があるから、あの『デストロイ』が可能になっていた訳ですね(汗笑 つまりは、『デストロイ』=パス…力加減(上手く力の配分)が出来ていなかった、と(ぉ 普段の私生活で用いる力加減は何とかなるものの、パスは対象者へと正確に行わなければなりませんからね....成る程。まぁ、ビッグフットに乗った状態で、操作レバーをぶっ壊さない程度の力加減は可能けど(笑 さてさて、アイスマンの見た“悪夢”の中で、無慈悲に彼の腕を切り落としたのは誰なのか…(『青年スラッシュ』?…若しくは、人気を疎んだ他チームの(ry)。
 最後に蛇足。第12話でダン達と対戦をしたチーム『トライスターズ』の三つ子ちゃん。名前が何と「バル」(青)「サミコ」(赤)「ソース」(黄)――「バルサミコ酢」!!(ドーン なめ…てんの…か?(笑

■第15話 『ラン・アンド・キャノン』

※クリックをすると拡大。
つーかさ、どう見てもジェームス扮する『ミスター・パーフェクト』って…。
元ネタはアーネスト・ホーストですか?
ほら、彼はK-1で“ミスター・パーフェクト”として有名な選手であり、尚且つオランダ国籍の選手だしね(ぁ

 今回のアイキャッチは、じ~ちゃん(マテ…じゃなかったレガリア13世(左)…多分、フローラとアウローラの父親…にしては歳を取り過ぎだから祖父?(ぇ と、フローラとアウローラ(右)。

 本編内容は、BFB公式戦で優勝し、見事に月へ向う権利を勝ち取ったダン達が、月へ向う為の唯一の移動手段 『ムーンキャノン』が在り、アランことフローラの母国 『スカイブルーム王国』へ向い――あっさりダンが犯罪者になってしまうのだった…という感じ(“感じ”かよ。 早々に問題を起したダン(悪気は無い)の釈放を、仲間は元より、何らかの“計画”を匂わせるジェームス達が動く、というのが主軸かな。『ムーンキャノン』のシャトル形状が、某ドラゴンなボールのものに似ていて噴いたな(笑
 ん~、それにしても、『スカイブルーム王国』の城下町の建造物(家等)が、大理石で作られていたり、その為に人間が自然と行いがちな愚行を一切行えない程、独自の治安体制を布いていて噴いた(笑 こりゃ~、フローラも家出をしたくなるわ(マテ でもさ、バスケやBFBを知らない子供達が居た事で、ダンが逮捕される原因となった生バスケを披露した訳だけど、なら何故に街中にバスケットゴールが備え付けてある?単なるオブジェですか?(苦笑 子供達が生まれたのが、諸々規制される前だったというオチなのか…突っ込むだけ野暮なのかねぇ....。オブジェであったとしても、「アレなんだろう?」という疑問も出ていもおかしくない筈だし?(ぉ 他の街と隔絶された上に情報操作か...。
 謎の貴公子(苦笑 『ミスター・パーフェクト』。言わずもがな、ダンを釈放して月へ向わせる為に暗躍をするジェーm(ry 。 はるかの「昔は馬鹿」という台詞から、元はダンの様な単細胞キャラだったのかもしれない(ぇ っていうか、普通にアウローラと顔見知りだった…って月の上層部の人間なら当然か。そもそもダンの仲間達と連絡を取り合うあの移動の早さ....流石は『神の手足を(ry』。
 さ~てさて、物語の終盤、無事に一騒動を起し(マテ、月へと逃れたダン達だったのだが…シャトルは月の街 『ムーニーズ』(グーニー○゛?)を華麗にスルーし、月の表面から“何か”を掘り起こす“採掘場”へと向ってしまい、そこで目にしたBFBに似た“謎の巨人”。唖然とするダン達を他所に、“採掘場”上空に突然出てきた複数の飛行物が形成をした“巨大な手”のブロック(アタック)によって、あっさりとダン達の乗るシャトルは元居た場所(惑星の何処かへ)まで逆戻り~…なん…だと…!? 見送ったはるかやソーイチ達を犠牲にし、月へ向ったダン達にポカーンだが、先の“謎の巨人”や“巨大な手”と、新たな謎が出てきた事により、かなり面白くなってきたぞっと(笑 あ、そうだ。月に居るルージュが、何やら進んで身体改造のVer.Upを行った様子。これで再登場時に、ダンの記憶諸々を失って別人になっていたら笑えるんだけどなぁ....(笑えねぇよ。

■第16話 『アンダーグラウンド』

※クリックをすると拡大。
あ~…アイスマンの『デストロイ』のボール配色が『濃紺』なのは…。
濃紺=ノーコンという高尚な洒落なんですね。
…うん、疲れた(何 っていうか、完全に今更だっていうお話でね。それに今は、ノーコンではなくなってます?(何故疑問符。

 え~、今回のアイキャッチは、野原ひろし(35)…こと、中の人が藤原啓治さんな、『殺し屋』(?)っぽい“地獄のプライス”(左)。あぁ、『地獄の沙汰も金次第』という安直な(ry ほら、プライス=値段・価格、なので(ぉ そして、個人的に眼鏡のフレームというか、レンズの形が気に入らないヤン・ハリス(右)。何、「総司令」って(笑

 ふぃ~、いや~、やはり監督交代の余波なのか、物語の展開の細部がかなり端折られている…“巻き”が酷い印象ですね(汗笑 突然のアンダーグラウンド(地下世界)で、セラやフローラ達がダン達の出身の街にあったバーのフランチャイズ店でのバイト(=行方不明のダンの情報収集)とか(苦笑 そのバーのお立ち台でのフローラの「聞け!お前ら!!」に、何故かバサラの「俺の歌を聴けぇ!!」を思いだs(ry …まぁ、何が言いたいかというと、話数的に厳しいながらも、もう少しお話の展開を丁寧に作って欲しいなぁ~という事、なんですけどね(ぇ というか、キャラクター達の居る各々の場所の距離感が皆無で訳分からん(爆
 また、地味にキャラクターを多く作り過ぎという印象も拭えない。確かに、物語が『○○編』とかって進むのであれば、その『○○編』特有の固定キャラを出していった方が、展開に幅が出てきそうな感じはするのだけれどね....。残りの話数が少ない現状、新キャラを作ったは良いが、どうしても日の当たらないままで終了、というのが心配で(笑 ただでさえ、初期メインメンバーの連中にも、然程日が当たってないのに(笑 まぁ、セラは割と掘り込んだが、アイスマンはファルコン以外にも、『青年スラッシュ』との因縁とか、今回のアンダーグラウンドが“因縁の地”とかで、また掘り込まなきゃ駄目っぽそうですしね...う~ん。そして、かなり日陰だったミユキにも漸く…ですかね。
 さて、前回のお話は、ダン達が『ムーンキャノン』で飛んでった場所は、月の裏側で“何か”を保護する為の防衛装置に引っ掛かったというお話で、その防衛装置の形成した“巨大な手”によって、またもアースダッシュに逆戻り、という事だった模様(スラッシュ曰く)。月裏側で採掘作業を行っていた“謎の巨人”に関しては未だ不明瞭。いやはや、監督交代で安直であざといお色気描写や言動もなくなり、それなりに見れる感じにはなっていますけど、如何せん遊び過ぎた分が物語の本筋に追い付けていないのは否めませんかね...。この先どうなる『バスカッシュ!』。

■第17話 『ジャイアント・ステップ』

※クリックをすると拡大。
新キャラのナヴィガ…ナヴィ…ラヴィ!!(・∀・) …古いなぁ(笑 まぁ、それはどうでも良く、実際はナヴィが乗るBFって――
クァドラン・ローですよね?(笑
厳密には、クァドランタイプの全身装着搭乗型BF。そして、極め付けがナヴィが巨人である事さえ、それ何てゼントr(ry

 今回のアイキャッチは、アイスマンとファルコン(左)とセラと『王女』ならぬ『女王様』なフローラ(笑 本当に外界で色々な経験を積んでいますが、何れ国許に帰る事になって、更にアウローラを差し置いて王位継承しちゃったら、それなりに面白い事になりそうだから困る(何故

 さて、今回のお話は~…前回の終盤で、ダンの前に立ちはだかった“謎のBFB”の正体が判明し、何と○゛ントランなBFと変わらない大きさのナヴィガ(ダン曰く愛称は「ナヴィ」)という巨人の男性キャラが初お目見えで、OPの通りにダンにあれこれと懐柔されて仲間へと片足を突っ込む(笑 そして、アイスマンと因縁のある『地獄の沙汰も金次第』こと“地獄のプライス”は、以前にアンダーグラウンドの試合で敗北をしたアイスマンの左手・左足を、剣で切り捨てていた事実が判明。でもさ、本当に非道・非情ならば、普通は右手・右足を切り捨てて、日常生活(左利きの人も居るけど)に支障を与えて捨て置きそうなもんだが、これは処刑の際にプライスが多少の情けを掛けたの、か?(ぇー まぁ、それは兎も角、やっぱり野原ひろし(35)…藤原さんの声の演技は格好良いですね、うん。そして、何気に前回書いていなかった、こちらも新キャラ…M.A.D(マックス・アックス・ダックス(謎 )サイエンティストな雰囲気の女性技術者・サウザント。両目を丸々覆うゴーグルタイプの眼鏡が特徴的ですが、何と両目(片方だけ?)が“義眼”(機械的)である事が判明。そして、それ関連なのかは不明慮ですが、ミユキの祖父・ソーイチに何かしらの私怨がある様で。ん~、過去の因縁・私怨ばっかりだな、このアニメ(マテ
 ミユキ・セラに正体…性別がバレてしまったアランことフローラ。何だか妙に、フローラはセラに気に入られているみたいですね。所々でアランを抱き寄せたり、胸に手を置いているセラの姿がチラホラ(笑 そんなセラですが、ナヴィとの初対面で、即一発で一目惚れをしてしまった様子(?)。しかも、次回の予告映像では、ナヴィに偶然にも裸を見られてしまう様ですね(苦笑 まぁ、この二人の関係は、次々に追加をされるOPの背景映像で立証済みな感じですけど。
 あ。そうだ。一発ネタをば。毎回、OPの背景映像が更新されまくってますが、ナヴィの大きさに修正が掛かったのか、第14話~第16話のOPの背景映像終盤でダンが人差し指を立てての全員集合の場面、画面左下のココの前に居る様に描かれているナヴィが、今回の第17話のOP同様の部分では、手摺の外…車外に立っている状態の描写に修正が掛かってましたね(笑 下記にその部分をご紹介っと。

※クリックをすると拡大。
左が第14話~第16話のOPの背景映像。右が第17話の同シーン。…態々修正部分を赤字で囲まなくても良かったなorz


■第18話 『メモリー・オブ・ユー』

※クリックをすると拡大。
いぃ~やいやいやいや。本編で一番に驚いたのは…。
投獄中のベルの激痩せ。
…でしょう(笑 見事な位にお約束の美形キャラ化け。これでシャバに出たら、見事なリバウンドをかますんだろうなぁ(苦笑

 今回のアイキャッチは、正体バレバレなMr.パーフェクト(左)と『バスカッシュ!』のゼントラン ナヴィガ(右)。っていうか、Mr.パーフェクト…ココを悪漢(黒服…恐らくヤンの手下)から救い終わり、アッサリと正体を見抜かれた言葉、「我が“伝説”は、シャボンと共に去りぬ....か」だけど、ぶっちゃけそのシャボンが無ければギリギリで気付かれなかったと思う(笑 まぁ、だからこそ、その点が「シャボンと共に去りぬ」だったのだろうけど。後はホワイトスーツだな(笑 そして、ナヴィ…地底暮らしが普通だった割りに、初めて地上に出た際に必ずあるであろう衝撃…日光を浴びて「うおっ!まぶしっ!!」的な描写が無かったのが非常に残念。採掘をしていた『アルティマイト』の発光に慣れていたってレヴェ(ry それに「世界はこんなにも光に満ちて~」の一連の台詞が、妙に易い台詞(使い古され過ぎた常套句…台詞回し)に聞こえます(爆 前回の予告でもあった、ナヴィが風呂上りのセラの裸体凝視の件だが、ナヴィもそういった倫理観を持ち合わせていたのに驚き(笑 長年一人だった割りに…というか、以前は居たであろうメルトランな巨人が想像付かない(苦笑 ま、結果的に『月』…ムーニーズに行ったら、マイクローン装置みたいな奴で、ナヴィが一般的な人間の大きさへ~セラとの関係も丸く収まる~とかって話の運び方が一番楽か(ぉ あ、その『』もありか!(だったら益々マクロス臭が酷くなるけど。
 
 ダン「『渡りに船』じゃねぇ~か!行こうぜ、『ムーニーズ』!!」 あれ?ダンは馬鹿キャラじゃなかtt(ry 『渡りに船』という言葉がダンの口から出るとは思いませんでした(笑 え~、そんなこんなで、今回のお話は~…アバンであっさりと“地獄のプライス”が、アイスマンの“謎の変則軌道型”『デストロイ』…基、『バスカッシュ』で沈。前回までの期待もなく、あっさりとプライスが負けていて噴いたが…何と言う藤原さんの無駄遣い(致死
 『ムーニーズ』で肉体改造の進むルージュ、そして相変わらずレンズの形が気に入らないヤンの目論見。知らない間に影ではジェームスと対立をしている様子。街の建物の取り壊し作業で、住人に歯も着せぬ思惑で強制立ち退き・排除行為。どこまで小物臭ぷんぷんなのか(笑
 スラッシュ…“若返り”の病気中?(何 というか、度々回想に出てきた『青年スラッシュ』が、そのまんま今現在の若いスラッシュ本人で間違いはなさそうだ?(ぇ 単に『青年スラッシュ』のクローンなのかもしれないけど…ん~…どうなんだろうね、この人は(笑
 中盤に掛けて先のヤンの勝手な権力による、街の建物の強制取り壊しに憤慨のご老体三人が。見た目から、セラの父親と同じく、地元に根付くマフィア関係の大物っぽそうだが、何とこのご老体がダン達の二度目の『ムーンパスポート』(月旅行)を与えてくれる“”となる様子。ジェームス曰く、前回の『月』への打ち上げ失敗を考慮し、OCB主催で再度『タービンシティ』でBFBの試合を行い、当然勝利をするであろうという建前で、『ムーンパスポート』の再発行を、というお話らしい。ご老体三人は、勝手に地元を荒らすヤンに対抗の意がありありで、それが結果的に協力を買って出たジェームス達の計画と合致したが故の今回の試合運び...物事を起す時には、自然な成り行き上の『理由』が必要な為、という事でしょう。でも、このご老体三人…次回予告映像から、セラとは父親を通して顔見知りで、更にはバスケの手解き(遊び程度かな?)をした経験もあるらしく、それなりのスキルはありそうなので手強い相手に?まぁ、ワザと手を抜いて負ける予定が、試合運びで次第に熱くなって~という感じにもなりそうだけど(ぉ
 最後に、ソーイチと“因縁”のあるサウザント…割とアッサリとした接触で残念賞(笑 どうやら、『アルティマイト』を素材としたと思しき『アルティニウム』という物質の研究が原因で、二人(+ヤンも?)は袂を別った様子。でも、当然、年齢的に言えば、師匠と弟子という関係だったみたいですが。その『アルティニウム』が原因で何らかの研究を止めたソーイチですが、旧OPの初期Ver.にもあったように、ミユキの両親の死亡事故がそれに相当するのでしょうしねぇ...。さて、話数も残り少なくなってはきましたが、全ての謎…伏線が回収されるのか…。そして、『アンダーグラウンド』の地から、ジェームス提案の『ムーンパスポート』を掛けた試合の為、再度『タービンシティ』を訪れるダン達...ナヴィがチーム『バスカッシュ』に参加したからと、『アンダーグラウンド』に放置されるアイスマン(汗笑 もうね、何か第2期の制作が予定されていそうで嫌な予感しまくりです(ぇー ほら、第2期からは、『ムーニーズ』(『月』)編(って事で(ぉ

■第19話 『メモリー・オブ・ユー』 NEW!!

※クリックをすると別窓拡大。
Aパートはまだよし…。
Bパートから『総集編』かい!

 今回のアイキャッチは、若年時のロベルト&幼少期のセラ(左)と青年スラッシュ(右)。ん~、ロベルト若ェ~(笑 っていうか、青年スラッシュ…現スラッシュの髪の毛のモコモコ具合が、どうやったらストレート気味になるのかと(ぉ …はい、無駄な突っ込みでした。

 え~、今回は、月への切符…『ムーンパスポート』を掛けた試合。チーム『バスカッシュ』 対 セラの父親の部下で構成されたチーム『オールドタイマーズ』の一戦...なーのーだーがー、ぶっちゃけワンゴールを入れただけで終了という、何とも微妙な試合運び(描写)。まぁ、最たるは、その過程が重要であり、セラが父親との確執を払拭する切欠云々の描写があれば良かった、というお話なのでしょう。といっても、完全払拭とはいかないまでも、セラの中の父親への“蟠り”は多少晴れたのではないでしょうか。冒頭でセラが見ていた写真に対し、フラグ立ち捲くりなナヴィガに「幸せそうだ」という率直な印象で、「お母さんはアイツ(父親・ロベルト)と結婚をして幸せだったんだ」と他人の視点ながらも、そう見えた事に納得をしたからなのでしょう。また、『オールドタイマーズ』の部下の男が、セラに父親の気持ちを~云々と言及をしていましたが、今更で単純に考えるならば、自分の稼業(マフィア)による二次的被害を被らせたくない為にワザと二人を遠ざけていた、というのが真相なのかもしれませんね。じゃないと、態々母親の墓前に決まってお墓参りをしたり、街の通りの名前等に娘の名前を付けたりしませんし。え~…まぁ、なんだ…『オールドタイマーズ』のおじいちゃんは、幼少期のセラにバスケットを教えた当時と外見がほっとんど変わってNEEEEEEE(笑
 はい、次にBパートからのココ視点の総集編。いや~、総集編は基本的に『暇』ですが、総集編をすると、やけに物語の整合性の欠けた点が浮き彫りになってくるから笑ってしまいます(ぇ 一応、セラってアニメ開始当時はメインヒロインだったんだZE....(苦笑 ま、それは兎も角、見所はぶっちゃけココの視点の独白と総集編の中での新作カット、終盤のスラッシュとの会話、かな。ココは現在、何時の間にやら、スラッシュの計らいで月(『ムーニーズ』)に居るそうです(笑 さっさと足を治して貰えYo!!と思ったが、治して貰っていない現状、治らない確率が高そうだから困る(爆 いや、治るかもしれないけど(笑 それに青年スラッシュが、以前、ダンとセラにバスケットを教えた際、「凄い選手になったら月に~」という約束をココは覚えており、今回の終盤のスラッシュから同様の言葉を聞いてハッとし、彼に対する諸々を察せたみたい?
 さて、『アースダッシュ』と『月』が衝突をしそうな訳ですが…ジェームスとスラッシュの計画は、この衝突を回避する事に他ならない…のでしょうか――って、どう考えても、これが最終的な目標になりそうなのは言うまでもない、か(ぇー …いや、知りませんけどね(笑 ダンの『バスカッシュ』によって、惑星の公転軌道云々の修正でも考えてるのかなぁ(コラコラ はたまた、それに付随して惑星間の引力(ry

■第20話 『フィットイン・ブレーク』 NEW!!

※クリックをすると別窓拡大。
お約束の…
ルージュの記憶喪失ネタ
キタ━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━!!

うん、王道過ぎて笑ってしまった(苦笑 ん~、記憶を取り戻す件でのお涙頂戴展開は好きじゃないが、これはこれでアリなのか....ぬぅ。

 今回のアイキャッチは、久々登場なソーイチ(酔っ払いVer. (左)とサウザント(右)。公式HPの方のキャラクター紹介で、本編で語られていなかったサウザントの内情が記載されていていたりする(笑 え~、サウザントは、ご覧の通り、左目だけがメカニックな義眼だった様で。でも、確かにこの義眼の出来栄えじゃ、あのゴーグルみたいな奴を取って生活はし難いか。このサウザント、何時の間にやら『月』に行っていて、更にはルージュの人体改造にまで手を掛けていたり(記憶喪失も彼女のせいか?)…相変わらず、この世界観における空間的距離感が分かり辛ぇ作りだ....。

 今回のお話は、割と閑話的なお話だった様な気もしますが…まぁ、ミユキの両親(父親のみ?)の事故の件も伏線を回収して終了、みたいで(汗笑 初期段階からあった伏線なだけに、第20話にて漸くかよ、という感じもしましたが、これはこれで良いのでしょう、きっと(ぉ その他キャラからすれば、かなり薄っぺらい(コラコラ 内容でしたけど(ぉ しかし、今回は本編のシーン別で、大分、キャラクターの作画にブレがあって違和感バリバリでした(汗笑 作画担当スタッフが一貫してねぇってレヴェ(ry あ、ダンが一口齧って、ミユキに渡したリンゴみたいな果物がありましたけど、長ったらしく二人で会話をしているシーンが以降に続いていた訳ですが…酸化してしまうやろー!!と突っ込んだのは私だけで良い..(お前だけだよ。
 ヤンと『スカイブルーム王国』の国王が、国を挙げての『エクリップス』のコンサートを計画。何やら、『エクリップス』が唱歌する事で、「石が語りかけてくる~」と国王が口にしていましたが、それは『アルティマイト』を加工したものなのかそのものなのか。どちらにせよ、ヤンやサウザントのやろうとしている事が、今回のCパートでも発表がありました『エクリップス』解散に掛かっている事は間違いなく…。 あ、そういえば、アウローラが投獄中のガンツとベルの元を訪れていましたが、これはヤンの企みに気付いた彼女が、何かしら隠密裏の行動を起して欲しいと二人に頼みに来たのでしょうか。それとも…?
 ルージュの記憶喪失。王道…王道すぎるぞ、この力ッ!(謎 一昔の漫画・アニメの王道展開の一つに位置付けられていますからね、メインキャラの『記憶喪失』は。え~、以前の簡易感想の中でも書いた通りに、人体改造の済んだルージュはダンの記憶だけを抹消されてしまった様子。しかも、先にちょっと書きましたが、サウザントの手に掛かって。つーか、あんなにピンポイントで記憶って消せる…それが『月』の技術力なの…か?ん~、結果的には、当然、記憶を取り戻してランデブーなお涙頂戴な展開になりそうなんだけど...それを嫌味なく魅(見)せる事が出来るかどうかが重要になってきそうですかね(苦笑

その他、バスカッシュ!の感想や情報記事をお探しであれば下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
バスカッシュ!


当記事の関連記事は下記リンクからどうぞ。
バスカッシュ! アイキャッチのまとめ(第1話~第10話) と簡易感想。




 ふぃ~、10話分毎に1記事…漸く終わったワァ~(テカテカ(マテ 溜め込んでの一気更新が多かったが、こっちのHDDレコーダーもそれなりにヤヴァかったんだZE....(知らねぇよ。まぁ、兎も角、次の第21話からは新しく記事に書くという事で一つ。ん~、新しいHDDレコーダーを購入しちまおうっかなぁ...。
■当『その他(アニメ作品関係?)』の記事一覧(最大15件表示)。
漫画 『BERSERK -ベルセルク-』 外国人(海外)ファンの質問に三浦先生が回答をしていた。
漫画 『To LOVEる』 連載終了の“噂”は本当だった様ですが…?
バスカッシュ! 河森監督×佐藤監督が監修のRemix版がYouTubeで配信されるも…。
DTB 第2期 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』 続報 岡村監督インタビュー編。
『まほろまてぃっく』 特別編(新作)の放送&BD・DVD化決定~。
漫画 『BERSERK -ベルセルク-』に再度アニメ化の噂が…?
QB 第2期 『クイーンズブレイド ~王座を継ぐ者~』のPVが公開ッ!
かのこん OVA ~真夏の大謝肉祭~ のPVが公開ッ!
本日(ぇ のトリビア――アニメ 『咲-Saki-』公式HPの…。
河森正治原作の次回アニメ作品は――『オリジナル本格変身アニメ』…だと…?
今秋 新作アニメ 『君に届け』 メインキャラのキャスト発表。
祝!涼宮ハルヒの憂鬱 第19話 『エンドレスエイト』 ループ脱出ぅ~。
DTB 第2期 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』 続報 第三弾。
『別冊少年マガジン』 創刊 連載陣に『みなみけ』 桜場コハル先生や雷句誠先生も。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: バスカッシュ!-BASQUASH- Genre: アニメ・コミック
Tags : アイキャッチ

Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

お初におめにかかります。

『バスカッシュ』19話から、『DTB 流星の双子』の告知CMが一部地域を除いて流れたようですね。
ということは、『バスカッシュ』の後枠で放送される可能性はあるのでしょうかね。
東名阪三局になるのか、これまでどおりに10局ネットになるのか、非常に気になるところですが。

僕の地域では前番組『黒執事』次回予告の後に流れた『バスカッシュ』告知CMが流れなかったものの、『バスカッシュ』放送されました。

Posted at 22:38:07 2009/08/12 by Mukami

Comment

Re: タイトルなし

ども。初めまして、Mukamiさん。
一応、管理人をしております天魔です(笑

> 『バスカッシュ』19話から、『DTB 流星の双子』の告知CMが一部地域を除いて流れたようですね。
> ということは、『バスカッシュ』の後枠で放送される可能性はあるのでしょうかね。
> 東名阪三局になるのか、これまでどおりに10局ネットになるのか、非常に気になるところですが。

はい、こっちでもバッチリ『DTB 流星の双子』のCMは確認をしています。
『バスカッシュ!』の後枠…の可能性はありますよね、一応、『DTB』はTBSとMBSでの放送が決定しているみたいですし。
その他の放送局はまだ発表されていないみたいですが。
http://www.d-black.net/onair/index.html ←DTB -流星の双子-公式HP 『放送情報』より。
いや~、しかしながら、非常に『DTB』は楽しみですよね~。
出来る事ならレビュー記事を書きたい所ですが......リアルの多忙さでどうなる事やら(汗

Posted at 02:34:35 2009/08/14 by 天魔@管理人

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。