一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

狼と香辛料II 第7話

Category: 狼と香辛料II  08/20 /2009 (Thu)

第7話 『狼と戯れの日々』


ストーリーは…。
ホロの伝承が残るというレノスの町に到着したロレンスたちは、市壁前で商人たちが屯しているのを目にする。不穏な空気を察知しつつも、ひとまず馴染みの宿に落ち着いた二人。翌日、主人のアロルドに古い伝承に詳しい人物を尋ねたところ、年代記作家のリゴロの名が挙がる。彼は町の方針を掌る50人会議の書記を務めており、屯していた商人たちと50人会議の決定には関連があるらしいのだが…。

 前回、何か色々と情緒不安定で破綻しかけていながらも、商人見習いのラントの言葉に、アッサリと我を取り戻した事で、漸くNTR大好きアマーティとのホロ争奪という激闘(?)を制したロレンスさん。その後、宿屋に戻り、ホロとフォーリンラブな状況なのに、まだ自分の気持ちを素直に彼女へ言い出せないロレンスさんは、やっぱり安○先生ばりに「まるで成長していない…」と言わざるを得ない性格に落ち着くのであった(マテ …と、今回のお話では、多少は学習をしたロレンスさんが見られた様です(笑


見よ!この一難を乗り越えた二人のラブ×2(死語? っぷりを!(笑
え~、クメルスンを去ったロレンスとホロ。目的地は、ヨイツの近くにあるという毛皮の交易の盛んな街・レノス
その道中、暖かな日差しの元、ホロはロレンスの膝を枕にして昼寝。こうしたラブr(ry な雰囲気が互いを包み込んでます(苦笑


先程との天候とは打って変わっての空模様。まぁ、先の描写と同日の出来事とは限りませんが(旅なので。
レノスは北の地にある為、太陽が出ない空模様となると、更に外気温が低下をしてしまう様子。ホロは荷台内で一人ヌクヌク(笑
ホロ曰く、自分の身体は地がとても寒いので、自分は少しでも身体を温めておきたい、との事。つまり、後々に懐炉代わりに使tt(ry
また、ホロが唐突に「オコゲじゃ!」と、遠方を見遣ると山々の麓に目的地であるレノスの見えて来る。鼻が良過ぎ(流石は狼?
…山々の麓と書いているけど、後にレノスは海に隣接をしているらしく、この世界観では真新しい船を利用する貿易港もあるみたいですね。


ロレンス「…恥ずかしいからだ」
ホロの「オコゲ」発言で小腹が空いたのか、意図せずお腹が鳴ってしまい、恥ずかしげに赤面をするロレンス。それに爆笑のホロ。

 気を取り直してロレンスは、レノスが毛皮の交易が盛んで、そこに狼の毛皮があったとしても…と切り出すが、それに対してホロは、狩る側・狩られる側といった摂理は理解していると一蹴し、寧ろ、“奴隷商”という、人間同士(種族な枠組みで『仲間』)の売買の方が、自分は理解に苦しむと答える。っていうか、この時代、ホロの様な人智を超えた存在は、同種或いは“月を狩る熊”の様な天敵以外、狩られる側に回る事はなさそうな気もするなぁ。意外と狩られるものなのか(何


どう見ても『商人』ではありません。本当にあr(ry
何、このゴロツキ(汗笑
良く『人を見た目で判断するな』というが、如何せん、こういう風貌の人間が街の入り口付近でテントを張っていれば…なぁ(苦笑
レノスの手前まで遣ってきたロレンスは、街の中に入る為の検問待ちの同業者が、付近で露店を開く姿を目にして訝しむのだったが…。
ホロは、この集団に『門前地』かと尋ねていましたが、ロレンスはそれは教会付近で行われる行為なので違う、と答えてましたね(笑


ホロ「意地っ張り」
ロレンス「こいつぅ♪」
(※注:ロレンスの妄想中の言葉です。
幸先の悪そうな雰囲気に、ホロはこの街でも面倒事に巻き込まれそうだと、ロレンスへ茶化しながら口にする。

 続けて、毎回の面倒事は自分のせいではないというホロ。ロレンスは、頭では理解出来るが、何故か納得がいかないと答える。その理由に対しても、ロレンスの行動は、その根幹に何時も自分(ホロ)の事を優先して考えてくれている為、そういう心持になるのだろうとホロは意味深に見つめ返す。この仕草にドキン☆なロレンスは赤面。…ごめん、ロレンス、何だか気持ち悪r(ry そして、そんなホロをじゃれる様に今抱き締めたら…と妄想(滝汗
 しかし、そんな妄想を振り払い、素に戻ったロレンスに、ホロは「詰まらん」と少々不機嫌に(笑 それなりに期待をしていたの…かな?え~、以降、ホロが唐突に『シチュー』が食べたいと言い出し、ロレンスの野菜入り案が気に入らない云々と、ちょっとした痴話喧嘩(マテ

さて、レノスに到着したロレンス達ですが…。


ホロの尻尾がバレちゃった☆
が。
検査官「何だ、安物の狼の毛皮か」
セ、セーフ(汗笑 展開的に突然だったので、「えぇー!?」と思いましたが、阿呆な検査官に当たった事で、先の台詞と共にすぐに解放。
この検査官の言葉に、ホロは内心怒り心頭みたいでしたが、その件に関しては…あ~…何時もの言葉遊びな台詞と共に終了(マテ
う~ん、街に入る為とはいえ、他人に身体をベタベタと弄られるのは、単純に不快感しかない。検査官もそれが仕事なので仕様が無いが。
またロレンスは、検査官から『外地商人証明札』という小さな木製の板を入手。これがないと街中での商売諸々は不可、だそうだ。
あ~、この木札が、この先の展開で何かしら関わってきそう…? 誰かに盗まれたり…とかって事件に発展するのか?(安直か(汗笑


宿屋の爺さん、これは怖いって(笑 え~、レノスに無事に潜入(マテ 完了の二人は、すぐに宿屋を探してチェックイン☆
妙に無愛想な爺さんに促され、ロレンスは馬車を最寄の馬屋へ預けに、ホロは先んじて爺さんの手配した部屋へ。
馬を預け終わったロレンスは、宿屋に戻り爺さんに部屋を訪ねると、前以て『暖かい部屋』を所望した筈が、3階の窓側に(苦笑

 先に部屋へ居たホロは、雨で濡れたていた服を脱ぎ捨てベッドの中。そこからはみ出た尻尾を見たロレンスは、検査官の言葉は気にするなとばかりに褒める千切る(ぇ そして、脱ぎ捨てられていたホロの服を拾い上げ、宿屋一階の暖炉の在る大広間で服を乾かす為、夕食はシチューだとホロに伝えて部屋を後にするのであった。


誰も居ない大広間の暖炉の前で、堂々と火に当たりつつ、ホロの服を乾かすロレンス。
また、検査官から手渡された『外地商人(ry』の木札を取り出して眺めつつ、妙な決まり事のある街だと感慨深く…珍しいと(?)思案。
またそんな時、大広間の入り口に全身ずぶ濡れのマントに身を包み、徐にロレンスを見遣る宿泊客と思しき人物の姿が。
しかし、すぐにその人物は、ロレンスに挨拶をする訳でもなく、無言でその場を立ち去ってしまうのだった。OPにチラッと出て来る麗人か。


大広間の暖炉に当たっていたロレンスは、旅の疲れからか少々居眠りをしてしまい、気付いた時には暖炉の薪の火も落ちてしまっていた。
慌てて部屋に戻ると、自身の裸体を布一枚で包みながらベッドに腰を掛けたホロが、恨めしそうにジト目で入り口に立つロレンスを見返す。
で。結局、その機嫌を取る為に、夕食はホロが『牛肉入りシチュー』を鱈腹食い捲くりで、それなりに散財をしてしまった様子(笑
次の日の朝、ホロの寝姿を襲おうとするロレンス(違 しかし、何かに気付き手を引っ込めると、寝ている筈のホロが「チッ」と舌打(苦笑
ロレンスはそのまま、仕入れた毛皮の手入れ作業で部屋を後に。その途中の階段の踊り場で、夕べに大広間に現れた人物とすれ違う。


毛皮の手入れ作業を終えたロレンスは、恐らくブランチ(朝食と昼食を併せた食事)を部屋でホロと摂る事に。
このパイの名前…料理名が浮かびそうで浮かばない....不味いな、健忘症か(マテコラ そんな美味そうな軽食を摂りながら言葉遊び(笑

 『方法を知る者が“職”を得て、彼の働く理由を知る者が“雇い主”となる』…という言葉があるそうな。だもんで、この関係はロレンス達にも該当する、と。まぁ、普通に一般的な商業の仕組みですが、そんなこんなで食事がてらに、この先のヨイツに関する情報をどう仕入れたものかと二人は思案。
 先の言葉ならば、“雇い主”は自分だから、何か褒美を与えねばとロレンスに意味深に問うホロ。しかし、ロレンスは何も要らないと残念賞(ぇ 拗ねたホロに対するロレンスの態度に、自分を子供扱いするなと言うホロだったが、ロレンスは叱れば言う事を利く子供の方が幾分かマシだと応戦して勝利(笑 結果、ロレンスの提案で、歳を取っている為、相応の見識(見聞)のあるだろうと宿屋の爺さんに話を聞く事に。


ホロ「ここで手を叩いたら、主に掛けられた魔法は解けるかや?」
何、この三文芝居(笑
あっはっは。普通に笑ってしまった私が居る。
何か…余りにもロレンスがはしゃぎ過ぎてて。これが“反動”って奴だよね、きっと(さめざめ~(コラコラ

 宿屋の爺さんに話を聞く前に、一緒に行くかとホロに尋ねたロレンス。そこで上記の台詞を口にし、茶目っ気たっぷりにパンッと両手を叩くホロ。これに驚くロレンスだったが…暴走(ぉ まぁ、ホロの言動に乗って演劇モード(しかも三文芝居)に移行するロレンスという事で(笑 以降、この二人の芝居は、宿屋のおっさんの場所まで行くまで続く(苦笑 また、魔法が解けない様に~と口にしたホロに対し、ロレンスが恭しくホロの手を取り紳士っぽく甲にキス。この意外な行動にホロも独禁…いやドッキン☆


一階へ続く下り階段の踊り場でもロレンスとホロはイチャイチャ。
駄目だ、この空気、何故か耐えられねぇ(苦笑 前回までそういうシーンが皆無だったからって(笑

 階段でよろけたホロを抱き止めたロレンスに、ホロは更に抱き付き煽るも、意外な事にロレンスは至って冷静に「そういう事をやめれば~」(要約)と制する。中々に知恵を付けて来たなと面白くないホロだったが、ロレンスは先の言葉は「咄嗟に思い付いた」と返されると、一気に気持ちが高揚(笑 どうやら、ロレンスにはまだその余地がある、と踏んだ様子で、裏を返せば“構ってちゃん”だという事の様だ(マテ


 宿屋の爺さんに話を聞く二人。爺さんは、リゴロという人物が“年代記作家”だったと口にするも、現在『五十人会議』で取り合わないという。『五十人会議』とは、レノスの街の周囲に屯していた商人達が関係しているらしく、どうやら街の交易の要である“毛皮”が関係した会議なのだそうだ。その会議の『書記』を努めているのが、ロレンス達に有益な情報を齎してくれるであろうリゴロであり、故に多忙の身上で面会どころではないという。
 その他、物知りそうな人物を尋ねるロレンスだったが、爺さんの口から出てくるのは既に亡くなった者達ばかりであった。…ボケの始まり?(コラコラ 爺さんは、自分のこういった返答の言葉から、こうして伝統的な言い伝えは風化していき、教会の改変されたものが流布していくのかと物憂げ(教会~は付け足し(ぉ そんな爺さんの言葉を聞いていたホロは、表情こそ表さないも、内心で『忘れ去られていく』ことの恐怖を感じてしまった様子(後にロレンスが察してフォロー。


麗人「…失礼」
ホロ「あの娘、わっちの見目麗しさに、たじろいだのかもしれん」

 はい、え~(笑 宿屋の爺さんから話を聞いたロレンスとホロ。宿屋の前で立ち尽くし、無言のホロを察したロレンスが食事に誘うと、ホロは誤魔化すように茶化す。食事へと向おうとした時、宿屋の入り口に立つ麗人の姿が。ホロを目にした麗人は、ジッと見据えた後、すぐにロレンス達に先の台詞と去って行く。
 ロレンスは、ホロに同種・族かと尋ねるも、ホロはそれを否定。そして、先の台詞を口にした事で、麗人が『女性』である事をロレンスは知り驚愕(苦笑 それはさておき、これからの行動についてホロが尋ねると、ロレンスはレノスの動向(商売・経済的な内情共に)が知りたいとしながらも、また船を利用した貿易絡みの商売も見れる事も兼ねて海を見に行こうと、またも三文芝居モードでホロを口説き落として向うのだった。…って、今回はココで終了だった為、「えぇ!?ココで切っちゃうの!?」と微妙に驚いた私が居る(笑

その他、狼と香辛料IIの感想記事をお探しの方は下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
狼と香辛料 II


前回の第6話のレビュー記事は下記リンクからどうぞ。
狼と香辛料II 第6話


 次回は、第8話 『狼と蟲惑的な旅人』

全身マント&頭巾の麗人の名前は、エンドロールからエープ(CV.朴 璐美さん)だそうです。

アニメブログ 人気BlogRanking今回のロレンスの気持ち悪さは異常(コラコラ 宜しければポチッとお願いします~。
■当『狼と香辛料II』の記事一覧(最大15件表示)。
狼と香辛料II 第12話(最終回)
狼と香辛料II 第11話
狼と香辛料II 第10話
狼と香辛料II 第9話
狼と香辛料II 第8話
狼と香辛料II 第6話
狼と香辛料II 第5話
狼と香辛料II 第4話
狼と香辛料II 第3話
狼と香辛料II 第2話
狼と香辛料II OP&EDのキャプ画まとめ~。
狼と香辛料II 第1話
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 狼と香辛料II Genre: アニメ・コミック
Tags : 狼と香辛料II

Comments (0) | Trackbacks (23) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

(アニメ感想) 狼と香辛料II 第7話 「狼と戯れの日々」
狼と香辛料II【2】 [Blu-ray]クチコミを見るホロの伝承が残るというレノスの町に到着したロレンスたちは、市壁前で商人たちが屯しているのを目にする。不穏な空気を察知しつつも、ひとまず馴染みの宿に落ち着いた二人。翌日、主人のアロルドに古い伝承に詳しい人物を尋ねた.

2009.08.20 (Thu) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話 「狼と戯れの日々」 感想
仲のいい二人―

2009.08.20 (Thu) | wendyの旅路

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話「狼と戯れの日々」
「強く掛け過ぎじゃ、たわけ」ロレンス達がレノスの街にやって来る話。どうやら今回は原作小説の4巻を飛ばして、原作小説の5巻の内容...

2009.08.20 (Thu) | 日記・・・かも

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 第七幕 「狼と戯れの日々」
 ホロとロレンスがずっといちゃいちゃしていたラブあまなお話でした。そんな2人とは裏腹に新しく訪れた街は何処か不穏な空気が流れているのが…。

2009.08.20 (Thu) | つれづれ

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話「狼と戯れの日々」
新たなニヤニヤ展開へ!膝枕いいなぁwホロは甘え上手ですね(*´ω`*)2人は離れてた時間を埋めるみたいにバカップルしてますケンカも...

2009.08.20 (Thu) | 空色きゃんでぃ

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 第7話「狼と戯れの日々」
狼と香辛料? 第7話「狼と戯れの日々」の感想記事です。↓妄想詩人の手記(本館)http://coffeemonster.at.webry.info/200908/article_37.html※この記事...

2009.08.20 (Thu) | 妄想詩人の手記<別館>

この記事へのTrackback

狼と香辛料?第7話「狼と戯れの日々」
 錬金術師が扱う黄鉄鉱を融通してもらうべく、ディアナに交渉を申し込んだロレンス。ただ同じように黄鉄鉱を求める人物がいるので、その譲渡交渉の結果を後ほど伝えると言ってきた。今手持ちの黄鉄鉱を売ってもただ火に油を注ぐだけで、更に高騰させる結果となる。十分な黄

2009.08.20 (Thu) | アニメのストーリーと感想と情報

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話 「狼と戯れの日々」
今回のホロ、格別可愛くなかった?二人の軽快なトークも復活したようで何より。しかも、雨降って地固まる膝の上で寝たり、頭撫でた...

2009.08.20 (Thu) | リリカル☆スアラ

この記事へのTrackback

狼と香辛料II第7話「狼と戯れの日々」
さて、お久しぶりの感想ですまず前回までのアマーティ編に関して個人的にはオチが弱く感じちゃいましたロレンスとホロのいさかいとかは結構面白く見てたんですけどもっと詳しくホロ側の視点が見たかったのと、アマーティがホロにどんなんだったのかまた勝負の後のアマーテ..

2009.08.20 (Thu) | にき☆ろぐ

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話「狼と戯れの日々」
狼と香辛料 海を渡る風(限定版:「ホロのふかふかDSおくるみ」、「オリジナルアルバムCD」、「文倉十氏描き下ろし 等身大両面ポスター」同梱)(20...

2009.08.20 (Thu) | 明善的な見方~嶺上開花のごとく~

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 7話「狼と戯れの日々」
久々にホロといちゃいちゃするロレンス。やっぱりこうでなくちゃw狼と香辛料II【1】 [Blu-ray](2009/10/07)福山 潤小清水亜美商品詳細を見る

2009.08.21 (Fri) | 新しい世界へ・・・

この記事へのTrackback

(アニメ感想)狼と香辛料? 第07話「狼と戯れの日々」
第07話「狼と戯れの日々」「わっちが人の雄に狩られかけた時はそうとう慌ててくれたの?ヌシ」「凄く慌てた」「棒読み!」「...

2009.08.21 (Fri) | 黙々読書

この記事へのTrackback

狼と香辛料 #7「狼と戯れの日々」
二週分まとめて感想。・狼と香辛料 #6「狼と信ずべき神」説明不足すぎる。あれで解れというのが無理な話かもね。掲示板に書いてある記号の意味くらい、説明してくださいよw作風的に、注釈を入れるのが微意妙なのはわかるけど・・・ここまでのまとめ回にもかかわらず、表現

2009.08.21 (Fri) | 生涯現役Gamerを目指す人。

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話 「狼と戯れの日々」
レノスについたロレンスたち…。市壁の前には商人の群と不穏な感じ?ホロのシッポを安物の狼の毛皮って(汗)機嫌悪くするって(^^;...

2009.08.21 (Fri) | SERA@らくblog 3.0

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話「狼と戯れの日々」
いちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃ目のやり場に困るわwwwホロちゃんねんね…「ちっ」たぬきだったwwwホロあくびしたああああああ!!!これで1週間分のパワー充電!!(マテ今週も可愛いホロが見られて大満足です(≧▽≦)こん

2009.08.21 (Fri) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話 「狼と戯れの日々」 感想
ホロの伝承が残るというレノスの町に到着したロレンスたちは、市壁前で商人たちが屯しているのを目にする。不穏な空気を察知しつつも、...

2009.08.21 (Fri) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

狼と香辛料2 第7話 「狼と戯れの日々」
今回から新章~~~てっきり今回はオリジナル回と思っていたら何もかもスルーで一気にレノス編です!あ~~~原作四巻テレオ編は完全スルーか~~~クメルスンで距離を縮めた二人・・・もう何でもござれなバカップルです!!ロレンスの「恥ずかしいから」は・・・蕩~~~~

2009.08.21 (Fri) | 「ミギーの右手」のアニメと映画

この記事へのTrackback

【狼と香辛料? 第7話-狼と戯れの日々】
狼にメロメロレンスw

2009.08.21 (Fri) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

狼と香辛料?第7話『狼と戯れの日々』の感想レビュー
人気キャラエーブの初登場回です。 男性のような装いですが、ホロが見抜いたようにその正体は女性。 今後のロレンス達との関わり方が気になりますね。 でも、...

2009.08.21 (Fri) | 萌えレビュ!

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 第7話「狼と戯れの日々」
今回から原作5巻の話らしい。何故4巻が飛ばされているのかとかは判らないけど。旅を続けるクラフト・ロレンスとホロ。ホロはロレンスに寄りかかり馬車で眠る。「なかなかじゃの……」すっかりラブラブモードのバカップルです。レノスへと向かう二人だが、非常に冷え込んで

2009.08.22 (Sat) | 無限回廊幻想記譚

この記事へのTrackback

狼と香辛料II 第7話
第7話『狼と戯れの日々』狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]今回は、2人で旅を再開したようですね。

2009.08.22 (Sat) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 第07話 狼と戯れの日々
今週から新章。導入部ということで、なにやら不穏な空気を臭わせながらもロレンスとホロのいちゃいちゃ会話で終了w なでなでされてるホロがとっても可愛かったですが、君達もうHなことはしたんかな~? お互いに今の距離感を楽しんでるように思えるけど、そろそろ本当に夫

2009.08.22 (Sat) | 猫が唸る感想日記

この記事へのTrackback

狼と香辛料? 第七幕「狼と戯れの日々」
 前回までのすれ違いを取り戻すためなのか、今回はめちゃくちゃイチャイチャしてるな

2009.08.23 (Sun) | 気ままに日日の糧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。