一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第2話

Category: DARKER THAN BLACK -流星の双子-  10/17 /2009 (Sat)

第2話 『堕ちた流星…』

ストーリーは…。
パブリチェンコ博士研究所をめぐり、さまざまな諜報機関の契約者がスオウたち家族に襲いかかった。父を殺され、たった一人逃げのびたスオウだったが、ME(記憶操作機)によってクラスメイト達の記憶は消されて、孤独に逃げ惑う。しかし、ニカに励まされたスオウは、シオンと流星核を奪うため研究所にやってきた黒(ヘイ)をおびき出す決意をする。そしてニカも、行方不明になった恋人ターニャを探しはじめるが…。

アバンから。第1話と同じく2年前 『トーキョー・エクスプロージョン』時、シベリアの地にて――。

■蘇芳・紫苑・パブリチェンコ博士一家

紫苑「大丈夫だよ。蘇芳は僕が守るから」
ん~、第1話とはまた違った“流星核”の衝突の直前の会話を交わす、蘇芳・紫苑・パブリチェンコ博士の一家。
冒頭では、父親に狩猟…狩りの練習と長距離用のライフルを用い、忠実に鹿に狙いを定め、父親からの発砲許可も出るのだが…。
結局、トリガーを引く事は無く、狙っていた鹿はあらぬ方向へ逃げてしまう。夕暮れ時、博士からその事を優しく窘められる蘇芳。
博士は、今日の様な“試練”は必ず来ると言い、またその“試練”について、紫苑が先の台詞と蘇芳に微笑み掛ける。

そして、時間軸は現在に戻り――。

 蘇芳はその“試練”を、“流星核”が落ちた日以来、『紫苑を守ること』として日々過ごして来たと思っていたものの、本当の“試練”は今現在から始まったのだと実感をするのだった。


黒「紫苑・パブリチェンコ。“流星核”を渡せ」
何ていうか…言い方が悪いけど、女子中学生に襲い掛かる浮浪者って印象になってる黒に噴いた(笑
先の台詞と共に、蘇芳の事を紫苑だと思っている黒が詰め寄る。蘇芳はすぐに機転を利かせ、バッグの中のカメラのフラッシュで反撃。
すぐにワイヤーを投擲して蘇芳を捕まえようとする黒。また、そこへ何処からとも無く“契約者”と思しき能力の千本が蘇芳を狙って飛来。
それを黒は、自身が着込むロングコートの裾を靡かせて防ぎ、結果として蘇芳を救うものの、逃走を幇助する形となってしまうのだった。

■黒 vs 葉月 水無(はづき みな)

猫(?)「早く逃げろ…!裏手だ、敵は居ない」
蘇芳を狙った先の攻撃は、日本の政府組織『三号機関』に所属する“契約者” 葉月 水無のものであった。
水無の能力は、『物質を白刃に変化させる』ことで、その“対価”は…後々に説明。手持ちの木刀に能力を付与させ攻撃開始。
交戦する黒と水無。ここでの戦闘描写は、近接戦闘だけあって良好ですね。ってか、能力を付与した木刀がライトセーバー(苦笑
また、この様子を呆然と見ていた蘇芳は、突然の先の台詞で語り掛けてくる“謎の声”に従い、その場を一目散に逃走を図るのだった。
“謎の声”っていうか…思いっ糞、猫(マオ)の声なんですが(爆 これはエイプリルが殺した猫から、ペーチャの中に移動したかな?


え~、先の続きと、黒と水無の交戦の様子。いや~、黒も相変わらず凄い身体能力ですが、それと互角以上に渡り合える水無…強い。

■鎮目 弦馬(しずめ げんま)

“謎の声”に従い、林の裏手を抜けた先の道を走る蘇芳。と、そこに『三号機関』のエージェントで“契約者”の鎮目 弦馬が現れる。
弦馬は、ドイツ語・中国語などで蘇芳に軽挙な挨拶をするが、蘇芳が日本語で返した為に意外だとして身柄の自発的保護・拘束を要求。
と、その時、ペーチャが飛来して弦馬の顔にペトリ(笑 その隙を突いて、近くにあったゴミ箱を弦馬に被せ、あっさりと逃げ遂せる蘇芳。
弦馬「やんちゃだねぇ....実に」
弦馬弱ェ...という訳ではないのだろうけど、割と人間的な感情というか風情の分かる“契約者”ですね(笑 しかし、隙を突かれ過ぎ(苦笑


蘇芳「ッ!?紫苑…立って…?」
クララがたtt(ry 遠巻きに爆発で炎上する自宅を目にする蘇芳は、またその手前の山道を歩く紫苑と思しき少年の姿を目にする。
思わず、手持ちのカメラを向け、ファインダー越しにそれを紫苑と認識し、先の台詞と共にシャッターを押す蘇芳。
ファインダーの向こうの紫苑は、まるで撮られている事を知っているかのようにカメラに視線を送り、そしてすぐにその場を走り去ってしまう。

■沢崎 耀子(さわさき ようこ)-『三号機関』の面々

耀子「た、大変ですねぇ~。“対価”が『男の人と』…!?」
ワゴン車に各々戻る弦馬と水無。そこには、二人をサポートする普通の人間でありながら『三号機関』に所属する沢崎 耀子の姿が。
戻って早々、水無は徐に弦馬に覆い被さるようにしてキス(ディープ?)。そう…これが水無の“対価”で『異性とキスをすること』。
まぁ、あれだ。第1期に登場をした『トランスポート』(人体の転送能力)を能力とするEPRのブリタと同じ“対価”ですよね。
しかしながら、“対価”を支払い終えた水無は、耀子に水を要求し、飲んだ水で嗽をして吐き出す。更に、口直しとして耀子にキス(滝汗
完全に弦馬を“対価”の道具として見做していて噴いた(笑 まぁ、耀子に口直しとキスをしていたから、若しかしたらそっちの気が(ぁ


ゴランとエイプリルの遺体を収容する『FSB』、そのお偉いさんのコズロフ。また現場を訪れる別の組織のお偉いさんのレプニーン
レプニーンは、“契約者”の育成には莫大な費用が掛かると口にするが、コズロフは“契約者”を化け物呼ばわりし、無駄な投資だと返答。
また今回の一件の関係者には、ME技術で記憶を操作し、二人の遺体を『MEスクイーザー』に掛けろと指示のレプニーン。
『MEスクイーザー』は、脳に記憶された情報を引き出す技術かな?死後であっても、早い方が脳から記憶・情報を引き出し易い、と。


サーシャ「…アンタ....誰?」
行く当てもない蘇芳は、警察や政府関係車両から逃げつつ、友人のサーシャの自宅を訪れるのだったが、出迎えたサーシャは先の台詞。
これに驚愕の蘇芳は、そのまま身を隠せる場所を求めて街中へ。サーシャはME技術でパブリチェンコ一家の記憶を抹消された様子。
また、ターニャの能力の餌食(マテ になったニカ。目を覚ました所は病室で、ドアは施錠してあり、廊下から聞こえて来た警察の声で…。
バリーン!と病室の窓をぶち破り、恐らく『FSB』の息の掛かった警察の魔の手から逃走するニカ。ん~、機転ですなぁ(何それ。
そして、街中を奔走していた蘇芳に、病院から逃げ遂せたニカが無事に出会う。ニカが自分を覚えていると知り、感激の蘇芳は抱き付く。

■マダム・オレイユ / ジョン・スミス(『CIA』)

エジプトの喫茶店(?)で、マダム・オレイユという女性と『CIA』のエージェント(?)と思しきジョン・スミスという男性が接触。
現在、この二人の詳細な関係は不明瞭。っていうか、あからさまに偽名でしょうよ…英語圏で一番多い名前であるジョン・スミスって(苦笑


蘇芳「だぁぁぁぁぁーー!!!ぐだぐだ考えるの止めッ!」
蘇芳とニカは、昔使用をしていた“秘密基地”に身を潜める。ニカは、食事代わりにお菓子を提供するが、当の彼女は膝を抱えて沈黙。
余りに態度が普段の蘇芳ではない事を気に掛けたニカが、手を差し出そうとしたその瞬間、大声で先の台詞の蘇芳は何かを画策。
ここでの蘇芳の画策内容は、カメラのフラッシュで黒を牽制した際に撮った画像データを、“秘密基地”に設置のプリンターで加工・量産。
…ってか、一見してオンボロな掘っ立て小屋的な“秘密基地”に、よくあんなプリンターがあったよなぁ。しかも、SDメモリ使用可能だしさ(爆


黒は『CIA』に雇われていた。
らしいですね(汗 まぁ、何処かの組織に属しないと情報通りに都合良くは動けませんしね。
氷上での公魚釣り?をする『CIA』の連絡員と会話を行う黒は、蘇芳絡みで妨害をしてきた相手の素性を尋ねるも、現在調査中だと返答。
うーん、黒が第1期の好青年(表)の印象も無くなり、完全にやさぐれた感じが酷いですね。無精髭を生やして、髪がミディアムへ(ガクガク
連絡員と別れ、街中を歩く黒は、迷い込んだ路地の壁に、『結婚詐欺師』という題で自分の顔が描かれた貼り紙を目にする。
これに当然、張り紙を引っぺがす黒だったのだが、その場から先の壁までズラーッと同様のものが貼られており…。うーむ、目立つ(笑
蘇芳が“秘密基地”で行っていた作業内容がこのビラ。確かに相手を牽制する効果はあるけど、逆に相手を逆撫でする危険な賭け。


蘇芳「僕は誓ったんだ。『守る』って…だから....」
ニカと共にビラを壁に貼り続ける蘇芳。そんな蘇芳の逞しさに「強い」と称するニカであったが、蘇芳はかなり無理をしているといった表情。
しかし、先の台詞をニカに返す蘇芳。『守る』相手は紫苑であり、そう簡単に弱音は吐けないという事…かな?(苦笑
また、ニカは蘇芳に申し訳ないと、ターニャが軍に連れて行かれたと彼女から聞いた事から、これから単独で行動を起したい旨を伝える。
そんな二人の遣り取りを、遠巻きから警察にタレコミを掛ける男性の姿。そして情報を受けたコズロフは、レプニーンに知らせず行動開始。


ジュライ「動いた」
コズロフ側の動きを監視していた『MI6』のオーガスト7ジュライ(笑 先の台詞とオーガスト7にコズロフの動向を説明。
オーガスト7は、ジュライにその場で待機と指示を出し、こちらも単独で行動に出る。…またジュライくんは置いてけぼりですか(苦笑


黒「ん?“流星核”か?」
いいえ。それは蘇芳のをっぱいです。
え、え~、ニカと別れた蘇芳は、ビラを貼り続けるのだったが、見事に黒に作業を中断させられて拘束。黒は“流星核”を渡せと促す。
蘇芳を壁に押し付けて腕をねじり上げ、上着のチャックを下ろし、紫苑のペンダントが現れて、先の台詞と共に蘇芳の身体を弄る黒。
そして、ふとした弾みで蘇芳の胸をガシリと掴む黒に、当然、羞恥心を露にして絶叫し、その場にペタンと座り込む蘇芳。
そこから、蘇芳の黒や“契約者”に対する口撃開始(笑 “契約者”の合理的な考えや父親を殺した事や紫苑の事などをツラツラと。


銀、キタ━(゚∀゚)━!!!!!
黒の脳裏で…だけどね(笑 蘇芳から“契約者”の存在意義を問われた事で、ふと脳裏に(イン)を過らせて思考停止の黒。
と、そこにタレコミで独断行動を執るコズロフが、武装をした部下達を連れてやって来る。コズロフは、蘇芳を『紫苑』と呼称して保護を提案。
オーガスト7「私はマジシャンでね。観客が居ないと調子が出ない」
その場にオーガスト7が乱入。コズロフは、すぐさま部下達にオーガスト7への発砲を促すが、直撃にも関わらずその弾は当たらない。
それどころか、その弾丸の雨を反射させてコズロフの部下達の一部を一掃する始末。この隙に逃げようとする蘇芳に残りの隊員が発砲。
しかし、それを黒がナイス☆ガード(笑 で庇う。この行為に驚く蘇芳だったが、更には黒が自分を抱えて逃げ出す事に戸惑うのであった。


弦馬「あっつぃ~」
タイラン○キター!!って何じゃこりゃ(汗笑 そんな着ぐるみ(?)を着た弦馬が、蘇芳を追おうとしたコズロフ一味をあっさりと始末(苦笑
また着ぐるみの顔部が剥がれ落ち、弦馬は「お後は宜しく、耀子ちゃん」と呟く。その呟きの意味は、水無と耀子が地面に埋めている装置。
これ…何なのでしょうかね。先に出てきた『MEスクイーザー』の技術を応用したものなのでしょうか。後にこの装置が発動しちゃうけど。
また、蘇芳を担いでランナウェイな黒は、オーガスト7に先回りをされてしまい…交戦は避けられない状況に陥るのであった。

■黒 vs オーガスト7

あ、そうだ。オーガスト7の能力は『タネの無いマジック』。“対価”は、『マジックのタネを喋る(バラす)』こと。難儀だ(笑
“対価”が、マジシャンである自分には拷問だと言うオーガスト7。普段の物静かな印象とは違い、能力を行使する際の彼はかなり好戦的。
少々交戦をする黒とオーガスト7だが、黒は蘇芳を担いでいる事もあり、少し広い場所へと移動を図る。そこで蘇芳に逃げろと指示の黒。
ん~、相変わらず、音叉型の短刀が良い味を出してますね。オーガスト7が能力を用いて出したサーベルを挟み込んで叩き折りました(笑


オーガスト7、逝く(早ッ!
蘇芳を脇に置いてオーガスト7と交戦をする黒。すぐに間合いを詰め、オーガスト7の腹部に短刀を突き立てるが能力によって回避。
この能力…先の銃弾の雨を回避させた物と同一で、これを隠れて見ていた水無は、自分の周囲の空間を歪めている為と分析する。
同じくしてそれを察した黒は、自身のコートを中空に放り投げ、それがオーガスト7の眼前付近に落ちた頃合を見計らいって短刀を投擲。
短刀はコートを貫き、またオーガスト7の顔面に被さり、その一瞬の隙を突いて、黒が体当たり&馬乗りで組み伏せてすかさず電撃。
当然、絶命のオーガスト7…うーわー…早かったなぁ(遠い目 第2話目にして『MI6』『FSB』のエージェントがあっさりと全滅!?(苦笑
1クール放送故か、このアッサリ感が強いのは非常に残念ですね。もう少し引きがあっても良いのになぁ....無念(笑
容赦なく手持ちの短刀で止めを刺そうとする黒に、蘇芳が制止の言葉を投げ掛けた事で、その手に躊躇の色を窺わせる黒。しかし…。


銀「さよなら…黒…」
止めを躊躇した黒と同時に、前以て自分と耀子が埋めていた装置を発動させる水無。黒と蘇芳を囲むようにして突如出現する四角い装置。
その各装置同士が共鳴し、作り出す球状の領域に囲まれる蘇芳と黒だが、その影響を受けるのは“契約者”である黒のみの様子。
激しい痛みを受けているのか、絶叫をする黒から発せられる光が、蘇芳が首から下げていたペンダントに吸い寄せられる様に接触し…。
途端に蘇芳の脳裏に過ったのは、銀と彼女の行為を制止させようとする黒の姿。さて…これは一体何を意味するのでしょうか。次週へ。
ん~…この『三号機関』が用いた装置。やはり『MEスクイーザー』関係の装置で、黒の記憶内の情報収集の為に用いたのでしょうか。
というか、『三号機関』…『FSB』や『MI6』とは違い、かなり隠密裏に行動を起していますよね。これが“忍者”って奴か(違

■Cパート。

霧原 未咲 登場。
未咲「BK201が…消えた…!?」
はい。Cパートに我らが黒ストーカーの第一人者(マテ 未咲さんが久方ぶりに登場。何やら“契約者”の命である星を観測していた様子。
先の台詞の通り、黒のメシエコードである『BK201』に該当する星が消滅した事を目に。これが切欠で未咲が本格的に行動を起す?(笑
また、『星が消えた』という事なので、黒が死んだという事ではなく、記憶が失われた可能性があり…ます?または“喪失者”化とか(マテ

■エンドカード。




 う~ん、ちょいと今回は無駄に長ったらしい文章書き過ぎました....反省orz というか、個人的に面白いからこそ書いちまうってお話な訳だけど…にしても無駄な点が多過ぎる。
 『FSB』のゴラン、今回の『MI6』のオーガスト7と、第2期の新キャラクターが続いてあっさりと死亡(汗笑 やっぱり、YG記事のDTBGの新情報記事で、キャラ原案・漫画担当の岩原先生が言っていた事が納得せざるを得ないですね(苦笑 この分じゃぁ、OP映像の様な笑顔のターニャを見る間も無く死んじゃいそうで(ガクガク というか、次回予告映像から、ニカに思い切り死亡フラグ....ilililorzilili

 終盤の黒をシビビビビ(アババババ?(マテ )な『三号機関』の『MEスクイーザー』の技術を応用したっぽい装置。単なる電撃だったら黒には効きそうにないし、そもそも黒の身体から電撃(“記憶の断片”?)が放射状に散っていた描写でしたから、やはり“契約者”を対象とした記憶・情報を集積する装置なのかも?(ぇー 単なる“契約者”の能力をロストさせr(ry …“喪失者”化ってのはー…やれる技術があるなら、“契約者”を根絶可能になっちゃうか。軍事的にいえば、“契約者”もME技術で記憶・人格操作で、兵器利用が出来る為に全く無く居なくなるのは都合が悪くなりますしね。
 しかしながら、蘇芳はその黒の“記憶の断片”を目の当りにしてましたね…しかも首に掛けていた紫苑のペンダントで受けて。単純にペンダント内部に“流星核”(一部?)が存在するのかなぇ....。でも、パブリチェンコ博士が、第1話で黒との会話で、“流星核”=紫苑と言及していましたし…ふむ。黒の行動目的自体は、銀に関連していそうだし、“流星核”を用いた方法で、銀を見付けたい(蘇らせたい)という意欲は感じますが…う~ん。

 で。第1話から疑問ってはいたけど、蘇芳…紫苑の能力関係で今まで生きていた、という気がするのは何故でしょうか(笑 “契約者”に転化した直後の紫苑は、蘇芳を守りたいという意志が大きく反映された能力になったとかね。だもんで蘇芳は、“流星核”の直撃事故で通常なら死亡レヴェルの重症 or 死亡をしていたってオチ臭そうだ。でも、死者を蘇らせる能力(若しくは双子ゆえ、“魂”(命)を分け与える・共有する?)だったら凄いよなぁ(笑 当然、“対価”は相応に長い年月を掛けた下半身不随(車椅子生活)で支払う事になったんだろうけど。
 紫苑が姿を眩ませた理由…先も憶測で少々書きましたが、能力が『自分の命の共有』(治癒や投影を含め)であったとすれば、自分が被害を被ったり(死亡)すると、それで蘇芳にも影響を来たしてしまう為に姿を眩ませた…とか。勿論、“流星核”も絡むのでしょうけど。っていうか、そもそも今回の蘇芳のカメラのファインダーに写った紫苑が本人かどうか(ry やっぱりDTBは、色んな想像(妄想を含め)が可能だから楽しいのぅ(笑

 あ、そだ。OPで蘇芳が以降の展開で用いる対戦車用ロングレンジライフル。銃身がかなり長く見えるけど、蘇芳の身長って138cmしかない為、かなり長く感じる描写だと理解。というか単なる遠近法(爆 っていうか、獲物の銃身が2m前後のものが多いから仕様が無くもあるんだろうけど。でも、蘇芳の小さく軽い身体で、徹甲弾発射の反動に耐えられるのか疑問だが…必ずしも獲物や弾丸が、それとは限らないか(笑

●宜しければ、『DTB -流星の双子-』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

ちなみに、「どうでも良い」から下の選択肢は、補助的なもの…というかネタです(笑


前回の第1話&OP・ED曲の背景画のまとめ記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- OP&ED背景画のまとめ。


その他、DARKER THAN BLACK -流星の双子-感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


アニメ 『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子-


 次回は、第3話 『氷原に消える…』です。

銀ナレの「初恋は地獄に蝕まれる」…どう聞いてもニカ or ターニャ(両方?)死亡フラグです。本当にあr(ry

アニメブログ 人気BlogRankingDTBG最高ッ!!宜しければポチッとお願いします~。
■当『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』の記事一覧(最大15件表示)。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第12話 (最終回)
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第11話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第8話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第7話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第6話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第5話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第4話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第3話
DARKER THAN BLACK -流星の双子- OP&ED背景画のまとめ。
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: DARKER THAN BLACK 流星の双子 Genre: アニメ・コミック
Tags : DTB 流星の双子

Comments (0) | Trackbacks (15) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

[アニメ]DARKER THAN BLACK -流星の双子-:第2話「堕ちた流星…」
相変わらず難解だけど、アクションが素晴らしいストーリー。

2009.10.17 (Sat) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK-流星の双子- episode2「堕ちた流星…」
DARKER THAN BLACK-流星の双子-の第2話を見ました。【送料無料選択可!】DARKERTHANBLACK-黒の契約者-Blu-rayBox[Blu-ray]/アニメepisode2 堕ちた流星…銃の扱いをパブリチェンコ博士から教わった蘇芳だが、鹿と目が合うと引き金を引くことができなかった。「大丈...

2009.10.17 (Sat) | MAGI☆の日記

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第02話 「堕ちた流星…」(完成版)
もう、酒はほどほどにしなさい! 飲んだくれてる人間は、男でも女でも総じてみっともないものです。 ちなみ私は1日平均ビール4~5本くら...

2009.10.17 (Sat) | 中濃甘口 Second Dining

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK 流星の双子 episode 2「堕ちた流星…」レビュー キャプ
クリックで別ウインドウ原寸大表示 BK-201、黒はエイプリルを殺し、流星核をよこせとスオウに迫る。そこへ三号機関の 契約者・葉月水無が現れ、黒と交戦状態になる。スオウは逃げろという謎の声を 聞き、その場から逃げ出す。スオウが森から抜け出し、通りに出ると、そこ...

2009.10.17 (Sat) | ゴマーズ GOMARZ

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第02話 「堕ちた流星・・・」
ハグレモノのミチシルベ 第一期から通して、この作品のキャラ立ちの上手さは 各組織に属していても、みんな ハグレモノ であ...

2009.10.17 (Sat) | 物理的領域の因果的閉包性

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第02話 堕ちた流星・・・
うほっ! ビームサーベルのねーちゃんカッコいい!!(・∀・) 今までいそうでいなかったガチ近接能力って燃えるなぁ。黒みたいにワイヤー使用しての剣戟は必見。さすがボンズってとこか~。対価は男とキスw 百合の人らしいから辛いでしょうなw

2009.10.17 (Sat) | 猫が唸る感想日記

この記事へのTrackback

【アニメ】 DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・・」 感想
もうすぐ試練の時が来る その時は引き金を引くことを躊躇ってはいけないよ・・・ DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・...

2009.10.17 (Sat) | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星…」
さて、先週の第一話は感想を書けませんでしたが今回から。

2009.10.17 (Sat) | 二次元放浪記

この記事へのTrackback

Darker Than Black #2「堕ちた流星」
期待の続編だそうですが・・・ 感想2話分まとめて。 Darker Than Black #1「黒猫は星の夢を見ない・・・」 初回。 まあ、よく出来てたと思います。ただ・・・ 前期を見てない初見の人には、ちょっと解説不足に思えたかもですね。 Darker Than Black #2

2009.10.17 (Sat) | 生涯現役Gamerを目指す人。

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK 流星の双子 #02 「堕ちた流星・・・」
こ、この面白さはぱねっす…けど… 前期の断片的な記憶が走馬灯のように思いだしたり、ださなかったり(笑; でも、この2期の雰囲気を観る限...

2009.10.17 (Sat) | ごーいん!アメイジア

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第2話
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)(2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る 黒の手から逃れたスオウが見たものは…立って歩くシオンの姿...

2009.10.17 (Sat) | こじこ脳内

この記事へのTrackback

「DARKER THAN BLACK 流星の双子」2話 堕ちた流星…
OPはいろいろ出てきた新キャラが気になる。蘇芳の友だちが水着姿で出てたがターニャとニカはともかく残り2人は出番あるのか…?一人は後...

2009.10.17 (Sat) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第2話
今期観ているアニメの中でお気に入りといえば、タイトルにもあるDARKER THAN BLACKですね。 このアニメ第一話から観ていますが、バトルシーンが本当にクールだ!カッコイイ!!

2009.10.18 (Sun) | ぶれまくりの波動

この記事へのTrackback

(アニメ感想) DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・・」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見る パブリチェンコ博士研究所をめぐり、さまざまな諜報機関の契約者がスオウたち家族に襲いかかった。父を殺され、たった一人逃げのびたスオウだったが、ME(記憶操作機)によってクラスメイト達の記憶は

2009.10.19 (Mon) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

DARKER THAN BLACK -流星の双子- episode 2「堕ちた流星…」
 戦闘シーンが凄く格好良かったです。黒って強すぎますね。

2009.10.19 (Mon) | つれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。