一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

君に届け 第4話

Category: 君に届け  10/28 /2009 (Wed)

第4話 『噂』


ぬぅ…『君届』放送開始初の…。
“負”の連鎖。
かなり互いに曲解をしていて、巡り巡っての状況悪化ですけどね…。まだ“若い”という事で(何それ。

ストーリーは…。
  爽子が千鶴とあやねの悪口を言っているとの噂 ――。2人はこの噂を「ありえない」と信じなかった。千鶴のためにテスト用の要点ノートを作ってくれた 爽子。あやねには、怪談を練習するためのビデオを借りたいと相談する。2人から爽子に対して出た言葉は、“ピュアホワイト”。要点ノートには、ジョーや田中、高橋も興味を示し群がるのであった。
 
 その頃、風早はピンにつかまっていた。ピンに爽子のことを聞かれて真っ赤になってしまった風早は、その後教室でまともに爽子の顔が見られない。爽子は、おでこが出ている風早を見ていたかったのだが、風早が顔を背けるため見れず残念がっていた。

 そんな中爽子は、小学校時代から知る詩乃に、千鶴とあやねのことを「友達じゃない」と言い、これを2人に聞かれてしまった。爽子は、実は“大好きな千鶴、あやねと早く友達になりたいが、今友達と言うのはおこがましい”と言おうとしたのだ。だが、“友達じゃない”という部分しか聞こえなかった千鶴らは、 ショックを受ける。まもなく、爽子に直接確かめた千鶴とあやねは、爽子の「好きって言うよりも…」と続けようとする言葉をさえぎって、離れて行ってしまった。
 
 一方爽子は、自分が千鶴やあやねを操り、風早までいいように使っている裏番長だとの噂を耳にしていた。自分がそばにいるだけで周りを傷つけてしまうと思った爽子は、苦悩するばかり。悩んでいたのは、千鶴、あやねも同じだった。それまでは爽子のことを100パーセント信じていたのだが、“好き”と即答してもらえなかったことが引っ掛かっていた。
 
 翌日、登校した爽子は、千鶴とあやねの目が赤いことに気づき、思わず謝った。この言葉が、またもや千鶴たちの誤解につながって――。



爽子「(私、今、人生の幸せを、全部使い果たしちゃってるのかな?)」
風早の「独り占め」発言の夜。爽子は、両親から学校生活の調子を尋ねられ、「楽しい」と返答。両親はその「楽しい」の違いが分かる様子。
お風呂に入る爽子は、湯船に浸かりつつ、風早の「独り占め」発言の意図が良く掴めないと思うものの、反面、幸せな気持ちになると思案。
また続けて、今現在の自分の周囲に居る人達との繋がりや交友関係に、先の台詞を心中で吐露し、それでも嬉しいと余韻に浸る。
ここでの爽子の気持ちは、当然、今まで円滑で良好な人間関係というか交友関係を送った事が無い・免疫が無いからこそのものでしょう。
しかし、この気持ちゆえが引き起こす、何気ない爽子の他者に対する気遣いが以下の展開に大きく関わってくる訳ですが…さてさて…。


千鶴「あたし、そんなんよりもっと凄いこと色々やってんだけど?」
「あと、あたしの目はそこまで細くない!」
あやね「あたしを満足させられる男が100人も居るかっ!」
「居るんなら連れてきな、見定めてやっから」

次の日の早朝、千鶴とあやねは、自分達に関する“噂”をしている女子生徒達の会話を耳にし、堂々と面と向って先の台詞で威嚇(マテ
ちなみに、“噂”の会話内容…千鶴は『中学時代に先生を泣かす・男子を殴る』、あやねは『中学で男100人切り』というもの。
まぁ、千鶴の返答は不味い気がするが、強ち間違いではなさそう?(マテ あやねに関しては完全に嘘である。100人って“噂”でも凄いわ(笑
その一連の“噂”を流布したのが爽子だと聞いた千鶴とあやねは、良く接するようになった彼女の印象から、それはあり得ないと大爆笑。
また、千鶴は、“噂”のネタよりも、彼女に対する女子生徒達の印象「目が細い人」という、容姿の部分を気にしている様子(苦笑


爽子「あ、そうなんだ。とても強いんだね~?」
千鶴&あやね「「白ッ!」」
教室に辿り着いた千鶴とあやねは、既に席に付いていた爽子が、自分達に挨拶をしてきた事で、先の“噂”の真相を尋ねてみると…。
爽子は、二人の問い掛けの意味を把握しておらず、先の台詞と返答。これに千鶴とあやねは、すぐに爽子ではないと脱力・断定する。
あれだね。根も葉もない“噂”を流布する元凶の人間は元より、その“噂”を真に受けてしまう人間も、相当に性質が悪い…同罪だよね(苦笑


千鶴「ピュアホワイト…!」
爽子は、千鶴とあやね用にテストの要点を纏めたノートを差し出す。これを受け取った千鶴は、爽子の健気さに心打たれて先の台詞(笑
このシーン、個人的にではありますが、何気に原作漫画でも好きな場面です(笑
千鶴&あやね「「ピュアホワイツ!!」」
あっはっは。いいね(笑 え~、続けて爽子は、あやねに申し訳なさそうに照れながら、怪談物のお勧め映画を教えて欲しいと尋ねる。
この様子に、千鶴とあやねの二人は、思わず爽子を一斉に指を刺して先の台詞。と、そこへ『貞子ノート』を求めてくるモブ生徒達。
千鶴&あやね「「トリプルピュアホワイツ!!」」
あ、『貞子ノート』とは先のノートの名称。これに爽子も快諾し、更に人の役に立てた幸せを感じていると、先の台詞の千鶴とあやね(笑
ん~、千鶴とあやねは兎も角、『貞子ノート』に群がるモブ生徒達は、現状は爽子本人よりも、利便性の高いノートを目的としているだけ。
だけど、これが爽子本人への内面的評価に繋がるとプラス思考の方が得をするかね。爽子は自分の幸せより他人の幸せ優先思考。


ピン「俺、ホントに昨夜見たんだよ、『ちっちゃいおじさん』」
だから何なのかと、何て冷たい突っ込みをしてみるが、“都市伝説”にあるよね、『小さいおじさん』(笑 主に酔っ払いが見る(ぉ
そうした『小さいおじさん』を見たと職員室で風早に聞かせるピン。ピンは、前回で爽子と目を合わせてから不可思議な事が起きると言う。


風早「俺が見た黒沼は、前向きで…いい子だよ」
ピン「お前…黒沼とデキてんのか!?」

ピンの爽子に関する問い掛けに、風早は先の台詞と返答。真面目に答える風早に、ピンは先の台詞を投げ掛けると赤面・狼狽する風早。
そんな風早は、すぐに遅刻すると教室へ向い、残されたピンは爽子の顔を想像し、「マニアック過ぎないか?」と心中で口にする。
まぁ、女性の好みは人それぞれあるとは思うけど、爽子の容姿だけで『マニアック』ってどういう事だろうね。陰気な容姿が祟ってるのかな?
『マニアック』といえば、どちらかというと言い方は酷いけど、“ブス専”だったり“デブ専”だったりが適当。爽子は“素”が良い罠(爆
え~、教室に着いた風早は、爽子達に挨拶を交わす。そこで爽子が、慌てて走ってきた為に、風早の前髪がめくれている事に気付く。
風早のおでこが珍しく、もう一度見てみたいと、風早へと視線を送る爽子。風早は先のピンの茶化し言葉を思い出して赤面&視線逸らし。


爽子と千鶴・あやねの昼食風景。爽子の差し出した玉子焼きへ喰らい付く千鶴。それにお詫びと、あやねが差し出す唐揚げを食べる爽子。
爽子「(大事にしたいな…。初めて貰ったプレゼントみたい...)」
こうした千鶴とあやね、その他の同級生との交友関係が良好の現状を、爽子は教室の机に手をソッと置いて、先の台詞を心中で吐露。
一方、千鶴とあやねに、クラスメイトの平野と遠藤が声を掛け、学年中に流れている二人の“噂”が悪くなっていると注意を喚起する。
千鶴のものは、『おじいさんを蹴倒した』(千鶴曰く、助け起しただけ)。あやねは『援交の斡旋』(滝汗 尾鰭は付くものだが(苦笑


爽子が流したとされる“噂”が、地味に持ちきりになった事で、爽子は前よりも怖がられている(?)と感じてしまう。
と、そこへ中学からの付き合いのある第1話にも登場をした“シノちゃん”が声を掛け、“噂”の真相をそれとなく尋ねる。
爽子は、自分の“噂”だと思い、それを「誤解」だと口にした事で、シノちゃんは爽子の性格を知っている為に、その言葉だけで安堵する。
そんな爽子とシノちゃんが会話をしている様子を、偶然、千鶴とあやねが見掛けるのだったが…。


爽子「と、友達じゃないよ!?」
シノちゃんは、爽子に千鶴とあやねみたいな友達が出来た事を褒めるのだったが、それを爽子は慌てて先の台詞を口にする。
この言葉にビクッ!と思わず静止をしてしまう千鶴とあやね。あやねは、まだ続きがあると聞き耳を立てようとするのだったが…。
そこへピンが二人の背後に登場!ピンは193cmの長身(爆 千鶴とあやねの両肩に手を置き、用事があるとあらぬ方へ引っ張って行く。
当然、爽子の言葉には続きがあり、『友達』というのは千鶴・あやねの様な関係だと思っているらしく、まだそこまではおこがましいと言う。
しかしながら、自分も何れは千鶴とあやねに『友達』として見て貰いたいという希望があり、二人の事は大好きだと言う爽子。


千鶴「『野球部 丸秘練習メニュー』~!?」
ピンの用事とは、単なる自分が監督する『野球部』の練習メニューを記した冊子を龍に渡す小間使い役を頼むだけであった。
これを一応、怒号と共に龍に投げ付けて渡す千鶴は、先の爽子の言葉が引っ掛かり続けて騒ぐ。あやねは、落ち着く様に諭す。
と、そこへ爽子が教室へ帰ってきた事で…。
千鶴「あたしは…あたしらは、あんたのことが好きだよ、貞子」
「あたしらのこと…好き?」
爽子「す、好きっていうか…。好きっていうよりも…あの…」

あ゛ぁーぃ!!(血涙 神妙な面持ちで、爽子に先の台詞を問い掛ける千鶴、そして爽子が答える会話の流れ。
千鶴の問い掛けに、先の「好き」だという言葉の余韻もあり、すぐに簡潔・率直に答えない爽子に、千鶴が一方的に会話を切り上げる。
この突然の千鶴達の反応に呆然の爽子。千鶴とあやねは、無言で自分の席へ着いてしまう。う~ん、千鶴もあやねも早とちり。
まぁ、この場合、どちらも両成敗という感じなのですが…ん~…このシーンから、一気に『君届』の初の鬱展開の幕が上がる訳で…?(マテ
千鶴もあやねも、自分が直に爽子と接して感じた“気持ち”を、もっと素直に受け取って解釈すれば良いのにね。“若さ”…か(何


黒沼爽子 悪女説(笑
爽子「えぇ~!?何時の間にか『貞子』から『裏番』に!?」
あっはっは、一連の流れに笑ってしまった私が居る。トイレの個室に入り、何とか千鶴とあやねを元気付けたいと思案する爽子。
と、トイレに複数の女子生徒達が来訪し、爽子の『悪女説』を会話。誰の事かと首を捻る爽子だったが、自分の事だと知り先の通り(笑
自分が千鶴とあやねの元気を奪った張本人だと認識する爽子。女子生徒達は、全ての元凶は爽子で、風早も株を落すと愚痴り後にする。


爽子「(私の…せい…)」
教室に戻った後も、爽子は淡々と授業を受け続けながら、『自分が周囲の人を傷付けてしまっている』と、自分を責め始めてしまう。
下校時間、爽子に気付いた風早が手を挙げて別れの挨拶。爽子はそれに一瞬手を挙げそうになるが、思い直して無視する様に去る。
当然、何時もの爽子の態度(様子)が違う事に違和感を覚え、呆然と彼女の後姿を見送るだけの風早。ぬぅ…厳しいなぁ(遠い目


次の日の登校時、目に泣き腫らした様な腫れぼったさを残し、挨拶を交わす千鶴とあやね。また互いの様子に爆笑する二人だが…。
やはり、次の話題は爽子の事であり、自分達の問い掛けに、「好きだ」と即答して欲しかったという気持ちをあやねは吐露する。
爽子「ごめんね、私が元気なくさせてたんだね」
学校に着いた千鶴とあやねは、丁度、下駄箱に居た爽子と鉢合わせし、爽子は二人が目が赤いのを目にして、先の台詞と謝罪をする。
そして、別の女子生徒が玄関へ訪れた事で、爽子は先に行くと言い残して教室へ走り去る。残された千鶴とあやねは爽子の謝罪に…。


あやね「嫌われてたのかなぁ、あたし。貞子にとって、結構大きい存在だと思ってたのに」
千鶴「あたしだって、確実に好かれてると思ってたってば」

爽子が去った後、先の謝罪の言葉を、『“噂”を流して申し訳ない』という意味で解釈してしまいそうになる千鶴とあやね。
しかし、それを全力で否定したい千鶴とあやねは、各々先の台詞を口にして、やり場の無い気持ちのまま意気消沈するのであった。


爽子「(私が思ってたより、ずっと傷付いてたんだ…矢野さんと吉田さんは。)」
「“噂”してる人達を探して誤解を解きたい…!!)」

あっはっは(汗 笑っちゃいけないシリアスシーンなのに、何もギャグテイストに描写・演出しなくても(BGMは真剣でしたけど。
というか、爽子が“噂”を流している(話している)人達を探すシーンの“SD貞子”(マテ の肌の色が、何故に土気色なんだろう…(遠い目
千鶴とあやねのあらぬ“噂”の元を突き止めようと学校中を奔走する爽子だったが、見付からない事に思わず授業中に目尻に涙。
しかし、自分よりも千鶴とあやねはもっと辛いと、相変わらずの他人優先思考の爽子は、グッとそこで涙を堪えるのであった。


風早「さっき…泣いてた」
授業を終えた休み時間、渡り廊下を歩く爽子に声を掛ける風早。自分を避ける態度で去ろうとする爽子に先の台詞を投げ掛ける。
爽子「もし…この先、何があったとしても…嫌う事なんて…絶対にないよ」
「何があったって…絶対にないよ」

風早は、自分に何か嫌われるような落ち度云々の旨を尋ねると、爽子は後向きながらも、先の台詞とそれを断固否定の返答をする。
爽子の答えに安堵の色を見せる風早だったが、そこへ他の生徒達がやって来た事で、爽子は脱兎の如く、その場を走り去って行く。


爽子「(避ける事は正しいの?間違ってるの?)」
「(分かんないよ、分かんない…!どうしたらいいのか…分かんないよ....)」

こうやって、ドス黒い負の感情に囚われてしまう人間が、安易に自殺とかって楽な方法を取っちゃうのだろうなぁ、と思ってみる。
あ、いや、この『君届』はそういうダウナーな嗜好性は皆無なのでご安心をば。悪までもここは、爽子の心の成長を主としたお話ですので。
風早の元から走り去った爽子は、行き場のない、真っ暗なトンネルの中に居る様な心持ちの状況下、先の台詞を心中で独白(吐露)。
そして、千鶴・あやね・風早…爽子の各々の胸の内は、一体何処へ向うのか――さて、次回はお手元にハンカチをご用意下さいませ。



ぐぁ~…。
ラストシーン⇒ED突入演出最高!
いや~、終盤のシーンからは、一気に涙腺崩壊気味だった私が居る(爆 これは直に見なかった人には理解出来ない心理描写。
こうした各人の心理描写の丁寧さが、このアニメ作品の良い所だったりもします。まぁ、キャラクターの独白演出が丁寧なんですけどね。
さて、先にもチラッと書きましたが、次回で今回のお話は解決されると思いますが、その過程の描写にご期待下さい。泣けますよ、うん。


■をまけ。『君に届け』の最新情報コーナー 『キミトド』

ホンマモン、ホンマモンが居るぞ(笑
と、言わんばかりの爽子風の髪型の能登さんに噴いた(苦笑 これも一種の役作りの一環かー(ぇー
という事で、作品の最後にある『君に届け』の最新情報コーナーの『キミトド』を、今回は能登さんらキャストが出ていたのでご紹介(笑


●宜しければ、『君に届け』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。




当『君に届け』の粗筋レビュー関連記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
君に届け 第3話
君に届け 第2話
君に届け 第1話
君に届け OP&ED背景画のまとめ。


その他、君に届けの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
君に届け


アニメブログ 人気BlogRanking今期最強のアニメ作品!!(個人的に。 宜しければポチッとお願いします~。

 次回は、第5話 『決意』です。

さて、爽子は“噂”を流した元凶を突き止め、自分の気持ちをぶつけて“噂”の払拭に成功するのでしょうか?お楽しみに。
■当『君に届け』の記事一覧(最大15件表示)。
君に届け 第14話
君に届け 第13話
君に届け 第12話
君に届け 第11話
君に届け 第10話
君に届け 第9話
君に届け 第8話
君に届け 第7話
君に届け 第6話
君に届け 第5話
君に届け OP&ED背景画のまとめ。
君に届け 第3話
君に届け 第2話
君に届け 第1話
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 君に届け Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (18) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

君に届け episode.4 「噂」
噂は、人の影である。 自分の影をすべて見ようとすると、自分の居場所まで見失う。 人の影ばかり追い続けると、光の存在を見失う。 光...

2009.10.29 (Thu) | 物理的領域の因果的閉包性

この記事へのTrackback

君に届け 第4話
君に届け 第4話、「噂」。 原作未読です。 矢野・吉田の悪い噂を流している元は貞子であるという話だったが、2人はそれを一笑に付していた...

2009.10.29 (Thu) | おちゃつのちょっとマイルドなblog

この記事へのTrackback

君に届け PC壁紙用画像 No.11
君に届け関連商品検索 1024 x 768 アニメ画像気に入って貰えたらクリックお願い 君に届け Vol.1 [DVD](2009/12/23)能登麻美子浪川大輔商品詳細を...

2009.10.29 (Thu) | アニメ画像ふぇちまる

この記事へのTrackback

君に届け 4話 「噂」
みんな人の話は最後まで聞こうよ(;´Д`)アゥアゥ  1話から3話の砂糖タップリのあま~いお話は、持ち上げて落とす!!!!の持ち上げ部...

2009.10.29 (Thu) | 欲望の赴くままに…。

この記事へのTrackback

君に届け 第04話 「噂」
願っていた友人達が増えてきて幸せの絶頂期に向かっていた爽子。 しかし暗雲が漂ってきたアニメ「君に届け」の第4話。 翔太や千鶴達のおか...

2009.10.29 (Thu) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

君に届け 第4話 「噂」
人生分の幸運量使ってるかもと爽子は言ってましたが…。 良いことがあれば、試練もあり。 学校で千鶴とあやねを中傷する噂を爽子がしている...

2009.10.29 (Thu) | SERA@らくblog 3.0

この記事へのTrackback

君に届け episode.4「噂」
君に届けの第4話を見ました。episode.4 噂学校中にあやねと千鶴を中傷する噂が流れ、2人が噂話に興じる女生徒達を問い詰めたところ、なんと噂の出所は爽子で、彼女が千鶴達をおとしめて自分の地位を上げようとしているという。爽子が純真な少女であることを知る千鶴達は...

2009.10.29 (Thu) | MAGI☆の日記

この記事へのTrackback

君に届け 第4話 「噂」
 悲しい気分になってしまいますね。誤解が誤解を生んで折角上手くいきそうだったのが、どんどんズレていくのが悲しかったです。

2009.10.29 (Thu) | つれづれ

この記事へのTrackback

君に届け 第4話「噂」
原作大人買いしちった♪ 一気読みしたいのをこらえてちょっとずつ(笑) さてアニメのほうは今回も少女マンガだなあと思わせる展開の連続。 思い込みと誤解でどんどんすれ違っていくのがすごくもどかしい。 人と付き合うことにしばしご無沙汰だった爽子はあやねや千...

2009.10.29 (Thu) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

君に届け 第4話「噂」
君に届け Vol.1 [DVD](2009/12/23)能登麻美子浪川大輔商品詳細を見る 千鶴&あやねは「爽子が自分達の誹謗中傷の噂を流しているはずがない」と確信し...

2009.10.29 (Thu) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

[アニメ]君に届け:第4話「噂」
友情というのは儚くももろいもので、崩れ去るには簡単で。

2009.10.29 (Thu) | 所詮、すべては戯言なんだよ

この記事へのTrackback

『君に届け』#4「噂」
「私、周りにいないほうがいいの?周りにいちゃいけないの?」 私今、人生の幸せを全部使い果たしちゃっているのかも って、本当に使い果た...

2009.10.29 (Thu) | ジャスタウェイの日記☆

この記事へのTrackback

君に届け #04 噂
誤解の悪循環 君に届け 9 (マーガレットコミックス)(2009/09/11)椎名 軽穂商品詳細を見る君に届け #04 噂

2009.10.29 (Thu) | HISASHI'S ver1.34

この記事へのTrackback

「君に届け」 第4話
☆ 「君に届け」 第4話  ☆ 言葉足らずの誤解が誤解を生み、友達関係がどんどん気まずくなってゆく、という嫌な展開の回でした。 「述語が曖昧」という日本語特有の欠点は、これまでに、どれだけ多くの誤解を生んできたのでしょうか。 女性脚本家特有の鬱展開でし ...

2009.10.29 (Thu) | HARIKYU の日記

この記事へのTrackback

君に届け episode.4「噂」
『爽子が千鶴とあやねの悪口を言っているとの噂 ――。2人はこの噂を「ありえない」と信じなかった。千鶴のためにテスト用の要点ノートを作...

2009.10.29 (Thu) | Spare Time

この記事へのTrackback

君に届け 第4話「噂」
爽子ママかわいいww 目が点だー( *´艸`) 幸せを1度知ってしまうと、知らなかった頃には戻れない。 欝展開が待っているのかとドキドキ...

2009.10.29 (Thu) | 空色きゃんでぃ

この記事へのTrackback

「君に届け」4話 噂
噂をそのまま信じるわけではなくてあくまでも誤解とすれ違いのきっかけとして噂が機能した挙句にじわじわと爽子と風早、矢野&吉田たちとの...

2009.10.30 (Fri) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

君に届け 第04話「噂」の感想。
君に届け 第04話 「噂」 評価: ── こんなに幸せを味わってしまうと、味を知らなかったことを忘れてしまいそう 脚本 ...

2009.11.15 (Sun) | いーじすの前途洋洋。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。