一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

君に届け 第23話

Category: 君に届け  03/19 /2010 (Fri)

第23話 『ふたり』


ストーリーは…。
 イブのパーティーの翌日、二学期の終業式の前。教室では、前夜の二次会でのカラオケの出来事や、二学期で教師を辞める善のことなどで話題はつきない。さまざまな思い出を胸に終業式を終えた爽子は、風早がいる男子グループとは別に、千鶴、あやねと一緒にお好み焼き屋に行った。

 初めて手にした携帯のメアドを、千鶴に設定してもらった爽子は、冬休み中も2人と会う約束ができて感動しきり。そして、いつも龍と初詣に行くという千鶴から、あやねと一緒に誘われた爽子は、その場で母親に電話をし許可をもらい大喜び。そんな爽子に、あやねが風早も誘おうと提案した。2人に勧められ携帯で風早に電話をし誘ってみると即OKの返事をもらう。風早に「楽しみにしている」と言われ爽子は嬉しさを隠し切れない。

 大晦日の夜、爽子の家にやって来た千鶴とあやねは、なぜかそのまま爽子の部屋に上がり込んだ。けげんな表情の爽子の前に2人が出したのは、メイク用品一式。2人は、呆然とする爽子の髪を整え、メイクをし始めた。そして、可愛らしく変身した爽子を見て、千鶴とあやねは、誕生日おめでとう、と告げた。

 思わぬ誕生プレゼントに、泣き出しそうになる爽子。メイクが崩れることを心配する2人は、そんな爽子に絶対泣かないよう命じ、家を出発した。

 やがて、待ち合わせ場所が近くなった時、千鶴とあやねは、思わぬ行動に出た。なんと2人は、風早とふたりで楽しむよう告げ、爽子を残してその場から去っていったのだった。爽子は、千鶴らの思いを台無しにしまいと風早との待ち合わせ場所に向かう。その変身ぶりに目を見張る風早と初詣に出かけて――。


爽子「現実…!現実でした…!!」
幻術?(違 え~、クリスマスパーティの次の日の朝。目覚めた爽子は、布団の傍らに置かれたサンタ…父親からのプレゼントを発見する。
自分が要望していた『ペンダコに優しいシャープペンシル/芯/ノート』等。またそれと共に『サンタは自分(父親)だ』という旨のカードが。
微笑む爽子が、ふと自分の机の上を目にすると、そこには真新しい携帯電話があり、思わず手にして心中で先の台詞と感動の高みへ(マテ
爽子「お父さん…」 爽子の父親「ヒッ!?」
爽子「ありがとう…」

いや、父親が娘の姿に「ヒッ!?」って(汗笑 洗面所で歯を磨く爽子の父親。そこで洗面所を覗き込むように先の台詞と声を掛ける爽子。
洗面台の鏡に映り込んだ爽子の姿に、爽子の父親はビックリして悲鳴。しかし爽子は、貰ったプレゼントを見せて感謝の言葉を口にする。
これに自分の反応を謝罪しつつ、プレゼントに感謝する爽子の気持ちが嬉しいと、感動の爽子の父親だが既に爽子の姿はそこになく(笑
補足…感動してむせび泣く爽子の父親に、妻が『爽子は居ない・新聞を取りに行った』と伝えるも、当人は耳に入っていない様子(ぉ


学校。昨日のクリスマスパーティーの二次会『カラオケ』に、爽子は参加をしたようで、『演歌』っぽい曲を一曲だけ歌ってアッサリと帰宅。
と、こうした旨を二次会に居たクラスメイトの男子生徒達が語り合う。またそれに付随し、『風早と一緒に二次会に来た』という話題に移行。
あやね「馬鹿ねぇ、アンタたち。私が爽子を呼んだのよ」
「風早は昨日アタシにゲームで負けたしね~」
「待たせておいたの。爽子、二次会の場所知らなかったし」

そこで『爽子が風早と~』の話題を耳にしていたあやねが、男子生徒達に先の台詞で二人が一緒に来た理由を説明。
あやね「(まだよ!これからバレンタインとか美味しい行事があるってのに…。)」
「(茶々入れられて、壊される訳にはいかないのよ…フッ!)」

アッサリと懐柔されてしまう男子生徒達は、口を揃えて「だよな~」と笑い合いつつ納得。が、あやねは心中で怪しく先の台詞と笑み(笑
しかしながらあやねは、肝心の爽子が“その準備”が出来ていない・相手(風早)の事を第一に考え過ぎるから…と、“悩みの種”だと思案。
と、そこへ爽子が教室を訪れ、先の話題の男子生徒達に朝の挨拶。男子生徒達も驚きながらも挨拶。返事がある事に感動の爽子(笑


爽子が教室後方設置のコート掛けに向ったとほぼ同時に、男子生徒達が「風早」と口にした為、すぐに視線を向けるとそこには風早の姿。
風早の姿に思わず見入る爽子は、脳裏で昨日の二次会へ行く前…待ってくれていた風早との邂逅シーンを回想させてしまう。
爽子「『腹巻』…なの。それもひと編み×2、父を想いながら編んだ…」
風早「うっ!?そっか、俺にじゃないんだ」
爽子「ちょっと手違いで、用意していた物と入替っちゃって…」

どうやら爽子は、ちゃんとプレゼントが『腹巻』で父親用だと先の台詞で風早に説明済。爽子は『腹巻』を風早の家族にでもと提案。
風早「でも、俺が貰っても良いんでしょ?」 爽子「えっ?」
風早「ありがとう」

あ゛ーぃ!(ぉ という事で(何、爽子の風早の家族の人へのプレゼントにでも…という提案を却下し、先の台詞と自分が貰うと返答の風早。
爽子「(優しいなぁ....。)」
と、回想終了させ、風早本人が貰ってくれた事に心中で先の台詞の爽子。ん~、“意中の相手”から貰うプレゼントだからねぇ、うん。
それに気付いていない爽子は、「付けてくれる筈がないのに」「帽子でも大差なかった」と、相手の事を優先させた思考回路を発揮(ぉ


爽子「(ますます輝きを増して…。)」
え゛~(マテ コート掛けに上着を掛けた爽子は、風早との会話を交わしながら、風早が何時もはしていないネクタイを締めている事に気付く。
風早は「終業式だから」と言うと、爽子は“ヲトメ”にしか分からないであろう風早から発せられる“後光”に思わず心中で先の台詞。
爽子「(そっか…『終業式』。明日から、“冬休み”なんだなぁ...。ちょっと、寂しくなるなぁ...。)」
何時もの席に座る爽子は、遅れて教室へ入って来た千鶴と挨拶。そこで爽子は、風早達の顔を目にしながら、寂しげに心中で先の台詞。


善「え~。突然だけど、嫁さんの造り酒屋を継ぐ事になった」
「なので、皆の担任は今日で最後だ」

はい、『誰?』と思われる方もいらっしゃると思いますが、本来のD組の“担任”である荒井 善…が、教室へ入って来る。
クラス全員が『誰?』という反応の中、続けて教室に入るピンに蹴られた姿を見て思い出す一同(酷 で。突然の先の台詞と辞職宣言の善。
風早は、善の『お別れ会』を立案するも、善は涙を流して感謝をしながらも「すぐに発たなければならない」と返答。
ピン「なんならー、『新担任・俺を敬う会』でも良いぞ~」
と、折角、善との『感動の別れ』的雰囲気だったにも関わらず、善の横で踏ん反り返るピンが空気を読まず先の台詞で周囲ドン引き(笑
梅「ベーッ!」
爽子「(『ベー』してても可愛い…。)」

何かが違うよ爽子さん(ぉ 『終業式』という事で、生徒達に廊下に出て並ぶように指示する善。体育館へ向う爽子達ですが…。
ふと階段を降りる途中の爽子の目に、別の階段から降りて下の階を歩く梅を発見。梅も爽子に気付いたらしく、『あっかんべぇー』(笑
しかしながら、梅の軽い“悪意”もなんのそのと、何時もの天然素材思考と爽子は梅の挙動を「可愛い」と解釈してしまうのであった。


お~。『終業式』中の描写を、今まで爽子が経験をした多くの人との“思い出”の場所を映していくという演出。背景描写が綺麗だ…。
爽子「これ、皆からの寄せ書きです」 善「!?黒沼か…」
ピン「あ~、大丈夫。こいつ“払う”方だから」

『終業式』も終わり、教室へ戻ったD組の生徒達。そこで爽子がクラスを代表し、先の台詞と善に“寄せ書き”を贈呈。ピンの突っ込みが(笑
ホームルームも終わり、散り散りの生徒達。そんな中、“冬休み”を喜ぶ千鶴は、爽子とあやねに何か食べて帰ろうと誘い、二人も賛同。


千鶴達との用事の為、すぐにコートを取りに行く爽子は、自分と同様の風早と隣り合わせに。そこでバリチと視線が合う両者。
爽子「(今年は色々ありがとう。お陰で、とてもとても楽しかった。)」
爽子は思わず照れから視線を外しつつ、風早に今掛けたい言葉として心中で先の台詞を口にするも、実際にそれを言い出せない。
そうした爽子の様子を見ていた風早も、何かを爽子に伝えたかったようで、口を開こうとするものの、友人に声を掛けられてしまう。
風早が行ってしまう・手短に…と思案の爽子。風早は、友人の下へと向うも、ふと立ち止まって振り返り、爽子に「バイバイ」と一言。
風早のその一言に、爽子は「良いお年を」とだけ返答。そうした二人の遣り取りを眺めていた千鶴とあやね。二人の明日はどっちだ!(マテ
さて、帰宅の途中で立ち寄った軽食屋(『お好み焼き屋』かな?)で、爽子は千鶴達に携帯電話を見せる爽子。あれ、昨日の二次会(ry
sawako.not.sadako.1231
千鶴達は、プレゼントをした爽子の父親を褒め、千鶴はメアドの設定をしたのかと尋ねた事で、千鶴が先の様に爽子のメアドを設定(汗笑
確かにこのメアドならば、迷惑メールが来る可能性は限りなく低いとは思うけど、千鶴のメアド設定のセンスは凄いな…うん(爆


爽子は、「凄い!誤解を説くのも兼ねて!」と千鶴に感謝感激。あやねは「えっ!?」と驚愕(笑 メアド末尾の「1231」は爽子の誕生日。
その爽子の誕生日が、12月31日で『大晦日』だと知る千鶴とあやねは、互いの顔を見合って何やら怪しい笑みを浮かべる。
爽子「ちづちゃん、あやねちゃん。あの…!」
「もし良かったら、“冬休み”も会えるかな?暇な日とか…」
「ものすごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ.....っく、暇な日とか…」

そんな二人に、爽子は先の台詞と“冬休み”の期間中も会えないか、という旨を伝えると、千鶴達は当然だと快諾する。
爽子は二人の快諾に、余りの嬉しさに天まで昇る気持ち良さ(違 と、「三学期まで待たなくて~」と心中で舞い上がり捲くる。
またふと千鶴から、今年の『大晦日』~『初詣』を一緒に過そう&行こうと誘われた爽子は、喜びの余りに母親へ電話をしてしまう。
爽子のこの行動&携帯電話を使う素早さに「早ッ!」と驚く千鶴達(笑 当然、電話に出た爽子の母親は、爽子の許可申請に了承する。
何か長く続いた裁判事で勝訴したかのような爽子の「やった!」という様子に、同情心すら沸いて傍観する千鶴とあやねであった(笑


爽子「(会えるんだ…『大晦日』に。16歳になった日に、皆と一緒に居られるんだ…!)」
母親から千鶴の誘いの件の許可が下りた事で、爽子は自身の携帯を目にしながら、心中で先の台詞を感慨深く吐露する。
あやね「今のままだと、『初詣』はちづと龍と爽子とアタシのままだよ?」
「別にそれでいいなら良いけど、もし風早に会いたいなら」
「アンタが自分で誘いなよ?爽子」
(ドクンッ!)
爽子「(誘う!?)」

…『ドクンッ』は余計だったか(ぉ え~、爽子も参加出来ると早々に決まった為か、あやねが先の台詞と爽子へのある“決断”を迫る(ぇ
それは、『初詣』に風早を誘う・会いたいなら今電話を掛けるべき…といったもので、更には早くしないと風早の予定が埋まる、と念押し。
そんなあやねの念押しが普通に利いてしまう爽子は、脳裏で風早を思い出して「今電話を掛けなかったら会えるのは3学期」と思案し…。
凄まじく緊張の面持ちで電話を掛ける事に決める爽子であったが、緊張し過ぎる様子が千鶴達にも伝わり、二人も爽子同様に緊張感(笑
余りの緊張に固まった為、深呼吸と背中を叩かれた爽子は、風早を想いつつ自分を励まし、折畳み携帯電話を開いて電話を掛け…。


爽子「お、『大晦日』が『初詣』の…に参りに行きませんか?」
風早「?」 爽子「ちづちゃんとあやねちゃんと真田くんの三人です」
「暇です…あ、いや、暇ならば、です」 風早「行くッ!」

爽子の掛けた電話に出た風早は、友人と共にカラオケボックスに来ていたらしく、着信に気付いた風早は部屋を抜け出し外の通路へ。
で。爽子の何処かおかしいというより、緊張しまくりんぐ状態の先の台詞の問い掛けに、風早は自分で内容を要約して理解し返答する(笑
風早の返答にピシリッ!と“かてぃんこてぃん”となる爽子は、続けて風早が「楽しみにしている」と伝えた事で至上の喜びを感じる。
千鶴「さて....」 あやね「どうする?」
爽子から風早参加の旨を聞き喜ぶ千鶴達。あやねは「当然」と断言(笑 お好み焼き屋を後にする三人は、遠方の爽子だけお別れ。
千鶴達に手を振って別れる爽子。千鶴とあやねは、爽子が完全に去った後、互いに顔を付き合わせながら、怪しく先の台詞と思案(笑


月日は流れ、12月31日の『大晦日』で爽子の誕生日。年越し蕎麦を食べ終えた黒沼一家。後片付けは良いからと爽子を急かす両親。
爽子「(あれ?ちづちゃんとあやねちゃんは『友達』だけど…)」
「(真田くんと風早くんは、私の『友達』なのかな…?特に風早くん…ん~?)」

爽子の父親が、「友達を待たせてはいけない」との助言を受けた事で、ふと脳裏で先の台詞と心中で思案してしまう爽子。…をいをい(笑
その時、玄関のチャイムが鳴り、千鶴とあやねが爽子宅を訪れ、千鶴達は出迎えた爽子と今から顔を出した爽子の両親に挨拶をする。
あやね「アンタさ、胡桃に会った時、『可愛くなりたい』って思ったんでしょ~?」
「何で『可愛くなりたい』のか…よぉく考えてみなよ。よし、出来た」

千鶴「コッチも大体。で、これは矢野ちんとアタシから」
千鶴あやね「「誕生日おめでとう。爽子っ♪」」
イイハナシダナー…と、爽子宅を訪れた千鶴達は、少々爽子のお部屋にお邪魔すると上がり、気が付けば爽子は二人からメーキャップ。
千鶴達になすがままの状態で化粧を施される爽子は、そんな中であやねが先の台詞を口にした事で、この状況の意図をそれなりに把握。
そして、最後の仕上げと爽子の髪の毛に添えられる“蝶型の髪留め”。それを千鶴は自分とあやねからの『誕生日プレゼント』だと伝える。
補足…爽子は両親からの誕生日プレゼントに『ポンチョ』や『バッグ』を貰った様子。千鶴達との『初詣』に『ポンチョ』着用を決めたそうな。


爽子「(う゛ん!二人の気持ちを台無しにするものか…!!)」
あやね「メイクしてる分」 千鶴「ド迫力」
あっはっは(汗 このシーンでは噴いたなぁ(笑 え~、部屋に設置のスタンドミラーで、化粧をした爽子に「似合っている」と褒める千鶴達。
が。感謝感激と目尻に涙を浮かべる爽子を見た千鶴達が、「泣くな!」とメイクが落ちる為に制し、心中で先の台詞と踏ん張る爽子。
この踏ん張る爽子の般若の様な顔に(失礼な、思わず千鶴達はメイクをしている分に余計爽子の“怖さ”が滲み出ていると引いてしまう(ぉ
千鶴「あ!後で報告ヨロ~」
あやね「何、ビビッてんの。自分で誘ったくせにぃ~」

爽子宅を出発して待ち合わせ場所まで向う爽子達。その途中、待ち合わせ場所に近くなったからと、突然、千鶴達が離脱宣言(笑
というのも、この後、『初詣』をする神社まで風早と二人きりで過させる為の千鶴達の“計略”…基、爽子の為の計らいであった。
そんな深い意味を察せる筈の無い爽子は呆然。千鶴達は、爽子に怪しい笑みを見せながら、先の台詞と共に走り去って行くのだった。
補足…ちなみに、待ち合わせ場所には龍も来ないのだという。どうやら、前以て千鶴達が龍に話して制していた様子(笑


風早「…(声にならない)」
爽子「(この為に、少しでも私を可愛くしてくれたんだ…。)」

ま、素でも可愛いとだな(ry え~、待ち合わせ場所に立つ風早は、雪を踏みしだく音がした為、その方へ視線を向けるのだったが…。
そこには、今まで見た事が無い着飾った爽子が居た為、思わず先の台詞と無言ながら内心ではその姿に衝撃を受けた様子。
爽子「来ない…。真田くんも来ない」
見惚れている風早を前にし、爽子は心中で先の台詞。風早はふと我に返り、千鶴達や龍も来ていないと伝えると、先の台詞と返答の爽子。
爽子は、千鶴達が来ない旨を告げた事で、風早が失望した・帰っちゃうとあり得ないマイナス思考。風早は、ザッと踵を返す動作。
風早「行こう」
風早の行動に動揺する爽子だが、背を向けた風早は「行こう」と短く切り出して歩き出し、パァッと明るくなる爽子はその後を歩き始める。
爽子「(12月31日…新年まで、あと30分....。)」
さて、愈々アニメ『君届』も最終回間近。原作既読者の私ではありますが、一体どのようにして結末を纏め上げてくれるのでしょうか…。



 はい、何時も通りで申し訳御座いません。リアル多忙故、追記更新をさせて頂く予定ですilililiorzililil

●宜しければ、『君に届け』に関する視聴者様のご意見をお聞かせ下さい。お気軽にどうぞ。

また当アニメ作品に関係の無いコメント等は発見次第削除を行いますので、その旨、ご了承をお願い致します。




当『君に届け』の粗筋レビュー関連記事は宜しければ下記リンクからどうぞ。
君に届け 第22話
君に届け 第21話
君に届け 第20話
君に届け 第19話
君に届け 第18話
君に届け 第17話
君に届け 第16話 (総集編)
君に届け 第15話
君に届け 第14話
君に届け 第13話
君に届け 第12話
君に届け 第11話
君に届け 第10話
君に届け 第9話
君に届け 第8話
君に届け 第7話
君に届け 第6話
君に届け 第5話
君に届け 第4話
君に届け 第3話
君に届け 第2話
君に届け 第1話


その他、君に届けの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
君に届け


アニメブログ 人気BlogRanking今期最強のアニメ作品!!(個人的に。 宜しければポチッとお願いします~。

 次回は、第24話 『誕生日』です。
■当『君に届け』の記事一覧(最大15件表示)。
君に届け 第25話 (最終回)
君に届け 第24話
君に届け 第22話
君に届け 第21話
君に届け 第20話
君に届け 第19話
君に届け 第18話
君に届け 第17話
君に届け 第16話 (総集編)
君に届け 第15話
君に届け 第14話
君に届け 第13話
君に届け 第12話
君に届け 第11話
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 君に届け Genre: アニメ・コミック
Tags : 能登麻美子

Comments (0) | Trackbacks (12) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

君に届け 第23話 「ふたり」
イブの翌朝、携帯が現実にあったことに爽子は感動(笑) プレゼント交換の後、2次会にも行ったんですね。 そう言えば、担任って善だった...

2010.03.19 (Fri) | SERA@らくblog 3.0

この記事へのTrackback

君に届け 黒沼爽子 風早翔太 矢野あやね 真田龍 PSP壁紙用画像 No.6・7
君に届け関連商品検索 480 x 272 アニメ画像気に入って貰えたらクリックお願い 君に届け VOL.5 [DVD](2010/04/21)能登麻美子浪川大輔商品詳細...

2010.03.19 (Fri) | アニメ画像ふぇちまる

この記事へのTrackback

君に届け 第23話「ふたり」
なんとも甘あまピュアなお話о(ж>▽<)y ☆ 爽ちゃんかわいい~♪ ブラック矢野ちんいい仕事してるなあw 千鶴もすっかり元気ですね。 前回の後日談も少々。 正直に"はらまき"だと言う爽子ちゃんよい子(^-^) よい子にはよいことが待っているのです♪ 終業式...

2010.03.20 (Sat) | のらりんクロッキー

この記事へのTrackback

君に届け 第23話「ふたり」
君に届け VOL.5 [DVD](2010/04/21)能登麻美子浪川大輔商品詳細を見る 梅さん一瞬だけ登場しましたね。爽子にべーっと悪態をついていたものの、キラキ...

2010.03.20 (Sat) | 破滅の闇日記

この記事へのTrackback

君に届け 第23話「ふたり」
陰謀の歯車がいま、動き出す・・・(笑

2010.03.20 (Sat) | 妄想詩人の手記

この記事へのTrackback

君に届け episode.23「ふたり」
『イブのパーティーの翌日、二学期の終業式の前。教室では、前夜の二次会でのカラオケの出来事や、二学期で教師を辞める善のことなどで話題...

2010.03.21 (Sun) | Spare Time

この記事へのTrackback

君に届け 第23話 「ふたり」
 やのちんの策士ぶりが面白かったです。

2010.03.21 (Sun) | つれづれ

この記事へのTrackback

君に届け 第23話「ふたり」
友達からのプレゼント。

2010.03.21 (Sun) | ミナモノカガミ

この記事へのTrackback

君に届け 第23話 「ふたり」 【感想】
「…がっかりさせちゃったかな…」 「…困ってるかも……帰っちゃうかも…」 翔太と爽子が相対するラストのシーンでは、彼ら二人がその...

2010.03.21 (Sun) | 満天の星空の下で

この記事へのTrackback

卒業式に一番乗り!!「君に届け」
今日は朝から「2010春 北幌高校卒業式」に出席してまいりました。 先月の第一回池袋イベントは「ワンフェス」とバッティングしてしまい、...

2010.03.22 (Mon) | Anime in my life 1号店

この記事へのTrackback

君に届け 第23話「ふたり」の感想。
君に届け 第23話 「ふたり」 評価: ── 来ない・・・ 脚本 金春智子 絵コンテ 矢野雄一郎 演出 ...

2010.04.02 (Fri) | いーじすの前途洋洋。

この記事へのTrackback

◎君に届けepisode.23「ふたり」
サダコが起きると枕元にプレゼントがおいてあった。そして、携帯電話もおいてあった。現実。お父さんと後ろから話しかける。サダコは二次会にきて一曲歌って帰ってた。ヤノは男子に...

2010.10.14 (Thu) | ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。