一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第31話

Category: あにゃまる探偵 キルミンずぅ  05/20 /2010 (Thu)

第31話 『白黒山だよ!パンダだよ!?』

ストーリーは…。
白黒山には踊るガイコツが現れる・希少動物を出すレストランがあるなどおかしなウワサがいっぱい。
気になるリコたちは白黒山に向かいます。
そこでちょうど弓道部の練習をしていたナギサも加わって、ナゾの解明に乗り出したキルミンズは、山奥に住む鬼婆の話を聞きます。
そして、カノンもアニマリアンの半田を探して、白黒山にやってきて―。

■オープニングテーマ曲 『Poo』 Vre.2 歌:Neko Jump New!!


■Aパート

※クリックをすると別窓拡大。

 カスミェ(マテ という事で、ナギサの友人・カスミが主役の回っぽし。そして、ナギサにも言えることだけれど、カスミの弓道に於ける『会』(“射法八節”ね)が短いのはどういう事!!(アニメの尺(時間)的な問題? 更に『引き分け』から『会』まで弓を下してくる場所が、口の上辺りってのがなぁ....普通はもうちょい『引き分け』からグッと、矢が口元と並行になって初めて『会』の状態になってだな…(くどくど...。 え~、兎も角、中学の弓道部の活動の最中、カスミはナギサにパルスの事を尋ね、ナギサは逆に質問を質問で返すように同様にカスミへ。カスミは、自身が『奥手』『奥ゆかしい性格』…視聴者全員が「はぁ?」と突っ込みたくなる返答をし、しかしながら「出会いの予感がする」と付け加えるので~あった。
 あ、そうだった。その前に、神浜市近辺に『白黒山』という山があるらしく、そこで近頃森の中で“踊る骸骨”を見た人が急増中らしく、そういった話題の会話をするリコ達。またそれとは別件で、山の何処かかで『希少動物の料理を出す店』があるそうだとタマオが言った事を切欠に、『神浜キルミンズ』としての活動を思案。丁度、その場に居合わせたハルカに、以前、“約束”をした件が在る為、ちゃんと活動内容の説明をした上で許可を貰うのであった。ちなみに、先のナギサは弓道部の合宿で『白黒山』に既に居るそうな。…『白黒山』の“踊る骸骨”だけど、どう見ても『牙組み』の半田(パンダ)ですけどね(ぉ

 カスミェ…って思えば、中学生って設定でしたね(笑 余りにも“夢見過ぎなヲトメ”な語りだったので噴いた。夜も更けた頃合、弓道場から合宿所まで戻る山道。ナギサが、合宿所まで付かない為に道に迷ったかもと思案するが、隣に居たカスミは「王子様が助けに~」と唐突に自分の“理想の男性のタイプ”として、『窮地を助けに来てくれる人』と例に挙げて語り出す。ナギサがカスミのそんな語りに少し引いていたその時、近くの叢がガサッという音がした為、ライトをその音の方へ向けると、そこには“骸骨”のようなマークが浮かび上がり、それを見たカスミは悲鳴を上げてナギサを置いてあらぬ方向へランナウェイ。ちなみに、その“骸骨”はやはり半田らしく、カスミの叫び声にビックリして同じく別方向へ転倒(苦笑 ナギサはカスミの後を追うものの、既にカスミは足を滑らせて坂道を滑落し…。
 半田カッケェ(笑 滑落死…じゃなかったちょっとした急勾配を滑落をしてしまったカスミは、暫く気絶していたらしく、目を覚ますと見知らぬ半田(男性)が心配そうに声を掛けながら覗き込んでいた事に気付き、思わず心拍数も跳ね上がりドキン☆。半田は、今までの影の薄いキャラとは違う、何か妙に紳士的な言動でカスミを気遣い、オンブをして合宿所まで送り届け、また無言で立ち去ろうとする。そこでカスミは半田を呼び止めて名前を尋ねる。半田「通りすがりの者です」 そう答えて去って行く半田に、もうカスミは“一目惚れ”をしたらしく、一足先に合宿所へ帰っていたナギサがカスミに声を掛けるも、反応は鈍く視線は半田が去って行った先を見据えたまま。ナギサは「?」と不思議そうな表情(笑

 『白黒山』の『希少動物の料理を出す店』は、山姥(やまんば or やまうば。別名『鬼婆』や『鬼女』(きじょ)とも)が経営をしているというタマオ。それにリコは、“踊る骸骨”はその山姥が殺したパンダの“幽霊”ではないかと推理。その瞬間、ガサガサッ!とリコ達の前に現れる…パンダ(半田)(苦笑 「ゲッ!」とばかりに逃走する半田を、リコ達は一斉に追い出す。
 一方、昨夜の出来事でスッカリ骨抜きのカスミは、溜息を吐きっ放し…っていうか、他の部員の姿が見当たらないのは何故ぇ....(苦笑 完璧に“恋煩い”です。本当にあr(ry まぁ、取り合えず、カスミのそうした“恋煩い”を理解できない天然なナギサとの掛け合い(会話コント)。その時、弓道場の敷地枠の叢から的の前の芝へゴロンと、リコ達から終われて逃げてきたパンダ(半田)が現れる。半田は、ナギサ達の姿に気付いてすぐに逃げ出し、ナギサ達もポカーン。その後、半田が現れた場所からリコ達が現れた事で、無事(?)にナギサと再&合流。リコ達は、諸々の経緯をナギサに説明をするのであった。
 弓道場から逃げた半田は、森の中でカノンしたと同時に人型へ戻され、カノンから『牙組み』の活動から勝手に抜け出して『白黒山』に居る事を咎められる。しかし半田は、『白黒山』に居る理由を「身体を鍛える為」や、私的に「気になる事があって白黒付けたい」と用件を済ませてから下山すると言い、その時、付近を通るリコ達の声がして来た為、カノンは今日中に下山と言及をして蝙蝠の姿で飛び去って行く。

 カスミ…ちょっと異性への感性がアレな娘(ぉ カノンが飛び去った後、半田はリコ達と対面をするが、やはり逸早く反応をしたのが半田に気の在るカスミ。タマオがパンダの件を尋ねようとした所、タマオを突き飛ばして自分語り(苦笑 カスミは、カトレア学園中等部2年D組で射手座のB型…趣味は『美味しい物を食べる事』、好きな異性のタイプは『サングラスが似合う人』だそうで…(遠い目 調子に乗るカスミは口下手を主張して、ナギサに代弁を頼むも名前が分かるや否や、ナギサを突き飛ばして会話に割り込んだり....をいをい(笑 挨拶を終えた後、改めてタマオは半田に『希少動物の料理を出すお店』の件を尋ねると、半田は自分も“噂”を聞いて探していると返答。その時、ナギサが昨日カスミが滑落をした後で森を歩いていた時に『小屋』を見付けたと言う。驚く一同だが、取り分け自分と同じパンダの身が心配な半田が、その話を詳しく教えて欲しいとナギサの肩を掴むも、カスミがそれを阻害した為に、リコ達と半田は協力する形になり、ナギサが先導する形で『小屋』まで向う事に。
 ナギサ「あの~、半田さん?」 半田「はい?」 ナギサ「子供は何人位欲しいですか?」 ごめん、噴いた。ナギサ、その質問は“お見合い”でも滅多に相手に聞かないと思うよ(汗 『小屋』まで向う道程で、またもカスミがナギサに「色々聞いて欲しい」「“お見合い”で聞く内容とか」と頼んだ為、ナギサは少々思案しつつ、先の台詞と代弁する(苦笑 これに半田は真面目に「3匹…いや、4匹」と発言。カスミは照れつつも有頂天(ぉ
 そうしたコント的会話を差し置き、リコ達が先程のパンダの件を会話し始める。その会話の内容を耳にする半田はギクギクとちょっと汗ダラダラ。半田「自分、ベジタリアンですから…」 ジャイアントパンダが草食動物としながらも、場合によってはネズミも食べる~という会話内容に、半田は真面目に先の台詞(笑 その場に居た全員が「?」としながらも、その時、ナギサが山道から横に外れた木々の中に立つ『小屋』を指差し、自分が見たものはあれだと言い、半田は真剣な表情で『小屋』を見遣るのであった。 

■Bパート

※クリックをすると別窓拡大。

 くじらさんキター!!って事で、ナギサの先導で『希少動物の料理を出すお店』と思しき『小屋』を発見したリコ達。と、『小屋』から出てくる人影があり、それは何と大関・小結の警察コンビ。大関は小結に、「コアラが美味しかった」云々と会話をしてその場を後にした為、ケンは「警察の癖に~」とリコ達も激怒。すぐに半田が飛び出そうとするも、それを制するカスミは“カップル”を装って入ろうと提案。『小屋』の扉を叩くと、中から何故かパンダと同じようなケバい化粧をした店主と思しきオバサンが現れるのだが、半田達を一瞥したオバサンは「一見さんお断り」(初めてのお客)と無愛想に断りを入れて店に戻ろうとする。が、その隙間から見えたパンダを目にした半田は、オバサンを強引に引き倒して中に入ろうとするも転倒し、頭部を強打して気絶。更に、後を追おうとしたカスミは、倒れていたオバサンに蹴躓いて、半田と同じく頭部を強打して気絶…何だこいつら(ぁ オバサンは立ち上がり、そのまま開いた店の扉を閉めてしまうのであった。この様子を見ていたリコ達は、オバサンの風貌に「パンダ?」「山姥?」と口を揃え、タマオは「“踊る骸骨”の正体かも」と推理。だが、ナギサはリコ達の意見を制して、店の中に居る半田とカスミの救出を優先とリコ達を纏めるのであった。って、オバサンの中の人が、独特のハスキーな声色を持つ声優のくじらさん。『NARUTO』の大蛇丸役として有名な方ですね。
 ケン、即行で退場!(笑 捕まった半田とカスミを救う為、『小屋』の裏口へと忍び足で向うリコ達。裏口(勝手口)の扉の前に来た所で、『小屋』の壁に“小さな穴”があった為、ケンは『キルミン』を使って先に偵察をしてくると変身して向うのだったがー…穴から『小屋』の内部へ着地した所にチーズが置いてあり、動物的(?)条件反射で跳び付くとガシャン!と降りて来る格子。という事で、見事に罠に引っ掛かり、その旨を外で待機していたリコ達に伝える。これに仕様が無いとリコ達が、裏口の扉に手を掛けて引っ張るとアッサリと開いてしまう。また中に入ろうとしたその時、タマオが何が起こるか分からないと言い、『キルミン』を使うべきだと主張。タマオ…完全に現状を建前に単に『キルミン』を使いたいだけのような気がするなぁ…(苦笑 使用する事を躊躇うリムやナギサを制し、リコ達は『キルミン』を使用するのであった。

 オバサンに捕まってしまった半田とカスミは、どうやら強引に中に入ろうとした事から、泥棒と勘違いされて縄で縛られる。オバサンは、二人を部屋でそのまま待っているようにと伝え、他の部屋へと向う。半田は、この状況を打破する為に、自分達を縛る縄…まずはカスミを縛っていた縄を口で噛み千切ろうとするのだった。
 『キルミン』を用いて『小屋』の内部へと侵入をしたリコ達。『キルミン』を使用する前、リムがタマオに「ちゃんと変身出来るの?」と尋ね、「出来ます」と威勢良く答えていたタマオは――卵型の状態に変身(多分、タマオ限定の『第一変身』)をしてリコ達の後をトコトコと付いて行く。ん~、一応、この状態でも自我を失わずに行動が執れる様にはなった…っぽい?(笑 歩を進める内に、オバサンの私室へと入ったらしく、その時、半田達から離れたオバサンが近付く足音を耳にし、慌てて四散するリコ達(笑
 擬態成功!…タマオ以外(笑 オバサンが私室に入った時、そこには誰も居ない。しかし良く目を凝らすと、ベッドの上の『白』と『黒』の模様の毛布の上にダルメシアン(白と黒の斑点のある犬)化をしたナギサが横たわり、またヌイグルミの寄せ集めの中に紺と白の体毛の兎化したリム、床に敷かれた同じく『白』と『黒』の柄の絨毯に、同様の色をした猫化のリコ。残るタマオなのだがー…無理でした(笑 見事にオバサンに目を付けられ、踏まれようとした瞬間、ベッドに寝ていたナギサが「ワン!」と吠えてオバサンの注意を逸らす事に成功。振り向くオバサンだが、既に再度擬態化をして誤魔化すナギサ。勘違いかと首を捻るオバサンは、リムがヌイグルミに化けている姿を目にし、ジッと見詰め続け…。
 オバサンの視線に耐え切れなかったリムは、少し身体を動かしてしまい。驚いたオバサンは思わず後退し、床で寝て擬態していたリコの尻尾を踏み、「ギャー!」というリムの声に驚き、またも後退するオバサンは、今度はナギサの寝ていたベッドへと尻餅を付き、またもナギサの身体を踏ん付けた為、ナギサも悲鳴を挙げて結果的にバレてしまう。しかしその時、開いていた私室の扉から廊下を横切る半田達を目撃したオバサンは、リコ達を放って半田達の後を追う。半田達は、部屋の奥へと進むと、その先で――。

 パンダは居たけど“ヌイグルミのパンダ”でした(笑 しかも電動式の等身大ジャイアントパンダの。という事で、部屋の奥へと進んだ半田とカスミが見たものは、生きたパンダではなく前述をした通りヌイグルミであり、二人は「え?」と呆然。その後に続き、オバサンが半田達に追い付き、「泥棒」となじる。またその後から、リコ達も追い付き、自分達が動物を救いに来ただけと抗議。リコは、オバサンを「パンダ山姥」と呼称(笑 あ、オバサンがパンダのケバイ化粧をしていた為、ね(苦笑 オバサンは「何ぃ!?」とばかりに驚愕し――。
 場面転換後…罠に掛かったケンが取り残された状態のまま、アッサリと和解するリコ達とオバサンは『動物の形をしたお菓子』を多数並べたテーブルに着く(苦笑 という事で、オバサンは何と動物型のお菓子(スイーツ)を専門に作る“パティシエール”(一応、女性なので(ぉ )でしたよっと。しかも動物が大好きで、取り分け、自室が『白』『黒』の斑点模様が多かった事と自身のけばいメイクから、パンダがお好みだそうで「お嫁さんになりたい位」だと豪語するほど(さり気なく半田が拒絶(ぁ )。ちなみに、オバサンは自分を『お姉さん』と呼称させる(苦笑 え~、積る話はさて置き、目の前に並んだ可愛い動物型のお菓子を食べようというリコを皮切りに、全員が「いただきまーす」とお菓子を食べ始める。
 カスミ、流石趣味は「美味しい物を食べる」と味(違い)が分かる子。 動物型のお菓子をを食べ始めるリコだが、期待していた甘さが無く「余り甘くない」と隣のリムと意見を交わす。しかしカスミは、「美味しい」「大人の味って感じ」だと褒め、オバサンも笑顔で「分かるか?」とご満悦。と、そこでナギサが改めて自分達の勘違いで迷惑を掛けた事をオバサンへ謝罪し、リコ達もその後に続く。タマオは、「味が分かる人だけに提供したい」という意味で、『白黒山』の山中に店を構えていた」と言い、オバサンは自分が「“芸術家”だから」だと返答。以降、皆楽しく目の前のお菓子を食い散らかす(マテ
 半田、サングラスの下はやっぱり美形(ジャニーズ系)。『牙組み』の中では、余り目立たない&不細工方面の一・二を争う半田だが、ふと手に持っていたホットの飲み物の入ったコップの湯気で、サングラスが曇った事で外して曇りを拭うの際に素顔の状態になると美青年。隣に居たカスミがそれに気付き「えっ?」といった表情。…まぁ、普通の少女漫画だとかにありがちな、眼鏡を取ったら美少女&美少年だった~なんてセオリー(王道)通りだと、カスミはますます素顔を知った半田に惚れ込む筈なのだがー…。あ、放置プレイのケンが喚いてます(ぉ

 カスミは“不細工専門”(ブサ専)…ではなく、異性の好みは“ダンディ(ナイスガイ)タイプ”がお好み? 夕暮れ時、オバサンの店を後にする際、半田はリコ達に別れを告げて去って行く。それに何も言わないカスミに、ナギサは後押しをするように声を掛けるも、カスミは「もういい」と半田の人柄の良さを評価しつつも、アッサリと「美形は好みじゃない」とサングラスを執った半田の素顔を見て冷めちゃった発言。流石のナギサも呆れ顔。
 一方、リコ達から少々離れた場所の叢の中から様子を窺う半田の背後に、何時の間にか来ていたカノンが声を掛ける。カノンは、半田の用事の結果を尋ね、それに『白』だったとうな垂れる半田からの答えを聞くと、すぐに今日中の下山を命令し、自分一人だけ蝙蝠の姿になって飛び去って行く。
 夜も更けた頃合、『白黒山』から神浜市へと向う最終バスにギリギリ乗り込み下山中のリコ達は、車中で諸々の謎が解けて良かったと安堵しつつも、タマオは元々事件性のあるものは無かったと結ぶ。“踊る骸骨”に関しても、オバサンの化粧が暗闇ではそう見えたと結論付けられるのだが――最終バスを追い掛けるように、闇夜に浮かぶ“踊る骸骨”の姿があるのだが…見事に最終バスに乗り遅れた半田(パンダ)であった。当然、最終バスには追い付けず、途中で追跡を諦めて公道に座り込む半田は、今日中に下山できそうにないとカノンに叱らる事を思案し、夜空に浮かぶ満月を見上げるので~あった。
 
■新エンディングテーマ曲 『Clap Your Sunday』 歌:Neko Jump New!!




『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の粗筋レビュー関連記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第30話
韓国版 『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』のOP曲と背景映像のギャップが酷い(笑
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第29話(総集編)
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第28話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第27話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第26話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第24話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第23話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第22話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第21話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第20話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第19話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第18話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第17話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第16話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第15話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第14話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第13話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第12話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第11話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第10話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第9話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第8話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第7話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第6話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第5話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第4話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第3話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第2話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第1話


その他、あにゃまる探偵 キルミンずぅの感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
あにゃまる探偵 キルミンずぅ


アニメ 『あにゃまる探偵キルミンずぅ』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
StarChild:あにゃまる探偵 キルミンずぅ


 次回は、第32話 『羽ばたけ!タマオの萌ゆる想い!?』です。

   /)  /)
  /  ⌒  ヽ
  | ☣ฺ_ ☣ฺ  |/\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (〇 ~  〇 | / < アニメ 『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』 ご期待下さい。
 /       |く    \_________________
 |     |_/ |/

アニメブログ 人気BlogRanking 宜しければポチッとお願いします~。
■当『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の記事一覧(最大15件表示)。
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第38話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第37話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第36話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第35話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第34話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第33話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第32話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第30話
韓国版 『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』のOP曲と背景映像のギャップが酷い(笑
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第29話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第28話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第27話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第26話
あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第25話
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: アニメ・感想 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (4) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

あにゃまる探偵 キルミンずぅ #31
このところ白黒山では、夜骸骨を見かけたという噂や、稀少動物を食べさせるお店があるなど怪しい噂で持ちきりです。そこでリコたちは、その調査のために白黒山へと向かったのでした。...

2010.05.20 (Thu) | 日々の記録

この記事へのTrackback

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第31話「白黒山だよ!パンダだよ!?」
踊る骸骨と希少動物を出す料理店

2010.05.20 (Thu) | 記憶のかけら*Next

この記事へのTrackback

あにゃまる探偵キルミンずぅ 第31話白黒山だよ!パンダだよ!?
あにゃまる探偵 ファイル14 白黒山で起きた2つの噂 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201005/article_19.html ...

2010.05.22 (Sat) | しるばにあの日誌(新館)

この記事へのTrackback

◎あにゃまる探偵キルミンずぅ第31話「白黒...
白黒山には踊るガイコツが現れる・希少動物を出すレストランがあるなどおかしなウワサがいっぱい。気になるリコたちは白黒山に向かいます。そこでちょうど弓道部の練習をしていたナ...

2010.10.18 (Mon) | ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。