一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

いちばんうしろの大魔王 第12話 (最終回) 俺達の“新生活”はこれからだ!⇒第1話に戻る…だと…?+AT-X放送版との比較。

Category: いちばんうしろの大魔王  06/19 /2010 (Sat)

第12話 (最終話) 『おしまいは完璧?』


どぅ~しましょうかね、これ。
――的な脚本家の構成過程のお悩みが聞こえて来た最終回のお話だったんだぜ...ililililorzililili 視聴者的にもどうするよ?みたいな(苦笑

:地上波版とAT-X放送版の規制の差異比較を追記完了です。
★追記:AT-X放送版と地上波版の比較。
■例の如く、左側がAT-X放送版、右側が地上波版。

※クリックをすると別窓拡大。
本当に誰が喜ぶの?
――的な微妙な修正前後の場面。特にけーながピーターハウゼンから形見の“牙”を貰うシーンとか…修正掛ける意味がないなぁ(笑




さて、取り急ぎ笑えるネタから順に~。

■最終回はアイコン規制なし!が、半端な黒&白塗り規制が…半分はグロ(ぉ

誰が喜ぶのかと小一時間。
いや、まぁけーなの白塗り修正はまだ良いけど、グロ的な描写の黒塗りとか…。もう巫女さんが機械だって描写されてしまってるしねぇ...?

■阿九斗、“魔王”覚醒前と後のまとめっと。

※クリックをすると別窓拡大。
阿九斗「信仰や物語に頼った生き方よりも」
「日々の生活の中で他人と共感出来る生き方の方が強いと信じているからだ」

え~、“神”を殺す目的を背負った阿九斗。その理由は、「ネットワーク端末としての“神”を殺す為」。そして、阿九斗の信念は先の台詞の通り。

 望一郎が胴体を真っ二つにしたスハラ神に仕える(?)巫女さん曰く、『“魔王”は“自動律”と結ばれ、“新世界の父”となるべき存在』であり、『“魔王”は神々が想像した『デバイス』で、また“神”の『代行者』として、人類を滅ぼす為に生まれた』…のだそーでっす。

■ピーターハウゼン…今回の一番の功労者っぽい。

※クリックをすると別窓拡大。
ピーターハウゼン「我々だけが犠牲となり、他の者を救うのだ!」
ドラゴンからそういう言葉が出てくるとは思わなんだ(笑 今回の役回りは、阿九斗の相棒とスハラ神のシステムから主導権を強奪する事。
その後、何か良く分からない“神”が自分や阿九斗を始末する為に作った別次元の穴を、阿九斗が相殺する衝撃に巻き込まれて死亡(多分。
そういえば、けーなに自分の“牙”を遺品に持たせていましたけど、あれは何らかの効果が付加されているのでしょうか?再誕要素?(ぉ

■大和 望一郎…とは、結局は何だったのか(遠い目

永遠のNTRerだという事はよ~く分かった。
物語序盤から“ラスボス”臭を漂わせて暗躍していたにも拘らず、第11話と今回の最終回で目的発覚で一気に小物化しちゃった望一郎(苦笑
“次元切断”とかいうチート性能の力を持ちながらも、アニメ的尺の問題で、小さな見落としが元で阿九斗に敗れ去った可哀想な役回り。
更に金髪けーなにその意志がないにも関わらず、自分の愛を相手に押し付けがましく貫き通すという尋常ではないストーカー男だと判明(ヤメレ

 え~…望一郎の真の目的とは、“自動律”の金髪けーな(裏けーな)曰く、『“未来”の自分(”自動律”の女性)が、“神”のシステムから解放されて幸せになれるように、過去の“自動律”を使って『単一種』となり、神々を支配するつもりだった』(要約)のだそうな。
 またスハラ神が現状のシステムを維持したがった理由を、『別次元からの侵略者を防ぐこと』や『別次元への進化』だという望一郎だが、それが気に食わないという…自分の目的が根底にあって(爆 まぁ、『別次元からの~』とかって、余計な風呂敷を最終回で更に広げた感じがあるけど、そこに“深み”は全く感じられないという(苦笑 だって、それらしい描写皆無なんだもん♪(致死

■曽我 けーなと内なるけーなこと“自動律”…最終局面を掻っ攫っていった張本人(笑

裏けーな「貴方(望一郎)のやり方では無理なんです」
望一郎ェ…と思わざるを得なかったアッサリとした望一郎からの好意を拒絶した裏けーな(“自動律”)の先の台詞(苦笑 普通に噴いた(笑
まぁ、この台詞が望一郎をストーカー男と認定せざるを得ない状況へ突っ走らせる事に。“時間旅行者”なら学習しろよと小一時間。

 スハラ神の信仰者っぽいメカ巫女さん曰く、“自動律”とは『再誕の標』であり、例えけーなが死亡したとしても“自動律”という存在自体は残り、また必然的に新たな人間へと憑依(寧ろ潜在)する事になるという。 あ、そだ。“神”は“自動律”の意志には逆らえないのだそーでッス(の割には、けーなをメカ巫女さんを通して阿九斗諸共に殺害しようとしていたよーな。「また別の人間に移るのを待てばいっか」的考えという話?)。
 ん~…そういえば、望一郎が一方的に横恋慕をしていた金髪けーなって、望一郎にとってどういった間柄だったのだろうか…謎は放置されるばかり(マテ

■曽我 けーな、最後まで目立った正規ヒロイン…か?

※クリックをすると別窓拡大。
で。
透明化能力の秘匿の理由は?
と、ふと最終回を迎えて思った(何故 いや、ヒロシが「空を飛べる以外は能が無い」と言い、阿九斗も「内緒にしているのか」と発言の為。
ま、どうでもいっか…レベルのお話なのでしょうけどね(笑 いや、Qちゃんが透明になれるのはお化けだからで、そこに理由を抱かないしなぁ。
さて、え~っと。“自動律”としての自分の役割を、実際は最終回で認識したにも関わらず、それと向き合い意思疎通を図っちゃったけーな(笑
もう少し自分のそうした無意識化の行動を認識するような描写があった方が良かったよなぁ、とここでも突っ込みたくなるから困った(苦笑

■服部 絢子、阿九斗の為に家を捨てた様子。

絢子「私はお前の為に家を捨てると宣言してきた」
ん~、絢子の愛は純粋に美しい。が、同じ様な気持ちが根底にあった望一郎の愛は、長く旅する内に屈折をしていた事が良く分かる。
最終回での絢子の役回りは、阿九斗がケリを付けた場所までヘリで移動。目的の場所でけーなと倒れる阿九斗を目にして安堵の表情。
意識を取り戻した阿九斗の謝罪に、絢子は決意ある先の台詞を伝え、照れ交じりで嫁入りを切り出そうとするも、ゆう子達の到着で終了(笑
後はエピローグでマナの授業で阿九斗との会話コント。更に八咫烏の定期検診の阿九斗の“魔王”判定に、再度、絢子は多忙の日々へ(マテ


■服部 U子(ゆう子。芸名:星野 ゆり)、記憶改竄後もイラッ☆(マテ

え~…回を増す毎に人格崩壊をしていたゆう子。ブレイブ=ヒロシだと判明後も、ヒロシの勇姿に「モーマンタイ!(無問題)」といった様子。
ゆう子の“魔獣”の血は、スハラ神によって制御されており、“魔王”である阿九斗が余計な事をすると危険が及ぶ為に敢えて対応せず。
“自動律”による人類の記憶改竄後、ゆう子は阿九斗に敵対心なく姉・絢子の“気持ち”を代弁し、寝取っちゃうぞ☆発言でヒロシェ...(マテ
記憶改竄後、ゆう子に“魔獣”の血の症状がないのは、ピーターハウゼンがスハラ神のシステムの主導権を奪った事で解放された為。
う~ん、初登場時のゆう子は良い子そうだったのに、人格崩壊の件で最後まで素直に彼女を見る事が出来なかったのは残念…かなぁ(汗

■これも一種の“自動律”の力なのか。

アルヌール「流石は会長ですわ~♪」
一同「喋ったぁ!!?」

はい(笑 “自動律”の記憶改竄後の世界で、生徒会室で副会長・書記・会計とリリィが会話を交す中、ふと書記のアルヌールが先の台詞。
ある意味で今回一番の衝撃だったアルヌールの人語発言(笑 ご存知の通り、彼女は記憶改竄前の世界では「ぐが」としか喋れないキャラ。

■その他のキャラ達....orz

ころねの出番が…orz
けーなと絢子は二大ヒロインで、その他は蛇足的要員な扱いの最終回。確かにころねと不二子に関してはメインのお色気回有で救済か(笑
リリィは前回大活躍でしたしね。生首は…あ~…どうでも良い(ぉ 阿九斗達の担任兼養護教諭(未だ名前を覚えず)は…どうでも(ry

■アイキャッチ。

■アイキャッチのをまけ。

ころね可愛いよころね。



あ~ぁ....。
ドタバタ学園エロラブコメ――
やっときゃ良かった。公○式(マテ

とかって書いちゃうけれど、“大魔王”というタイトル付いている当作品の嗜好性もへったくれもなくなるってお話だよなぁ...。
でも実際問題、“お色気”云々に感けず、土台のある構成でやってれば、後半の展開にもそれなりの印象だったと思うんだ…視聴者的に。
まぁ、その“お色気”もブログの記事ネタにはなりましたし、それ自体で話題作りも出来たというお話なのでしょうけどねぇぃ。

 う~ん…酷い(苦笑 これは褒めていませんよ?作画は一定していて良かったとは思いますけど、問題はやっぱり物語の展開――は兎も角としても、事前にあるべき諸々の説明が無かった為、ここ数話の視聴者置いてけぼり感の補完(補足)もなく、キャラ達が一人歩きをするように最後まで突っ走ってしまっていた印象で終わってしまいました...ililililorzililili しかも“夢”オチであるかのように、最後の〆は“神”が変った事と裏けーなこと“自動律”のおねーちゃんが、阿九斗を取り巻くキャラ以外の世界の住人の記憶を書き換え、ほぼ第1話・第2話の設定に戻ってしまうという....。いやね、“自動律”もあの局面になってから重い腰を挙げるように、「阿九斗が平穏な暮らしが出来るように」とかって記憶改竄をやっちゃうならば、最初からそうしやがって下さいと小一時間。まぁ、けーなが自身を“自動律”という特別な存在だと認識して初めて精神世界(汗 でもう一人の自分とセッションが可能になった、というお話な(“神”からの解放もあって…か?)のでしょうけどねぇ....う~ん(滝汗 理由付けも薄いのだよね、うん。

 個人的には、SF的な舞台を展開としたお話は大好きなのですがー…悔やまれる要素は前述でも愚痴った微々たる説明が蛇足的且つ唐突に出て来た事。これでは、キャラは意味の通じる言葉を口にして物語を進められても、原作既読者以外の視聴者には全く優しくない仕様である事は間違いなかったかな。特に大詰め(最終回)などで唐突に“精神世界”といったものを持ってこられても、自己解釈レベルの表面的な納得しか出来ないっていう。勿論、そこまで突っ込むほどのアニメ作品ではないのかもしれませんけどね...。アニメ作品を楽しむ上では、やっぱり諸々を納得して最後までみたいのがアニメファンの人情的なもじゃないかなーと。取り合えず、そうした印象が当アニメ作品の中盤以降の展開では拭えず仕舞いだった事が非常に残念でありました。
 あ、でも前半のお話の大半を占めていた“お色気”描写過多で攻めていた物語の構成は良かったし、何も考えずにそれなりの理由付けでまだ素直に見れてました。前述で大きく青太文字で煽った様に、最初から最後までそうした志向性を徹底的に定めるべきだったんじゃないかなー、と悔やまれます(そこまで!?

 最後に、当作品の私的な評価は“普通作”(凡作)とさせて頂きます。そして、月並みでは御座いますが、アニメ制作スタッフ方々、キャラクターの中の方々(声優さん)、本当にお疲れ様でした。第2期があるとするならばー…もう学園エロラブコメに終始して貰えると(ry(マテ え~、また当方の長ったらしいレビュー記事にどれだけマトモに読んでいただいた方がいらっしゃるか分かりませんが、最後までお付き合いして頂いた方々にも感謝を致します。本当にありがとう御座いましたm(__)m

 :ふぅ、視聴後の妙な虚脱感で思った事が浮かばない(爆 そして右手がキリキリするので後程また追記っと。



当ブログの『いちばんうしろの大魔王』のレビュー/感想記事は下記リンクから宜しければどうぞ。
いちばんうしろの大魔王 第11話 謎が深まるばかりで回収できんのかッ!?的感想(ぉ+AT-X放送版との比較
いちばんうしろの大魔王 第10話 色々な説明は放置プレイで物語は勝手に加速するっぽい感想+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第8話 触手回…と思わせといて至って普通のお話だった気がする感想。+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第7話 アイコン規制が無駄に多いがそんな事はどうでも良い感想(マテ+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第6話 水着回だョ!全員集合というか色々酷い感想(何+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第5話 パンチラまとめよりもアイコン規制が多かった気がする感想(マテ+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第4話 パンチラ…まとめになってないちょい感想+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第3話 パンチラまとめと書きたいが…なちょい感想+AT-X放送版との比較とか。
いちばんうしろの大魔王 第2話 パンチラまとめだとかちょっと感想だとか+追記で比較とか。
いちばんうしろの大魔王 第1話 ふんチラまとめ+ちょい感想+比較?


その他、『いちばんうしろの大魔王』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
いちばんうしろの大魔王


アニメ『いちばんうしろの大魔王』公式HPは下記リンクからどうぞ。
いちばんうしろの大魔王


アニメブログ 人気BlogRankingう~ん、これは…どう評価して良いやら(苦笑 宜しければポチッとお願いします~。
■当『いちばんうしろの大魔王』の記事一覧(最大15件表示)。
いちばんうしろの大魔王 第11話 謎が深まるばかりで回収できんのかッ!?的感想(ぉ+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第10話 色々な説明は放置プレイで物語は勝手に加速するっぽい感想+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第9話 愈々物語りは動き出すっていうか詰め込み過ぎな…感想?+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第8話 触手回…と思わせといて至って普通のお話だった気がする感想。+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第7話 アイコン規制が無駄に多いがそんな事はどうでも良い感想(マテ+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第6話 水着回だョ!全員集合というか色々酷い感想(何+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第5話 パンチラまとめよりもアイコン規制が多かった気がする感想(マテ+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第4話 パンチラ…まとめになってないちょい感想+AT-X放送版との比較。
いちばんうしろの大魔王 第3話 パンチラまとめと書きたいが…なちょい感想+AT-X放送版との比較とか。
いちばんうしろの大魔王 第2話 パンチラまとめだとかちょっと感想だとか+AT-X放送版との比較とか。
いちばんうしろの大魔王 第1話 ふんチラまとめ+ちょい感想+比較?
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: いちばんうしろの大魔王 Genre: アニメ・コミック

Comments (7) | Trackbacks (23) | TOP

Comment

あれ?最終回の感想がずいぶんと(ry
内容酷くて納得いかない感じが伝わってきます。

駆け足展開はヒロシ妹回以降ずっとそうだったので残念ではありますが、服部ゆう子ちゃんをメインに面白くはあったんですよね。
最終回もヒロシ正体バレ&抱擁シーンまでは良かったのに、オチが酷い。
本人は姉を煽る為にああいう言動を取ったと見るのが自然ですが、一件
ゆう子ちゃんマジビッチ!!でヒロシNTR涙目www に映るから困ります。

いやホント「淫獣とか別にそんな事は無かったぜ!」と精霊会議のように改竄してたのは苦笑するしかないですね。

2クール物はクェイサーでさえダレてしまい、1クール物は後半飛ばしまくり。
前半は丁寧に作ってたのに・・・こういう悪循環を何とかして欲しいところです。

Posted at 13:16:44 2010/06/19 by ナナミ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 19:39:12 2010/06/19 by

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 19:40:43 2010/06/19 by

Comment

Re: タイトルなし

ども、ナナミさん。

> あれ?最終回の感想がずいぶんと(ry
自分に正直な人間なので、感想も自然とそうなってしまいます(マテ

> 最終回もヒロシ正体バレ&抱擁シーンまでは良かったのに、オチが酷い。
裏けーなに何もかも都合良くリセット喰らっちゃいましたからね(苦笑

> いやホント「淫獣とか別にそんな事は無かったぜ!」と精霊会議のように改竄してたのは苦笑するしかないですね。
精霊会議とは懐かしや。
何というか…『もうどうにでもな~れ~』的AAがお似合いです(マテ

> 2クール物はクェイサーでさえダレてしまい、1クール物は後半飛ばしまくり。
> 前半は丁寧に作ってたのに・・・こういう悪循環を何とかして欲しいところです。

クェイサー…ありましたね、かなりあざと過ぎるけど気合の入り過ぎたお色気アニメが(マテ
あの作品で2クール構成という情報の時点で、個人的に既にヴァー状態でした(何
最初のインパクトがかなり強かった故に、ちょっとでもダレるとすぐに違和感が際立つのも無理は無いお話しなのでしょうけど…う~ん。

取り合えず、大魔王は当初から制作プロジェクトの一員に居る脚本家だとしても、もっと慎重に選んで貰いたかったorお話をもっと練って欲しかった気がします(原作ありきをどう曲げられるかが腕の見せ所(マテ )。

>管理人のみの内容
え~っと、公式HPの放送情報には普通にそう書いてありますよね(笑 単語的にはどちらでも良かった気がしなくも無かったですが。
公式HPの放送情報のあらすじを見ていて大分前に気付いてましたが、もう書いてしまった後だからどうでも良いや、と放置してます・させて下さい(ぉ
当記事も中途半端に修正加えるよりマシだろうし、恐らく誰も気にしてn(ry

いけない、眠過ぎて頭が良く回らないし右手の鈍痛で…寝ますzzzZZZ
コメントありがとう御座いました~。

Posted at 22:41:30 2010/06/19 by 天魔@管理人

Comment

>最後になって助けたのは自同律と自覚することで力を使えるようになったから?

実はけーなは最初から自同律に電波されてます
自同律がただの愉快犯なだけです

Posted at 10:43:09 2010/06/20 by 多賀谷さん

Comment

Re: タイトルなし

おはこんにちは、多賀谷さん。

> 実はけーなは最初から自同律に電波されてます
> 自同律がただの愉快犯なだけです

な、なんだってぇー!!?
あ、いや当初から電波ってたのは分かります。
しかし成る程、“自動律”は愉快犯なんですね(笑
それにしても、色々と(展開的に)持って行き過ぎだと思います(苦笑

やはり大魔王は、原作既読者専用仕様だったのか...orz

コメントありがとう御座いました~。

Posted at 11:04:32 2010/06/20 by 天魔@管理人

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 02:12:23 2011/08/12 by

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話(最終回) 「おしまいは完璧?」 感想
用意された物語に比べれば、人の歴史の流れと いうのは、うっとりするほど素敵だもの けーなを連れてスハラ神殿にやって来た望一郎。 「...

2010.06.19 (Sat) | ひえんきゃく

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 最終回 感想
 いちばんうしろの大魔王  第12話 最終回 『おしまいは完璧?』 感想  そして魔王は歴史から消える・・・。  次のページへ

2010.06.19 (Sat) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話(終)
[関連リンク]http://www.mmv.co.jp/special/daimao/ACT12 おしまいは完璧?いよいよグランドフィナーレです結局は神のシステムによって魔王が生み出されているそれを壊すことで全てを終わらせよ...

2010.06.19 (Sat) | まぐ風呂

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 #12(最終回)「おしまいは完璧?」 ★★★☆☆
おしまいは完璧?じゃねーよw けーなちゃんがもう1人の 自分との会話を頑張ったら魔王の歴史が改竄されて一件 落着。ゆう子ちゃんが阿九斗に懐くEDってあんまりだ!! ヒロシ×ゆう子ちゃんが途中まで良い雰囲気だったのに。最後のゆう子ちゃんビッチ、NTRっぽくてヒ

2010.06.19 (Sat) | ナナミの雑記部屋

この記事へのTrackback

「いちばんうしろの大魔王」12話 おしまいは完璧?
大団円、かな? わずかばかりの差があるもののスタートに戻ると言っていい状態になる終わりというのは非常にベタっていうかお約束的とも言え...

2010.06.19 (Sat) | 蒼碧白闇

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」 <終>
神というシステム壊すために立ち上がる阿九斗。その前に立ちはだかるブレイブ(ヒロシ)。 「いちばんうしろの大魔王」の最終第12話。 渾身...

2010.06.19 (Sat) | ゆる本 blog

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話(最終回)
(絵面はカッコよかったんですけどねえ) いちばんうしろの大魔王 第12話の所感です。

2010.06.19 (Sat) | アニメ与太話

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」
君の将来は魔王だ!  運命はそう簡単には変わらないようですw システムである神はどういう目的だかで人類を消そうとしていた。 そのため...

2010.06.19 (Sat) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 最終回 「おしまいは完璧?」 の感想
いちばんうしろの大魔王 (HJ文庫)伊藤 宗一 by G-Tools 最後の最後まで ピーちゃんが熱すぎる件 -公式サイト- いちばんうしろの大魔王  ...

2010.06.19 (Sat) | 24/10次元に在るブログ

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 最終回の感想
アニメ いちばんうしろの大魔王 第12話(最終回) 『おしまいは完璧?』 の一言感想です。 これでカンペキって言われても、正直困る...

2010.06.19 (Sat) | 自堕落アニゲー生活

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話(最終回)「おしまいは完璧?」
神との最終決戦!超展開な最終回! 原作ってまだ続いてるのかな? 原作と同じ展開なのか気になりますw 魔王・紗伊阿九斗の前に立ちふさ...

2010.06.19 (Sat) | 空色きゃんでぃ

この記事へのTrackback

(アニメ感想) いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」
いちばんうしろの大魔王 第2巻 [Blu-ray]クチコミを見る けーなを連れてスハラ神殿にやってきた望一郎。「自同律」であるけーなと単一者の契約を結び神をしはいしようとする。が、そこに阿九斗が現れ、神を前にしたふたりの戦いが始まった。 ↑ポチって押して頂けると

2010.06.20 (Sun) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王! シリーズ感想
各話感想はやってなかったですが、最終回まで視聴したので、シリーズ通しての感想を書いておこうと思います。

2010.06.20 (Sun) | 妄想詩人の手記

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 『おしまいは完璧?』 感想
最後まで怒涛の展開。いちばんうしろの大魔王 第12話 『おしまいは完璧?』 の感想です。

2010.06.20 (Sun) | メルクマール

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 ACT12 「おしまいは完璧?」
ころねのアイキャッチが今回の本編だ!!(キリッ 終盤での各ヒロインのアイキャッチのエロさと作画の完成度の高さは凄かったな~。 ストーリーに関しては・・・ 微妙にABと似通ってるなと思ったり、思わなかったり・・・ 神と言う存在はシス...

2010.06.20 (Sun) | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話「おしまいは完璧?」
”いちばんうしろ”って意味あったか? 結局何が変わったんだろうか。

2010.06.20 (Sun) | からふるdays

この記事へのTrackback

「いちばんうしろの大魔王」 第12話(最終回)
☆ 「いちばんうしろの大魔王」 第12話(最終回) ☆  全話終了しましたので、簡単な総括感想などを。  本作は今期、最も期待していながらも、最も期待を裏切られた作品でした。 感想も初回から9回までは書いていたのですが、終盤は挫折しました。 期待が大きかっ ...

2010.06.20 (Sun) | HARIKYU の日記

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話
いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」 です。 -キャスト- 紗伊 阿九斗:近藤隆 曽我 けーな:豊崎愛生 服部 絢...

2010.06.20 (Sun) | 何気ない一日

この記事へのTrackback

男性視聴者のほとんどは…(B型H系とかいちばんうしろの大魔王とか)
【HEROMAN 第12話】ジョーイとリナのデートと、それを尾行するサイたち一同。そしてここに来てようやく登場するリナの私服wの回。ある意味お約束なお話ですが、これまであまりキャラの掘り下げ描写をしてこなかっただけに嬉しい回でしたね。ロボの暴走のニュースを見て

2010.06.21 (Mon) | アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話(終)
第12話『おしまいは完璧?』いちばんうしろの大魔王 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・いい感じに終わった?

2010.06.21 (Mon) | ニコパクブログ7号館

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話『おしまいは完璧?』《最終回》
最終回を迎えて思う事…この作品、どこまで原作に沿ってたんかいな~と。 後半4話分程の展開が異様に早かったのが惜しいなァ。 いちばんうしろの大魔王 第2巻 [Blu-ray]出版社/メーカー: メディアファクトリーメディア: Blu-ray

2010.06.21 (Mon) | 風庫~カゼクラ~

この記事へのTrackback

いちばんうしろの大魔王 第12話 おしまいは完璧?
魔王という存在はガス抜きどころではなかった。神というシステムは本当に人間を滅ぼして(人間のデータ自体は残すらしい)、結果的に世界を別次元へ進化させるとか、世界全体を考えてのことらしいですが、いくらなんでも超展開すぎるだろう。大和も最終的には神からの開放を...

2010.06.24 (Thu) | 猫が唸る感想日記

この記事へのTrackback

◎いちばんうしろの大魔王第12話「おしまい...
アクトがケーナを助けようとしたところに、ブレイブがやってくる。そして、彼女のことならなんとかできると思うよというが戦いになる。アクトはハウゼンで突撃する。なんか、最終回...

2010.09.25 (Sat) | ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。