一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

伝説の勇者の伝説 第4話 (レビュー/感想)

Category: 伝説の勇者の伝説  07/24 /2010 (Sat)

第4話 『ライナ・レポート』


ストーリーは…。
「何かを無理やり変えたいと思ったことはなかった。
けど、変えなきゃ悲しいし、もう何も失いたくないから───めんどくさい話だが、そろそろ前へ進もうかと思う。誰もが、何も失わない世界を手に入れるために。みんなが笑って、昼寝だけしていればいいような世界へ」


え~と…。

『ウェスカーレポート』のパロ回(嘘
え~、サブタイの『ライナ・レポート』と聞いて安直に浮かんで来たのが『ウェスカーレポート』だったので書いてみただけ~(投槍(ぉ

それでは、相変わらず簡易的に。

■投獄されたライナ。


(約2年間の月日)


長髪&顎鬚のライナになんとな~く――
『DTB』第2期の黒を思い出した。
うん、以上(笑 という事で、面倒臭がりな性格のライナが、投獄中に看守に頼んで借りて来て貰った書物を読み、何かのレポートを執筆。
レポートの執筆期間は投獄中の約2年間。その間、最初から気さくだった看守と仲良くなって雑談を交わす程の余裕もあった様子(笑
さて、投獄中に用足しやお風呂は?といった、そんな些細な所に突っ込みを入れたくなる流れをぶった切り、突然のライナへの釈放命令。
勿論、看守は釈放命令=処刑と思い表情暗く、ライナも同様にと思っていたのだが――収監所から出たライナを出迎えたのはフェリスで…。

■ライナ vs フェリス…その①

え~、釈放後に収監所の入り口に出迎えたフェリスに同行するライナであったが、人の目の無い森の中に指しかかった頃に自ら逃亡を宣言。
そこでフェリスがライナを『色情狂』扱いをした上で、逃亡をすると宣言をしたライナと戦闘開始。先に仕掛けたのはライナであったのだが…。
何とフェリスはライナが使用した魔法の発動と同時に、浮かび上がっていた魔法陣ごと大剣で真っ二つに切り伏せ、驚愕するライナであった。

■ライナ vs フェリス…その②

ライナとフェリスの戦闘は続き、ライナは自分自身に身体能力を高める補助魔法を使用し、接近戦主体であろうフェリスに対抗する。
しかしライナの思惑とは裏腹に、身体能力を高めた自分の動きに平然と追従し、更には魔法を使わせない程の攻勢を見せるフェリス。
驚くライナは“複写眼”を用いてフェリスを調べるも、魔法も付与していないフェリスの身体能力に愕然とし、結果的に追い詰められて白旗。
しかしフェリスは、ライナが手加減をした事を察しており、ライナも傷付けたくない意志の言葉を聞くと、突き付けていた大剣を退けるのだった。
う~ん、ライナから大剣を引いた後に、感情の起伏無く自分の美貌を自画自賛していたフェリスに噴く。っていうか、正直、笑えない(ぁ

■ライナがお世話になった看守とその家族。

名前は分かりませんが、ライナが投獄中に親しくなった…というより、既にかなり人柄の良い看守。そして看守には妻と赤ん坊の娘が。
それから約2年後が経過した後、ライナが出所した際、ライナに対して名前を口にして手を振る看守の娘。看守の子煩悩ぶりが微笑ましい。


■アイキャッチ。




うん。
説明すべき所の描写を端折ってどうするよ。
と、個人的にだけれど、相変わらず何か色々と抜けている物語の展開に首を捻る私が居る。描写の端折り方も中二病設定ってレヴェ(ry

だがしかし――。
戦闘描写は割りと秀逸。
みたいな?お話の展開は兎も角として(コラコラ、戦闘描写は何気に気合いが入っている当アニメ作品。魔法のエフェクトが良いなぁ(ぇー

 第4話終了~。前回のグロ回から比べれば、なんぼか安心して見れたお話でしたが、『ルシル怖いよルシル』としか言いようが無かったなぁ。相手が意識・理解する前に首チョンパ可能な実力って…と、前回にその実力の一端を覗かせてましたけどね。人とそれなりの会話をするけれど、そうした言動にルシルの“人間性”が余り感じられないのは何故だろう(苦笑 音も無く建物内に進入&自然消滅っぽく去れる時点でオカシイわけだけど。でも、ルシルに呼び付けられたシオンが、彼から与えられた“問い”とやらにどう答えて事無きを得たのか…そういう描写が無かったのは残念だなぁ...。深みが出そうな場面を余裕で端折るよね、このアニメ作品(笑
 え~、それはさて置いて、日の光も余り(全く?)差し込まない牢の中での、サブタイ通りにライナが書き記す“研究レポート”内容が今回の基本的な物語――という訳ではない(爆 兎も角、約2年近くも牢獄暮らしを続けつつ物書きとか凄いよなぁ...髪は伸びたけど髭は殆ど伸びずに(元々薄いのだろうけど。 長髪を後ろ髪に結った&顎鬚のライナに何となく『DTB -流星の双子-』のやさぐれ黒(ヘイ)を思い出した(笑

 投獄中のライナは不便そうな様子も無く意気揚々としてて噴く。高等収監所という割には、看守の男性が良い人過ぎる対応をしていて噴いた(滝汗 態々ライナの要望に応えるんだもんなぁ…。普通、こういう場に居る看守は、決して収容者(罪人)に心を許さず暴虐的性質な者が王道的設定なのだけど。しかしライナもこの看守の粋にぶら下り。長く居る牢の中で自我崩壊せずに平然としていられるライナの様子に看守が驚いてましたが、やはり幼少期からの虐待的な日々によってそれなりに慣れているからなのか。寧ろ看守がある意味で後半は自我崩壊をしていたよーな(マテ う~ん、ここまで状況に適応するライナの精神力は良いのか悪いのか(笑 というか、図書館から借りて来た本がずっとライナの手元にあるように思える描写だったけど、定期的に返しているのか怪しい...(滝汗
 で、愈々処刑かと収監所を出る事になったライナを待ち受けて居たのはフェリスで~…って、初対面時からフェリスはライナを『色情狂』とかって罵ってたのね(笑 そして有無も言わさず早々に戦闘、と(苦笑 ライナが逃亡を図ろうとした事もあるけど、その実は実力を推し量る意図もあったようだけど、何か色々と大事な所を端折っている気がするなぁ…このアニメ作品(原作通りかな? “魔法”で応戦したライナだけど、色々と使えたのは図書館の本から~…は、流石に無理があるとして“複写眼”で記憶したものを多用したのかねぇ。“魔法”は利便性が高いけど、やっぱり詠唱時間にネックを感じるね、うん。
 
 というかさ、フェリスの戦闘能力(寧ろ機動性寄り)の高さが、自分に補助魔法を使用して飛躍的に身体能力を高めたライナのそれと同等以上だったとは。でも所々、所持していた大剣の長さが変わっていたよーな(爆 ま、兎も角、ライナ自身もそれなりの手加減をしていたみたいなので、双方の実際の実力が拮抗というか優劣がどちらに在るのかは…不明っと。勿論、“複写眼”が大暴走すれば分が在るのはライナでしょうけどね…完全にルシル寄りになるでしょうし。ん~、フェリス曰く、『兄・ルシル以外に手合わせで手加減をされたのはライナが初めて』、だそうな。
 ライナが投獄されていた約2年の月日で、どういった経緯があったのかの描写皆無なのに、既にローランド国の新国王の座に就いていたシオンとご対面のライナ。…いや、だから諸々端折り過ぎ(爆 この事から、ライナを牢から出したのは国王の権力を獲得したシオンのお陰だったのだけど、フェリスがライナを出迎えた時点でそういう展開なのはお約束…くどいようだが、ここの流れは諸々端折り過ぎていて微妙(笑

 え~、ライナが投獄中に書いていたレポートは、既にシオンの手元に届けられており、レポートのタイトルは『昼寝王国を作る為には』で…なん…だと…?という事で、そのレポート内に書いてあった『“勇者の遺物”を他国への抑止力として使えば戦争を無くす事が出来るんじゃね?』的な内容をシオンが読んでしまったらしく、ライナはシオンに“勇者の遺物”の回収をフェリスと共に命じられるのであった~…って、第1話の展開はライナ自身が巻いた種だった、という事みたいですね(苦笑 一応、自立しようと思う文章で結んでいたりしましたけど…ね(苦笑 多分、フェリスやシオンから逃げ遂せていたらば、彼なりに自立した人生を謳歌していたのかも?(ぇー
 しかしシオンの後にルシルが控えてますけど、完全にルシルは“黒幕”ですよねぇ。シオンも何処までルシルの“操り人形”状態で玉座に居るつもりなのか~。

:ま~た後々に何かを追記するかもしれません?

■『伝説の勇者の伝説』の当ブログレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
伝説の勇者の伝説 第3話 (レビュー/感想) 今期アニメはグロ描写が流行っているのか(ぇ
伝説の勇者の伝説 第2話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第1話 (レビュー/感想)


当ブログ以外の『伝説の勇者の伝説』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
伝説の勇者の伝説


アニメ 『伝説の勇者の伝説』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ「伝説の勇者の伝説」公式サイト


 次回は、第5話 『目覚め始めた世界』です。


アニメブログ 人気BlogRanking 宜しければポチッとお願いします~。
■当『伝説の勇者の伝説』の記事一覧(最大15件表示)。
伝説の勇者の伝説 第15話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第14話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第13話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第12話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第11話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第10話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第9話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第8話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第7話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第6話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第5話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第3話 (レビュー/感想) 今期アニメはグロ描写が流行っているのか(ぇ
伝説の勇者の伝説 第2話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 伝説の勇者の伝説 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (6) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第4話「ライナ・レポート」
ルシルはシオンを呼出し、エリス家が仕えるに相応しいか試す。 答えが気にいらないと斬首とか穏やかじゃないです(汗) シオンはこれを受け...

2010.07.24 (Sat) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説4話
いい最終回だった。というわけで、「伝説の勇者の伝説」4話看守に泣かれる死刑囚の巻。牢獄に大量の書物を取り寄せてもらい、論文執筆に精を出すライナ。急に真面目になっちゃって。...

2010.07.24 (Sat) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 #004『ライナ・レポート』
エリス家 庭園

2010.07.24 (Sat) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 #004『ライナ・レポート』
原作2巻まで読んじゃったよ~んな伝説の勇者の伝説。 アニメでも充分気だるいライナだけど、原作はそれ以上にだるだるしてて そこが良い!とかハマりそうな予感でイッパイっす。 …色々外伝展開も激しいので、順番が分からんかったけど 2巻巻末にオススメの読み順が記載...

2010.07.25 (Sun) | 風庫~カゼクラ~

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第04話
大門ダヨ 今回もまだ過去の話ですね 主人公のリュートが前回の件の責任を負って牢獄されるとこらからですね

2010.07.31 (Sat) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

◎伝説の勇者の伝説#004「ライナ・レポート」
シオンが、フェリスの家にやってくる。エリス家の当主のルシルが呼んだらしい。そして、ルシルが質問をするといいだす。気に入らない答えなら殺すという。エリス家は代々王の守護を...

2010.11.11 (Thu) | ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。