一眼レフ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

伝説の勇者の伝説 第6話 (レビュー/感想)

Category: 伝説の勇者の伝説  08/08 /2010 (Sun)

第6話 『暗がりに潜む者』


ストーリーは…。
「私は陛下に尽くすのみでございます。どんなことがあっても、陛下をお守りいたします。たとえこの命にかえようとも…
やはり、あなたを主(あるじ)として選んでよかった。真実の王というのは、あなたが望むのではなく、世界が望むのです。いい月夜です。よい眠りを……闇よ、有れ」

それでは、相変わらず簡易的に。

■ミラン・フロワード…というか“勇者の遺物”という指輪(ぉ

取り合えず――
発光演出させとけ、みたいな?
視聴者への印象付けってレヴェルじゃねぇぞ!みたいな感じで、上記のシーン(一部違)と発光する演出が多かったですね(苦笑
今回のミランの役回りは、ネルファ皇国へ表敬訪問するシオンに同行し、それと同時に敵対する不安分子を調査して処分するという汚れ仕事。
首尾よく自国の貴族達と手を組んでいたネルファ皇国の“黒幕”を、現国王の息子のスターネル・ネルフィと断定し、関係者の抹殺完了。
また王位継承権があるのかないのか良く分からんが、現在、ライナ達が宿泊している妾の子であるトアレ・ネルフィの暗殺も企てる。
これは国民からも親しみ・信頼のある者が王位に就けば、国力が強くなる恐れがあると懸念したミランの独断によるもの(?)だった様子。
トアレ暗殺の行く手を阻んだのがライナとフェリス。…まぁ、交戦の果てに決着は付かず、ミランの指輪が“勇者の遺物”とライナ達に発覚、と。

■ライナ・リュート…今回の虐待様子は~?(マテ

で、思ったね。
ライナの頑丈さは異常。
やっぱり『WORKING!!』の宗太という福山キャラ繋がりだからだろうか(無いわ。 何かもう1話毎に必ずライナの虐待シーンが入る予感(笑
今回は、フェリスに上記のように虐待されながらも、ミラン戦では相応のコンビネーションを見せつつ、フェリスの笑顔をゲットだぜ?(謎

■フェリス・エリス…ライナを虐待するのが日課。

終盤の微笑みは良かった。
と、思うけど、相変わらず個人的にフェリスの感情が一方通行過ぎて、その良さが分からないのが残念な所。悪まで個人的にね(苦笑
ミラン戦では、良く分からん場面でダメージを負って突っ伏してましたが、敵を前にしてライナを相手にコントするのだから余裕だよなぁ(笑
ミランに手傷を負わされた後、ライナが自分を高く評価した言動をしたのが起因してか、終盤のフェリスの微笑み描写だけは良かった、うん(笑

■ライナ&フェリス vs ミラン…戦闘描写は良かった。

ミラン「『闇よ、有れ』!」
うん、魔法の行使の言葉がライナのそれよりある意味で中二的(笑 でも魔法の詠唱より言葉が単純で済む分、利便性は高いよなぁ(笑
って事で、独断でトアレを暗殺しに向ったミランと鉢合わせしたライナ&フェリスが激突。ミランはライナ達をネルファ皇国の人材と誤解。
ミランの指輪は“陰獣”…いや、“影の獣”を先の台詞一つで攻撃に転じたり防御に転じたりと、ちょっとチート性能過ぎる印象。
相変わらず戦闘描写は魔法エフェクトやスピーディな描写で良い。…そういえば、フェリスが負傷したシーンが謎過ぎると思った(ぇ
結局、ライナ&フェリスとミランの交戦は、敵前とは思えぬライナとフェリスのコントにより興醒めのミランが撤退をして終了。う~ん。

■その他のキャラ達。

一番最後に懐かしいキャラが(笑
Oops...。まぁ、取り合えず左右順に。アバンに登場のシオンの母親…千葉さんorz シオンにライナ達の件を報告したイリス・エリス
シオンの右腕で新参者で過去の経歴が抹消されているミランを信用していないクラウ・クロム。スケコマシのカルネ・カイウェル
ライナ&フェリスがお世話になったネルファ皇国の王族の血を引くトアレ・ネルファ。第1話以降空気過ぎた“痛い子”のミルク・カラード

■アイキャッチ。




ん~。
ミランの指輪の発光演出過多。
何なの?と苦笑する位、凄まじくしつこさ爆発の演出でしたよね(汗笑 まぁ、視聴者に印象付ける意味があるのでしょうけど…くどい(断言(笑

っていうかやっぱり――
シオンの母親が千葉 紗子さんでしたね。
そんなに台詞は無かったので、多分、一回の収録で録ったものを今回のシオンの母親に当てただけの演出だったのかもしれませんけどね。

 第6話終了っと。う~ん、良く言えばギャグとシリアスの融合した作品なのかもしれないけど、ギャグはどちらかというと駄々滑りのよーな?(マテ 相変わらず、ライナを理由も無くイジり倒すだけのフェリスの心情というか、そういった描写が希薄すぎるというか、彼女の感情が今一つ伝わりにくくて――あ、そこが良い所なのでしょうかね?(汗笑 まぁ、キャラ(個性という意味で)はちょっと違いますが、無口系な綾波や長門とも違うけど彼女らはそれでも素直に可愛いと思えるキャラをしていますからね。その分、フェリスは…傍若無人系“ツンデレ”なのかなぁ...個人的にではあるけど、いまひとつ可愛いキャラ・萌えるキャラとも思えないのが残念だ、うん。最後に見せた“微笑”の演出だけは良かった、漸く感情らしい感情が見れたという意味で(笑

 ミラン・フロワード…うん、『闇よ、有れ』を連呼し過ぎ(爆 力を行使する単語が一つだけなのは微妙ぅ~?(笑 というかさ、あの赤い宝石の嵌った指輪(“勇者の遺物”である事が判明)の力が無かったらただの参謀役にしか過ぎないよね、今までの演出的に。普通の魔法に関する知識はあれど、行使する能力はあるのだろうか…。身体能力は如何ほどなのか(笑 もっと華麗に関係者達の暗殺をするシーンを――見せたら、ライナとフェリスと交戦する際の能力のインパクトが薄れるか…。
 っと、前述もしましたが、ミランの所有する指輪は“勇者の遺物”であり、伝説を記した書籍にも残る禍々しい逸話を持つ指輪なのだそうな。何でも、どこぞの王様が信頼の於ける部下に“影”を操る力の宿った指輪を授け、部下はその力を用いて害を成すであろう敵対する国の要人を次々と暗殺。しかし、暗殺をする中でとある騎士に指輪を付けた指を切り落とされたという。その騎士は“伝説の勇者”と呼ばれ、名前はハルフォード・ミランというのだそうな。まさしく騎士の名前と同じ名前を持つミランですが、指輪を所有する辺りやっぱり先祖だったりするのかねぇ....。

 ライナとフェリスは、先にも少し書きましたが妙なコントを交えながらのテンションで会話が進行したりするので、非常に気が抜けてしまうのは内緒(笑 真面目に物語が進行する展開と思いきや、ライナを蹴倒すフェリスだったりとか…テンポを考えた構成ではないよなぁ....全く面白くないわけではないけど。そんなライナとフェリスですが、ミランとの交戦中は割りと息の合ったコンビネーションを披露。でも何故か唐突にフェリスが負傷していたのには噴きましたけどね(笑 しかしながら、やはり常日頃はフェリスに文句垂れながらも、フェミニスト的に振舞ってしまうライナには苦笑してしまいました(何故 仕舞いには、ミランの指輪の解説を視聴者に分かり易く説明しているのが長過ぎるとフェリスに蹴倒されるとか...こういう妙な間合いでギャグを交えると微妙~な雰囲気になるのが人情ですが(ぇー 、お陰で交戦中だったミランも興が削がれた(ライナ達の暗殺意志は維持)と撤退させる事には成功しましたけどね。

 そして“痛い子”ミルクが第1話の初登場から凄まじく久々に登場!…いや、もう第6話でっせ....視聴者も既にうろ覚え気味でしょうよ(マテ しかし相変わらず、自分の職務による行動というより、それを建前としてライナを追っている…あれ?ストーカー?(ガクガク まぁ、次回はミルクにも相応に出番があるみでいですけど、映像的にもキテるぜ...こやつ(笑

 さて、ライナとフェリスがミランは自分達の仲間だと知る展開がアニメ作品の放送終了までにあるのか(笑

:後々に少し追加予定~。

■『伝説の勇者の伝説』の当ブログレビュー/感想記事は、宜しければ下記リンクからどうぞ。
伝説の勇者の伝説 第5話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第4話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第3話 (レビュー/感想) 今期アニメはグロ描写が流行っているのか(ぇ
伝説の勇者の伝説 第2話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第1話 (レビュー/感想)


当ブログ以外の『伝説の勇者の伝説』の感想記事をお探しなら下記リンクからどうぞ。
トラコミュ
伝説の勇者の伝説


アニメ 『伝説の勇者の伝説』 公式HPは下記リンクからどうぞ。
TVアニメ「伝説の勇者の伝説」公式サイト


 次回は、第7話 『その手を離さない』です。


アニメブログ 人気BlogRankingミルク…今更になって登場て。宜しければポチッとお願いします~。
■当『伝説の勇者の伝説』の記事一覧(最大15件表示)。
伝説の勇者の伝説 第15話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第14話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第13話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第12話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第11話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第10話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第9話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第8話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第7話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第5話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第4話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第3話 (レビュー/感想) 今期アニメはグロ描写が流行っているのか(ぇ
伝説の勇者の伝説 第2話 (レビュー/感想)
伝説の勇者の伝説 第1話 (レビュー/感想)
にほんブログ村 アニメブログへ   
少しでも当記事が楽しめて頂けたのであれば、上記バナーの何れかで結構ですのでポチッと一押し頂けると幸いです?(何故疑問符。

Theme: 伝説の勇者の伝説 Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (12) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第06話 暗がりに潜む者
バカ王子の失脚とトアレ暗殺。トアレが王になって善政を敷き、ネルファが強くなっては困るし、バカ王子が王になって国が荒れ、血迷ってローランドに攻め込まれてもそれはそれで困るか。世継ぎのいない状態で現国王が老衰で死ぬのがネルファを制覇する時に都合がいいってこ...

2010.08.08 (Sun) | 猫が唸る感想日記

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第6話「暗がりに潜む者」
ミランは、罠だというネルファ訪問をシオンに進める。 シオンはミランの意見を入れるが、これが吉と出るか…? ネルファ王子ツターデルは...

2010.08.08 (Sun) | SERA@らくblog

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第06話 感想
 伝説の勇者の伝説  第06話 『暗がりに潜む者』 感想  次のページへ

2010.08.08 (Sun) | 荒野の出来事

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 #006『暗がりに潜む者』前半
シオン幼少時。 シオンの母は、シオンに大切なことを教える。

2010.08.08 (Sun) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 #006『暗がりに潜む者』後半
ネルファ皇国 王宮 酒宴が催される外で、シオンたちを狙った怪しきものたちが迫っていた。 しかし、シオンの前に敵が現れることはなかった。

2010.08.08 (Sun) | 本隆侍照久の館

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説6話
フェリスは無理だからシオンを殺す(キリッというわけで、「伝説の勇者の伝説」6話指輪光りすぎの巻。シオンを闇の方向へ導こうとするミラン。シオンの友人にして部下であるクラウは...

2010.08.08 (Sun) | アニメ徒然草

この記事へのTrackback

【伝説の勇者の伝説 第6話-暗がりに潜む者】
国対国の、陰謀合戦・・・。

2010.08.09 (Mon) | AQUA COMPANY

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第6話「暗がりに潜む者」
『「私は陛下に尽くすのみでございます。どんなことがあっても、 陛下をお守りいたします。たとえこの命にかえようとも… やはり、あなたを...

2010.08.09 (Mon) | Spare Time

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 #006『暗がりに潜む者』
イリスの絵は結構凝ってますなァ~。カラフルだしw もっとシンプルっつーか雑な絵だとばかり思っておりました。 と言っても、理解できるかどーかは別問題なんだけどネ! 伝説の勇者の伝説 第6巻 [Blu-ray]出版社/メーカー: メディアファクトリーメディア: Blu-ray

2010.08.09 (Mon) | 風庫~カゼクラ~

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第06話 「暗がりに潜む者」
大門ダヨ このアニメはストーリー書くの難しいです・・・ 今回もシオンがメインの話ですね 主人公のライナより出てる時間多い気がしますね...

2010.08.10 (Tue) | バカとヲタクと妄想獣

この記事へのTrackback

伝説の勇者の伝説 第6話
第6話はシオンがネルファを訪問しミランがライナ達と遭遇するお話なのでした。 ライナ達をトアレと間違ったらしいミランは優秀なのかどうか若干疑問に思えてきてしまいます(笑)。 ミランは全て分かった上での演技かなぁとも思いましたけど、ライナ達のことは完全にシ...

2010.08.28 (Sat) | パズライズ日記

この記事へのTrackback

◎伝説の勇者の伝説#006「暗がりに潜む者」
シオンは、妹のイリスちゃんにライナ、フェリスの報告を受ける。良い王子と悪い王子がいるということを話す。そして、会議をする。ネルファへ行くかどうか会議してると、いくべきだ...

2010.11.22 (Mon) | ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。